タグ:冠婚葬祭

290: 愛と死の名無しさん 2013/12/03(火) 07:47:29.45
私が式場で働いていた時のプチ話。

地方都市の駅から徒歩20分くらいのホテル。
挙式日が大規模なマラソン大会と重なってしまった。
そのマラソン大会は半年くらい前から告知があり、周りの道にもその日何時から何時まで車両通行止めとの看板が設置。
通行止め箇所はホテルへの唯一の入口も含まれていた。(徒歩では入れる)
基本的に駅からは当ホテルの貸切バスで皆様にお越し頂くのですが、当然その時間はバスが動けない。
私は数週間前に、担当プランナーに通行止めになる事を知っていかどうか確認した。
担当は知らなかったらしく、新郎新婦に伝えると言っていた。

で、当日。
新郎新婦に伝わってない。親族が駅で立ち往生してると連絡が入る(新郎新婦は入り時間が早いから車で来れた)
挙式まであと1時間くらい。歩いてもらうようプランナーが伝えるも、送迎バスがあると聞いていた親族ブチギレ。
しかも駅前はマラソン観客で大混雑。屋台も出てたみたい。
親族には杖のお爺様もいて40分くらいかかったけど、なんとか挙式には間に合い到着。挙式スタート。

チャペルはホテルとは別館で道沿いに建ってるのね。道挟んで向かいが陸上競技場でマラソンのゴール地点。
挙式中ずっとマラソンの声援や実況アナウンスが聞こえる。
しかも、チャペル外でのフラワーシャワーのタイミングでゴールしたらしく、実況アナウンスと音楽がうるさくてムードなんてないフラワーシャワーでした。
道沿いのマラソン観客にもお祝いされてたから、一応新郎新婦はニコニコしてたけど不幸だったと思う。

続きを読む

265: 愛と死の名無しさん 2013/11/28(木) 17:29:18.99
ホテルで行った私の結婚式は、段取りの悪さが招いたプチ不幸のオンパレードだった。
思い出したら腹が立ってどんどん長文になってしまった。
まずもって、新郎両親がお客様の様に動かない、何もしない。
こちらが用意した宿泊部屋で寛いでいたらしく、迎賓の時もロビーに現れもしなかったらしい。
もちろん披露宴中もお酌もしない。
多分、そういう作法を知らない。
式に先立って行った親族紹介でも、新郎両親含む親族全員が、のんびりしてたとかホテルの従業員用のエレベーターに間違えて乗って迷子になってしまったとかでいつまで経っても来ない。
新婦側は待ちぼうけ。
ケツが決まっていたので進行を遅らせる事が出来ず、早口言葉のようにまくし立てる司会者。
その後、挙式は何とか無難にクリアするも披露宴がさらにグダグダ。
自分好みの選曲で「ここぞ」というタイミングで入場するはずが、扉が片側しか開かない。
見るとストッパーが外れていない。
仕方なく自分で扉を開けて入場。
高砂に着いたら一緒に入場した親戚の子たちにあげるおもちゃが、ない。
ブーケトスで当たらなかった人にあげるはずのプチギフトも、テーブル撮影しながら配る予定だったお菓子ギフトも、ない。
探せども探せども見つからない。
式が終わって打合せ室に放置されてるのが見つかった。

266: 愛と死の名無しさん 2013/11/28(木) 17:31:06.10
続きです。
もはや誰も信用出来ず、「あれ持って来て」「次はこれ」と新婦である私が全て指示しながら披露宴を進行。
ゲストの手前、笑顔を作りながらも頭の中は次の段取りの事でいっぱいだった。
結局、余興だなんだでどんどん時間が押し、挙式・披露宴で6時間半かかった。
最後は自作のエンドロールを流しながらお開きになるはずが、案の定かからないというおまけ付き。
聞けば前日にテストした時は流れたので、安心して一度機材をバラし、今日はテストしなかったのだそう。
まるで素人が仕切った手作り結婚式のようだった。
そして延長料金を請求された。
当然、ふざけんな!と拒否したけど。

続きを読む

197: 愛と死の名無しさん 2013/11/24(日) 08:35:02.36
友人Aのウェディングドレスをデザイナーの卵のBが制作。
Aは式までそれを大切に自宅に保管していたのに
A母が孫(A姉の子)にせがまれて出して着せていたことが判明。
しかもその後また着たくなった孫が周囲の目を盗んでこっそり引っ張り出そうとして
何かにひっかけて破いたらしい。
破れはドレスの前で、シンプルなデザインだから目立つ目立つ。

AとA姉は「小さな子供にそんな物を見せた上に着せるか普通」でA母と
対立してしまったらしく、A姉はAにものすごく謝ったらしくて対立はなし。
A姪は式に出席禁止のペナルティをA姉がつけたらしい。

AからBに連絡が入り、急きょ破れの上に飾りをつけることになり、
同じ布を一緒に買った私に譲ってくれと依頼が来た。
私はドレスを制作するわけではなかったのでそのまま譲って、
幸い式には間に合ったけどA母 vsA、A姉の関係が最悪になってしまい
少しひんやりした式だった。

続きを読む

51: 愛と死の名無しさん 2013/11/13(水) 22:54:31.98
従妹の結婚式の時、従妹の叔母(従妹の父の弟の嫁)がスピーチで
「従妹ちゃんは以前他の結婚式で、新郎と結婚するのは自分だと騒動を起こした過去もありますが
 幸せな結婚ができるようで嬉しく思います」
会場、一気にざわ・・・ざわ・・・状態。
新婦の従妹は固まってるし、新郎も顔が引きつってる。
私は初耳だったんだけど、同じテーブルに座っていた私の両親や他の親戚も
「え、そんなことあったの?」
「知らない・・・」
って感じだった。
その場は司会の人が「ありがとうございました。では~」と強引に進行したんだけど
会場のざわざわ感は静まらないまま終わった。
で、終わった後。
従妹が「叔母さんひどい!あんな根も葉もないこと、出席した人たち全員に訂正して!」
と泣き喚いていた。
その場ではあまりのことにどうすればいいのか分からず固まってしまったらしい。
しかし叔母「あら事実じゃない。私の結婚式の時に」
新婦&親戚一同「!?」
叔父と叔母の結婚式の時、従妹は幼稚園児だったらしいんだが父の弟である叔父によく懐いてて
「お兄ちゃんは私と結婚するのー!」と泣き出したらしい。
従妹の母が外へ連れ出そうとしたらしいが、身内だけの割とこじんまりとした式だったのが災いし
「まあ子供なんだしいいじゃないか」と誰かが言い出して
「ほら従妹ちゃん、お兄ちゃんの横に座りなさい」と叔母は新婦の席を従妹に奪われ
そこから先はまるで従妹が主役のような、結婚式なんだか七五三なんだかよく分からないまま
終わってしまったらしい。
それまでは子供がやったことだし、と特に従妹を嫌うでもなく普通に親戚付き合いしてた。
だが従妹の結婚式に出席して「私の結婚式をメチャクチャにしておいて・・・」と思ってしまったんだとか。
結婚式の恨み恐るべし。

続きを読む

41: 愛と死の名無しさん 投稿日:2008/12/10(水) 18:30:06
兄の結婚式の話。
新郎新婦へ披露宴で花束贈呈する小さい子がこちらにはいないので
新婦側でよさそうな年齢の女の子を招待してもらった。
式前に見た女の子はちゃんと挨拶のできる小学1年生で
大人しい利発な子という印象。
何よりも、昔の安達祐実系のすごくかわいい子で(雑誌モデルもしてるとか)
この子に花束贈呈してもらったら、見た目もいいよな~と
新郎側親戚一同で話題になってた。

で、神前式の会場に入ったとき、なぜかその子が一番後列に。
聞いた話では、新婦の父親の一番上の姉の子ということなんで、
位置的には新婦両親の次にその子の両親が並び、小さい子なのでその次に並ぶはず?
なぜ末席に?と悩んでたら、後になって原因が判明。

新婦の父方のおばさんに一人すげーDQがいて、
そのオバンの娘になぜ花束贈呈させなかったかと
ずいぶんもめたそうだ。
その娘、当時小学5年なのに児童買春の噂のあるトンデモ女児、
ご面相もお粗末で、正露丸に似てるらしいんだw
無論お断りだ!になったんだが、逆恨みで当日その子に
「なんでアタシよりあの子が前に並んでるのよ!
姪や甥はアタシより後ろでしょ!!」とかましたらしい。
で、女児は・・・・後ろでも平然と親族紹介で自己紹介し、
さらに全員から褒められましたとさ。

続きを読む

3: 愛と死の名無しさん 投稿日:2008/09/30(火) 01:20:00
ちょっと愚痴ります。ひと月近く前のお話。
私たちは10月に挙式予定。
彼の叔父さんから招待状の返信が来た。
普通郵便茶封筒。
中には返信用ハガキ(欠席に印)と、謎の現金2万円と、レポート用紙に綴られた手紙。
現金入れて普通郵便は怖いよ、と思いつつ
2枚の1万円札をよく見たら
凄いしわくちゃ超使用済み。
ここまでならまだいいが、ご丁寧に新札と旧札で1枚ずつ。
便箋ですらないレポート用紙の手紙を開けば
叔父の侘しい自伝が綴られていた。
苦労して専門学校に行ったのにロクな仕事に就けず
奥様には騙され逃げられ、今現在毎月7万円で暮らしてる。
この2万円で精一杯、返礼などいらぬ、とある。
「叔父はこれから一人で生き、一人で生涯を終えます。お幸せに」
これが文面の最後であった。筆跡がブルブル震えてる。
……お祝いされてる気が少しもしない。これは何だ?遺書か?不幸の手紙か??

返礼はいらん、と書いてあったがその辺は行間を読んで
引き出物一式と結婚報告ハガキを送ろうと考えていた。
……が、彼の親戚から彼に電話。件の叔父が大変立腹してるとの事。
お祝いに2万円も包んでやったのに、お礼の電話一つも寄越さない非常識だ
と叔父がギャンギャン喚いたらしい。
無理だよ伯父さん。まさかそんな電話が欲しいだなんて、そんなの行間に書いてなかったよ。

とりあえず彼は伯父さんに電話をしたらしいけど
一方的なギャン喚きの上、ガチャ切りされたと言っていた。
「もう二度と会うことはないな」と、彼は呟いてた。

結果的に、特に実害はなかったけれど、正直ちょっとムカッ腹が立ちました。
いや逆に、欠席してくれてありがとうと叔父さんにお礼を言うべきなのかしら。

続きを読む

このページのトップヘ