タグ:家族会議


154おさかなくわえた名無しさん2017/10/25(水) 16:57:36.52 ID:C34gHCMw
相談です。姉と長男夫婦+次男が揉めています。

前提として、私達一家は姉所有の4階建て物件に住んでまして、
1階は貸店舗とガレージ、2~4階に4LDKの住宅が1戸ずつ重なってるつくりです。
この4階に姉(独身)が一人で、3階に私・夫・私の母の3人で、2階に長男夫婦(子供なし)が住んでいます。
次男は大学の寮に住んでますが、来年卒業で地元に就職が決まっています。
この次男が戻って来るにあたって、彼女と同棲したいそうで、
ついては2階を空けて欲しいと言っています。
何故かというと、長男も大学を出てすぐ結婚してまして、
そのためにもともと2階に住んでいた母と私達が同居して2階を空けた経過があります。
「兄ちゃんは家賃タダで3年も経ったんだから、いい加減貯金もできただろ。次は俺の番」
ということです。

まあ確かに長男次男を平等に扱おうとすればそうなります。
しかし長男嫁がこの家族会議の場で、
「おばさん(姉)が出てって4階を空ければいいんじゃないですか?
この際だから言わせていただきますけど、独り立ちしたらいかがでしょうか。
いい年して実家暮らしとか家事もできないとか、恥ずかしいと思いますよ」

と爆弾発言。

「え、何言ってるの?ここは実家じゃないし、
姉が買った物件に母(当時は存命だった父も)と私達一家が引っ越して来たんですよ、
そもそも姉は働いてるし多忙だし、在宅ワークが多いからあまり家から出られず
それで私や母が家事や買い物を引き受けたりしてるだけで
家事ができないわけじゃないです。」

と言う事を説明すると、長男嫁は「そんなの聞いてない!」と呆然。

長いので分けます。


続きを読む

393:名無しさん@HOME2011/12/08(木) 08:01:54.00 O

甥っ子のクラスの問題児Aくん
クラスメイトののどにグーパンチしたり、足を蹴ったりするのであざを作る子が多数
その現場を見ている父兄多数
にもかかわらずAくん母は、学年のイベント時に
「学校でいじめられているの~」
との我が子の言葉を信じ、息子がいじめている子供の親に
「うちの子、いじめられているみたいなの。ほんと、その子の親は何をしているのかしら」
と言った(話を聞いている母親たちはみんな白けた顔で聞いていたらしい)
しかもそのいじめっ子とは私の甥っ子のこと
その親である義姉の前で、甥っ子のことを「いじめっ子」として話題にしたらしい
Aくんのせいで不登校になっている子もいるというのに・・

義姉は言い返そうとしたが、おっとりした性格なので、マシンガントークのAくん母にかなうはずもなく、我が子も守りたいのにどうすればいいか、と思案しているところ
何とかしてAくん母子に一矢報いようと、家族みんなで作戦を立てた
続きを読む

73:名無しさん@HOME2010/06/27(日) 17:53:55 P

夫が山へ川釣りに行く予定
しかし朝から土砂降りの雨で、危険だし収穫悪そうだから中止
夫は早起きしていたので寝なおしした
昼ごろ、トメ来訪
いつものように「息をするな。酸素が減る」「oo家の物に触れるな。汚い指紋が付く」等
どうでもいいことを言うトメ。
続きを読む

25: 本当にあった怖い名無し7/1 2012/10/27(土) 23:16:16.17 ID:OqYch63/0

毒家族に行った復讐。
小さい頃から搾取用兼サンドバックとして育てられてきた。
三人兄弟の一番上だが、下の妹弟は私の事は生物と思わない様に、と常日頃両親に言われていた。
父方の親族会議を機会に復讐開始。
会議もつつがなく終了し、場は宴会へと移行。
続きを読む

827:名無しさん@お腹いっぱい。2011/12/28(水) 11:29:55.62

朝方まで飲みに行きやがってふざけんな。

下の子は二歳だっていうのに。
仕事してバイトして毎朝弁当作ってあげて
これ以上何を求めてるんだよ。

俺は酒もタバコもやらないし家事全般手伝ってる。
土日は夕飯まで作って。

飲みは日付変わる前までに帰ってくれば
好きなだけ行っていいっていってるのに。
付き合いだからとか会える時間がないとか逆ギレしやがって。

続きを読む

292: 名無しの心子知らず 2016/11/11(金) 12:45:48.05 ID:A8ZCLuAJ
家族会議でトイレの便座は上げっぱなしになることが決まった。

うちは男3兄弟に旦那と私で圧倒的に男が多い。 
便座を上げっぱなしにして叱られてる男たちが
反旗をひるがえしてきて多数決で負けた。

マナーのことを説いても「よそはよそ、うちはうち。」 
いつもの私の口癖を逆に使ってきて完全な敗北だ。 
ちなみにトイレの電気つけっぱし法案も通ってしまった。 
これから我が家はどうなってしまうのだろう。

続きを読む

【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】

960:名無しさん@おーぷん2014/12/28(日)21:53:12 ID:???
夫に先立たれたこと。

結婚5年目だった6年前に女が訪ねてきて、「あなたの旦那さんの子供を身ごもったから別れてほしい。」って言われた。すぐに両親義両親に来てもらって家族会議。
それまでラブラブだったからそれだけ怒りも凄かった。両親義両親はカンカンだったし、両男親からボコボコに殴られてた。夫はずっと泣きながら誤解だって言ってたけど、話なんか聞かなかった。

離婚が決まって、荷作りとか転居先とか決めてる間も「誤解だ。私一筋だ。浮気なんかしていない。」って言ってたけど、当然無視したし、ご飯も洗濯も夫の分はしなかったし、夜も別室で寝てた。
でも、最後は
続きを読む

754: 恋人は名無しさん 投稿日:2008/06/19(木) 15:13:17 ID:NKHFeB9rO
修羅場っぽいし投下しようかな。

登場人物
私子 自分、当時20歳。
(私子家族/両親、兄二人)

K 元カレ、当時23歳。
(Κ家族/両親、妹二人)


今から3年前なんだけど、私子はKと別れの際に居ました。
理由はΚの浮気とその他諸々。

Κとは4年近く付き合っていて、結婚話も出てた程の仲だった。……少なくとも周りから見れば、の話だが。
私子の両親は非常にΚを気に入っていて、また私子もΚの両親に気に入られてた。
結婚したら住まいはどうしようか、孫は何人欲しいだ、式場はココが良いと、周りから結婚を進められていた感じ。
私子を除く周りの全てが浮かれてたと思う。
Κも、私子の両親やΚの両親の前では凄く良い人だった。

私子さんと一緒になれたら幸せだ、それだけで自分は仕事を頑張れる。
私子さんも素直で従順だが、芯がしっかりとしていて、素敵な方だと思う。
結婚したい、自分がずっと守っていきたい。

こんな事ばかりを言って、実際は違った。
続きを読む

258:名無しさん@HOME2011/12/14(水) 12:06:18.88 0
皆さんからみたらトメ側の立場で失礼します。
私も私のトメには苦労しましたので、息子のお嫁さんにはそうはなるまいと、近距離別居のお嫁さんに明るく優しく振る舞っていたのが仇となったようです。
所謂過干渉トメですね。
で、ある日……やられてしまいました。
息子の持っている鍵を使い私たち夫婦の家に侵入し、風呂桶を寒天で満たしてくれました。
すぐさま息子と夫も交えた家族会議が行いました。
するとお嫁さんが自白と言うか
「自業自得だクソトメ」と、本当にこう言いました。
曰く…アポなし凸とイヤゲモノがうざい→私は電話をしていたし、持っていった貰い物のお菓子類は息子の好物です。息子本人も味方してくれました。

孫産め発言がうるさい→雑談のなかで「子供の名前は考えたりしてるか」とか「子供は好きですか」とかそういうことばをわざわざ録音してありました。夫も息子もなにが悪いのかわからないと言ってくれています。
同居を迫ってくる、ムチュコタンを奪ったと責めてくる→たまに、息子が家からいなくなって寂しいといっただけで、すぐにこういうことを言うのはよくないねと謝罪しました。録音されていました。
上記の時は、お嫁さんは嫌な顔ひとつせず応対してくれていたので、私もお嫁さんの豹変ぶりに驚きました。
むしろそんなに迷惑に思われていたのが恥ずかしいやら申し訳ないやらで、泣き出してしまったんです。
その後も色々もめましたが、息子が離婚を決意。慰謝料は双方ないかわり、お風呂の修理代をいただきました。
といっても、旧いお風呂ですから、湯沸し器からなにから完全に取り替えるしかなく、ついでにリフォームもしてしまえと、ほんの少し水増し請求したのがDQN返しです。もちろんリフォーム全額請求ではなく、修理の場合の費用に色をつけた程度です。
続きを読む

109:  2008/02/05(火) 12:05:38
偉大なる先人達よ、ありがとー! 
無駄に長いけど、絶縁記念に投下させてくれ。 

結婚前から言動がほんのり香ばしかったトメ。 
ここのスレを見ていたのでまさかな……とは思いつつも、
結婚して義理親&コトメと不完全偽帯での同居が始まってからは
常に携帯所持(ボイスメモ機能付き)。 

そうしたらメシがマズイの掃除がなってないのと、
コトメ共々あんまり隠れてなかった本性現してテンプレをしでかしてくれました。 

もち、録音。

ある日トメがニヤニヤしながら(ニコニコではない)、
「たまには気晴らしに美容院でも行ってきたら?」と持ち掛けてきた。

ピンときたものの、おとなしく承諾。
そして当日、美容院に行くフリをして自宅近くで待機。
しばらくして、近所の家事代行サービスの車が家に来た。
続きを読む

このページのトップヘ