タグ:内緒


642 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 10:51:20.27 ID:EN4GrvA90.net
相談よろしいでしょうか?
スマホから失礼します

先日高校からの友人とその娘(5歳)と出かけ2人になった時、娘ちゃんに「なぜ赤ちゃんがいないの?」と聞かれました
パパが好きな人と結婚したら赤ちゃんが来るって言ってたよと
私は不妊治療中で7月に流産した事もあり、まだ笑って流せる心境ではなかったのですが、娘ちゃんに「もうすぐサンタさん来るからお願いしようね」と言われ「お願いしても赤ちゃんくれないよ」と言いました
そうしたら娘ちゃんに「お片付けしなかったの?お友達に意地悪したの?」と聞かれ、大人気なくイラっとしてしまい、「サンタさんなんていないよ!パパとママがプレゼント用意してるんだよ、娘ちゃんまだサンタさん信じてるのー」と言ってしまいました
「いるもん」ととても小さい声で言ったところで、友人が戻ったのでそのままその話は終わりました
帰宅して猛烈な後悔に襲われ、あんな純粋な子供になんてことを言ってしまったのだろう
自己嫌悪で泣いてしまいました
この事友人には言った方がいいでしょうか?
結構SNSに頻繁にUPする子なんですが、クリスマスの日は娘ちゃんの反応も何もUPしてませんでした
責められても仕方のないこと
きちんと謝りたいのですが、不妊治療中だと言ってません
言わずに謝ってもいいでしょうか
続きを読む

163: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 01:31:53.82 ID:z4Y3ROrO
一人娘の私は大学生になり初彼ができるも門限6時の実家暮らし
嘘が大嫌いな父なので彼をすぐに紹介し涙目ながら付き合う許可でるも門限6時のまま卒業を迎えた
この頃になると彼と父母はだいぶ仲良しになっていた(彼実家の付き合いもあった)

母から父に内緒で彼と卒業旅行に行けば良いと言われ、母の協力で彼と初泊まりの一泊旅行に行った(彼には父の許可有りだと勘違いするように母と私で話した)
しかし2日目父にお土産を買おうとする彼にウソがばれそのまま父に報告、謝罪をする為に実家に帰宅
実家では父が仕事から帰宅するまでの間、私と母で彼を説得するも叶わなかった

父帰宅→彼謝罪→父母と私に事実確認→全て正直に告白
父「彼君、だまされたとこ悪いんだけど責任とれる?」
彼「私さんしかいません」
思わず母と顔を見合わせたニヤニヤしてた
父「でさっ悪いんだけど…そっちの養子にしてよ」

本当に親子の縁をきられました…

こちらが悪いのにその日のうちに彼両親も謝罪に来てくれ父を説得するも
・すぐに婚姻届をだすので養子は赦して
・結婚式には父は絶縁したので出ない

私はこうして彼と結婚しましたが父は私と絶縁し母とは離婚を前提の別居になりました(母が離婚に応じないので別居の実績作りです)

父にとって大好きな母、娘とその彼氏で騙したら父の味方が誰もいなくなる事に何故気づかなかったのかを毎日考えます
続きを読む

407: 名無しさん@HOME 2015/03/20(金) 00:03:27.18 0.net
二年前の修羅場。
嫁に内緒で有給取って単身赴任先から自宅に帰ったら、寝室から喘ぎ声が聞こえてきた。
翌々日は娘の4歳の誕生日だった。
ショックで持ってたケーキ床に落として箱ごとグッシャア!てなった。

寝室から出てきたのが嫁の妹(と見たことない男)だった時の衝撃もハンパなかった。唇がわなわな震えた。丸一日寝込んだわ。
続きを読む


965:名無しさん@おーぷん2015/07/22(水)10:41:41 ID:2SY
小学校で性教育の授業をしたら
子供が興味本意で実践しちゃったことがあったらしいって話で
ママ友はみんな
「えー嘘でしょ」
「さすがにありえなくない?」といった反応だったけど

私のスレタイである過去がまさに、性教育の授業で性的な行為に興味をもって
当時近所に住んでた仲のいい兄ちゃんと色々やったこと(最後まではしてない)
なので凄い冷や汗かいた

しかも十代の頃は墓場まで持っていくどころか
「友達より早くエ●チなことを経験した私」という自慢だと思ってて
普通に友達に
「絶対ナイショだからね」とベラベラ話してたのも最大の黒歴史

最後までしてないくせに、全部した感じに話盛ってた馬鹿っぷり…
救いなのは友達が口固くて本当に誰にも言わず内緒にしてくれたこと

普通、誰にも言わないでねって前置きされたら絶対に言いふらすもんだし
というか当時の私は自慢のつもりだったからむしろ言いふらしてほしかったんだけど

今となっては約束を守って秘密にしてくれた友達に本気で感謝
もし親に言われてたら私もだけど相手の兄ちゃんも人生終わってただろうな
あの兄ちゃんが今頃どこでどうしてるかもちろん知らないけど、
まっとうに生きてると信じてる
続きを読む

このページのトップヘ