タグ:因果応報

    mixiチェック

1: 名も無き被検体774号+ 2019/09/16(月) 10:04:20.74 ID:EdmdxbXo0.net

色々あったので吐き出させて下さい。今とてつもなく辛いです。 

6年前の話です。当時。 

俺:33歳 見た目普通 ごく平均的なリーマン 
元嫁:32歳 今でいう広瀬ア○スに似てる パートしてました 
小梨 

間男:35歳 元嫁のパート先の店長 俺より稼ぎがいい、そしてイケメン 未婚


続きを読む

    mixiチェック

522: 可愛い奥様[] 2010/08/10(火) 07:02:38 ID:CCSoAWXy0
一年前社長と結婚した主任、正社員続行希望したのに
パートになれば?退職すればと意地悪職員に追い詰められ
おとなしくパートになった。一年後の今、意地悪職員の子供に障/害が発覚、
先月検査入院で意地悪職員は付き添いで休みがちになり
意地悪職員自身も癌細胞が見つかり切除、再発の
不安からか昨日ついに意地悪職員がパートになると申し出た。
因果応報がこれほど分りやすく出る例も他にないとしみじみ
感心した。

続きを読む

    mixiチェック

433: 1/2 2010/06/06(日) 00:58:56 O
周りには愚痴れないので、投下。
お久しぶりです。
あの頃の貴方は若すぎて、何が本当の幸せかわからないまま、私のたった一言の過ちに惑わされ、二人の運命は複雑になってしまった。
十年経って、ようやく貴方を奪った彼女に因果応報が巡りましたね。
私なら貴方を幸せに出来るのです。いまなら私を選ぶべきとわかるはずです。

いまなら別れを告げても貴方を責める人間はいません。(差別用語等、彼女を蔑む言葉なので後略)


続きを読む

    mixiチェック

272: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/15(月) 15:15:03.23 ID:40a7X0xr.net
「話の中に不快な表現がある場合がありますのでご注意下さい」

結婚してから夫の家族と同居したけど姑と出戻りの義理妹に嫁いびりされた。
私の両親は私が結婚する2年前に事故で亡くなったので
「味方してくれる人もういないね」とばかりに両親の残した遺産は
夫の家のために使えと強要されたり(分割して通帳に入れてあったので
少ない額の通帳だけ見せたら取り上げられ、なんだこれっぽっちか貧乏人の娘と罵られた)
母の形見の着物は汚されたり(タンスに入れて置いたらジュースかけられてた)
指輪もいつのまにか売り払われてた(失くしたと探してたら
義理妹に「○○円の価値しか無かった安物じゃん」とニヤニヤしてたから売り払われたみたい)
夫は最初はかばってくれてたけどめんどくさくなったのか
「母さんも妹も悪気はない」→「お前が心を開けばかわいがってもらえる」
→「悪口は気のせいただの家族間の軽口 お前が彼らを嫌ってるから悪く受け取ってるだけ」
→「お前さえ我慢すれば済む話」→「お前がこの家の雰囲気を悪くしてるだけ」・・・に変わった。
舅は息子の嫁は家政婦くらいにしか思ってなくて、一連の出来事は知ってるけどスルー。
一度だけ「飯食わせてもらってるんだから我慢は必要だ」とだけ吐き捨てたことあり。


続きを読む

    mixiチェック

635:  ↓名無しさん@おーぷん 16/12/20(火)16:23:16 ID:wCE
夫も私も福祉系の仕事をしている。
やりがいはあるけど正直言って薄給。
話し合った結果、子供は産まないことにした
この決定について親からは色々と言われたけど、非常に寛容な方だった義母が上手く諌めて下さったので最終的には丸く収まった。本当に感謝してる

ただ、一人だけ延々と嫌なことを言ってくる人間がいた
「国のお荷物、って感じだね」
「私は分かりやすい形で価値を得られてよかったわぁ」
「老後は野垂れタヒに確定だね」
と、近所に暮らす元同級生は十数年にも渡って顔を合わせる度にチクチク嫌味を言ってきた
こっちは仕事が忙しかったし夜勤もあって生活リズムも合わなかったからそんなに頻繁に顔を合わせることはなかったけど
それでも元同級生に会う度、自分の選択は本当に正しいのか…って悩まされた

この元同級生、今は滅多に外に出てこない。
たまに見かけても虚ろな顔して俯いているばかり。視線さえ向けてこない

元同級生の弟さんの話によると、元同級生は束縛&男児優遇・女児冷遇タイプの毒親だったらしい。
厳しい門限と制限に耐え兼ねて娘さんは短大在学中に自.害。
夫と息子さんからも縁を切られたらしい

私も最悪な人間だと思う。
人が一人タヒんでるのに、その話を聞いて最初に思ったことは「ざまぁみろ」だった


続きを読む

    mixiチェック

481 名前:名無しさん@HOME:2013/09/14(土) 07:32:46.82 0

すいませんが相談に乗ってください。

かつての不倫相手が妻から慰謝料請求されたらしく、
私にヘルプの連絡が来ました。

彼女とは2年前ぐらいに妻に関係がバレて別れています。
私達は再構築中でした。

彼女から連絡が来て妻に問い質すと、
当然の権利を履行したまでよとアッサリしたものでした

彼女は婚約をしたところだったらしく、
その慰謝料請求の書類が相手の実家に送られてきたと言っていました。
彼女は激怒しており、なんとかしろと物凄い勢いです。

私達は再構築してるのだし、
相手の幸せを邪魔する権利などないと妻を説得したのですが、
私の幸せを踏みつぶした貴方達にそんなこと言う資格があるのかと取り付く島もなく…
どうにか妻に慰謝料請求を取り下げてもらえる方法はないでしょうか?


続きを読む

    mixiチェック

905: 可愛い奥様 2009/10/04(日) 11:10:31 ID:9Zn3EFr90

私の前の夫、暴言は頻繁でした。一度だけ暴/力を振るわれた事がありました 
頬をグーでなぐられました。口の中が切れて少しだけ血が出ました。 

「A(秘書)に言っておくから、荷物まとめてとっとと出て行け」と言い残して 
経営する会社へ出社しました。実家も頼れず専業主婦だった私は、すぐ 
さま彼に電話して許してもらえるようお願いしました。 

なぐられた直後には言えなかったのですが、数日後に「叩かれると痛いんだ
よ・・・」と言ったら「こっちだって手が痛いんだ」と言い、大学時代にボクシン
グをやっていた為「俺が本気でなぐったら顔がグチャグチャになる」とも・・・

その後、彼は癌になりました。切れば治ると思っていたようですが日に日に
弱っていきました。そんな彼を見つつ「神様はいる」と思った私は冷たいの
でしょうか。これは因果応報ではなくて自業自得ってやつでしょうか。


続きを読む

    mixiチェック

711: 可愛い奥様[sage] 2013/09/04(水) 11:51:26.12 ID:juMczu7Mi
元上司

現在、鬱で退職してるんだけど
とにかく自信家な奴。確かに改善意欲は凄くて、常に問題意識を持ってた。

だけどやり方が、エゲツなくて
部下が失敗すれば、即ミーティング。
それも連日、毎回2時間以上は当たり前

小さい事もおおきくして、解決した俺ってスゲーだろが得意技。

また、そういうターゲット見つけたら
失敗してなかろうがお構いなし
それこそ、ハシの持ち方から吊し上げ

役員が注意してもやめない
ミーティングもみんなが見える場所が絶対

そいつが原因で退職した人10人
入院1人、鬱寸前1人。


続きを読む

    mixiチェック

184: 17/07/31(月)17:28:29 ID:F03
新婚で不イ侖した女友達が、離婚してからすごく幸せそうだ。(元旦那から相談受けたのはたぶん私だけ)
結婚に懲りた彼女は、ひとまわり上の間男とは結婚せずに普通に付き合ってる。
で、事情了解済みの他の彼氏がさらに3人いると。
元旦那だった人(私とも親しかった)は独身になって僻地に飛ばされて、毎日病みツイート。
一方で、女友達は毎日キラキラツイート。
不イ侖の末路って、こんなものなんだーって思ったけど、他に言う人もいないので書いてみた。

前、女友達に聞いたんだ。
「因果応報とか信じる?事故に遭ったり病気になったり、他の女に取られたりとか考えない?」って。
そしたら女友達は
「自分がどんな目に遇ったって受け入れる。複数いる彼氏も、その覚悟でついてきてくれてる」
って悟ってる風で
不覚にも格好いいって思ってしまった自分が嫌だ。
これくらい強く(図太く)生きないと、幸せにはなれないのかな……。

続きを読む

    mixiチェック

265: 名無しさん@HOME 2008/06/25(水) 23:28:36

エネと判別した夫から絶賛、逃亡中。 
正直、もうどうにでもなれと自分でも神経おかしくなっていて、 
テンションおかしいです 
前スレ読んでて、私に似た状況の人もいてちょっと一安心。 

文章が下手なので箇条書きで説明します。 
私:会社員、研究職、研究がらみの特許を持っているので(チームで)、その使用料で給料は少しいい 
エネ夫:同じ会社の営業、人当たりもいいし、見かけも悪くない(と思う)2つ年下 
トメ:近距離(2キロぐらい?)別居、ちょっとお金に細かいかな?と思ってたけど、 
細かいところに気づくいい人だと思ってた・・・・。 
ウト:空気、無口な人で、いつも本を読んでいる印象しかなかった。 
義兄・義兄嫁:ともに看護師、近所の病院に勤務していた。時々、カオを合わすけど、妙によそよそしい人たちだった。 
一男一女(5歳と8ヶ月)

続きを読む

このページのトップヘ