タグ:嫁いびり


321: 名無しの心子知らず 2005/05/18(水) 14:20:18 ID:5KyyJlnA
トメ、絶対産まれるまでは来ないって言ったのに、 
いざ入院したら、ちゃっかり気やがった。
 
陣痛で苦しくて追い払う余地もない私を尻目に 
夫にだべり、安産祈願といって変なおはらい?して帰った。 
むかつきすぎたストレスのためか、陣痛その後つかなくなっちゃって、 
緊急帝王切開。
アカは泣かず、ちらりと見せられただけですぐ日赤のNICUに転送。 

術後8時間後(まだ医者ですら気を遣って起こさなかったので、 
アカの安否もわからん状態、夫はアカの病院に詰めていていなかった)、 
トメ、性懲りもなくやってきて私に声をかけまくって無理矢理起こし、 
痛みと格闘しながらアカがどうなったか心配でたまらん私に 
なぜか半べそをかき、ワナワナ震えながら 
「おめでとう…おめでとう…
こうなったのは嫁チャンのせいじゃないから気にせず休んでいいのよ、
後始末は私達がやるから」 
とだけ言い残して帰りやがった。

ベソかいてるわ、震えてるわ、”後始末”なんていうわ、 
アカがだめだったかと思って、残された私は半狂乱になった…。 

あのときのこと思い出すと、未だにトメに杀殳意が湧くわ。 
無事今日生後100日を迎えられたけど、トメにアカを見せたのは3回。 
もっと会わせろ冷たい嫁だなんて言ってるらしいが、 
会わせたことがあるだけ感謝しやがれこのやろ、って感じです。

続きを読む


658: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/28(火) 18:01:03.02 0
件名:命名 

♪自信作♪ 
振留(ふりる) 
振袖から留袖までの女の一生。フリルも女の子の象徴。私の造語です。 
織染(おるめ) 
織ったり染めたりの女の一生。おり+そめで「おるめ」。私の造語です。 
麻織or紗織or絽織(さらり) 
夏生まれに相応しく夏物で。さらりと。私の造語です。

続きを読む


464: 名無しさん@HOME 2007/11/30(金) 19:33:43 0
ネタもどきに感じるかもだけど、実話の昔やったDQN 

妊娠してからも近所のトメにこきつかわれていた私。 
当時は良い嫁を演じたいエネMeだったも、さすがに妊娠8ヶ月で 
大トメを病院に連れて行って世話しろには抵抗した。 
だが、旦那は当時エネで「それ位やってやれ」 
トメは「旦那くんは仕事だし、田舎じゃ車がないとタクシーなのよ。 
あなたしかいないんだから、連れてって頂戴!!
バァちゃんタヒんでもいいの?」 
と結局行かされ三日寝込んだ事もあり。  

続きを読む


836:おさかなくわえた名無しさん2017/12/13(水) 12:15:37.93ID:Fo6RzX6w
息子の嫁に全く興味が持てないしもう家にこないでほしい、顔も見たくない
妙に気を使われたり
「お義母さん」と言われるだけでも不愉快
嫌いとか、苦手とかではなくて興味持てない「あんた誰?」って感じなんです

息子がその女と結婚したりどっか他所で生活したり
子供が生まれたりとかは全くどうとも思いません
ただこれから年末年始に家に挨拶に来たり、なんか買ってきたり、
いろいろもうやめてほしい
放っておいてほしい、嫁姑関係みたいなのも築きたくない

ここ数年もう無視して「とにかく関わってくるな」オーラ出してるのに
それでも「お義母さん」って・・・

はっきりガツンと「嫌いじゃない、興味がないだけ、関わってくるな」って
言ったほうがいいかな
息子からは「嫁を嫌うな」って勘違いされて怒られるし
(ぶっちゃけ私は息子にもあまり興味ない)
絶対にあの女が被害妄想で「私嫌われてるの!」って愚痴ってるんだと思う

言っとくけど今までその嫁に暴言吐いたり冷たいこといったりしてない、
ただ私から関わってないだけ
家族でもないし血もつながってない女に
なんで愛想よくしないといけないのかわからない

これからまた年末年始にこりずに愛想振りまきに来るんだ
と思うとムシャクシャする
もうそろそろ本気でブチ切れそう、どうしたらいいんだろう
世のお嫁さんからしたら「姑とかかわらないでいいなんて!」って
大喜びしそうなものなのに


続きを読む


383: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/27(木) 22:22:19.18 0
結果的にDQN返しになったようなお話です。 
ちょっと長いですがすみません。 

近距離別居していたトメ(ウト鬼籍)、テンプレ通りに嫌味満載、作った料理を捨てる、こちらの都合お構いなしに呼びつけて奴隷扱い。 
いきなり訪ねてきてはウチの食べ物や欲しいものを目の前で勝手に持ち帰り、訪ねてきた時に私が不在だと、帰るまで玄関前に居座り説教。 

極め付けがシヌシヌ詐欺。 
よくある「しんでやるから!」ではなく、夜中に「苦しい…助け…うっ…」って電話してきて、慌てて駆けつけたら布団の中で虫の息。 
「ありがとう…いままで…あり…が…(目を瞑り手をガクッと落とす)」 
次の瞬間「あ、鰻食べたいわ。買ってきて」って言われて私、ポカーン。 

毎回巧妙な設定と演技力で、今度こそ本物かと思って駆けつけても、トメは何度でも生き返った。

続きを読む


80: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/03/19(木) 00:23:55 0
豚義理失礼

5年前に第一子を出産したときのはなし

出産後初のお披露目で義理実家に行ったらば
公開授乳ショーを要求された
夫はものすごく焦って(恐妻家)私をとめたんだけど

やっぱり嫁の務めっての?果たさなきゃよねー
ってなわけで、潔くやったさ

でもさ、まさか人前で授乳することになるとは思ってなかったから
前開きの服じゃなかったんだよね
しかもよりによってタートルネック

だから、もろ肌脱いで授乳しましたよ

その瞬間、エ□視線送っていたウトコウト等男性陣は目を泳がせてオドオド
トメコトメは血の気が失せたみたいになった

続きます

続きを読む


15: 素敵な旦那様 投稿日:05/02/09 11:31:53
おまいら、甘い…('A`) 
俺は携帯の録音聞かされて、母親のことを「かーちゃん」と考えたくなくなった。 

アレだ。
母親が俺らに見せる顔は、自愛に満ちた顔だったとしても 
それ以外(特に嫁)に見せる顔は、
「ただただ気に食わない女をいたぶるババァ」そのものだ。 
(中には違う母親もいるっていうが…少なくともウチはそうだった) 
1年前のことだが失望感は未だにある。
ちょっと女性恐怖症になったw 

アレかな。
女児をもった母親と、男児だけの母親だと、考え方が違うのかな。
嫁の母親はあっけらかんとしてるのに、俺の母親はすげぇ陰湿だ。
同僚の家もそうらしい('A`)

続きを読む


425:名無しさん@おーぷん2015/05/13(水)13:31:38ID:Emr
幽霊なんて信じてないんだけど、
ある日、明らかに姑の幽霊にしか見えないものが部屋の中にいた。
1年前、壮絶な嫁姑争いの最中に、事故であっさり亡くなってしまった姑。
文字通り流血沙汰を何度か起こされて、裁判寸前まで行って絶縁した。

葬式にも行かなかったくらい嫌いだったもんで、
半透明であっても姑がそこにいる!と認識した瞬間にかーっと血が上って、
そばにあったファブリーズを、かけるんじゃなくて本体ごとぶん投げてしまった。
ファブは姑をすり抜けて壁にぶつかって落ちたんだけど、
明らかにビビってる雰囲気を出してきたので
「クソババアーーー!タヒんでまでも絡むたぁいい度胸だこんちくしょーーー!」とがなったら
なんか言いたげな顔して、すっと消えてしまった。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
【⑦はこちら】
【⑧はこちら】
【⑨はこちら】
141:入浴剤 ◆AIo1qlmVDI2005/07/13(水) 15:44:35

中間報告続きです。
妹が嫁さんにしたこと。

とりあえず、嫁の話の一部を報告します。
全部書けるかわかりませんが、嫁が泣きながら笑いながら
ぽちぽちと話したのを、思い出しながら書きます。

嫁さんが嫌いな入浴剤は、どなたかが書いて下さったとおりパインハイセンスですが、
妹はこの入浴剤や健康食品や化粧品を小遣い稼ぎで売っています。
パインは親父が気に入ったので、家にはいっぱいあるのですが
親戚に売りつけたパインハイセンスを、嫁さんの会社への通り道だからと
勝手に嫁さんの車に積みこみ、嫁さんに届けさせたのも初耳でした。。
嫁さんは窓全開で口で息してつっ走って、何とか届けたそうです。
数日間、車に匂いが残っていて、辛かったらしいです。
それも、12缶だとかなりの重さじゃないでしょうか。
妹は俺の前で、
「妊婦なんだから、重いものはお兄ちゃんが持ってあげなきゃ。」と言ってました。
嫁さんは「配達料をもらうべきだったね」と笑ってました。

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
【⑦はこちら】
【⑧はこちら】
【⑨はこちら】
303:入浴剤 ◆AIo1qlmVDI2005/07/10(日) 00:55:25

帰って来てくれたら、別居します。
この家に帰ってこないで、このままアパートか何かに帰れるようにしたら
親との関係はまずいでしょうか。
後から嫁が辛い思いをするのも良くないと思うのですが。

最近うちの近くの若い嫁さんたちが、ほとんど別居か離婚で居なくなって
「いちばん年の近い人でも14才年上」だと嫁が話していました。
消防団も、操法選手の中で結婚してるのは俺だけで
後は皆独身です。


続きを読む

このページのトップヘ