タグ:天国


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
616:◆Jv4G8upKnw2014/08/05(火)00:00:53ID:wSHSZJ2bG
少しだけ会話する時間を貰ってS子と会話する俺。

オレ「ほほほ、本当にS子?」

S子「そうだよ!オレさん!」

オレ「どどど、どうやって思い出したの!」


S子「分からない、けど思い出したの!私は●●S子だーって!」

オレ「ほほほほ、本当に、S子!?」


S子「本当だよ!私の名前は●●S子だよ!」

オレ「●●S子!よかったなー!」

S子「うん!オレさんはやっぱり凄いよ!!」
その笑顔はとても眩しかったし、本当に嬉しくてかわいくて、仕方がない顔してた。

オレは、今すぐ踊り喜びたかったけど、
終始「ザブトンから出るな」と周りで北祖母と祖父は煩かった。
ま、かなり笑ってたけど!wwww

さて……。
色々混乱はあったけど、ようやくS子の供養が始まった。
先ほどと同じように北祖母がお経を読み上げ、だんだんと周りも読み始めた。


続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑦はこちら】
496:◆Jv4G8upKnw2014/08/04(月)00:02:33ID:zmjxvvIKQ
オレの内心は大パニックだった。

なんで普通に見えてるし、普通に触れているの!?
俺なんかそれで来ただけで超感動していたのに!?
この家ではデフォなの、普通なの、寺生まれのTさんでも居るの!?
S子は一体どうしたの!?

一同「「「「「…………。」」」」」
やけに静まり返る居間。

オレ「…………。」
ホカ「「「「「……………。」」」」」
姿が見えない人や感じない人も、空気に負けて静かになっている。

北祖母は、S子の手を握り「大丈夫よ」と微笑むと、その手を離した。
そして、怖い目状態で睨みつけている親戚たちへと、視線を向ける。

北母「貴方たち、その目はなんですかッ!”大切な可愛いお客様”に―――ッッッ!」
まるで拍手デモしたかのように、鋭い声だった。

祖母の声が頭へガツーンッとぶつかる。

他の人たちも、段々神妙な顔つきになってきながら、祖母へ言った。

特に人の発言にこだわりないので「叔母or祖父+他」で「叔他・伯他」で言いますね。

伯他「直に除霊しましょう!」と。

叔他「お母さん、見えているんでしょ!?」

伯他「そうです!直にあげた方がいい!」

叔他「ここに置いておくには大きすぎる!」

叔他「神社へ直に連れて行きましょう!」

伯他「その方がいい!」

オレ「な、何を言っているんですか!約束は三日後だと!」
オレは立ち上がり叫んだ。
見ればS子は今にも泣きそうな顔で怯えている。

オレは伯父や叔母、あとその子供から「分からないの!?」とか「これだから都会は」とか、とにかく罵声を浴びた。
いや、罵声より、心配して言ってくれている言葉が多かったかもしれない。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
【⑦はこちら】
261:◆Jv4G8upKnw2014/08/01(金)00:00:37ID:agkvzEh31
そして俺が、金縛りにあっている時が問題だった。

俺は気が付かなかったが……いや、分っていたかもしれないけど、

黒いモヤがオレに憑くなり、色々な所から白い腕が現れを、オレを縛り付けていたらしい。
明らかにタヒ人の、病院でよく見る白い肌の、腕があり得ないほど、縛り付いてたそうだ。

また、黒い巨大な塊から、時置き、黒い小さな塊が飛び出し、それが何度もオレにぶつけられていたそうだ。
あの衝撃波のことだろうか。

他にも、ギョロギョロとした顔など出現しだし、これは駄目だと、助けに向かったらしい。

あの生ぬるい感触なのは、息とか、腕の熱とかだったんだろうね。

従兄「……で、うちわを振ったら、全員霧のようにきえたよ」
そやって、ゆっくりとオレに近付き、俺にうちわを振ったそうだ。

途端、黒いモヤなどは消え、つまり金縛りが解けた状況になったらしい。

従兄「大変だったんだよ、何度呼んでも気が付かないし」

オレ「ははは……、すみません……」

従兄「ただ、本当に肝が冷えたよ……」

従兄「オ レ 君 、 そ の モ ヤ モ ヤ に 突 撃 す る ん だ も ん (笑)」

従兄は苦笑いしながらアイスコーヒーを飲んでいた。
イケメンはなんでも似合うなーとか、呑気に俺は感じていた。


続きを読む


【①はこちら】
190: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 2016/06/15(水) 23:08:09.37 ID:ZbB+G9wW0.net
申し訳ありません明日も別のところの助勤要請を頂いたので
書けるだけ書いて終わらなかったら続きは明日の夜になります。

続けます。
「お坊さん、こっち、こっち」
そう言いながらTさんが掘っていた穴(ご自分の下半身が隠れる位の深さ)
から飛び出したのが見えたので、条件反射でそちらに向かいました。

Tさん「お坊さん、穴、穴」

Tさんが穴の中を指差します。
が、何もありません。掘られた普通の空間があるだけでした。

「どうしました?」

Tさん「え?あれー?いない?
さっき、あの男が私にむかって拝んでたんですよ、掘った中から、
私の足元から私にむかって、拝んでたんですよ、
突然出てきて、だから流石にびっくりして」


「あ、奥さん!」

私は慌てて奥様の方を振り返って奥様の状況を確認しました。
奥様は私たちの上、樹の上の方に視線を向けていました。
私は近付いて「奥さん大丈夫ですか?」と聞きました。

奥様「はい、大丈夫です、大きな声だしてすいません、
あの・・・さっきまであの樹の上にあの男の人がいて、
それでビックリして声が出てしまって、主人を見てる感じで樹の上にいたんです。
でも、お坊さんが近付いたら消えていって・・・お坊さん、見えましたか?」


「いえ、私には今回は見えませんでした」

奥様「あの・・・天国にいったんでしょうか?」

「えーっと、天国というのは私たちの言葉ではないのですが、
浄土ですね、極楽浄土って聞いたことないですか?
まぁあれです、言葉はともかく、そうだったら良いですよね
埋葬終わったら、改めて法要致しましょうか」


そう言ってあらためて樹をみましたが、特段変わったものはありませんでした。

続きを読む

【2/3はこちら】
【3/3はこちら】
1:2013/11/27(水) 00:06:54.93ID:MrJBrpHv0

これから俺の離婚話(まさかの離婚原因)をする
スレ閉じても構わないが為になる事も話すから結婚の予定ある奴は片手間でも良いから見たら良いと思う
始めにに言っておくが釣りではない あとアフィでもない 淡々と俺の経験した実話を書いていく 
長文読めない奴はスレ閉じた方が良いかも

書き溜めはしていない
では書く
続きを読む

このページのトップヘ