タグ:家事育児

    mixiチェック

669: 可愛い奥様 2019/01/04(金) 22:51:15.29 0
夫の事が大好きなはずだった。誠意や思いやりが通じると信じていた。
それが、やってもやっても、要求がエスカレートし、
努力が足りない、と言われる。

続きを読む

    mixiチェック

712: 名無しの心子知らず 2010/10/29(金) 15:36:56 ID:HBv+YBBk
夫の家事育児の手伝い方についてご意見をお聞かせください。 

娘3ヶ月。 
夫はよく家事を手伝ってくれてるし、たぶんやさしいのだと思う。 
たとえば娘がぐずぐずして夜中までシャワーも浴びられない時、 
「寒いんだからお風呂入っちゃいな」とやさしく勧めてくれる。
<

ありがとう、と娘を任せてシャワーを浴びて出ると、
娘ギャン泣き・・・ 

顔を真っ赤にして涙流して泣いてる娘を放置して、
家事をもくもくとやってくれてる。 
とってもありがたいんだけど、
娘が泣いてるから抱っこしてくれないかな、 
と言うと一応抱っこはしてくれる。 

俺が抱っこしても泣き止まないから無駄→放置ということらしい。 
娘のことは溺愛していて、娘がご機嫌なときや、
自分に何も用事がない時はすごくかわいがってくれる。 

「効率的に物事を進めるのが好き」という夫。 
でも私は、泣き叫ぶ娘を放置して家事をすることが
辛くてできません。 
その結果家事が滞ってしまう分を夫がやってくれてる
のはわかるので、助かるしありがたいとは思っています。 

でも昼間ずっと娘を抱っこしてるのは私。 
夫帰宅後も、食後の洗い物やるからゆっくりしてなよ、と
やさしく言ってくれるけど、 
置くとぐずる娘を抱っこするのはまた私。 

一日中娘を抱っこしてうろうろして、黄昏泣きで
大泣きしてるのにオロオロしてる私を横目に 
家事をしっかりやってくれる夫。 
なぜかなんだかもやもやしてしまうのですが、
どうやって夫に伝えればいいのかわかりません。 

まったく家事を手伝ってくれない旦那さんの話等を聞くと、
不満を持つのが申し訳ないような気もします。 
みなさんはどのように家事・育児を分担していますか? 
不満はありますか?

続きを読む

    mixiチェック

4: 名無しの心子知らず 2010/10/12(火) 15:27:47 ID:IJi+uKjp
じっくり相談させてください。 

当方頑張って働いている1歳児の父です。 
妻の家事育児の手間が恐ろしく悪くて参っています。

妻自体人柄「だけ」はいいんですが、家事は全般的にダメなようです。 
きちんと指摘してあげた方がよいでしょうか? 

掃除 3時間かかって一部屋(8畳間)掃除
→うち二時間は物を単に移動している時間w 
洗濯 全自動買ったのに一日一度動かして中身は放置 
料理 週に1回しかコンロに火が通らない。 
育児 一緒にゴロゴロ遊んでいて、離乳食はすべて瓶かレトルト 
もちろん保育園は週5日×10時間(フル勤務なので) 

あまりにも見かねてホームヘルパーを頼もうとしたら
「他人を家に上げるのが嫌」と拒否された。 
かなしいよう。

続きを読む

    mixiチェック

606: 名無しさん@HOME 2018/12/17(月) 10:04:27.66 0
以前にも似た相談があったみたいだけど、
実際嫁の小遣い稼ぎや気分転換のパートの場合は
旦那はどんなスタンスでいるのが正解なの?

贅沢三昧は無理だけど専業主婦でも
たまには外食や旅行も出来る程度の稼ぎで
嫁の稼ぎは全て嫁の小遣いだとして 

嫁がパートしてるけど家事分担求められたり
仕事で疲れたと言って
あまりにもと手抜きされるとムカつくんだけど 
(こんなに俺は家事育児やってんだからパートでもっと稼いで
俺にもパートの恩恵受けさせてくれよ…)
って思ってしまうんだけど 

続きを読む

    mixiチェック

240: 名無しの心子知らず 2018/11/18(日) 08:44:54.18 ID:JtuTMGxF
出世に興味ないと言っていた旦那が、急に昇進試験に乗り気になった。 
周りに推されたのと、年齢的にラストチャンスなので焦ったのかと思う。

昇進したら残業代は無くなるし有休取得の義務から外れるし、
もちろん仕事量も増える。 
給料は多少上がる見込みだけど時間単価は減りそう。 
そして家事育児における私の負担がますます増えるのが辛すぎる。 

旦那は今でも激務なのに体を壊さないかも心配だし、
自分も負担増に耐えられるか分からない。 
正直全然メリットない気がするから止めて欲しい。

続きを読む

    mixiチェック

494: 名無しの心子知らず 2005/09/30(金) 13:28:30 ID:3IrPcZon
私、結婚して1年ちょっと。妊娠7ヵ月。 
若い時にシングルで産んだ息子が 彼女を連れてきました。 
息子をやっと大学に入れたので 私は結婚したんだけど 彼女のお腹には赤ちゃんがいるらしい。 
経済的に生活していくのが難しいから 同居して欲しいと言われました。 
私42才、主人が29才、息子は20才。 
うまくいく訳ないから断りましたが 同居しないと生活できないとしつこいです… 
私のウトメは まだ60前で普通に仕事してます。 
特に確執はないですが これから息子の彼女との付き合いが大変そう。 
ご飯にマヨネーズとか みそ汁にタバスコとか当たり前だし。 

続きを読む

    mixiチェック

65: 名無しさん@おーぷん 2018/10/05(金)09:53:39 ID:Da7
生後2ヶ月の赤子がいるんだが、嫁がワガママなのか俺の努力が足りないのか…仕事、買い物、料理、ゴミ出しやってる。
育児に関しては帰りが遅いのであまり関われてないが、嫁の手が離せない時なんかは俺が抱っこやらするしオムツもかえる。
休みの日はゲームしたり、正直仕事が半端なく忙しいので昼過ぎまで寝てしまうがそれがあまり面白くないらしい。
もっと手伝ってほしい感がヒシヒシと伝わってくるんだよ…。

家事はできる限り手伝ってるし、他の家庭に比べたら頑張ってる方だと思うんだがこれはどっちに軍牌が上がるんだ。
最近煙草吸ってることに関してもあんまりいい顔されないから家でも仕事でもストレスが溜まりっぱなし。
どっかひとりでのんびりできるアパートでも借りようかなぁ…。

続きを読む

    mixiチェック

851: 名無しの心子知らず 2018/10/08(月) 20:10:56.65 ID:Ux8Eg0gS
やんちゃな2才4才男児持ちで、9時16時の時短中 
朝保育園に送るのは旦那担当、それ以外は家事育児全て私

続きを読む

    mixiチェック

228: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/28(月) 13:41:17.10

妻が3年前からネトゲにハマっている。 
付き合ってる頃からゲームが好き。 
一昨年、出産して1年半くらいやめてたけど、 
息子の授乳が終わったのと、寝かし付けると朝まで寝るようになったので 
今年に入ってまたやり始めた。 
それがモヤモヤする。 

自分が転勤族なので結婚後パート、妊娠~出産後は専業。 
家事は完璧、トイレも風呂もいつもピカピカ。 
飯はうまい、レトルト使わない、中華のおかずもクックドゥーとか使わず、 
調味料とかで作ってる。 
毎日弁当も作ってくれて、俺が1回冷凍のおかずのひじきの煮物が 
うまくなくて残したら、それ以来冷凍のおかずは一切使わない。 
息子も1歳半、成長は順調、忄生格も人懐こくて親戚にベタ褒めされてる。 
俺の両親とも仲いい、俺実家と嫁実家は車で40分くらいなんだが、 
帰省の時はほとんど俺の実家に泊まってくれる。 

こんな嫁なんだが、ネトゲは認めてやるべきなんだろうか。 
ネトゲのせいで家事がおろそかになってるわけでもない。 
むしろそのへんの主婦よりちゃんとやってんじゃないかと思う。 
プレイ時間は息子が寝てから、3時間くらい。 
昼間は息子が2時間くらい昼寝するから、その間やってるって。 
自分が休みの前日は、朝寝坊できるからって夜中2時過ぎまでやってる。 
スカイプつなげて、ビール飲みながらネトゲやってる嫁は楽しそうだが、 
ネトゲ自体のイメージがよくない。

続きを読む

    mixiチェック

626: 名無しさん@HOME 2018/09/25(火) 09:58:57.28 0
相談させて下さい。 
◆現在の状況 
共働き家庭でしたが、夫が家事育児に非協力的で
負担に耐えきれず体調を崩し、現在私(妻)は休職しています。
収入的にも復帰をしなければ厳しい状況です。
夫になんとか変わってもらいたいです。無理なら離婚も考えています。

◆最終的にどうしたいか 
一番は、夫が家事育児に協力してくれなければ共働きは成り立たない
という事を理解させて、行動に移せるまで変わってほしい。 
理解できないのなら、不利にならないよう離婚したい。
シングルでやっていけるよう、環境を整えて再出発したい。 

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
28歳・会社員(休職中)・250万 

◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
 
28歳・会社員・350万 

◆家賃・住宅ローンの状況 

アパート65000円、他ローンなし 

◆貯金額 
200万 

◆借金額と借金の理由 

なし 

◆結婚年数 

5年目 

◆子供の人数・年齢・忄生別 

3人/3歳双子、1歳 3人とも女 

◆親と同居かどうか 

別居 

◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由 

どちらも初婚

続きを読む

このページのトップヘ