タグ:友達

703: ピノキオ 2015/11/27(金) 05:36:01.01 ID:qP6Z1gQU.net
たくさんの方の意見を聞きたいです。 
長文ですが…宜しくお願いします。 

先日友達(A子)が、会員制のレストランを
わたしの誕生日の為に予約してくれました。 
そのレストランは完全会員制で本当に一部の人しか入れない場所です。 

A子が夜の仕事をしているので、
そこのオーナーが特別に予約の権利を持っている為予約することができました。 
以前も招待してもらえて、その時は別の予約の権利を持っている方がいて 
食事代など出していただけました。 
今回のA子のオーナーはランチが空いていたので予約のみで、
「食事代は自腹になるけれど、それでもよければ予約するよ!」と言われました。 
わたしの誕生日の他にもA子の誕生日にも
そこのレストランの予約をしてくれたそうです。 

高級な場所なので値段を聞き、1万円いかないくらいと言われたので 
「その位なら、誕生日だし…!」と思い予約してもらいました。 

ですが後日A子から連絡があり、食事代は1人で25000円と言われました。 
恥ずかしながら私は時給800円のアルバイトしながら暮らしているので 
26000円の食事代は出せません。 
断るともう支払ってしまったので分割でもいいから払ってと言われました。 

次に書きます。
続きを読む

144: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/21(土) 13:19:48.41 ID:H4U8LQ64
友達の家に遊びに行ったら、台所とか油ギトギトでものすごく汚かった。 
こういう人って他の人の家に遊びに行ったときに、 
あれ?なんか自分ちと違うな、って思ったりして綺麗にしようと思ったりしないんだろうか? 
それとも人の家が綺麗だとか、自分の家が汚いとか、そういうことに全く気が回らないんだろうか。 
結婚して子供二人もいるのに。旦那も同類なんだろうか。 

続きを読む

196: 名無しさん@HOME 2011/05/12(木) 11:26:42.11 0
義実家と同居中。 
近所に住むAさん(トメ友)が遊びに来たときの話です。 
私も近所のママ友とお茶をしていると聞くと、赤ちゃんが大好きだから 
ちょっとだけでいいから見せて〜とこちらのリビングにやってきました。 
(こちらは当時全員乳児あり) 

最初は和やかだったけど、少しすると唐突に私のママ友たちに 
母乳かミルクかとか聞き出しだした無神経トメ。 
(普通に話題にするだけなら普通だけど、トメの場合は聞き方が 
「当然母乳よね?」的ニュアンス・・)

ママ友1「私はミルクで・・」 
Aさん「まあ!あなたマメねえ、えらいわねえ。 
毎日哺乳瓶をこまかーく洗ったり消毒したり、あれってたいへんよねえ。 
夜中でも起きなきゃだし、ほんとえらいわ〜。」 

ママ友2「私は母乳で・・」 
Aさん「まあ!大変でしょうに、あなたえらいわねえ。 
お酒も飲めないし、食べ物も気をつけなきゃだし、たいへんよねえ。 
まさに骨身を削り!だもの。えらいわ〜」 

私「私は足りなくて混合で・・」 
トメ「まあ、まだミルクなんて足してるの?出てないの?」 
Aさん「まあ!あなたえらいわ〜! 
片方だけでも大変なのに、両方やってあげてるだなんて! 
おっぱいのあとにミルクでしょう?考えただけでも膝が痛くなっちゃう! 
(Aさんは少し足が悪いらしい)ほんとえらいわ〜」
続きを読む


第十九話

62: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)19:09:18 ID:Mzu(主)
ア「いよいよ初仕事だね」

僕「少し緊張してるかも」

ア「シュウならできるよ!指をクロスさせておくから」

僕「グッドラックって意味だよね。アレックスも新学期ガンバッテ」

ア「ウン、ガンバル ヨ!」
続きを読む


第二話

320: 名無しさん@おーぷん 2015/10/09(金)22:47:13 ID:aIz(主)
※時を戻してホームステイ初日の夜

キ「レベッカはすっかり折り紙に夢中ね」

僕「こんなに喜んでもらえるとこっちまで嬉しくなります」

キ「シュウが折り紙できてほんとによかったわ。ありがとう」

僕「なんてことないです。それより折り紙のアイディア出してくれてありがとうございました」

キ「ああ、あれね♪」

僕「?」

キ「実は昔、私がまだレベッカよりも小さかったころ、この家に日本の男の人が来てね」

ア「何それ初耳」

キ「初めてみる日本人がとっても恐くってね、私も部屋に閉じこもってたの」

ア「レベッカのあれはお母さんの遺伝だったんだwww」

キ「そうね。そしたらその人が私にはばたく鳥を折り紙で作ってくれたのね」

僕「(ああ、あれか)」ゴソゴソ

キ「もうそれが嬉しくて嬉しくて……もしかしたらあれがお母さんの初恋だったかも」

ア「お母さんにもそういう時期があったんだね~www」

ボ「……」
続きを読む




第一話


143: 名無しさん@おーぷん 2015/10/08(木)00:11:03 ID:d44(主)学校から車で30分のショッピングモール

僕「あれ?ここってちょっと高級なブランドのお店じゃない?大丈夫?」

ア「高級?何言ってるの?ここは庶民向けの服屋だよ」

僕「へぇ〜。日本ではちょっといい感じのブランドなのに、アメリカではユニクロ感覚なのか」

ア「ユニクロ?そんな高級ブランドといっしょにしちゃダメだよ」

僕「へ?」

ア「ん?」
続きを読む

このページのトップヘ