タグ:冷めた


421:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2015/12/23(水) 13:54:24.48 ID:7vZe4yDo.net
クリスマスがくると思い出す元彼の話
二人とも甘いもの好きで、食べ放題やケーキの有名な店にいくのがお決まりのデートコース
この人とならうまくいくと思ってました

んでクリスマスのケーキ自分が予約したから当日楽しみにしててね!
ワクワクドキドキしながらイヴの日
箱が細長い、、嫌な予感

ブッシュドノエルでした…

理不尽かもしれないが、、がっかりと言うか冷めてしまいました…
その場で別れ話をして家に帰りました
帰る途中で生クリームと生チョコケーキワンホールずつ買ってぜんぶその日のうちに食べた

あたしがアホですな

続きを読む


526:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2016/02/17(水) 04:44:33.88 ID:LwXhlcmK.net
一緒にお風呂に入っていたとき、相手が「髪洗ってよ」と言ってきた
断る理由も無いから洗ってあげて、ちゃんと泡もしっかり流せたから終わらせたら、「もうおしまい?まだ流してよ」だってさ

「ちゃんと流したから大丈夫」って言っても不満気な顔するからイラッとして仏頂面になってたら相手が急に泣き出した
それくらいのことで男が泣くとかびっくりしたし引いたし冷めた

他にも夜中でも呼び出してきたり、デート中に騒いでいる子どもを見て「殴りたくなるよね」と言ってきたり、かなり引く言動が多かったが上のが一番冷めた

続きを読む


329: 恋人は名無しさん[sage] 2018/08/26(日) 16:23:14.46 ID:+odWIjGR0.net
2DKの部屋に一人暮らし、彼女が家にくるとの事で 
動物嫌いなのを知ってたからペットのデグーを隔離して、別の部屋で飲み食いした 
それで俺がベランダでタバコ吸ってる数分の間に、ペットいるから入るなと注意してたのに
勝手に侵入して杀殳虫剤をデグーに噴射してたから追い出した 
動物病院で診察したけど異常はなかった。しかしまだ怯えててエサも手付かず 
もうあの女無理かもしれん

続きを読む


201: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[] 2015/11/18(水) 22:08:11.75 ID:Vg1r32Mp.net
大根の葉入り卵焼きをゴミ飯と呼ばれ 
そんな弁当を持たせる私は頭おかしい人認定され 
さらには、卵焼きを味見した会社の同僚にドン引きされたのを私のせいにされ 

さすがに冷めた。

大根の葉っぱは食材です。弁当をリクエストしたのはあなたです。 
会社の同僚にドン引きされたのは弁当を箱ごと(私の弁当箱……orz) 
ゴミ箱にダンクシュートしたからだと思います。

続きを読む


257:名無しさん@おーぷん2018/07/30(月)01:23:30ID:kdO
趣味を通じて出会った元彼
当然話は合うし金銭的な価値観もかなり近くて、一時は結婚も意識したんだけど、衛生観念だけがことごとく合わなかった
どっちかがすごく潔癖とか不潔というわけじゃなく「衛生的にセーフかアウトか」が人によって別れるような事に関して、なぜか考え方が真逆

具体例を挙げると(いちいち元めんどくさいので以下「彼」で)、
・バスタオルを毎日洗うかどうか 私→毎回必ず洗う 彼→しっかり乾かせば2~3回使える

・ネ果足で他人のスリッパを履けるか、自分のスリッパを履かれてもいいか 私→家族でも無理 彼→家族友達彼女なら平気

・トイレの蓋を開けっ放しで水を流せるか 私→無理。絶対閉めてから流して 彼→めんどくさい。開けて流してもいいじゃん

・食べ終わった後の食器を水につけておいて翌朝洗う 私→無理 彼→平気

・食器洗いのスポンジでシンクを洗えるかどうか 私→普段からしっかり掃除していれば、排水口部分以外は平気 彼→問答無用で無理

・トマト、タマネギなど一部だけが傷んだ野菜を食べられるか 私→傷んだ部分を完全に取り除けば平気 彼→1個まるごと捨てる

・賞味期限が一日切れた牛.乳 私→加熱して分離しなければ平気、煮込み料理に使う 彼→捨てる

こういうのが後から後から出てきて、この先何十年も生活を共にするにはストレスが大きすぎると思って別れた
決定打になったのが2人でカレー作ってたとき、私が肉切った包丁まな板でそのままカレーに使うタマネギ切ろうとしたら、
「生肉切った後の包丁まな板で野菜切るなんて頭おかしいのか!」って半ギレで言われた
だって今からその生肉と一緒に鍋に入れて炒めるタマネギじゃん?
半分だけ使って残りは冷蔵庫に入れる予定ならともかく、1個まるまるカレーに使うんだからいいじゃん?と思って意味わからなすぎて冷めた
基本的に温厚な人で、怒鳴ることなんて滅多になかったので、たぶん向こうも私との生活に相当ストレスを感じてたんだと思う

続きを読む


429:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/05/04(水) 23:05:17.57 ID:cJm8an13.net
私 26歳
彼 30歳
彼弟 27歳
彼弟彼女 20歳

彼「あー弟いいなあー、ハタチかあー!俺もハタチとつきあいたいー!
なんでお前(私)ハタチじゃないんだよー」

あなたと私が付き合い始めたとき私は20歳でしたが…いやそういうことではないか?今若い子とつきあいたいんだもんね
など考えていたら、私が怒っていると思ったのか
彼は慌てて「いやそんなつもりじゃなくて!」と言って来たけど、もういいや


続きを読む


58:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/08/02(水) 16:37:59.73 ID:cgsl8dnB.net
高校卒業と同時に家出同然で都会へ出た
夢を追ってバイトしてる時に知り合った彼女と3年間同棲してたんだけど、
とにかく事あるごとに俺と、実家の親父さんと弟さんを比べる子だった

最初は「家族仲良いのなら良い子だろうな~」くらいにしか思ってなかったが、
本当に1時間に一回は口癖の「ウチのお父さんなら~」「ウチの弟なら~」が出てくる
段々とウンザリしてきて
俺「君のお父さんと弟さんのことは好きだけど、何かにつけて比べられるのは男として我慢できない。やめてほしい。」
彼女「はぁ…?」
みたいな生返事しか返って来ずすぐにまた比較される

ある日、彼女のバイト先に迎えに行った帰りに酔っぱらいのニーチャン4人に絡まれた
路地裏だったし夜遅かったから誰もいないし、
ヒールが高い靴を履いてる彼女連れてたら逃げきれも出来ない
瞬間的に色々天秤にかけ最終的にこちらが下手に出て謝ることでその場は事なきを得た
理不尽に絡まれ、謝らされる状況にイライラしてたけど、
なんとか彼女に笑顔で
俺「無事で良かったね」
彼女「ウチのお父さんと弟なら5人でも倒せたわw」
と笑顔で一言…

この一言でいっっっっっきに冷めた…
その後俺もちょくちょく実家に帰りつつフェードアウト
あの時別れて良かったと本当に思ってる

続きを読む


511:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2015/07/29(水) 06:28:53.80 ID:RGK07HSV.net
私のバースデーケーキを元彼と一緒に買いに行ったとき
店員さんに保冷剤が要るか聞かれたけど知らなかったみたいで
「おれいざい?」とか聞き返してて恥ずかしかった

チョコのプレートに名前を入れてもらうのもフルネームで言っちゃって
店員さん困ってて恥ずかしかった
隣でフォローはしたけど、自分で自分の名前を書いてもらうのは惨めな気がしたし
ケーキひとつ満足に買えない人だと思ったら冷めてしまった

続きを読む


244:おさかなくわえた名無しさん2018/08/19(日) 21:33:07.19ID:YHTqWLwA
彼の同期の嫁が子供を産んだ
出産祝いに人生ゲームをあげるんだ!
ともう1人の幼馴染と計画をしてると話してきた
その時点で、えーこいつ何考えてんの?って思ったが、とりあえず
消耗品の方が喜ばれると思うよ?って言っておいた


しかし人生ゲームをあげたい!俺たちはそんな仲間なんだ!と聞く耳を持たず
それが嫁の耳に入ったのか、嫁から欲しいもののリクエストが入った(消耗品またはお金
腑に落ちない様子の彼に子供を産んだママの気持ちを丁寧に教えたが、ご立腹なようで
そうならあげない!嫁は嫌いだから!って、オイオイ
なんのための出産祝いなのかすらわかってないみたいで冷めて別れた

嫁と同期の私には彼(元)から人生ゲームが贈られたけど
意味がわからないから甥っ子にあげたわ、とだけ連絡が来た
もちろん私はおしりふきとガーゼタオルを贈った

続きを読む


930:名無しさん@おーぷん2018/07/12(木)15:51:00 ID:pVa
子持ちのシングルマザーだと知らずに25の子と付き合ってしまっていた。
付き合って3年。お泊りデートもしたし、休みの前日とか深夜2時まで飲んでたし、子供がいる気配もなく話題も出なかった。
抱いた時も経産婦だなんて気付かなかった。
つか大学生ですらなかった。中卒でアルバイトかけもちのフリーターで実家住みみたい。
だからか。子供は親にまかせて俺と遊んでたと言う事だよね?
5歳の可愛いさかりなのに。
実家住みを理由に家に3年付き合っておよばれないのはやっぱり不自然だよな…

「嫌われたくなくて黙ってたけどもう隠しとおせない!話します!」って付き合う前に言えよ。
いくら考えても26の俺には他人の子を育成できる器じゃないし、そこまでしてお付き合いしたいと言う思いもなく冷めてしまった。
冷たいと言われようと無理。別れたい。

続きを読む

このページのトップヘ