タグ:嫁

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/18(火) 09:48:51.68 ID:Ko/MygErp
凄いくだらなくて、長いかもしれないが皆の意見を教えて欲しい。
高校1年の息子の部屋の事。簡単に情報書く。

〇俺は45才の会社員。
〇嫁は39才の契約社員。
〇子供は一人で「高校1年男子」←こいつの事ね。

※「嫁とは5年前から家庭内別居」。
嫁から離婚したいと言われ離婚届も書いたが家庭内別居状態で、
ほぼ会話無し。子育ても5年前から俺がしてる。
今もなぜか一緒に住んでる。

◎昨年、15年間住んだ狭いマンションから、今のマンションに引っ越した。
引越理由は「息子がどうしても自分の部屋が欲しい、プライバシーが無い」
と言い出した為。

◎引越後も、結局俺は息子の部屋で寝てる。というか常に息子の部屋にいる。
息子の部屋の為に引っ越したのに、もう引っ越してから1年も経ってるのに。

この1年間、息子に「いつ自分の部屋に行ってくれるの?」
「引っ越した意味ないじゃん」「俺高校生だよ?」と
言われるたびに誤魔化してきた。
たまに「いい加減にしてよ!!!」とキレられることもある。

やっぱり高校一年生の男子と、父親が常に同じ部屋にいて、
同じ部屋で寝てるのはおかしいのかな?
俺はどうしたらいいのかな?
経済的理由で部屋がない、とかなら仕方ないだろうけどさ。

何でも答えるから足りなければ聞いて。長くてすまん。でも息子が大好きでさ。
続きを読む

【前編はこちら】
277:2372006/05/13(土) 23:13:31

シャンプーとかのセットが
どこが良いモノなんだ。
母親にさんざん言われて、俺も解らない。
嫁は母親を臭いと思っていたのか、
風呂に入れってことなのか・・・と。
続きを読む

【後編はこちら】
237:素敵な旦那様2006/05/13(土) 22:40:56

さっき、お袋から
「母の日のプレゼントが届いた」と
連絡があった。
俺の知らないところで嫁がやってくれたらしい。
しかし・・・・・。
続きを読む

【前編はこちら】
573:素敵な旦那様2006/05/15(月) 18:10:00

まあ嫁が腹でかいうちは一緒だろうが別だろうが行かないことだな。
漏れの嫁が切迫早産だったからいうんだけど、
おまいさんが妊娠軽く考えてると後々までしこりをのこすぞ。
もちろん産後直ぐも却下なのはいうまでもないが。
続きを読む

【後編はこちら】
547:素敵な旦那様2006/05/15(月) 17:31:59

これも嫁姑になるかな?
嫁が妊娠中なんだけど、GWに実家に顔を出したときに
母親が同窓会で行った温泉旅行が良かったと話していて
「今度みんなで行こう。秋くらいどうだろう」と言った。
「ウチはしばらくは温泉は無理だなぁ」と言ったら
「○さん(嫁ね)は置いていけばいい」と…

その場には嫁はいなかったけど、弟夫婦もいた。
俺も弟も「そんなわけにはいかないだろう」と諌めたけど
「何でだ」と逆切れするし。
嫁は今もそのことを知らないから、
今まで同様に俺の親と電話したりもしているけど。
続きを読む

【前編はこちら】
418: タバコ ◆lprVMltXk2 2007/06/15(金) 21:01:25
糞面白くなく不愉快な一日だった。
壁一枚で仕切られた相談室?で俺はバカどものくだらん話を聞かされ、時には大声をだし
たくまた暴れだしたくなるのを必タヒで耐えていた。
何度も出て行こうかと思った。
今こいつらの証言を思い出しながら書いているが正確に書ける自信がない。だが書くよ。

妻と本命との関係は若干日時が狂っていたが妻から昨日聞いた通りだ。
本命は妻と結婚すると言いはってきかない。
何度も殴ってやろうかと腰をうかしたことか。
慰謝料に関しては妻と結婚できるなら一生かかっても返すとバカなことを言って弁護士から説教されるありさま。
結局来週に二人同席で話し合う機会をもうけその席で結論を出すことになった。

そして最後はGオヤジだ。
この男はあっさりと妻との関係を認め内容証明にうたってある項目を無条件で承諾した。
問題は妻とGオヤジの証言が食い違っことだ。
妻の証言では半ば脅迫に近く関係を強要されたがGは同意の上だと主張。
これも二人同席でと思われたが何故かGが主張を撤回し誓約書に署名捺印、慰謝料全額を期日までに支払うとこれも署名しあっけなく終了(途中で弁護士より状況説明があり和解を承諾した)。

妻は本命との関係、経緯を説明、続いてGの件を求められると、「主人は知っているんですか?」と弁護士に確認し弁護士から知っていると伝えられると、泣き崩れていた。
弁護士から「全てを正直に話すことが夫に対する罪の償いですよ」と言われGとの関係を
告白した。

あとは何書いたらいいかわからん。
遠慮なく質問して。
続きを読む

このページのトップヘ