タグ:出産

671: 名無しさん@HOME 2012/09/21(金) 02:01:54.10 0
出産が人生一番の修羅場でした… 
みんな大変だと思うけど。 
私は腰が弱くて子供のころから仰向けに寝ることができなかったのですが、 
分娩台って仰向けだよね。陣痛開始10時間から20時間のあいだ、子宮口がずっと7センチのままで 
陣痛の合間に腰痛が襲ってきて、痛みに全くインターバルがなくなった。 
「今ここに核爆弾のスイッチがあったら押すのに、そしたら楽になれる」ってずっと思ってた。 
陣痛促進剤はまったくきかなかった。 
ナースに「なんか吸うとかして出してください!」 
ナース「そういう処置は危険を伴うから、最終手段なのよ。赤ちゃんに何かあったら大変でしょ」 
「多少何かあってもいいから出してください!」 
「何言ってるの!」 
「じゃあ切ってください!」 
「あなたね、こんなの全然難産じゃないわよ、我慢しなさい」 
(このナースさんじゃダメだ!)そこに医者が入ってくる 
「先生!もうダメです、死んじゃう!」(本当に苦しいのにさらに演技) 
ナース「あなたね!」 

自分のことしか考えてないやな妊婦でした 
ナースさんには悪いことをした

続きを読む

949: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/08/28(木) 21:59:20.28
11月中旬に出産予定。年末年始に赤ちゃん連れて来いと義父は言う。
首も座ってないだろうし、里でもない豪雪地帯に混んでるであろう飛行機乗ってなんて行きたくないです。
ちなみに今まで、夫婦で金融機関勤めの為休みが短かった(4日間)年は帰省してません。今年の休みは日曜いれて5日。
今はまだ、やんわり断って流してるけど産まれたらもっと強く言われるのかな。嫌だな。

続きを読む

83: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/10/21(水) 15:29:22 ID:i2YQYYmY
出産のために実家に帰った時のこと。
父と母は働いているので、昼間はじいちゃんと2人。
庭に椅子を出してじいちゃんと喋ってると、小学3?4年生くらいの男の子が入ってきた。
(実家は元農家で、垣根はあるけど特に門とかはない)
じいちゃんは
「もう昼んなるから帰れ?飯は自分ちで食うもんだ?」
と言って追い返そうとしてる。男の子はすぐ傍の住宅街に越してきた子で、前にも勝手に
入ってきて盆栽の鉢を割ったり、犬の鎖を外そうとしたり、カマで窓ガラス割ったり、
色々あったらしい。
男の子は庭をウロウロしてたかと思うと、急に全力疾走、私に体当たりしてきた。
臨月で体重が15キロ増えたのもあり、倒れるようなことはなかったけど、じいちゃんは
激怒。男の子の頭をちりとりで引っぱたき、
「二度と来んな!」
と言って道路の方まで追いかけていった。
続きます。

84: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/10/21(水) 15:30:03 ID:i2YQYYmY
その日の夕方、男の子の母親と、「弁護士」を名乗る男性がやってきて、
うちの子には障害があり他の子と違う、悪気はなかった、弱者に優しく接するのが
社会のルールだ、治療費よこせ等まくしたてた。
じいちゃんは怯まず、
「他の子と違うのがわかってるんだら、何で他の子と違う教育しねえんだ。悪気がないなら
 尚更悪い、他人さまの体や心の痛みがわかんねえってことだかんな。
 弱者弱者って言うが、ホンットに弱い人間が自分のこと弱者ですってアッピールできっか?
 それから弁護士だか何だか知んねけっど、どこの弁護士事務所だ?
 お宅の会社じゃ、電話で『何時頃お邪魔してもよろしいでしょうか』ってアッポイントメントもなしに、
 相手の都合も考えず他人様の家さ突然うかがうように教育されてんのか?
 治療費なら払ってやんぞ?診断書持ってくればな。
 その前に、うちのガラス代と、盆栽代、梅五郎の小屋の修理代、払ってくれな。
 じぇーんぶお宅の坊主が壊したもんだ。証人ならほれ、隣のシゲゾウさん夫婦が
 なってくれる話になってるからよ。」
と言って追い返していた。
母親は、
「こんな田舎もう引っ越してやる!」
と捨て台詞を吐いていたが、じいちゃんに、
「あ?それがいいな?」
と言われて肩をいからせて帰っていった。
後で聞いた話によると、男の人は弁護士ではなく、母親の愛人でヒモらしく、
近所のじいちゃんばあちゃんの格好の噂のネタになっているとか。
ちなみに「梅五郎」は犬の名前です。 
私はそれから5日後、無事に男の子を出産し、しばらく実家にいたんだけど、
その間に親子は本当に引っ越していった。
じいちゃんは普段とてもゆったりした動作で、喋るのもゆっくりなのに、
男の子を追いかけた時の素早さと、母親に言い返していた時のシャキシャキした
喋り方に、とてもびっくりした出来事でした。

続きを読む

856: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/10/01(月) 03:47:26.55 ID:fNvE08Tf
痛い話スレが消失してたので投下
この時代に麻酔なしでハラキリされた

出産の時に難産で、子供の命が危なくなり、麻酔が使えない状態になった
母体も意識が朦朧としてたので、先生の説明をちゃんと聞きとれなかった

「帝王切開に・・」は聞こえたので、やっと終わると安堵して快諾
なぜか涙目で「ごめんなさいね」と謝る先生
どこから湧いてきたのか多数の看護師さんが現れ、私の両手両足肩を押さえる
遠くから聞こえる旦那さんの悲鳴と絶叫
その後「チクッ」が激痛に変わり、視界のものの輪郭が薄れ
「では子宮に・・」と遠くの方で聞こえた後、
この世のものとは思えない激痛が走り
頭にボールがぶつかった時みたいに青白い☆がいっぱい見えて気絶した

気絶するも痛すぎて起きる、その後痛みで気絶、その後痛くて起きるを繰り返し、最終的には気絶

個人的感想は、表皮の痛みは通常の切り傷の切った部分の面積に比例する感じで
内臓ってか子宮切られた時は本当に本当に痛くてこの世の地獄を見た

麻酔なし帝王切開と病室の外で聞かされた旦那さんは
発狂して手術室のドアを叩き続けて両手骨折
車を運転して病院に向かっていた私の実母は、連絡を受けてパニクり
真っ直ぐな国道を走っていたのに道路沿いの民家のモルタルの塀に垂直に突っ込み大破
家族全員入院する羽目になり、かなり修羅場だった

旦那さんは両手・実母は右手骨折でサポートメンバーに頼れなくなり
家事全般から全面的に甘えるつもりだったので、退院後も辛かった

手術室のドアを叫びながら叩き続けた旦那さんの名誉の為に書いておくと、
通常は決してDQNではなく、一生怒らないような温和な人です

続きを読む

165: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/05/10(火) 01:45:40.57 ID:7e9j+/er
私が出産のために入院(双子予定帝切)した時に、4人部屋で同室になった人。携帯からで読みにくくてごめんなさい。


・「歯みがき粉貸して☆」「くし貸して☆」「化粧水貸して☆」と、同室の私達に、とにかく細々した物を借りにくる。

・見舞いに来た旦那に、「みんなぁ、優しいからぁ、貸してくれて助かるぅ☆」とか言ってる。会話から、はじめから借りるつもりで持ってきていないと判明。
・私が帝切後、動けない状態でも借りにくる。「どこにある?ここ?」とか聞いて借りてく。


続く。

169: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/05/10(火) 02:17:12.24 ID:7e9j+/er
続き。


・同室の他3人でモヤモヤしているところにやってきて、「ていうかさ、みんな出産費用とかってすぐ払わないよね?」と発言。「普通払えないよね!いつ(病院側に払えないことを)言いにいく?みんなで行けば大丈夫だよね!」と、当たり前に聞いてくる。
払わないとかあり得ない!と口を揃えて言うと驚愕していた。

170: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/05/10(火) 02:26:30.49 ID:7e9j+/er
すいません、途中で送信してましたorzあと少し続き。

・その後、出産費用払える=大金持ち!と何故か変換。何でそんなにお金あるの?旦那仕事何してるの?とみんなを質問攻めにするもスルーされる。

・看護婦さんに、費用払いません(笑)とほのめかし、旦那が病院側に呼び出される。(結局どうしたのかは不明)
・退院していく際に、同室の人の歯みがき粉、赤ちゃん用ガーゼ?を借りパクしていったらしい。
終わりです。遅くなってすいませんでした。

続きを読む

181: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/30(水) 13:02:30.41
結婚10年目の一昨年に出産した義兄嫁。
結婚7年目の去年出産した私。
なぜか義兄嫁の中では「憧れの義兄嫁さんが出産したなら私も!」と
いうことであせって妊娠出産した事になってた。
違いますよーと言っても全く聞く耳持たずで怖い。

続きを読む

305: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/17(木) 17:39:10.98
スカッとしたので書き込み

私は若いときに子供を産みました。
若いといってもデキ婚ではなく、大卒で、
25歳で一人、27歳でもう一人くらいという感じ。
都内住みということもあり若い方だとは思うけどそんなでもないと自分で思ってます。
一方コトメは専門学校を出た後、子供関連(リトミック教室とか学習教室とかそういうところ)
の職場で非正規の仕事を続けてた。

そんなコトメが、うちに一人目が生まれたばかりの頃からことあるごとに
「私の勤めている教室はお受験を目指すレベルの高い人が多く(実際そんな感じのところ)
そういう人はだいたい35歳位まで人生経験を積んでから初産。
都会なのに20代で出産する人は経験が無くて駄目な親になりがち」
みたいな事を言ってきて、一度旦那とウトメにたしなめられると影で言うようになった。
ムカついたけど最低限しか会わないようにしてやりすごしてた。

そのコトメが2年前結婚。ちなみに2年前、私は34歳、夫40歳、コトメは43歳。
それから2年子作り頑張ったけどできなくて、産婦人科に行ったら
「生理上がってるので難しいです」って言われたらしい。
つい最近夫側親戚の結婚式があり、酔っ払ったコトメの夫さんがぽろっと喋っちゃって知った。
コトメはその場にいなかったんで夫さんが喋ったことは知ってるのかな…?
経験を経てからの子育ては良いと思いますが、コトメさんは経験積みすぎたと思います。残念。

続きを読む

647: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/01(日) 22:33:43.27
ちょっと重い話なんだけどいいかな?
コトメが妊娠中に双子の片方が子宮の中で、亡くなってしまい一人だけ生まれてきた。
同時期に私も出産して誕生日が二週間だけ違う。
旦那とコトメは年子でよく似ていて昔から双子かと言われるぐらいだった
せいかコトメ長男と家の娘はよく似ている。
似ているのがはっきりしてきた一歳すぎから、コトメが娘は自分の子だったのに
私に取られたと言い出した。自分は双子を生んだのに不妊で悩んでいた
私に気を使って周りが渡してしまったんだと主張する。真面目な顔をして。

コトメの周りの人たちも困ってしまって、心療内科にかかった方がいいと
言う話も出たのだけど、義母が可哀想なコトメちゃん妊娠中で今精神的に
弱っているだけ。娘ちゃんを貸してあげれば落ち着くわとか言っちゃって
娘をコトメ宅に預けるように言ってきました。

コトメ宅と義実家は同じ市だけど我が家は新幹線の距離なので
すぐ実害はないけど、娘から目を離さないようにしてます。

続きを読む

954: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/14(火) 08:55:40.48
新幹線距離で里帰り出産した時に、体調の悪い義母は来なかったが義父が産後3日目に来てくれた
仕事が休みなのがその日だったからなんだけど、片道3時間かけて来たにもかかわらず
私の母にお祝いと手土産だけ渡して「今はしんどいだろうから」と
新生児室のガラス越しに赤ん坊見ただけで帰ろうとした
母に呼ばれてあわてて飛びだして会ったけど、開口一番「お疲れ様、ゆっくり休みなさい」だったのが
ものすごく嬉しかった

そして、帰宅
ついてきてくれて、2日ほど滞在していた母が帰る前に義実家に挨拶に寄った
玄関で暇乞いする私の母に、息子を抱いたまま離さず
「跡継ぎができてよかったわ。気をつけてお帰り下さいね」と追い返すような義母
私の里帰りが3カ月、新生児を2カ月見てくれたのに、別れ際に抱っこもできなかった、と
新幹線乗る前に涙ぐんでいた母の顔が忘れられないよ

今なら義母から奪って母に抱かせてあげられるけどな
あの頃のキャンペーン中だった自分を殴りたい

続きを読む

143: 1/2 投稿日:2013/02/03(日) 12:20:08.46
二人目を出産するとき、帝王切開になることがわかっていました。

入院前の説明&同意書サインの折、一緒にくっついて来た姑が
「うちの嫁は甘えが抜けなくて普通分娩できない」
という旨の言葉を口にしたとき、担当の先生(一人目のときも執刀してくれた)
「陣痛室で3日も耐えて、なおかつお子さんの為にすっぱり手術に踏み切ったAさんのどこに甘えがあるんです?」
姑「甘えているから陣痛がつかなくて、出産の痛みも知らないから母親になりきれない」
ここで明らかに顔色が変わった先生。
「甘えているから陣痛がつかない、などというのははじめて聞きましたねぇ。
Aさんは促進剤も使って分娩を進めていましたから、痛みというなら十分に味わってらっしゃいますよ?」
姑、まさにそれだ!といわんばかりにまくし立てる
「ですからねぇ、促進剤なんて使うから痛みが分からないんですよ。
挙句のはてに孫を麻酔の脅威にさらしたんですからねぇ。
したから産む痛みも知らないなんて母親失格ですよ!」

先生、深~いため息をついて、かなーり険しいお顔をお声で
「促進剤使って痛みが軽減するなんて話、聞いたことありません。
寧ろ増加することのほうが多いんですけどね。
少なくともAさんには痛みが増す結果になっていました。
痛みの度合いで母親かどうかを図るなら、
うちの産院にいらっしゃる方の9割はお嫁さんの痛みの域に届いていません。
うちのほぼ全員が母親失格者で埋まっているとでも仰りたいんですか?
麻酔の脅威と仰いましたがうちの麻酔医は有能です。
脅威にさらされるなどというのは非常に不愉快ですね。」
でも、とか昔は、とかアワアワしだした姑w

144: 2/2 投稿日:2013/02/03(日) 12:22:22.48
「明治大正時代の出産のお話は結構です。
現代のお話がしたいので息子さん、(ボーっとみてた旦那=当時エネ)
申し訳ありませんがご母堂をあちらにお連れになってくださいませんか。」
慌てて連れ出す旦那。
何で自分が追い出されるの!と憤慨しながら
ナースさんたちの白い目に見送られる姑。
後で見知ったナースさんに同意を求めたら
「それ、冗談ですよね・・・?」と返されてたらしい(鳩旦那談
同意書サインの後に、姑は出産後のAさんに近づけないように言われて
やっと自分の母親が言う常識=一般常識ではないことを確信した旦那。
当時の産科婦長さんに、
あんな姑さんだとAさん大変ね~、旦那君がしっかり防波堤しないとね~
と後押しももらえてすごくスッキリ。
この後、姑が来るたびにナースさんがついてきて
それ、違いますよ~wとか
そんな常識はじめてきいたーwとか
ぐぬぬな姑見てさらにすっきりw

20年前のお話でした。

続きを読む

このページのトップヘ