タグ:因果応報

77: 名無しさん@HOME 2009/09/20(日) 18:33:47
「本当の事なんだからしょうがない」と言うのが口癖のトメ。 
結婚以来、ずっと私の事を石女、出来損ない、不細工、訳立たずと言い続け 
「本当なんだからしょうがないじゃない」とゲラゲラ。 
コトメも「そうよねえ。子供埋めない役立たずだし」ウトも頷いてる。 
旦那はその場ではトメに合わせて笑い、あとでごめんな、と言うだけ。 

ウトメコトメが連休を利用して(旦那のみに了解を取って)押し掛けてきたので、自称「模範的な姑」のトメにならった。 
昨日からトメは「ヒステリー(ババア)」ウトは「セクハラ(ェロ)」 
コトメは「ニート(無職)デブ」で呼称を統一。呼ぶ時は大声で。 
逆切れされても「はーい本当の事本当の事」にやにや。 
23日まで滞在のはずが、今日はホテルに泊まって明日帰るらしいよ。 
何故か旦那も一緒に行ってくれたから、この家での最後の晩餐ができるね。 

そんなに「種無し君」って言い続けたのが気に入らなかったのだろうか。 
だって本当の事なんだからしょうがないじゃんよ(・∀・)ニヤニヤ
続きを読む

226: 可愛い奥様 2007/05/18(金) 23:40:09 ID:lCRJBXM00
地方の新聞社の部長が
休日に近辺で起きた玉突き事故に喜び勇んで 
部下の記者に
「ウチが一番だ!いい写真を撮って来い!」と送り出した。 

部下が持ち帰ったシボウ者のリストには、 
その部長の妻子の名が記されていた、 
という話なら聞いたことがある。 

翌日、トラックとトラックに挟まれ、 
ペシャンコに潰れた自家用車の写真が新聞の一面を飾った。

続きを読む

505: 恋人は名無しさん 2009/11/16(月) 19:18:46 ID:Ze0qZa/9O
つながりにくいんでゆっくりだけど投下します。去年の話。 

俺と彼女は付き合って2年。新入社員同士励まし合ってたのがきっかけだった。 
オレンジ色が似合う彼女で、一緒にいると気持ちが明るく前向きになれた。

同期の中に、眉も剃らない黒髪短髪ですごく爽やかな男がいた。 
爽やかくんは、同期や先輩のどんなアピールも爽やかにかわして彼女を作らなかった。 
だけど1年経ち、入社してきた美人な後輩とあっさり付き合いだした。 
美人ちゃんはまぁ本当に美人で、爽やかくんと理想的なカップルだった。 
俺は彼女と順調だったし、仕事も楽しくて充実して過ごしていた。 

しばらくして、美人ちゃんが仕事に来なくなったのを彼女伝いで聞いた。 
男性と女性が勤務中顔を合わせることはほとんどなかったので、 
俺は女性社員の話はほとんど彼女から聞いて知る、という形だった。 
「そういえば爽やかくんも元気なかったかもしれない、別れたか?」 
と思い、次の日から爽やかくんを励まそうとしたが、空元気なままだった。 

美人ちゃんはクビではなかったが、相変わらず仕事に来なかったらしい。 
そして彼女の話によると、二人は美人ちゃんの浮気が原因で別れたらしかった。 

続きます。 
続きを読む

910: 名無しさん@HOME 2011/01/26(水) 17:24:09
身障者を対象にしたDQNなので、かなり気分が悪いと思う。 
私自身は決して差別する気はなく、相手がトメコトメなのでやったということを 
付け加えても…、まあDQNだわwww 


生まれつき右手の全指がない娘に「ゲゲゲちゃん」とあだ名を付けて 
10年もの間さんざん笑い者にしてくれたトメ&コトメが事故に会った。 
小さい事故だったのに、シートベルトをしていなかった二人。 
フロントガラスに頭から突っ込んだトメは左目の眼球摘出。 
ハンドルとピザな体の間に腕を挟んだコトメは右手首から先を無くした。 

先週の日曜日、退院した二人を励ます会なるものが 
ウトメ&コトメ×3家族で開かれ、そこに強制参加させられた私。 
二人のまだ包帯の残る体を見たとたん「リアルゲゲゲpgr」してやった。 

ついでにトメには 
「髪の毛飛ばせるんですか?黄色と黒のちゃんちゃんこ買ってくれば良かった〜」 

コトメには 
「ゲゲゲの作者は能力と才能に恵まれてましたけど、コトメさんの場合は 
さらに醜さを増しただけですよねえ〜〜〜」 
「うちの子は指だけで良かった〜お二人みたいに顔まで歪んじゃったら 
人生真っ暗だし〜、あ、歪んでるのは元からねww」 


夫もコトメ夫たちも最初はポカンだったが、泣きながら二人をおとしめる私を見て 
正気に戻ったらしい夫に羽交い締めにして退場させられてしまった。 
身障者を散々pgrしたのはかなりのDQNだと思うが口が止まらなかった、 
ちなみに娘は義手をつけ、いじめられることもなく元気に学校に通っている。

続きを読む

168: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 17:37:31.17 ID:2mdA6tsO0.net
先日大トメさんから伺った話(長文失礼)。 

今から何十年も昔、大トメさん宅のご近所に母子家庭が住んでいたそうな。 
お子さんである娘さんとその弟さんは働く母親を支えるため、小さい頃から家事やちょっとした仕事(新聞配達など)をしていたらしい。 
母親は働いているせいか殆ど家にいない。 
不憫に思った大トメさんはよく食事をこしらえて持たせてあげたり、お古ではあるけどお洋服やおもちゃなどをあげてたんだと。 
それもあってお子さんたちは大トメさんと深い繋がりがあった。 

それから数年後のある日。高校生になった娘さんが目を真っ赤にして訪ねてきたかと思うと 
「お願いします。絶対に返しますから、お金を貸して下さい」と土下座してきたらしい。 
その後ろには同じく目を真っ赤にして泣いている中学生の弟さんが、これまた崩れ落ちるように土下座していた。 
驚いた大トメさんが理由を問うと、娘さんが絞り出すような声で説明を始めた。 
内容としては「母が男を作って家を出た。お金をすべて持っていってしまったので、どうしたらいいのか問うと 
「うるさい。アンタ達がいたせいで私の人生はめちゃくちゃになった、売春でもなんでも勝手にして生きろ。これ以上私に迷惑をかけるな」と言われてしまった。 
私は高校を辞めて働くが、それでも当面の生活費が足りない。頼れる親戚もいないので、どうかお金を貸して下さい」とのことだった。 
驚いたことに、母親は確かに働いてお子さんを育ててはいたがそれは本当に最低限のラインであり、 
今までも男の元へ行って数日帰ってこなかったりはざらにあったらしい。 
そもそも母子家庭になった原因も母親が男を作って父親に追い出されたため。姉弟がせっせと働いていたのも親が払ってくれない学費などを工面するためだったそう。 
大トメさんは泣きながら土下座をする姉弟があまりにも不憫で、自分のタンス貯金から数百万を持ってきて 
「返さなくていい。これで高校をきちんと卒業しなさい。足りなかったらいつでもおいで」と驚いて拒否する娘さんに握らせ、二人を抱き締めてそれからはより仲を深め支援を続けたそうな。 

続きます
続きを読む

262: 本当にあった怖い名無し 2013/06/28(金) 05:38:26.00 ID:3iaLxkrC0
高校生の頃、同級生に、Aという子が居ました。 
Aは仲裁好きで、誰かが揉めてるというと、よく首を突っ込んで、アドバイスをしたがる子でした。 
ただ、そのアドバイスがいつも、「でも別の方向から見たら、こういう捉え方だって出来るでしょ?」 
「あなたにまったく非はないの?」「あなたも反省すべき点がある、謝らなきゃ」と、 
いつも悩んでる本人に、反省を促す方向に持っていきたがるので、自分の周りには、煙たがる子も多かったです。 
(私も内容を聞いた感じだと、明らかに本人に非がない時でも、屁理屈に近い事を言って反省を促す事もよくありました)
続きを読む

このページのトップヘ