タグ:共働き


844: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/15(月) 18:32:32.74 ID:il4aH8uK0
少し相談させてほしい 
嫁に仕事を辞めてもらうにはどうしたらいいんだろう 

俺の稼ぎ(年収480)では専業は厳しいって共働きなんだが、
嫁の仕事がわりと激務でいつも疲れきってた 
疲れてるからイライラしやすいし目の下には常にクマがあるような状態

そんなだからよく喧嘩にもなったし食生活も飢えなければそれでって感じ 
そもそもスーパーがやってる時間に家にいないし
帰っても来られないから仕方ないんだけど

でもちょっとしたことで今嫁休職中になったらすごい穏やかに変わってんの 
食も朝から焼き魚とか出てきてお弁当も毎日ちゃんとしてくれてる 
家は掃除が行き届いてなにより嫁に笑顔が増えたし顔色もいい 
ストレスがない生活してるんだから当たり前かもだけど
喧嘩することもなくなった 

確かに俺だけの稼ぎになったら節約とか必要にはなってくるけど
別に暮らせないわけじゃない 
俺としてはこのまま専業になって欲しいんだが、
どう言えば聞き入れてもらえるように話せるだろう

続きを読む


851: 名無しの心子知らず 2018/10/08(月) 20:10:56.65 ID:Ux8Eg0gS
やんちゃな2才4才男児持ちで、9時16時の時短中 
朝保育園に送るのは旦那担当、それ以外は家事育児全て私

続きを読む


409: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/09(火) 16:02:01.07 ID:Ac+/g5lG
フルタイム共稼ぎ夫婦(幼児1あり) 
夫は帰宅しても空き時間に勉強してる 
私は帰宅して空き時間ができたらダラダラしたい

夫はダラダラしてるなら夫の分の家事を代わってほしいっぽい 
家族のためにキャリアアップのために勉強しているのだからという 
しかし独身時代も勉強好きだったじゃないかと自分は思う 
たとえ今1人になったって勉強しているはずだ、それが趣味なんだ
と思ってる 

私は自分の過ごし方を自分で決めたいのだけど 
(ダラダラがブームの時はダラダラしたい) 
このままだとまずいと思う?

続きを読む


172: 名無しさん@おーぷん 2018/07/31(火)21:35:26 ID:9tb
長くてすみません。

義弟夫婦が離婚した。
って言うか、嫁さんがある日突然子供置いて出て行って離婚届を郵送してきたそうな。(後に撤回)

男と駆け落ちとかじゃなくて新幹線の距離の実家に帰って、実家から電話で離婚宣言してきたんだって。
意味分からなくて、一体何が原因なのか義弟に聞いたら
前々から不満を口にしてて、でもその不満ってのが「おまえは何を言ってるんだ」としか言えないようなことで、
義弟も出来る限りのフォローはしてたみたいだけど、その不満が全く解消されないみたいで
どうすればいいのか悩んでるうちに出て行ったらしい。
その不満の原因が私たち夫婦にあるみたいだけど、これもまた「何を言ってるんだ」と言わざるを得ないような事でorz
要するに私たち夫婦は子供がいなくて、夫婦ともに正社員で働いている。
世帯年収1000万弱ぐらいだから高収入ではないんだけど、子供がいないぶん多少は生活に余裕がある。
共働きだから家事は基本折半だけど、夫婦ふたりの共働きだとあまり部屋が散らからないので殆ど料理と洗濯ぐらい。
あとは気付いた人がその場で片付ければ事足りる感じ。
対する義弟夫婦の方は、2歳の子供がいるので嫁さんは専業やってるけど、
そんなふうだから義弟も家事は結構やってるみたいだった。
義弟は料理も上手いし美味いし。
けど、義弟嫁さん的には、子供が生まれてから自分の時間もお金もない。欲しいもの買えない。行きたい所に行けない。
私の人生終わった。子供なんて産むんじゃなかった。子供がいなければうんたらかんたら。
義弟は育児ノイローゼかと思って休日には好きなように過ごしていいよ、家事も育児も俺がんばるって言ったらしいけど
「そう言う事じゃない」って言われてどういうことか分からないんだけど・・・ってうちに相談されたことあったけど
そんなの私らには分からんよ。
義母も心配していつでも預かるよって声掛けたらしいけど「だからそう言う事じゃない!」って言ったらしい。
ただ、出て行く少し前に、私のことを「同じ女なのに生き生き働いて豊かな暮らしで楽してる義兄嫁(私)さんが憎たらしい」
って言ったらしいのね。
それ聞いて脱力したわ・・・。

続きを読む


17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/06/12(火) 23:39:21.88 ID:Lvq78jrFM

妻はさっさと寝た。この時間に明日着るYシャツのアイロンがけをしてると 
俺はいったい何してるんだろ?と思ってしまう。共働きだし今日は 
仕事が大変だったらしくて疲れてるのはわかるんだけどね。

続きを読む


168: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/12(木) 21:13:37.22 ID:/vAL8EMT0

ちょい聞きたいんだが家事分担ってどうしてる? 

俺九時前にでて7時終わりの仕事 
妻は同じくらいにでて、今は保育園の関係で2時終わりだけど帰宅は四時 
子供三人6歳4歳3ヶ月 

妻は朝五時半に起きて家事してるが時間がないといっている。 

6時に子供起こして半には朝食食べさせないと小学校に間に合わないといっている。 
真ん中は近くの保育園だが下が同じところには入れないから今は俺が車で15分弱のところに送ってる。 

妻は朝弁当作ったり洗濯掃除して身支度をすると言うのがギリギリだからといって俺を6時に起こしたがる。 

正直こんな時間に起こされるのが嫌だ。 
起きて朝食後布団に戻ると睨まれる。 
朝は必ず布団畳んで子供は送ってるし、食べてる間は俺が子供達を見てるのに不満があるらしい。 

休みの日は夕飯は俺がしてるし、たまに皿洗いもしている。 
たまにもっとしてるやつ見るが現実そこまでやってるのか?

会社の女忄生達のが正社員で自分が家事してるっぽいんだが…皆どうなのか知りたい。

続きを読む


626: 名無しさん@HOME 2018/09/25(火) 09:58:57.28 0
相談させて下さい。 
◆現在の状況 
共働き家庭でしたが、夫が家事育児に非協力的で
負担に耐えきれず体調を崩し、現在私(妻)は休職しています。
収入的にも復帰をしなければ厳しい状況です。
夫になんとか変わってもらいたいです。無理なら離婚も考えています。

◆最終的にどうしたいか 
一番は、夫が家事育児に協力してくれなければ共働きは成り立たない
という事を理解させて、行動に移せるまで変わってほしい。 
理解できないのなら、不利にならないよう離婚したい。
シングルでやっていけるよう、環境を整えて再出発したい。 

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
28歳・会社員(休職中)・250万 

◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
 
28歳・会社員・350万 

◆家賃・住宅ローンの状況 

アパート65000円、他ローンなし 

◆貯金額 
200万 

◆借金額と借金の理由 

なし 

◆結婚年数 

5年目 

◆子供の人数・年齢・忄生別 

3人/3歳双子、1歳 3人とも女 

◆親と同居かどうか 

別居 

◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由 

どちらも初婚

続きを読む


935:名無しさん@おーぷん[]2015/02/22(日)17:11:57 ID:ro8 [1/3回]
当たり前の事言うなって言われると思うけど7時~21時までみっちり働いてる共働き嫁に専業主婦歴38年の母親と同じレベルの家事レベルをお願いするのってヤバかったよね…?

続きを読む


550:名無しさん@HOME2007/09/13(木) 19:29:39 0
微妙な仲になってます。

私27歳 結婚9ヶ月
義弟嫁 18歳 結婚1ヶ月

私が結婚して半年ほどの時に、急に義弟が家族を招集しました。
で、横には制服姿の女子とその両親・・・、
そのまま僕達結婚したいと宣言。

私はドン引きながら、まだ口出しできる立場ではないので
静観するしかありませんでした。
旦那も義両親も止めたらしいのですが、そのまま結婚になりました。

その結婚式はわたし達が挙げた結婚式場よりずっと高いところで、
ドレスも3度も着替え、引き出物も豪華。
そんなことで、と思うかもしれませんがちょっと悲しくなりました。

この前会った時に、バイトとか探してるの?って聞いたら、
私は専業したいから働くなんてしないです、と。
うちは共働きなので、ちょっと馬鹿にしたように聞こえてしまって。

旦那はもう実家はあの子のペースになってる、と言ってて、
義両親にも私ってどう思われてるんだろうって不安になります。
住んでるところも義弟夫婦とは近いので、何かと関わりがあります。

これからこの義妹とうまくやっていきたいのですが、
どう接していいかわかりません。

続きを読む


824:おさかなくわえた名無しさん2007/01/05(金) 11:16:10ID:kxZ7hwl7
兼業願望の男(彼氏)からプロポーズされた・・・

何かそういう人って自分の生活レベル上げたいだけのような気がして
今一信用できない。

聞くと
「今の生活より落としたくはないけど上げたいとまでは思ってない。
浮いた分は育児資金とか将来の貯蓄にすればいいと思ってる。」
と返ってきました。

私も仕事をすぐに辞める気は無いけど、最初ぐらい
「俺がタヒぬ気で守るからお前は家庭を守って欲しい。」と言われたい。
私がわがままなんでしょうか?


続きを読む

このページのトップヘ