タグ:修羅場


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験

556: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)14:45:31 ID:33q
何事もチャキチャキサバサバとこなしていく
スーパー良トメだった義母が癌で余命宣告を受けたときに
普段と全く同じチャキチャキした勢いで
あっと言う間に家を整理してしまったのが衝撃だった。

かなり衣装持ちな人だったのに最低限の洋服を残してサッパリ処分。
小さなタンスに入院介護に適した下着類とパジャマ類を多めに入れて
普段着は本当に最小限。
あとお気に入りのスーツが1着。
正月に義実家で集まったときに全員に向かって今後の指示を出すと共に
「タンスのスーツは棺桶に入る時用だから忘れないで着せてね!」と宣言。
遺影用の写真はコレ・葬儀屋はあそこ・でも最小限の葬式でいい・
連絡して欲しい人リストはこちら・遺産というほどの物は義実家くらいだが
ここは査定価格でこれくらいだから誰も住まないなら売って分けろなどなど。
諸々の指示をサクサクと飛ばして義実家で3ヶ月一人で過ごした後に
自分で選んだホスピスに入って2ヶ月で先に亡くなってた義父のところに旅立った。

ホスピスに入ってから義実家に行ったら本当に何もない。
でも誰かが泊まるくらいは出来るように最小限の布団や食器は残してある。
ちょっと古びた旅館みたいな感じになってた。

なんというか潔く綺麗な旅立ちで悲しむよりも先にあっけにとられた。
最後の荷物に年代別の家族写真を見つけて初めてみんなで泣いた。
自分も見習いたいと思う。
続きを読む


44: 名無しさん@おーぷん 2017/05/13(土)19:24:51 ID:aw8
そもそも、当時の自分が神経わからん!という話なのですが。
10年前、大学生だった頃、
当時付き合っていた彼氏が心変わりしてしまいフラれ、泣き暮らしていた時期がありました。

バイト先の男性社員Aに、是非友達になりたいと言われ、
泣いて暮らすよりマシかとアドレスを交換し、メールのやり取りをするようになりました。

そのメールが段々気持ち悪いものにエスカレートし、
「今日もキミの面影を抱いて眠るよ…抱くっていってもセッ●スじゃないよ!」とか、
「女子大生とメールしてるなんてヤバいよね、
 俺!お小遣いあげなくちゃならないかな?
 お小遣いあげたら、エンコーだ!」など、これは友達とするメールじゃないよなぁという内容に。

30代と聞いていたのに、
実は45歳だと知った瞬間に何もかも気持ち悪くなってしまい、
バイトを辞めるタイミングで着信拒否しました。

半年後、大学を卒業して新しい携帯電話に変えた際に、
着信拒否設定など忘れて使っていたら、Aから毎日着信が残るようになりました。

まだかけてくるの!?と慌てて拒否すると、
非通知で留守番電話を残すようになりました。
「つながった。元気ならいいんだ、ハハ」みたいなメッセージを残すので、非通知も拒否しました。

3年くらい経って、スマホに機種変した頃、
知らない番号からの着信を仕事だと思い取ると、
「あ、やっと出てくれた!久しぶりだね、元気?Aだよ!」

最初の着信拒否から4年近く経つのにまだかけてくる執念と神経がよくわからん!と思い、
今の生活があるしもう関わりたくないと伝えると、
「ウヘヘ…ヒヒ」と笑いながら電話を切られました。

その数年後LINEを初めて入れた時に
「知り合いかも」にAが出てきたのにはさすがに参りました。
もちろん自分側には番号もアドレスも登録していません。

安易な気持ちでアドレス交換なんてしちゃいけませんね。
続きを読む



743: 名無しさん@おーぷん 2017/03/30(木)00:43:48 ID:NU7
仰天ニュースでカイロプラクティックの話が出てきたから、
最近あった俺の体験をまとめて書いてみる。

俺は、八王子の大学生のオタクでのびのびと生活していた。
そして、最近興味があるジャンルがあった、
それが
『真面目マッサージ』というものだ。

元々はニコニコで
『シェービング』とか
『世界の髭剃り動画』とか見てニヤニヤしてたんだけど、
最近は
『真面目マッサージ』でニコニコとかyoutubeとかピクシブとかSSを検索して、
動画、漫画、小説を読んで色々妄想してた。

続きを読む



31: 名無しさん@おーぷん 2017/05/01(月)16:44:40 ID:HPp
このスレでも時々話題になるけど、既婚女性のひとり行動について
意味不明に否定する人がいるけど何なんだろうね。あれって。
勤務先にAさんって人がいて、同い年の40代既女なんだがこの人がそう。
この間能登に行ったので、休憩室にお土産のえがら饅頭を置いておいた。
Aさんが
「誰と行ったの?」って言うから
「一人旅だよ」って言ったら
「一人で旅行って何が楽しいの?」って言われて、
これはまぁ、たまに言われることだから気にしない。
「友達と行く旅行も楽しいけど、一人旅は一人旅で面白いもんだよ」って言ったら
「既婚女性がひとりで旅行するなんて良からぬ目的があると思われるよ」
「向うで男性と待ち合わせって、大抵の人はそう思う。思っても言わないだけ。だから気を付けな」
「そうじゃないんだとしても、一人で旅行するのが楽しいなんてご主人に対する裏切り」と言われた。
「まともな女性は家族や友達と行くもの。ひとりでなんて変わり者がすることよ」とも言われて
「まぁ、そう思うならそれでいいよ。理解してくれなくてもいいし。
 でも旦那との信頼関係があるから出来ることなんだけどね」って言ったら「ありえない」んだって。
あそー、ってそれ以降はスルーしたけど、私からすれば一人旅なんてやる前は不安かも知れないけど
ハマるとこんな楽しい旅行なんてないのになーって思うわ。
もちろん、やりたい人がやればいいことで、無理してやることでもないけど。
で結局「ま、私さんは子供がいないからね」って締めくくられた。
当り前じゃん。子供いたら私だって一人旅なんか多分しないよw
そんなことを言いながら、えがら饅頭2個食いやがったw
続きを読む



732:名無しさん@おーぷん2016/12/27(火)04:32:50 ID:dzq
書き込み慣れていないので、不手際があったらすみません。
DNA鑑定の話を読んでいて、長年どこかに書きたかった事を書かせていただきたいと思いました

旦那O型私O型、産まれた子供はA型でした。
身に覚えは全くなく、出産が終わったその日に病室で子供の血液型を知らされた時は、ショックで息が止まりそうになりました

もう25年以上前の話です。
本当に身に覚えがなかったので、寝ている間に誰かに…?
以外考えられませんでした。旦那が好きで、子供がかわいそうで、
どうしても血液型の事を旦那に言えず、墓場まで黙っていようと決心しました

長いので分けます
続きを読む


479:名無しさん@おーぷん2015/09/20(日)22:37:28 ID:Zuy
無人のようなのでまったり書き込みます。

高校生のとき、ひと月の間に両親を相次いで亡くして喪主二回やったのが修羅場。

母親は先天的な心臓の欠陥からくる虚弱で、入退院を繰り返している人だった。
普通のサラリーマン家庭で育ったが、
友達のように
「じーちゃん」と「ばーちゃん」はいなかった。

推薦で大学が決まってボチボチ車の免許を取ろうとしていた時期に父が車の事故で他界した。
訃報を聞くなり母が卒倒。救急車で病院に運ばれそのまま入院した。
「祖父母」という存在がいなかったように、
「親戚」もいなかったから自動的に喪主をやることに。

父の勤め先をはじめとした周辺への連絡、火葬の許可など、何から着手していいのかわからないままご近所さんたちの知恵と手を借りてどうにか通夜にこぎつけた。
喪主の席で坊さんの背中を見ながら思ったのは、
「坊さんもタダじゃ経をあげてくれないんだなー」ということ。

預金の名義が父になっていたことから、父が亡くなったことで凍結。
相続の手続(?)が住むまで下せなくなっていて、葬式代の工面に大わらわした。
(大学進学を機に一人暮らしする予定だったので、両親があらかじめ私名義で積立をしてくれていたので、そこから支払った)

ここまでが第一の修羅場。
続きを読む

このページのトップヘ