タグ:嫁いびり

780: 名無しさん@HOME 2008/01/05(土) 11:17:50 0
プチだけど。当方結婚3年目。
私に実家が無いこともあって、
正月は義実家に行ってたんだけど、
ここに書いてあるようなことはひととおりやられました。

ご飯食べられない、居間にも入れない、
初詣その他は置いてきぼり。
ひとりで留守番させておいて
「ワシの財布がなくなった!」
などと勝手な疑惑をかける
(財布は持ってったのではと言い返すと生意気と言われる)

一年目は唖然としつつ我慢した。
二年目はレコーダーとビデオカメラ持っていった。
今年は緑の紙も持参した上で、大変豪華な御節を作った。
……わさびとからしのチューブ3本ずつ投入して。

熱燗は煮えたぎらせ、
餅は雑煮の中で溶かした。もはや具と同化。
数の子は甘く煮た。黒豆は砂糖まるまる入れた。

当然親戚ウトメ夫から
「なんて嫁だ!」と非難轟々だったけど、
夫に静かに
「じゃ、縁きりましょうか。夫婦なんて所詮他人だし」と
緑の紙見せたら真っ青になってた。

本日、義実家町内の老人会(ウトメ参加)で、
私のビデオテープが流れるよう
近所のスピーカーおばさんに頼んできた。
顔にモザイクかけるのはうまくできたが、
音声変質はできなかったので、ばれるだろうけど、
いいや私もう他人だし。ビデオ私映ってないし。
続きを読む

952: 名無しさん@おーぷん 2017/08/17(木)08:33:18 ID:Dan
昨晩何度も何度も消してはやり直しを繰り返したけど、
どうしても短く纏められなかった。
ものすごく長くなるけど投下させてください。
帰省中の義実家で旦那と義母が大喧嘩。
結果、今後私は義実家に帰らなくていいことになった。
喧嘩の原因が私だったから、
これでいいのかどうか心配もあったりモヤモヤする。

結婚して2年目、義実家への帰省は3度目。
初めて帰省したのは昨年のお盆で、
その時に一晩だけ
「嫁の手料理を食べたい」とか言われて料理を任された。

料理は割と好きだからそれはいいんだけど、
義母が私の横にぴったり付いて
ずっと見てるのが嫌だった。
「お義母さん、緊張するので
みなさんと待っててください」とも言ったんだけど
「今の若い子がどんな料理するのか興味あってね」
って離れてくれなかったの。

それ以上言えず、
仕方なくずっと見られてる中で料理して、
料理自体は割と好評だった。
って言ってもたぶん、
普段義母が作らないようなものだったから
珍しかっただけなんだろうけど。

年末年始に帰った時は
お節ももう出来上がってたし料理はしなかった。
で、お盆に帰省したんだけど、
義父が又去年の私の手料理が食べたいって言いだして
同じものを作ったんだけど、
やっぱりずっと義母がぴったり付いてて正直嫌な感じ。

去年のお盆休みの後に旦那にそのこと愚痴ってたから、
旦那がその様子で気付いてくれて
「母さんがぴったりくっついてたらやりにくいだろ」
って注意したんだ。
「別に見てたっていいじゃないの」
って義母が言ったら
「嫁だった頃にそれやられたら母さんだって嫌だったろ」
って言ったら黙って台所を出て行った。

それでちょっとギクシャクしてたんだけど、
食事が終わったあとの団らんの時に
義母がいきなり
「嫁子さんはちょっと可愛げがない」って言いだした。

私びっくりして
「すみません、何かまずかったでしょうか」
って聞いた。

そしたら義母が言うのはこういうこと。
続きを読む

【1/4はこちら】
【2/4はこちら】
【4/4はこちら】

868: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/18(木) 21:41:21

スレチになるかもしらんがすまん
身内から離れたい人相談スレ的なものがあったら誘導たのみます
続きを読む

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/19 18:39:08

俺んちも新婚だけど、嫁が実家帰ったったwwwww 
理由は、俺母が嫁を苛めるかららしいwww 
んなもん気にすんなよwwww
続きを読む

534: 2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN 0
今住んでいる家はこの前豪雨で中止になった関東の花火大会の花火がよく見える。 
借りたときは不動産屋も言ってなかったので、気が付かなったが去年ばっちり見えて 
びっくりした。 

上記の話を旦那が実家で話したらしい。
本人は何気にさらっと話したと言っているが。 
今年は旦那が花火大会の前後に長期出張になってしまったから、
妊娠後期の私は心細く実家に帰ることにしたから見れないなと思っていた。 

コトメが友達に花火の事を話して「にいちゃんちだから気兼ね要らないし。」と
十人連れて浴衣を着て我が家に来たのだそうだ。
でも留守であの豪雨になってびしょ濡れになって皆で帰ったとかで
「なんでいるかどうか確認しないのか。」と友達に責められて 
「居ないあんたが悪いから、あんたが友達に頭下げて。来年はよぶと約束して。」と 
実家にいる私に電話してきたから、義父と義母にいいつけておいた。 

コトメはものすごく叱られたそうだよ。 
それにしても事前に連絡して来れば、留守なのもわかるのにと思ったら 
いきなり行けば部屋が散らかっていたり、お茶菓子がなかったりしたら 
いびるつもりだったのでわざと知らせなかったと義母から聞いた。 

「本当に申し訳ない。根性叩き直してからしか会わせないからと」
義母から謝られた。
続きを読む

205: 1/3 2010/02/27(土) 09:37:06
ウチの母のエネme話…って言っていいのかな? 
ウチの母は結婚即同居で、私も母がいびられて耐える姿を見ながら育った。 
で、姉が結婚。 

結納でも式でもなんかきな臭い義両親だったので、 
それ以来、夕飯時は姉の話ばかりで「良くしてもらってるか」「大丈夫か」と心配してた。 

とりあえずしばらくは別居と聞いていたのに、突然姉から 
「無理やり同居させられた…」と涙声の電話が来た。 
賃貸の契約更新をせず「ここにはもう住めないよ〜ん」と強制引っ越し。 
だまし討ちか!と怒り狂う私と父を尻目に、母は泣きながら 
「我慢してればいつか」「最終的には離婚しなくて良かったって思えるから」と説得。 

それからほんのちょっとしてから姉夫の浮気発覚。 
その時も帰りたいと言う姉に、母は 
「正妻はドンと構えてなさい」「最後に戻ってくるのは姉の所」と説得。 

父は「辛かったら帰ってこい!いつでも迎えに行くから!」と言うが、母は 
「そんな事をしたらあの子の人生が滅茶苦茶になってしまう!!」と号泣。 

それから段々電話も少なくなり、姉携帯も解約、 
「幸せにやってます」と手紙が来たけど、こちらからの連絡もろくに取れなくなった。 
その間母は泣ずっと姉を心配してた。 

そんなある日、姉が突然連絡もなく帰ってきた。 
しかも姉夫の弟さん夫婦と一緒に… 
玄関開けて驚いた私が「お姉ちゃん!」と言うと両親が駆け寄ってきたが、 
姉は母をよけて父に抱きつきわんわん泣いた。 
母はショック受けてた。 

206: 2/3 2010/02/27(土) 09:38:59
喪服姿の弟さん夫婦は二人とも怒ってて、母に 
「もしかしてあなたは姉さんの本当の母じゃないんじゃないですか?」と言った。 

ポカーンとしてたら 
「母なら娘が酷い目にあわされてるのを知ってて何もしないなんてありえない。 
少なくともあなたは母と言えない」と怒りを込めて静かに言った。 
父が「姉、どう言う事なんだ!なんでお父さんに言わなかった!」と言うと、 
泣いてばかりいた姉が 

「この人が電話取り次いでくれなかったの!! 
お父さんに代わって代わってって何回も言ったのに!! 
お父さんはお前が幸せにやってると思ってるから心配掛けるなって言ったの!! 
携帯取り上げられたからお父さんの電話分からなかったの!! 
(妹)のも分からなかったの!!電話できなかったの!! 
住所録も手帳も全部取り上げられたの!!!」

と腹から絶叫、そして大声をあげて号泣した。 
母はへたりこんだ。 

とりあえず弟さん夫婦に家に入ってもらって、私は姉を寝かしつけ、 
両親は弟さん夫婦と話しあってた。 
その晩、姉の拒絶反応が酷く、母は駅前のビジネスホテルに連れて行かれた。 

父が弟さん夫婦が姉から聞いた話によると、 
酷い虐待(イビリとは言わなかった)を受け、何度も母にヘルプコールしたが 
母は「我慢しろ」としか言わず、姉はどんどん追い詰められていった。 

疎遠にしていた弟さん夫婦が、可愛がってくれた祖父の法要だから、とイヤイヤ実家に行くと 
そこに居たのはありえない程憔悴しきって、感情が何もない姉。 
それを見て弟さん夫婦ブチギレ。 
経験から義父母に言ってもしょうがないと分かっていたご夫婦は姉を諭したが、 
姉は「母がいるから実家には帰れません。もう行く所もありません」と無表情で答えたそうだ。 
んで、その場で有無を言わさず姉を車に押し込んで、 
そこから高速乗って片道5〜6時間もかけて連れて来てくれたと。 

207: 3/3 2010/02/27(土) 09:41:57
弟さん夫婦は義父母たちの非道さにあきれはて 
奥さんの親に頼んで婿養子に入り、名字を変えたそうで 
「実子である自分が捨てた親」と言う事を強調していたそうだ。 
もし調停や裁判になったら、 
姉の味方としていつでも呼んでくれと連絡先を置いて帰って行った。 

父からそれを聞いて、私も泣いたが 
「じゃあお姉ちゃんの荷物取りに行かなきゃね! 
あ、○○さんたち(近所の大工さん、頑固親父&肝っ玉母ちゃん&ガチマッチョブラザーズ) 
にも一緒に来てもらおっか! 
金剛力士像みたいに立っててもらってさ!」 
とわざと明るく言ったら 
父は「姉の荷物なんてもうないだろうって言ってたよ…」と力なく言ったんで、何も言えなかった。 

今父は自分を責めて責めて立ち直れるかどうか心配な位。 
姉はボーっとしてる。 
伯父がつてをたどって弁護士さんを探してきてくれたんで、お任せしてる状態。 
弟さん夫婦は、幸い家から車で1時間位の所にお住まいなので、 
いつでも呼んでくださいと言ってくださっている。 

姉と、両親が同時に離婚調停中。 
母とは、あれ以来3回しか会ってない… 
会ってる間、ずっと自分の弁護してた。 
そこまで酷いと思わなかったとか、添い遂げるのが幸せと思ってたとか、 
何でも時間が解決してくれるから大丈夫だと思ってたとか、 
姉の事を心から思っていたからこそ今は耐える時だと言ったとか。 

母は本当にそう思ってたんだとは思う。 
父や私たちがどれほど言っても、泣いて頼んでも 
「結婚したら耐える物、あんた達がいれば何でも我慢できる」と嫁イビリに耐えてきた人だから。 
なんか、もうね。 
続きを読む

このページのトップヘ