タグ:修羅場

106: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/03 03:37:26 ID:Qz4QIRsn
彼氏の転勤にくっついて地元から新幹線で半日の距離へ引越し
こちらの暮らしにも随分慣れた頃、妊娠したので籍を入れることになった。
私のバイトも、主任手当てもらえる位順調ではあったけど辞める事になった。

辞める1ヶ月前に仕事場に報告すると、何故か職場のA子も辞めると言い出す。
その日からA子、会社の愚痴、家庭の愚痴、私に関係ない愚痴を
メールで毎日送ってくるようになった。日に何通も。
約1ヶ月メールは続いたが、仕事の連絡の関係で着信拒否できず、メールを放置すれば
何倍ものメールが昼夜関係なく届くので、取りあえず耐えてたが精神的にマイってた。

私の退社1週間前にA子が仕事に来なくなった。運が悪いことに夏時期に超忙しくなる職場だったのと
人手不足で上から頼み込まれたことで、私は無理をしてしまった。本当に馬鹿だった。流産した。

A子には流産で病院に担ぎ込まれる時も、その後も色々精神的に叩きのめされた。
この辺は自分的胸糞なので今は書きたくないが。
この間が私にとっての修羅場だった。

やっとA子と疎遠になることが出来たので吐き捨て。でも一生許さない。

続きを読む

23: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/28 20:47:44 ID:6bU/+O2q
女子高生の時頻繁に痴漢に遭遇してた。多分おとなしそうだから
その中でも一番怖かった痴漢?が本当に修羅場だった

私は三半規管がとても弱くて自律神経失調症も当時患っており、電車通学中に
気分が悪くなり途中下車することが多かった
その日も途中下車して、駅のホームで空気を吸ってベンチに座り次の電車を待っていた

その時、隣に男が座ってきた
少しハゲてて、変なマルチカラーのスーツを着てたのを覚えている
「なにしてるの?遅刻?学校行かないの?」
一見普通の声かけのようだけど、その人は完全に顔がイッてた
本能的に殺される!!と思い真冬だったのに汗がぽつぽつぽつと吹き出てきた
声をかけられただけなのに本当に怖かった
固まって身動き出来ない間に男がスカートの上から太ももに何かを当てた
サバイバルナイフだった、刃は出てなかったけれど

ナイフを見た後の記憶があやふやなんだけど、多分その後なんとかして逃げて、
駅員さんに泣きついたんだと思う
気がついたら駅員室みたいな所で泣きながら
パサパサの饅頭食べながらお母さんの迎えを待ってた。多分饅頭は駅員さんがくれた
その後お母さんとお茶したけど気分悪くて紅茶もケーキも食べれなかったのを覚えてる
学校は休んだと思う。
その人は捕まってないし実害もなかったので警察にも言ってない。

今でもその駅で一人でいるのは怖いです
お尻触られるより太もも撫でられるよりあの人に声をかけられたのが一番怖かった
その後社会人になって図太くなり、痴漢を捕まえて突き出したりもした。
それもなかなか修羅場だったけどまた別の話。

続きを読む

345: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/08 23:13:55 ID:2eJcPxtX
軽いかもだけど…
自分の母がプリンだった。
父は約20年前に病死。
以降、母は女手ひとつで、ストイックに私を育ててくれた。

それが最近、仕事の部下とあやしい。
完全にアレな状態。
それとなく、母にその男性について聞くと、妻子持ちと。
これらの現状を知ったときが私のまず第一の修羅場。
電話で、母と間違えられて甘いセリフを囁かれたのが第二の修羅場。
これからの対応を考えてる今は第三の修羅場中です。

続きを読む

248: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02 01:03:34 ID:MphOWN9N
小学生のときに嫁姑舅関係がこじれて両親が離婚しかけた。
父実家は農家でまぁ土地持ち。父は農家は継がずに違う職業に。
母は父子家庭の末っ子で結構苦労人。二人は高校時代に出会い、卒業後に再会し交際。

ここから結婚までが両親第一の修羅場。
父方の親戚が家の格が違うと大反対。
ただ一人だけ発言力のある爺様が母に会い、これは良い嫁!と太鼓判を押して認められる。
しかしすぐ結婚はできず、父の姉が結婚するまでは待ったらしい。
その後結婚し、団地に住む。一年ほどたち長男出産。
跡継ぎ生まれた→同居しろ→同居
その後に私生まれる。ごめん続きます。

249: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02 01:04:29 ID:MphOWN9N
続き 
約10年後、母がパートに出ることに。 
当時は祖父母と母の関係がどうとかは全く知らずに、母がいないのでおなかがすいたら祖母に訴えたりしていた。 
そうしたら祖母が母に、子供の世話はきっちり見ろ。母親だろう的なことを言う。 
さらに母方の祖父にどんなしつけ方をしたのか電話する。 
ここから両親第二の修羅場&私達兄弟にとっても修羅場 
色々限界だった母は泣いて泣いて家出をした。多分母方の祖父の所だったと思う。 
すぐに帰ってきたが、その後は父の姉と何度も電話をしたりしていた。 
父の姉と母は比較的仲は良くて、色々相談していたらしい。 
で、そんな事が続いていたある日、両親に離婚するかもしれないと言われた。 
ぶっちゃけその頃は大人の間の事情とか全く理解できていなくて、ただ両親の仲は絶対に悪くないと知っていた。 
だから余計に理解できずに泣き喚いた。 
泣きながら「好きなのにどうしてばらばらになるの変だよ」とは言っていた気がする。 
もう少し続きます。長くてごめん。

250: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02 01:05:03 ID:MphOWN9N
終わりです 
その後、離婚話はなくなった。 
多分、私達兄妹は引き取れても愛犬は連れて行けないし、苦労させるだけだと思った母が思い直したんだと思う。 
当時は愛犬がいなかったら本当に崩壊してたんじゃないかな。 
私達は母に、些細なことでは祖父母は頼らないと約束した。 
他にも色々あったと思うが、よく覚えていないんだ。 

変わったことは、私の父方の祖父母に対する態度が若干冷たくなったことかな。 
母は、私にとっては祖父母なんだから仲良くして構わないと言ったが、私マザコンなんです。 
祖父が亡くなったときは、母の辛さを思い知らせる前に死なれたと悔し泣きした。 
それから、恋愛に全く興味を持てなくなった。 
好きな人ができて結婚しても、第三者の所為でそれが破綻するかもしれないのが気持ち悪くなった。 
今も独身街道まっしぐら。 
先日、祖母の持ってきた見合い話をないわーの一言で一蹴した記念に書き込んでみた。

続きを読む

210: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/24 00:08:12 ID:x86LLiMt
投下します。

私の地元は北関東の片田舎、
そして幼馴染にAとBがいた。
Aはイケメン頭もよく近所でも評判あだ名は「王子」。
Bは地味顔、勉強は少し苦手ぎみだけど、まじめで心優しく、
年配の人から人気。
どちらとも家が近く、小さい頃はそれなりに遊んでいたが、
Aとは小学生くらいから段々会う機会が減り始め、
Aが誰もが知っている進学校に中学受験で合格し、
地元を離れ決定的に疎遠になってしまった。
かたやBとは、同じ中学を卒業し、同じ地元の高校に入り、
卒業後はBは専門学校、私は短大と分かれたものの、
お互い実家暮らしでなんとなく付き合いはつづいていた。

お互い就職した頃から、なんとはなしにBからのアプローチを
受けるようになっていた。
と、言っても小さい頃からBからの好意は感じていたし、
周囲も完全にわかっていて、「そろそろくっつくか?」
なんてお互いの両親からも言われる始末だったし、
私も特に他に男性との縁もなく、Bも嫌いではなかったので、
「このままお付き合いして結婚するのかな~」なんて思っていた。
そこに、突然Aが現れ、なんと告白された。

続きます。

212: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/24 00:24:52 ID:x86LLiMt
私は、というか、近所一帯の子はAにみんな憧れていた。
美形で、頭もよく、実家も資産家だったし。
でも、あっさり難関大学に合格し、
東京で一流会社に就職していたAは、
別世界の人間で、きっと東京でモデルのような美人さんとお付き合いして
結婚するだろうと近所では皆思っていた。

そのAに、突然「ずっと君が好きだった、結婚を前提に付き合ってほしい」
なんて言われて、私は完全に舞い上がった。
友達以上恋人未満だったBのこともあっさり忘れ、お付き合いを始めることに。
反対を受けるかと思っていたAの両親は、意外なことに大喜びしてくれた。
息子は東京にでてもう帰ってこないものとあきらめていたらしい。
そこへ、「やはり将来は地元にもどりたい、伴侶も地元の人を」とAが言ったものだから、
Aの両親も舞い上がった。
「どこの人かわからない女の人を突然連れてこられるよりずっといい。あなたなら安心」
と何回も言われた。
Bがとても気に入ってる私の両親は、戸惑っていたものの、
私のスペックから言っても完全に玉の輿状態だったので、
「まあ本人たちがいいならそれで」と、表面上は賛成してくれていた。
ただ、Bのことはすごくすごく気にしていた。

Bは、私がAとのことを報告したときも、
ショックを受けてはいたが、「幸せになってください」
と、あっさり身を引いてくれた。
心が痛まないわけじゃなかったが、
「告白されてたわけじゃなかったし」と自分に言い聞かせてた。
(実際はほぼ付き合ってる状態だった)

すみません長くなります・・・・まだ修羅場につかない

215: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/24 00:40:00 ID:x86LLiMt
1年ほど付き合ったあと、私とAは結婚し、地元で豪華な式をあげ、
Aの仕事が一段楽するまで、東京のマンションで暮らすことになった。
Aは早く子供が欲しいと言い、私は専業主婦で優雅に暮らしていた。
そして順調に妊娠。Aも大喜びしてくれ、ますます大事にされ、
まさに幸せの絶頂だった。

ところが妊娠が4ヶ月に入る頃、Aの様子がおかしいのに気づいた。
顔色が悪い。痩せた。いつもイライラしている。
でも、Aは激務で早朝出社深夜帰宅が続いていたので、
余計なことを聞いたらかえってストレスになるかも、
何か言ってきたら聞いてあげよう、なんて思っていた。

そしてある日、Aがものすごく荒れて帰ってきた。
目は血走り、フーッフーッと息が荒く、尋常な様子ではなかった。
初めてみるAの姿に若干びびりながら、
「どうしたの?」と聞くと
「うるさい!部屋にいってろ!」と怒鳴られた。
ちなみに怒鳴られたのはこれがはじめてでした・・・
泣きそうになりながら「なにがあったの?」と聴いた瞬間、
Aが豹変した。

髪を振り乱し、テーブルの上のものをなぎ倒し、雄たけびをあげた。
そして罵倒の嵐。
「お前なんか好きでもなんでもなかった」
「Bがお前のこと好きだったから」
「だからブスでも我慢したのに」
「なのにBは」「なんでBのほうにいい女がつくんだ」
「死ね」「Bもお前も死ね」「消えてなくなれ」
私は罵倒を聞きながらショックのあまりスーッと気が遠くなり、気絶。
これが第一の修羅場でした。

217: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/24 00:57:36 ID:x86LLiMt
すみません、前の書き込み日時が空いていたので、過疎ってるのかと、
自己満足でだらだら書き連ねてました。
では残りは簡単に。
なぜかBに強烈なコンプレックスを抱いていたAは私が好きでもなんでもなく、
BがAに「私と結婚したいと思ってる」と相談したから、強引に私と結婚したのでした。
そうすればBが苦しい思いをするからだそうです。
子供をほしがったのも、Bが昔から子ども好きだったから、私との間に子供ができれば、
Bが更に苦しむから。

ところが、いつの間にかBに高学歴で美人でお嬢様の彼女ができており、
幸せそうなBの姿にAが発狂。
彼女を奪おうとに猛アプローチをかけるも、彼女には鼻もかけられず、
さらに発狂し、Bと彼女から訴えを起こされるほどのストーカーぶりを発揮。
Aの両親が実家に軟禁する事態に。

私とAは結局離婚、子供も、頑張りましたが、色々あってダメでした。
一人で育てる覚悟はしたんですが。

AがBにコンプレックスを抱いていた原因はわかりませんが、
たぶんスペックでは圧勝のはずのAよりも、
Bのほうが人に好かれていたのが原因じゃないかと両親は言ってます。
現に両親もAよりBのほうが好きでしたし。

自分が大馬鹿だったという修羅場でした。
だらだらすみませんでした。

続きを読む

201: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/19 21:40:41 ID:DwafAi1i
小学生の時、外で全然知らないおばさんに
「ねえあんた○○(母の名前)の子でしょ?あんたの母親、物凄い数の男とヤってんだよ。
お父さん本当のお父さんじゃないかもね」
と言われた時は頭の中が修羅場だった。
大混乱で帰宅し、何を思ったか両親にその事を話してしまい、家庭内が第二の修羅場。
結果的に私と父には親子関係が無い事が判明して第三の修羅場。
両親離婚したが、母には「そもそも欲しくて出来た子じゃないからいらない」、父には「自分の子でもないのに育てたく無い」と言われ第四の修羅場。
結局親戚の養子になって今に至るが、今でもたまに当時の夢を見る。
あのおばさんが何者だったのかは(母が多方面に恨み買いすぎてて)いまだに不明。

続きを読む

このページのトップヘ