タグ:危機

599 :名無しさん@おーぷん
もう二年も前に旦那を盗られました。
それで、旦那に別れてほしいと言われたから。
旦那が新しく好きな人が出来たから。あと、私の浮気に耐えられなくなったからでした。
私の浮気は多分普通の人とは違うと思います。別に旦那のことは嫌いじゃなくて、むしろ大好きでした。浮気相手は大学時代の元カレでした。
結婚して半年くらいから刺激が欲しくて浮気をし始めました。でも、半年くらいで浮気がバレました。最初は、離婚はなんとか回避しようとだけ考えていました。でも、予想外に、旦那には泣きつかれました。
それが本当に気持ちがよかった。好きな人を蹂躙して、立場として上に立つというのが本当に気持ちがよかった。愛してもらえてると実感できた。
続きを読む


731: 名無しさん@おーぷん 2017/03/28(火)11:34:26 ID:Lpy
後味が悪い話。長文です。
昔友人の紹介で付き合った彼と映画館に行き彼と並んで映画を見ていたら、
私のそばに座ってた女の人が突然暴れ始めた。

その時座ってた席は
【 通路 1 2 3 4 5 ... 通路 】 って感じで並んでて、2が彼、3が私、4が空席、5がその女の人。

年配の女性だったんだけど、唐突に俯いて1人でブツブツ。
しばらくすると今度は自分の膝や前の席の背もたれを握りこぶしでバシバシ。

何言ってるのかと聞き耳立てると
「天から〇様が(神様?)」とか「あいつらはいつもブツブツ...」。

そして最終的に立ち上がって、フラフラしながら腕を振り回し始めた。
目の焦点が定まってなくて、腕をぶん!ぶん!と振りながらユラユラしてる感じ。
(子供とかが悔しい時に腕を振り上げて下ろすような動作)

古い映画館だったから席と席が近くて今にもこっちに当たりそうだし、
さすがに座ってられないなと思って隣に座る彼に目をやった。

そしたらなんかフツーにニコニコしてるんだよね。
女の人を見ながら。
「わー、おもしろーいw」とでも言うみたいに。

家でリラックスしながらお笑い番組見てるみたいな感じ?
そんな彼に「ねえ、立とう」と声かけたら、「へ?なんで?w」
どうしたのー?みたいな反応で、全く動こうとしない。

もちろん私1人で逃げることも出来たけど、通路に出るには彼の前を通るし、
席の足元には彼の荷物がドサッと置かれてたからそれをどかして貰わなきゃいけない。

そんなことしてるくらいなら彼も一緒に出た方が早いと思った。
隣の席なんだから彼だって危ないし。
でも、全く危機感のない彼に戸惑って
「いや、女の人が...」とか言ってたら、
その女性の拳がブン!と私の髪の毛を掠め、思わず「キャッ」と叫んでしまった。
それを見ても彼は
「わーおw」って顔するだけ。

見かねた1の席のおじさんが彼に
「おい、彼女を通路に出してやれ!」と声かけてくれて、やっと腰を上げた彼と通路に避難。

飛んできた警備員さんに女の人は連れていかれた。
続きを読む

394 :名無しさん@おーぷん
夫が6年前に浮気した。子供がいるので話し合って再構築し、
子供が成人するまではお互い夫婦であり続けるよう努力しましょうってことで一件落着した。

その浮気相手が来年結婚するらしい。
夫は激怒して「俺の家庭を滅茶苦茶にしたくせに自分だけ幸福になろうっていうのか!」と怒鳴ってる。
その怒りっぷりに「まだ未練たらたらかいw」と思いっきり白けてしまったので
そのまま白けた顔をしていたら
「お前も怒れよ!」となぜか夫に責められた。

いやうちの家庭を滅茶苦茶にしたのはあんたなんだが。
あんたがその女に「妻とは冷め切って家庭内別居中」だの「すぐ離婚して君と一緒になる」(当時のメールの文章)
と口説いたのがすべての原因なんだが。
自分の所業はなかったことにして100%被害者ヅラしてる夫の神経がわからん。
続きを読む




70: 名無しさん@HOME 2008/04/30(水) 13:00:47 0
やっと気分的に話できるようになったので、書きます。
私たち夫婦は8歳年の差カップルで私が上。
私の年齢的なこともあり、結婚してすぐにあかちゃんが欲しくて
最初の子を一年目に産んだ。
一年おいて2人目に挑戦するも、初期流産。
その後稽留流産→初期流産→タヒ産と続いて、診断は「不育症」
長い長い時間と私たちにとっての大金をかけて治療して
一昨年にとうとう妊娠した。
とにかく安静に、平穏にとのんびりペースで過ごして8ヶ月目が正月。
さすがにもう大丈夫だろうと、ここでやっと義実家へ報告を兼ねて正月の挨拶に行った。
義実家は雪国ではないが、毎年そこそこ積もリ、スキー場も側にある程度の田舎。
この10年間、イビリ続けたトメもさすがに喜ぶそぶりを見せており、
夜遅くなって、スリップも心配だから泊まっていけと言う良ウトの言葉に従う事にした。

すいません、一旦切ります 


 
続きを読む

このページのトップヘ