タグ:威嚇


525:名無しさん@おーぷん2016/11/16(水)12:36:00ID:AAd
観光客向けのショップでバイトしてるんだけど
カップル客のDQN率は異常。

特に男性側の態度や口の悪さが目立つ。
店員に対してだけならまだしも、
客に対しても威嚇する。

店の出入り口付近で立ち話してて、
他のお客さんが
「すみません、ちょっと通して下さい」
と声を掛けたら、

「あ?横通れば?」とか言い、
「デブだから通れないってかw
でもあんたがデブなのは
こっちのせいじゃないしw」

なんて具合。

彼女は後ろで既に道を空けていて、
顔を引きつらせてる感じ。

もちろんまともなカップル客も沢山いるんだけど、
迷惑な客リストを作ったら

「カップル客>>>>>>>団体客>>>個人客」
になるくらいカップル客の迷惑率が高い。


店長は
「男は馬鹿だからね。
強いオスだって所を女に見せたくて
態度でかくなっちゃう。
結局嫌われるのにね」
と達観気味。

これ旅行だから浮かれてるのも
あるんだろうと思ってたけど、
最近別スレで
「店員に対する態度が結婚後の態度」
ってレスを見つけた。

別に観光客じゃなくても、
女性が一緒だと気が大きくなっちゃう、
店員に対して威嚇しちゃう男の人って多いのかね。

続きを読む


757:本当にあった怖い名無し2009/08/12(水) 12:48:35ID:kEOf3KEqO

ちょっと誰か相談させてくれないかな。
猫の事をほん怖に書いてたんだけど、なんか微妙に怖くなってきたもんで。


続きを読む

27:名無しさん@おーぷん2015/09/03(木)15:08:45 ID:KRK

私(女)高校生の時、情緒不安定過ぎの頃

担任(30歳男)に呼ばれて理科準備室?のようなとこに行った
対面して座ると、担任から「最近ちゃんと学校来てないけどどうした?」と。
確かに無断欠席多かった。親にすごく怒られて仕方なく登校していた。理由は何となくだったからそれを言うと、担任から…
「そうやって俺の気を引こうとしてる?」だと。
ここから一気にスレタイw
驚いて黙る私。「黙ってたらわからないよ?こんなに心配かけて…」とかなんとか言いながら、私の腿に手を置きナデナデ

男性経験なんてなかったから、もうパニック。
とりあえずペン立てにあったカッターで、威嚇…
からの自分の手首切る。それも結構な数。
担任に止められても暴れて、騒ぎに駆けつけた他の先生により確保。
母親を呼ばれて、そのまま帰宅。道中の車内で母親から言われたのは
「あんたなんで普通にできないの?先生に迷惑かけて…普通じゃない。」ちゃんと担任に気持ち悪いことされたって伝えたんだけど。

さらになぜか母親は携帯で姉に電話。
「私が学校で先生に迷惑かけた!高校いられないかも!わざととしか思えないよねー?!」
私が横に乗っているのにそう言ってた。病院にも連れて行かず自分で手当てした。
父親には「担任にされたことは嘘だろ。先生がそんなことするわけない」と言われた。
しかもその後、担任を刃物で脅したとされて退学
担任が私にしたことなんてもみ消したんだろう。
大人って最低だと心から思った。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/02(金)17:50:02 ID:rRr
7304071e-s



近所の野良だったんだけど
この間の大雨以来親が来なくなってな、
震えてたからつい助けてしまった

もう一匹黒いのもおったんやけど、
駆けつけた時にはもうタヒんでもうてたわ…
続きを読む

430: おさかなくわえた名無しさん 2009/03/30(月) 00:51:49 ID:OmwOH3JX
404 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 02:00:30 ID:Dj/2STdN

うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、
夜中に怪我をして道路の真ん中でジタバタしていたのを
仕事帰りに通り掛かった俺が
近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった
夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、
轢かれてタヒぬのは目に見えていたので
とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた

実際に近くで見ると結構怪我してて重症っぽかった
置いておくわけにもいかず、
抱き上げて車に乗せようとすると、
これぞ肉食獣!という感じで
歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した

トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、
助手席の足元に置くと
ぐったりしてあまり動かなくなった

素人目にもこれはヤバいと思い、
うちの近所にオープンしたての
動物病院があったのを思い出し
警察に捕まったら
確実に免許が無くなりそうな走り方をして
その病院に急いだ

自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると
若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
少ししてパジャマ姿の若い院長先生が
目をこすりながら出てきた

ぐったりと抵抗もしなくなった猫を
車から降ろし検査をしたところ、
後ろの両足と尻尾が大変なことに
左足が特にひどかった。
車に撥ねられたようだった
続きを読む

このページのトップヘ