タグ:地獄


193: 名無しさんといつまでも一緒 2011/08/01(月) 11:45:35.18 0
ちょっと、吐かせてくれ…。
嫁の浮気が発覚して1年。子どものために頑張って再構築したけど無理みたい。

土曜日、シャンプーがなくなったので詰め替えを探して風呂場をでたら嫁が誰かと電話中。
どうやら嫁友らしい…

「来週、木曜の昼だったら逢えるって彼に伝えといて。それから愛してるって…」

汚嫁とバイパス嫁友にサツ意。

続きを読む


270:名無しさん@おーぷん2017/10/20(金)20:30:42 ID:Cel

吐き出したくて書く。人がしぬから、嫌いな人は読まないでほしい。
俺と嫁は、中学校から一緒で高校から付き合いだし、嫁が短大にいって就職後2年、俺が大学卒業してすぐの頃に結婚した。
まわりの友達より結婚早かったけど、なかなか子供ができずに、ようやく子供が産まれたのは35過ぎてから。
子供は正直諦めていたから、できたときも産まれたときも本当に嬉しかった。
特に嫁は、保育士だったから子供大好きだし、仕事しながらもずっと我が子がほしくてたまらなかったと思う。
常に二人とも子供が一番だった。
喜ばせたいし、いいやつに育ってほしいし、何より何をしていてもしなくてもかわいくてたまらなかった。
子供に弟妹をつくってあげたいと思って治療もしたが授からず、一人っ子のまま。
元気に腕白に育ち、4歳のときに病気が見つかった。

続きを読む

婚約者と破談しようか迷ってるwwwww

1 :名無しさん@おーぷん:2017/08/31(木)19:39:14 ID:4UI
いやこれマジでwwww
続きを読む

102:1/32011/02/10(木) 13:06:37 0

流れ読まずにかきすてる。
文才無いから無駄に長い上にフェイク入れ放題なので、
特に時系列につじつま合わなくても見なかったふりでお願い。
続きを読む

165:1612008/12/22(月) 18:42:28 ID:aQy+5U0dO

すみません、書きますね。
ちょっと事情があって急に書きたくなったので…。携帯からなので、遅いですがよろしくお願いします。

数年前の高校生の頃の話です。
自分…高3
彼子…高2
間男…20才?フリーター
DQN達(友人含む)…16〜18才
自分はある地方都市で、やんちゃな高校生活を送っていました。当時は、ヤンキーとか暴走族みたいなワルな感じがするやつがモテていました。


自分の出身中学は地元公立だったため、頭のいいヤツから族の下っ端までいました。
中学の頃はそれなりに勉強しながら、ワル(笑)な奴らとも適当に仲良くし平和な毎日でした。
地元の公立高校に入り、部活はやらずにバイトをし、休みの日は遊びまわる自堕落な生活でした。
それなりに楽しい生活の中で、高3の夏休み前に近くの女子高に通う彼子にコクられて(同じ中学だったらしい)付き合い始めました。
その頃の自分は地元の族の頭をやってる奴と仲が良く、学校内ではある意味特権階級(笑)なポジションにおり、何でも出来ると慢心していました。
続きを読む

32:名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/28(月) 02:21:47
嫁を間違えたと思う。
続きを読む

504: :2014/03/18(火) 11:53:33.77 ID:

流れを切ってすみません
妻に浮気されていました
その時の経緯を書き込んでもいいですか?
続きを読む

325::2016/12/27(火) 20:38:32.16 ID:

プリの被害者ヅラで思い出した。
以前プリと対峙したとき「これ以上あなた達が関係を続けると、もっと不幸な人が増える」って言ったの。
今なら3人での話も、これ以上エスカレートすると親や子どもも苦しめるよって意味だったんだけど。
「別れます、お約束します」ってペコペコして帰ったプリ、私と別れたらソッコーシタに「あんたは不幸になるって言われた!酷い嫁!」って言い付けてたよ。
続きを読む

691:名無しさん@HOME2012/12/06(木) 12:35:47.89 0

私が浮気してる設定で、旦那とその友人たちが大盛り上がりで
あれこれ画策して外堀を埋めようとしてました
外堀埋められても肝心の内堀がなかったわけなんですが

きっと楽しかったんだろうね探偵ごっこ
夏からずっと家の中には隠しカメラ、私の車にGPSやよくわからん録音する機械やら仕込んであったらしい
とりあえず市内の実家に帰ってるけど瞬間的な怒りが収まってから虚脱状態です
続きを読む

【後編はこちら】
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/09(土) 01:06:58.15 ID:K5JXzUbN0

だめ男だったのになんでこんなに寂しいんだろう
自棄おこしそうだよ。なんでもいいから構ってほしい。
続きを読む

このページのトップヘ