タグ:占い師

920:名無しの心子知らず2013/07/17(水) ??:??:?? ID:i3YKdnkH
息子に「佳央理」という名前を付けてしまった。
マタニティハイの時に心酔してた占い師の言いなり(占い師は女の子だと思ってた)
成長してからも
「出席取る時恥ずかしい、一発変換できない」と文句を言われてたけど、
漢字は良いし~とか気楽に考えてた(あの頃の自分を殴りたい)
でも、学校では孝太郎で通していることを知り、
更に名簿に性別を間違って記載された際、涙を溢したのを見て本気で後悔。

ついに先日、
「改名したい」と言われた。
ごめんよ息子。歩まなくても良い辛い道を作ってしまって。

名前の所為でよく「男なら」「男に産まれたからには」と口にする息子。
「男のプライドは命より重い」のに、泣かせてしまってごめん。
皆さん、改名するならせめて物心付かない内にしてやりましょう。
続きを読む

923: 愛とタヒの名無しさん 2017/09/26(火) 13:50:24.13 ID:FCFRn2xM
かなり大昔の結婚式 
付き合ってた頃から新郎両親は反対していた

何故なら新婦は関西で5本の指に入る底辺高校卒 
ヤンキーではなかったが、勉強はからきし出来なかった 

新郎両親はそれが気に入らず、
怪しい占い師を引っ張ってきて
「一緒になったら不幸になる」などと嫌がらせをしていた 

そして結婚式にも
この占い師(新郎の叔母だった)を出席させた 
それが披露宴が始まってからも
「不幸になるのは確定なのに結婚なさるのですね」
などと不吉なスピーチをかましてくれた 

今までは占いなんて信じてこなかった新郎新婦だが、
その日に限って
「子供は間違いなく障害児」という一言があった 
これに新婦が動揺した 

自分たちは不幸に耐えられても、
子供を巻き添えにしたくない 
たかが占いなんて…と言ってきたけれど、
胸に不安が雨雲のように広がってしまった 

新郎はずっと新婦を庇っていたが、
とうとう耐えきれず二人で退室 
二度と戻らなかった 

新郎両親と新郎叔母は
「そもそも家の格式が違い過ぎるのだから
不幸になるのは確実」
「うちにはもっと相応しいお嬢さんに来ていただく」
などと言ったので 
新婦両親も
「そうですね。
うちももっとマシなお宅にお嫁にやりたいですし」 
「おたくの息子さん(新郎)は高校は出ていないのに
鑑別所は出ているようですし、
もっと相応しい方とご結婚なさって下さいませ」 
と返し、破談になった 

お互いに会社関係者なしで親族も少数だったけど、
後始末は実に気の休まらないものだった 

披露宴費用は全額新郎側が払わせられた 
新婦はずっと塞ぎ込んでいたが、後にお見合い結婚した 
そして授かり婚を疑われるスピードで子供を授かった 

後に聞いたけれど
新郎はずっと独身を貫くとばかり見合いも無視し続け、
新婦が2人目を無事出産したと聞いてからようやく結婚 
ただし実家とはほぼ絶縁しているらしい
続きを読む

898: 名無しの心子知らず[sage] 2012/10/03(水) 11:21:50.10 ID:NWe4UFfr

現在、妊娠中。
先月の検診で子供が男の子とわかり、旦那が実家に報告。

さっき荷物が届いたので開けてみたら、トメから。
箱の中見たら、「命名:◎◎」と書かれた陶器が・・・。
まったく意味がわからず、どこかで赤ちゃんでも産まれたのかと
トメに電話して聞いてみたら、
「やだ~、嫁子さんが来月産む子供の内祝いよ~!
気が早いと思ったけど、いずれは必要になる物だからね。
お礼はいいのよ、うちの孫のお祝いだから」と一気にまくしたてられた。

イヤイヤイヤ。
子供の名前、なんで勝手に命名してるの!?
命名お願いしますなんて一言も頼んでないのに、
「お兄ちゃん(義兄)のとこの△君と名前を合わせたらちょうどいいから
占い師さんに見てもらって◎◎にしたのよ~」って、何勝手にやってんの?
(義兄の子供の名前が「一郎」だから、郎繋がりで「二郎」にしたみたいな)

あまりにもブチ切れて、返品しないとと思っていた陶器割ってしまった。
旦那に報告したいけど、電話が繋がらない。
イライラする。
続きを読む

102: 恋人は名無しさん 2010/09/13(月) 21:54:17 ID:e42JoAj9O
寺や神社や占い師さん達に「守護者すっげー」みたいなことをいつも言われる私の修羅場。 

付き合う前は優しくて明るい人と思ってた彼氏が、DVモラハラ男だった。 
いきなり豹変するのではなく、 
小出しにしつつ飴と鞭を使いわけるタイプ。 
半ば洗脳に近かった。 
初っ端から殴られてたら即逃げるんだけど、優しく嫌味を言うことから始まり、 
暴力沙汰になるのは付き合って半年後。 
もう完全に「私が悪いから怒られるんだよね」と思い込んでいた。 
その頃は優しい嫌味ではなくねっとり嫌味と軽い暴力に進化してて、 
私が凹んで謝ってたらサンダルはいてる私の脚を彼が革靴で踏み付けようとした。

踏まれる寸前、彼氏の頭に鳥の糞がボトッ。
空を見渡しても鳥は居なかった。

彼氏の部屋で彼氏が他愛のないことで切れて手を振り上げた瞬間、
棚の上にあったものが彼氏の頭にヒット。
棚のすぐ近くに居たわけじゃないのに。

私に熱いお茶をひっかけようとした瞬間、持ち手が折れて彼氏の股間にバシャッ。

私にライターを投げ付けようとした瞬間、ライター着火。
彼氏の服に燃えうつり軽い火傷。

私を怒鳴ろうとした瞬間、茹でていた玉子爆発。
鍋の近くにいた私無傷、鍋から離れていた彼氏の顔にヒットし、火傷。 
続きを読む

このページのトップヘ