タグ:婚活パーティー

690::2017/05/28(日) 13:21:47.84 ID:

彼氏と私の修羅場
私は高校生以来十数年間彼氏がいなかったが
年齢も考えて婚活パーティーにいったところ、気の合う男性とであってそのまま彼氏が出来た
最初は皆祝福してくれたが年齢の割りに互いに身体のほうが中々進まないでいた...


それに危機感を抱いてホテルについていったがそれに恐怖を感じた私が彼氏を呼び出して助けを求めたことで喧嘩に
殴りかかろうとした上司を払いのけたことで上司に怪我をさせ、彼氏は責任を取る形で退職
上司は大手企業の課長以上の人と太いパイプを持っていたため、ある程度の企業だと履歴書の時点ではねられる始末

ようやく中小ながらホワイトな企業に就職したものの歓迎会で無理やり酒を飲まされ、酒が飲めない彼氏が5杯目で切れる
無理やり飲ませることは違法であると強く糾弾したことでくびに
また再就職頑張っているがもう疲れた
別れたいけど彼氏の言動がDQNともいえないから
続きを読む

563: 愛とタヒの名無しさん (ワッチョイ 9f6c-owJK) 2017/07/08(土) 09:58:06.10 ID:adbluAox0
半年経ってぼちぼち…と思っていたら
向こうに
「自分には結婚をする気がないから
これからは友達として付き合おう」
って言われた。。

あるあるだったけどまさか自分の身に
降りかかると思わなかったし、
いったいこの半年間はなんだったんだろう。

はじめての婚活でとんとん拍子に
交際までいってしまって
このザマで一からやり直す気力がない…
続きを読む

200: :2017/05/19(金) 12:00:08.37 ID:

彼女が雑貨屋でナンパされたらしんですが。
やたらナンパ野郎とコミュニケーション取ってたみたいです、非常識ですよね??
連絡先交換、行為なしで立ち去ってれば許すのが普通?


具体的には、
相手の年齢や出身地まで知ってる、手や肩をさわってきた等。

彼女は最初は雑貨選んでと訪ねられ、ナンパ師と気付かなかった自分でもムカつくと言ってます。

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/21(月)07:30:31 ID:5SU
ずっと復縁迫られててキモい。
「年齢が年齢だから結婚できるか不安で婚活パーティー行っちゃったの」
とか言ってたけど、去年のクリスマスの時
俺のプロポーズをまだ早いとか言って断ったの誰だっけ?
どう考えても俺をキープしつつもっといい条件の男を探してただけじゃん。
キープ君すら失って発狂してるんだろうけど、ざまあないぜ。
続きを読む

11: 離婚さんいらっしゃい 2012/08/29(水) 00:36:05.06

ヒドいの書くよ

婚活パーティーでカップルになった後
食事に行ったんだけど散々な思いをした

・「どこに食事に行きますか?
自分はいくつか美味しいお店は知ってるけど
○○さん(私)に合わせます。
無ければ自分のお勧めのお店に行きましょう」
→ちょっと丸投げ???
自分から誘っといてそれはないよね

・イタリアンの店に行ったけど、
食事をいちいち私の分を取って寄越してくる
→相手の食欲とかを考えないあり得ない行動。
こっちは子供じゃないんだから
自分の分は自分で取るわ

・食事後に「お手洗いは大丈夫ですか?」
と尋ねてくる
→アンタ、そりゃ軽い嫌がらせだよw

・で、私が食事に行っている間に
勝手に会計済ませてやがる
→私の承諾も無しに勝手に会計済ませるって
社会人としてあり得ると思う?

てか、私が奢ってもらうのを
期待して食事したみたいに思われている気がして
プライドズタズタ。

・食事後家の近くまで相手の車で送られた
(これも散々断ったが、「雨が降っているので」
とかしつこく抜かしやがるので
20分ほど我慢すれば良いだけだからと、仕方なく)

その時にも、
「暑くないですか?エアコン強くしましょうか?」
とかいちいち尋ねてくる
→この時点でもうキモさ全開。
口を聞くのも嫌になった。

というわけで、別れた直後に
早速相手のメアド着信拒否設定しましたw

思い出すのも寒くなる怪談みたいな実話でした。
続きを読む

386: 愛とタヒの名無しさん 2017/04/17(月) 01:05:00.20 ID:v5263waY
週末の婚活パーティーで

プロフィールカードに
理想の夫婦像は?っていう質問があったから
良いときも悪いときも
一緒に乗り越えていける関係って書いたら

「え…重っ…」って言われて本当に腹立った
見た目普通のリーマンだったけど、
ちょっと涙目になったわ

リーマンは彼女探しに
軽い気持ちで来てるだけなんだろうけど
結婚相談所のほうがいいのかな〜と思った

こういう些細な出来事だけどHP削られていく
続きを読む

このページのトップヘ