タグ:地獄

504: :2014/03/18(火) 11:53:33.77 ID:

流れを切ってすみません
妻に浮気されていました
その時の経緯を書き込んでもいいですか?
続きを読む

325::2016/12/27(火) 20:38:32.16 ID:

プリの被害者ヅラで思い出した。
以前プリと対峙したとき「これ以上あなた達が関係を続けると、もっと不幸な人が増える」って言ったの。
今なら3人での話も、これ以上エスカレートすると親や子どもも苦しめるよって意味だったんだけど。
「別れます、お約束します」ってペコペコして帰ったプリ、私と別れたらソッコーシタに「あんたは不幸になるって言われた!酷い嫁!」って言い付けてたよ。
続きを読む

691:名無しさん@HOME2012/12/06(木) 12:35:47.89 0

私が浮気してる設定で、旦那とその友人たちが大盛り上がりで
あれこれ画策して外堀を埋めようとしてました
外堀埋められても肝心の内堀がなかったわけなんですが

きっと楽しかったんだろうね探偵ごっこ
夏からずっと家の中には隠しカメラ、私の車にGPSやよくわからん録音する機械やら仕込んであったらしい
とりあえず市内の実家に帰ってるけど瞬間的な怒りが収まってから虚脱状態です
続きを読む

【後編はこちら】
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/09(土) 01:06:58.15 ID:K5JXzUbN0

だめ男だったのになんでこんなに寂しいんだろう
自棄おこしそうだよ。なんでもいいから構ってほしい。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)22:30:20 ID:a3w
一人語りしてもええのかな・・。
続きを読む

19: 離婚さんいらっしゃい 2007/10/19(金) 23:51:44
今日不貞の報告書が上がってきました。
サプライズとして、全ての調査が完了後
たまたま調査員が某レストランにて停車中の汚嫁の車を発見
接近し車内を覗き込むと・・・
男の股間付近で首を激しく上下運動している汚嫁を目視したとの事でした。
捜査員曰くここまで好条件で目視まで行くのは1年に一度あるかないか程の事だそうです。
もうタヒんでくれって感じです
続きを読む

【後編はこちら】
784: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/08(金) 10:56:48
5階のベランダでタバコ。
車が止まる。白のパンツ女がおりる。手を振って車を見送っている。
時間は24時を過ぎ。
数分して白のパンツ姿の女房が帰ってきた。
こんな光景が毎週見られるようになってきた。
興信所には依頼済みだ。明日の報告が待ち遠しい。
すでに覚悟は出来いる。待ってろよ、地獄を見せてやるから。
続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/27(金) 23:47:41.485 ID:0dd+HMyA0
俺嫁30歳、不倫相手32歳 
不倫は楽しかったし、やらなきゃよかったとは思えないけど
嫁には悪いことした
続きを読む

【2/3はこちら】
【3/3はこちら】
1:2013/11/27(水) 00:06:54.93ID:MrJBrpHv0

これから俺の離婚話(まさかの離婚原因)をする
スレ閉じても構わないが為になる事も話すから結婚の予定ある奴は片手間でも良いから見たら良いと思う
始めにに言っておくが釣りではない あとアフィでもない 淡々と俺の経験した実話を書いていく 
長文読めない奴はスレ閉じた方が良いかも

書き溜めはしていない
では書く
続きを読む

133: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 23:50:58.61 ID:OJvHPRbU
離婚記念報告 

嫁の妹が酔っ払って俺にキスをしてきた。 
それをみた嫁発狂、ヒス全開になって嫁妹と俺に離婚&慰謝料請求。 

さすがに我が妹にやることではないと思い愛想をつかし離婚は承諾、
しかし金は一切やるつもりはなかった。 

しかしここからがさらに地獄 
俺の家族親戚知り合い会社に浮気したとかDVされたとふれ回る。 
Facebookやラインなんかであることないことめちゃくちゃ 
さらにメンヘラ発症して手首切った写真とか薬大量に飲んだ写真を送ってきたり投稿したりしだしたので、
300万やってようやく別れた。 

向こうは実家に帰って家事放棄したりデタラメなこと言われまくってこっちが金とりたいくらいだったけど、
嫁も嫁実家は超貧乏なのでどうせ払わないし、
精神的にもきつくなってきたのでさっさと終わらすためにも払った。 

嫁の妹は実家に帰った嫁に家から追い出されて仕方ないので俺がおんぼろアパートを借りてやった。 
今じゃ赤の他人だけど居場所なくてかわいそうだから今も継続して払ってる。

続きを読む

このページのトップヘ