タグ:問題児


523:名無しさん@おーぷん2018/04/14(土)20:10:13ID:ORS
長いのですが、相談させてください。
弟の様子が最近おかしいです。文にすると長いのでできるだけ箇条書きで。
弟→高2、商業高校、テニス部
私→21歳、働いてます。

おかしいと思い始めた時期→去年の7月頃
弟の元の忄生格→・調子に乗りやすいけど基本的に弱者には優しい。
・問題児だけど自分から問題を起こすというよりはたまたま現場にいて
巻き込まれるタイプ。頭が悪いのでうまく立ち回ったり弁解できずに
他のやんちゃな子たちと一緒に問題児扱いされてる感じ。

おかしくなったあと→・切れやすくなった・
相手の立場(お年寄りとか家族とか先生とか)関係なく暴言、暴力
・今まで受動的あるいは巻き込まれ事故で問題児扱いだったのが
能動的に問題を起こすようになった
・楽しいと言って自主練も進んで参加していた部活をサボるようになった

・今まで好きだったもの(ゲームとか漫画とか)を機嫌の悪さに任せて壊したり捨てたり
・友達と遊ばなくなった
・思い込みで暴言を吐き勘違いだとわかったあとも相手の嘘だと主張し続ける
(多分本気でそう思ってる)
・食事を取ってる様子がない(実際ただでさえ痩せ型だったのが激痩せしている)

気づいたきっかけ→去年の7月に校内での使用禁止だった携帯を
使ってるところ(何か友達と調べものをしていたらしい)を見られて没収された。
通常1ヶ月没収だが返すように教員相手に脅迫、拒否されて教室で暴れ
怪我人多数、窓を割ったりと器物破損もいくつか。

そもそも弟はスマホも別に欲しがってなかったのを
遠方だし持ち込みは校則違反ではないから連絡手段にと買い与えていました。
所持するようになったあとも特に執着もなく本当に行き帰りの連絡以外は
殆ど使っていませんでした。
それなのに没収されたことに対してそこまで暴れたことに違和感を覚えました。

・他の家族の反応→姉:違和感アリ。
時々、両親にそれとなく問題提起や受診の提案をしています。
両親:反抗期特有のものという考え。食事拒否もハングリーストライキ?
だと思っている。
そのうち治るから放っておけというスタンス。

祖母:様子がおかしくなってから一切近づかず関わらず、
弟の存在をないものとして扱っているのでどう思ってるのか不明。
祖父:祖母と同じ。

暴言や器物破損だけなら(良くないことですが)反抗期特有なのかな
と思えるのですが、妄想のような症状が出ていることや
食事を取っていないことが心配です。

姉と私は受診に連れて行くべきという考えなのですが、
保護者である親が拒否している(提案しても考えすぎ、ほっといて良いと拒否)ため
無理に連れていくのもどうなんだろうと思っています。

家の中ではいつ弟にキレられるかという恐怖とガリガリになっていく弟を見て
倒れるんじゃないかという心配で落ち着けないです。
どのように立ち回ったら良いのか、弟にどのように接するべきか、
両親とどのように意見のすり合わせをするべきかということで悩んでいます。
何かお知恵を貸していただければと思います。


続きを読む


155名無しの心子知らず2008/06/08(日) 14:17:27 ID:KElpNBa7
小3の娘が、手首をハサミで切られて帰ってきた。
初めに手首の絆創膏を見た時は、やんちゃな娘がまた怪我したか~
程度でしたが、話を聞いてみるど唖然。

・A君が娘の道具箱をひっくり返し、娘のハサミを使いながら道具箱の中身を挟んで拾っていた

・ハサミで拾っていると傷がつくから止めてと娘は制止しようとした。

・A君はその娘をからかうかのようにわざと中身をハサミでつかみ、切り始めた。

・娘は切られているものを無理やり取ろうとしたら、
ハサミを持ったA君も一緒に追いかけてきて、手首をバチンと切った。

幸い『くの字』に皮膚が切れただけで、筋や血管まで傷は達していなかったが、
ここから怒りの幕開け

続きます

続きを読む


125:名無しの心子知らず@\(^o^)/2017/06/17(土) 12:54:38.48 ID:GM+mEoz4.net

まだうちは直接的な被害は受けていないのだが、近所に凄まじいのが引っ越してきたみたい。

引越し作業の段階で狭い道路にヤンキー仕様の軽ワゴン停めて「なんだかな〜」と思っていた一家
子供が6人(おそらく夫婦ともに連れ子ありで再婚)で両親はナマポ。
そのくせ父親は旧車会みたいなのに入っていて、家にはカワサキのデカい族車バイク。

子供は上の子が5年生女子で茶髪
子供全員が最初のうちは学校にも行かずに平日昼間からフラフラ。
教育委員会から指導が入ったらしく上の子二人は毎朝教師が家まで迎えに来て何とか登校するように。

既に近隣の家では勝手に上がりこむ・そこの家の子を恐喝するをやらかして学校でも超問題になってるらしい。
憂鬱だ。

続きを読む

393:名無しさん@HOME2011/12/08(木) 08:01:54.00 O

甥っ子のクラスの問題児Aくん
クラスメイトののどにグーパンチしたり、足を蹴ったりするのであざを作る子が多数
その現場を見ている父兄多数
にもかかわらずAくん母は、学年のイベント時に
「学校でいじめられているの~」
との我が子の言葉を信じ、息子がいじめている子供の親に
「うちの子、いじめられているみたいなの。ほんと、その子の親は何をしているのかしら」
と言った(話を聞いている母親たちはみんな白けた顔で聞いていたらしい)
しかもそのいじめっ子とは私の甥っ子のこと
その親である義姉の前で、甥っ子のことを「いじめっ子」として話題にしたらしい
Aくんのせいで不登校になっている子もいるというのに・・

義姉は言い返そうとしたが、おっとりした性格なので、マシンガントークのAくん母にかなうはずもなく、我が子も守りたいのにどうすればいいか、と思案しているところ
何とかしてAくん母子に一矢報いようと、家族みんなで作戦を立てた
続きを読む

406: 名無しさん@HOME 2011/09/03(土) 16:20:01.61 0
中学校にかなり偏った思想の先生がいた。

うちの中学はかなり荒れてて問題児の数も多かったんだが、
そいつは他の先生たちとは違って
問題を起こすやつらにも優しい顔を見せた
(というか、特攻服とか喫煙とか
飲酒に対して注意しなかった)ので
問題児のあいだでは人気があった。

ここからはまぁ想像つくと思うけど、
この先生は問題児たちに
さりげなく自分の思想を植えつけた。
(例えば、今の社会は間違ってるから
他の先生に反抗することは正義だとか、
君が代を歌うことは悪だとか)

そして中2病真っ盛りの生徒たちは、
その年の卒業式での国歌斉唱の際、起立せず。

たぶんただ単に「世間に逆らう俺かっこいい!!」
的な感じで歌わなかったんだろうが
3分の2は着席したままの卒業生の姿に
来賓&教師たちは唖然。

自分は在校生としてその場にいたが、異様な光景だった。
続きを読む

479: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/10(水) 13:28:08.51 0
旦那の姉夫婦、わたしにとってはコトメ夫婦が中学生の息子の家庭内暴力でボロボロ。
帰国して家建てて、十年ぶりに子どもを引き取ったら、
癇は強いけど、優秀だったコトメコが一気に壊れた。
カウンセリングなんて笑う。
育児経験のない町医者なんかに、十年かけた洗脳がとけるわけない。
なんのために私が、問題児の親をお茶に誘っては話し相手をし、
輪に入れるように気配りしたのか、誰も不思議に思わないなんて、ほんとばかげてる。
問題行動をどうして起こすか、我慢させたらどうなるか、
サインは何か、うまく世間を取り繕うにはどうするべきか?
私を崇拝させたり、私がいないと何も判断できないように、どうしたらできるか。
全部生きたデータで実験済み。
続きを読む

700 :名無しさん@おーぷん
起伏のある話ではないが。

向かいの家の奥さんがロシア人で、旦那と子供二人と四人で暮らしてる。
日本語は喋れるんだけど漢字の読み書きが難しいみたいで、ゴミの分別のシステムがよくわかってないのか
不燃ゴミや資源ゴミの日になると決まってその家から出たゴミが残ってる。
それを近所のおばちゃん方が仕方ないねーって感じで分別し直して出してるんだけど、こないだの歳の瀬の集まりで
「あそこの奥さんはいつになったらゴミの仕分け覚えるのかねー、
 いくら外人だからっていい加減言われなくても察してもらわないと突かれるわー」てなことをみんなで愚痴ってた

どこの人間だろうと言われずにわかるか馬鹿。
ちなみに奥さんは別に問題児というわけではなく、ゴミ以外は何のトラブルもなく普通に暮らしてる。
続きを読む

431: 恋人は名無しさん 2010/06/26(土) 19:04:18 ID:LI5oyHNu0
子供のときに体験したことなんだけど、そんなんでもいいかな。 

当時、私は小5。 
学級委員だった。 

小3のときに学級委員の経験があって「慣れてるだろうから」って理由で 
選挙もなく担任の先生にあっさり任命されて決まった。 
私が委員長で、男子の副委員長が一人。 
でもその男子は「名簿の一番だから」って理由で先生に決められただけの子で 
何もする気がないし、できないしで、私が実質全部押し付けられていた。 

担任の先生は産休あけの女の先生。 
新卒で入って、一年経たないうちに妊娠→産休で何年も学校に来ず 
やっと産休があけて復帰したはいいがろくに経験がないので 
低学年は受け持たせられないし、卒業生もだめだし…ってことで 
5年生に割り振ったらしい、とあとで聞きました。

続きを読む

このページのトップヘ