タグ:土下座

308: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/22 14:03:02
新郎従妹で出席した結婚式。 

新郎はいわば本家跡取りで、実家は田舎だけど土地持ちのいわば地元の名家。
いい大学出て新郎両親の自慢の息子だったんだが、
就職した東京で係累のいない彼女連れ帰ってきて一族発狂。

大騒ぎしたあげく、駆け落ちしそうになって新郎両親が渋々許可→新郎母が決めた式場で
結婚式をあげ、結婚後は実家に戻って同居となった。

私含むイトコ世代は「あーあ、嫁いびりされるぞこりゃ」とうんざりしてた。

披露宴がはじまると、新婦側の出席者は新婦の勤め先の上司夫婦と同僚代表のおばさんが 一人、
あとは新婦友人の女性が一人だけ。
新婦は幼い頃に両親が事故で他界したそうで、親戚をたらい回しされて育ったそうだ。
今どきあるんだね、太変だねと言っていたが、実際に家に迎える新郎両親は
「どんな育ちだかわかったもんじゃない!」とはなっから身構えてた。
あと、交通費もかかる地方での式だからしょうがないかもしれないが、これだけ少ない招待
客って新婦に何か問題でも??という空気は少なからずあった。

ぴりぴりムードのまま式がはじまり、新郎側招待客の長いスピーチが続いたあとで新婦上司
がスピーチ。穏やかで心のこもった挨拶で、新婦の人となりや仕事ぶりを褒め、信頼する部下
が仕事を辞めるのは残念だが…と、心の底から新婦の幸せを祈っているのがわかるスピーチだった。
その後、新婦友人(以後A)がスピーチの壇上にあがった。

新婦友人は小学校の4年の夏から5年の秋まで同級生だっただけの人で、新婦が別の親戚の家に
行くのに引っ越したあとは、ときどき文通してたんだって。で、結婚が決まってはじめて手紙に
彼氏がいたことを書いて結婚式に出てくれないかと言われ、仕事で海外にいたのを急遽帰国して
きてくれたのだそうだ。
続きを読む



543: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/10(水) 11:42:56.64
俺が歯磨き粉のフタを閉め忘れたのを発見して嫁がヒス。
出勤前でイライラしてたのもあって

「人の粗ばっか探してんじゃねぇ!テメェが洗面台使った後はテメェの髪の毛があちこち落ちてて
汚ねぇんだよ!誰が掃除してると思ってンだ!!人の事、グダグダ言う前にちっとはテメェの事を
振り返れ!クソボケ!」

って言っちまったw

帰って来たら嫁は実家にw
二度と帰ってくんなw

スッキリしたwww 


 
続きを読む




166: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 17:37:31.17 ID:2mdA6tsO0.net
先日大トメさんから伺った話(長文失礼)。

今から何十年も昔、大トメさん宅のご近所に母子家庭が住んでいたそうな。
お子さんである娘さんとその弟さんは働く母親を支えるため、小さい頃から家事やちょっとした仕事(新聞配達など)をしていたらしい。
母親は働いているせいか殆ど家にいない。
不憫に思った大トメさんはよく食事をこしらえて持たせてあげたり、お古ではあるけどお洋服やおもちゃなどをあげてたんだと。
それもあってお子さんたちは大トメさんと深い繋がりがあった。

それから数年後のある日。高校生になった娘さんが目を真っ赤にして訪ねてきたかと思うと
「お願いします。絶対に返しますから、お金を貸して下さい」と土下座してきたらしい。
その後ろには同じく目を真っ赤にして泣いている中学生の弟さんが、これまた崩れ落ちるように土下座していた。 
続きを読む

370: 名無しさんといつまでも一緒 2007/03/22(木) 19:52:06

自分も汚嫁が離婚後に泣きついてきて土下座までしてすがりつこうとされたけど、
あまりにも可哀想になったので、「はっきり言ってお前は俺から許してもらえないほうがいいよ」
「俺から許されたら一生、何がダメだったのか理解出来ないままになるよ」
「失敗は成功の元ってことわざってあるでしょ?

そういう事を言いたいんだけど」って言ってやったらようやく理解してくれた。


間男の借金を肩代わりさせられていてフー*ク嬢やってたからだけどw
続きを読む

799: 1/2 投稿日:2009/04/09(木) 04:56:47 ID:4I1t43BQ
山でウド、カタクリ、タラノメなどの山菜を採っていたら、同じく山菜を採りにきた親子を見つけた。 
ちなみにそこは俺んちの山なんだが、普通の人は山が国以外の誰かの持ち物だって知らないかもなぁ、と思って我が家では毎年見てみぬ振りをしていた。 
しかしその親子は初体験なのか乱獲が酷かった。
タラノメなんて手が届かないと枝を折って採っていた。 
だからさすがに見かねて
「あ。ちょっと、折らないでください。生えてこなくなりますから」と注意した。 
突然の俺の登場にちょっと驚いた父親だったが、素直に謝ればいいものを
「別に君の持ち物じゃないだろ」と 
口答えしてきた。 
「いや、ここ僕んちの山なんですよ」と言ったら何故か急にキレだして、 
「ハァ?なんだよ僕んちの山って。いい加減にしろよ?」とか言ってくる始末。 
びびりの俺は内心泣きたくなってきたが、頑張った。 
「いやだから僕んちの土地なんですって。だから枝とか折らないでください」 
「じゃあ証明してみろよ、ああ?こっちはなぁ子供連れてきてんだぞ、ああ?だったらお前も草とか踏むんじゃねぇよ、ガキが。殴られたいのか?」 
怖かったのでここで俺は
「いいから、折らないでくださいね!」と言って退散することに。 
いいさ捨て台詞と思われても。ってことで隠れて監視することにした。

続きを読む

498: 名無しさんといつまでも一緒 2006/04/18(火) 17:22:16 0
出張から戻って自宅のドアを開けると 
玄関口でいきなり妻が土下座していた。 
「不倫していました。 
 相手の奥様にバレました。」 
だってさ。 
一月末のこと。
続きを読む

このページのトップヘ