タグ:執念

    mixiチェック

523: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/19(木) 22:10:05.88 ID:4JL2ktqf.net
たったそれだけのために金と時間をかける執念がキモいわ!って言いたくなる友やめ
ちょいシモなんで下げときます

当時親しかったA・Bに、温泉旅行に誘われてOKした
夕食後に温泉入ったら私はもう眠かったから先に寝させてもらったが、A・Bはかなり遅くまで起きて飲んでいた模様
で、真夜中に喉乾いて目が覚めた時に聞こえてきたAとBの会話に吐き気を催した
A「とりあえず、ミッションコンプリートだね」
B「(私)って女にはあるまじき絶壁だけどそれでも女ってことか」
A「しかし、よく誘って乗ってくれたよね?胸無い女子って恥ずかしがって断る子多いイメージ」
B「つまり気にしてないんだ、ある意味大物だね」
両方と縁切りしたのは当然だが、温泉も嫌いになった

続きを読む

    mixiチェック

44: 名無しさん@おーぷん 2017/05/13(土)19:24:51 ID:aw8
そもそも、当時の自分が神経わからん!という話なのですが。
10年前、大学生だった頃、
当時付き合っていた彼氏が心変わりしてしまいフラれ、泣き暮らしていた時期がありました。

バイト先の男性社員Aに、是非友達になりたいと言われ、
泣いて暮らすよりマシかとアドレスを交換し、メールのやり取りをするようになりました。

そのメールが段々気持ち悪いものにエスカレートし、
「今日もキミの面影を抱いて眠るよ…抱くっていってもセッ●スじゃないよ!」とか、
「女子大生とメールしてるなんてヤバいよね、
 俺!お小遣いあげなくちゃならないかな?
 お小遣いあげたら、エンコーだ!」など、これは友達とするメールじゃないよなぁという内容に。

30代と聞いていたのに、
実は45歳だと知った瞬間に何もかも気持ち悪くなってしまい、
バイトを辞めるタイミングで着信拒否しました。

半年後、大学を卒業して新しい携帯電話に変えた際に、
着信拒否設定など忘れて使っていたら、Aから毎日着信が残るようになりました。

まだかけてくるの!?と慌てて拒否すると、
非通知で留守番電話を残すようになりました。
「つながった。元気ならいいんだ、ハハ」みたいなメッセージを残すので、非通知も拒否しました。

3年くらい経って、スマホに機種変した頃、
知らない番号からの着信を仕事だと思い取ると、
「あ、やっと出てくれた!久しぶりだね、元気?Aだよ!」

最初の着信拒否から4年近く経つのにまだかけてくる執念と神経がよくわからん!と思い、
今の生活があるしもう関わりたくないと伝えると、
「ウヘヘ…ヒヒ」と笑いながら電話を切られました。

その数年後LINEを初めて入れた時に
「知り合いかも」にAが出てきたのにはさすがに参りました。
もちろん自分側には番号もアドレスも登録していません。

安易な気持ちでアドレス交換なんてしちゃいけませんね。
続きを読む

    mixiチェック
727: 名無しさん@おーぷん 2016/02/16(火)10:59:20 ID:evW
小5の初夏、学校からの帰り道で、突然声をかけられた。
40歳前とおぼしき、身なりの綺麗な女性だった。
道にでも迷ったかと思っていると、その女性は花柄の上等そうな封筒を差し出した。

そして
「あなたと同じ学校の山崎(女子生徒)の母です。
クラスが違うから知らないかもしれないけどね。

実は娘が、可愛くて成績の良いあなたとお友達になりたいと言って
お手紙を書いたんだけど、
恥ずかしくて自分じゃ渡せないからお母さんが渡してって頼まれてね。
突然ごめんなさいね。一生懸命に書いたから、絶対に読んでね」
と説明を受けた。

今思えば怪しさしかないのだが、
私のことを"可愛くて成績が良い"などと思い、密かに憧れてくれている女子がいる、
という意外性と嬉しさに浮かれて、何も疑わずその便箋を受け取ると、
帰宅するまで待てずに近所の公園で開封して読み始めた。

しかし、内容はあの女性の説明とは全く異なるものだった。
10枚にわたる便箋には、子どもにも読みやすい筆致で、
私の両親の結婚に関する事実がびっしりと記されていた。

私の父は誰でも知っている大企業で働いていた。
そのときすでに父は、高校生の頃から付き合っていたある女性と結婚していた。
本妻が妊娠したころ、父は勤め先の契約社員の6つ年下の女性と不倫をはじめた。
本妻がひどいつわりで苦しんで入院している最中、父は愛人と旅行していた。

不倫に気がついた本妻が責め立てると、父は開き直り
「金はいくらでもくれてやるから離婚してくれ」とだけ言い残し、家を出た。
謝罪は「すまん」の一言だけだった。

絶望のなか出産した本妻が、1度でいいからあなたの子の顔を見てと手紙を書いても、
父は訪ねてくるどころか、返事すら出さなかった。

父のした仕打ちを父の実家に抗議しても
「貯金を全部やったんだからもういいだろう」と無碍にされた。
本妻は結婚式にも出席した父の上司に電話を入れ、事の顛末をぶちまけた。

すると愛人は途中で契約を切られ、父は閑職にまわされたが、
その後、父もその会社を退職し、愛人と結婚、転職した。
そして生まれたのがこの私だということだった。

手紙の結び文句は
「あなた方の不幸を心から願ってやまない人間がいることを、
タヒぬまで忘れないで下さいね」
だった。

読み終えた私は呆然として、しばらくは動けなかった。
手が震えていた。

今思えば、元本妻さんは、
会社をクビになって不幸になるはずだった父が閑職時代に英語を習得し
(元々潰しが利くニッチな理系資格も持っていた)、
外資系に転職することで以前よりも裕福な暮らしをしていること等が
気に食わなかったのだろうし、それは当然の感情だと思う。

そして子どもが最も敏感と思われる時期を狙って手紙を渡したのだろう。
続きを読む

このページのトップヘ