タグ:再婚


857: 名無しの心子知らず 2011/10/11(火) 14:54:11.32 ID:6Ff5z1zo

連休義姉がいきなり姪を連れてきて、「我が家で預かれ」と言いだした。
断ったら本人の目の前で、
「旦那にも悪いしもう限界。持て余してるの、わかるでしょ?」
と言いだしてびっくりした。
義姉は再婚で、姪は前の旦那の子。
姪は無表情で泣きもしなかった。
中一だけど、登校拒否して家出繰り返してる。
「ずっと姪を育ててきた義母が亡くなったから、引き取ったけど、
旦那親と同居だし、教師の家に問題児がいるのは、世間体が悪い」
そうだ。
再婚後生まれた弟の中学受験にも悪影響があるそうで
「私だって幸せになりたいのよ!」と玄関先で泣きだして大変だった。
こんなに大きい子を託児されそうになるとは。

続きを読む


543: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/20(金) 10:38:21

誰かいる?
該当スレがあったら、そこに誘導してください。

◆現在の状況
知り合いの紹介で付き合っていた女性と再婚が決まり
数日前籍を入れた

◆最終的にどうしたいか 元嫁に早く帰ってほしい・俺だって幸せになりたい

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
35才 会社員年収650万前後 

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
今嫁 27才 実家自営手伝い 年収は300万くらい(と聞いた)

◆家賃・住宅ローンの状況
独身寮(一般賃貸を独身寮扱い) 三分の二会社負担で俺負担は3万(水道代込み)
もうじき(二週間くらい)出る事が決まっている

◆貯金額
150万

◆借金額と借金の理由
財布に金が入ってなくてこの間カードで3万

◆結婚年数
今嫁 数日

◆子供の人数・年齢・性別
元嫁との子供が一人 男 八歳

◆親と同居かどうか
別居

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
俺バツ1 簡単に言うと元嫁の夢のために別れた
今嫁初婚
相談次に入れます

続きを読む


924: 名無しさん@HOME 2012/08/06(月) 23:09:53.15 0
長年不倫を続けて40近くなのに独身こじらせた友達がいる 
その友達から見たら私は、元旦那が浮気して借金して出て行って捨てられた可哀想な女 
離婚後も1人暮らしで(彼女は実家で両親と同居)趣味に没頭する私を自分より格下と見ていたようだ 

そんな私が再婚した 
相手は趣味で知り合った10歳年下の公務員、とても優しくいい人 
同じタイミングで友達は不倫相手の子を妊娠したと言い出した

続きを読む


456: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)22:07:54 ID:0IE
離婚した両親が水面下で継続してて、
離婚の原因である父のDVは、両者納得積みのプレイだったって知った瞬間
二人は私の独立後に再婚した

生まれてからずっと父が手をあげる姿をみていたけど
母が私のことがあるからと言って離婚したがらなかったから、幼少時は何もできなかった
家は代々開業医で裕福
またなぜか父の暴力の対象は母に限定され私は普通に可愛がられていた
母が虐げられる中での父の厚遇は剃刀の刃を飲むように痛いものだったけど
幸福だと思わなきゃ単なる母の枷のようでそれこそどうしようもない

でもそれも16の時、酒の瓶を持った父から母を庇って流血沙汰になり
母は渋ったが私の度重なる説得と、
父の子供にまで傷を負わせてしまった負い目でようやく離婚になった

続きを読む


616:名無しさん@おーぷん2017/08/30(水)17:08:24ID:um8
ここは高校生でも相談できますか?
大人の意見を聞きたいので、
ここがダメだったらどこで相談できるか教えてください。

続きを読む



うちの市では離婚届けが受理されると通知がそれぞれに来るから
出て行くまでは、それが見つからないように隠しておいた方がいいよ。
それが来るまでに出ていくか、どっちかだね。
何にせよ早く出て行った方がいいから、ガンバレ!

続きを読む


【②はこちら】
965: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)15:08:41 ID:AjI
勇気が欲しい。20代後半、男。
親が再婚で、俺は父親の連れ子だってことを成人した時に聞いた。下の弟妹は二人の子。

それまでは全く気付かず、普通に反抗したりしていた母ちゃんだったのでびっくりした。
ただ、もうグレるという年齢でもなくすでに一人暮らしだったから、
弟妹と差をつけずに育ててくれた母親に感謝すらした。

で、今回弟だという男から連絡があった。
親父の前妻、つまり俺の生みの母親と親父との間の子どもで、
つまり完全に血の繋がった弟。
生みの母親が、俺がどうしているか気にしているらしく、弟が探してくれたらしい。

親父が再婚したのは俺がもうすぐ5歳になる頃で、記憶があってもいいはずなのに、
親父たちが再婚だってことも忘れてたし、
生みの母親との家庭に弟がいたことも覚えてなかった。

その弟に写真を見せられた。
親父、生みの母親、俺、弟で写ってる写真なんだけど、
これを見て、弟に話を聞くうちに思い出した。

親父が離婚したのは、親父と育ての母親の不倫だったと思う。
弟が産まれた頃から親父の方の祖父が病気になって、
生みの母親が通って介護をしていた。

俺は親父と留守番をすることが多かったんだけど、
その時にやたら綺麗なお姉さんと遊んで、
当時欲しかった変身セットとバイクのおもちゃを買ってもらったことを覚えてる。
いつもケーキとかも作ってくれて優しくて、俺はそのお姉さんが大好きだった。

お母さんはいつも疲れてて、あまりかまってもらえなかったから、
「お姉さんがお母さんだったらいいのに」なんて思ってた。
というか、実際に言ったことがある。
それで、俺は親父に、弟は母親についてって離婚した。
思い返すと本当にクズ野郎。

親父と育ての母親には、育ててもらった恩もあるから軽蔑半分、感謝半分。
今は生みの母親に謝りたい。
お母さん嫌い、あのお姉さんにお母さんになってもらいたいなんて言ってごめんなさい。
くだらないケーキやおもちゃなんかでつられてごめんなさい。

「お母さんは、俺がどうしてるのか気にはしていたけど、
立派に育ってるならそれでいい、会わなくていいと言っている」
と弟に言われた。

弟は◯◯ちゃんと当時呼ばれていた名前で俺を呼ぶんだけど、
そういえば親父たちからは△△と呼ばれている。
としゆきなら、弟はとしちゃん、親父たちはユキみたいな感じ。
変わった呼び方にも意味があったんだな。

謝りたいけど、どうしたらいいかわからない。
お母さんは、俺と会いたくないかな。
不倫相手になついてお母さん嫌いなんていうクズ野郎だったから、
会いに行っていいのかわからない。
お母さんは再婚はしていないものの、長く付き合ってる彼氏がいるらしい。

この状況で会いに行って謝るのは自己満か?意見を聞かせてもらいたい。
そして勇気が欲しい。


続きを読む


274: 名無しさん@おーぷん 2017/10/14(土)21:01:36 ID:J5H

愚痴と相談です。
現在32歳で女医です。

旦那には専業主夫に
なってもらっているのですが、
やっぱり働いてほしいですが
その辺についてです。

学生時代から付き合っていて、
彼の方が先に就職したので、
授業料や生活の事など
面倒を見てもらっていたのですが、
私が働き出してしばらくして結婚して、
私が稼ぐから
家事など家の事をお願いしたい
と頼んだという経緯です。


家事の方は完璧ですし、それに加えて
私にマッサージなどもしてくれていて
そこは感謝しています。

しかし、私の同僚も結婚しだしたのですが、
その相手が一流企業に勤めているし、
顔もかっこよくてという感じです。

同僚の家に度々呼ばれるのですが
相手の旦那に比べて自分の旦那は無職だし、
旦那は気にしていないようですが、
とても恥ずかしいです。

それで旦那に
「前いた会社に復職して欲しい」
とお願いしたのですが、
「それは無理」と断られてしまいました
(とりあえず就活はさせています)。

出来れば年度内にでも
就職して欲しいのですが、
上手く促す方法はあるでしょうか?

また、見つからなければ、
私も次の人を探したいので
離婚したいのですが、
この際の有責は私ですか?

続きを読む


29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 07:37:32.99 ID:Np3kGNO10
20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。 

長いうえに恨みつらみを書き連ねています。 

気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。 
文才はありません。
説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。 

母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。
以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。 
母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


続きを読む


898: 名無しさん@おーぷん 2017/02/03(金)22:17:26 ID:vUu
ここはスレ違いかもしれない
離婚から再婚までが修羅場だったということで・・・

高校卒業してすぐに結婚、1年弱で妊娠したけど初期流産した
家で泣いてたらその翌日に元夫が
養護施設から里親をあっせんしてもらうといって
そういう団体の資料をわんさか印刷して持ってきた

元夫の中では一度の流産で私が不妊女に認定されたらしくて
「もうどんなに頑張っても血のつながった子は抱けないんだ」
と泣いて見せたり
「だったら世の中に貢献しようって思わない?」
と里親制度のパンフレットを見せられたりした


続きを読む

このページのトップヘ