タグ:修羅場

157: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/14(月) 23:10:45.10
もう終わったことだけれど、いまだに思い出すと腹が立つ。

10年ぐらい前、大学時代から5年つきあった彼氏にプロポーズされ、
結納かわして結婚式の招待状まで出したところで、浮気された。

浮気相手は、私と彼氏が所属していた、大学のサークルの後輩。
しかもホテルから電話かけてきて、「今彼氏さん、シャワー
浴びてるんです。今からエッチするんです~」と言ってきたツワモノ。
帰ってきた彼氏を問い詰めたら、あっさり自白して、
「お前よりも後輩の方が俺のことを愛してくれてる」とか
言いだしたので、彼親と自分の親、途中から後輩の親とか
弁護士とかも交えて話合いして、彼と彼親、後輩と後輩の親から
慰謝料もらって破談にした。

私は知らなかったけれど、後輩は大学時代から、とにかく彼に
アプローチしつづけていたらしい。在学中は「私がいるから」と
断っていた彼氏も、マリッジブルーで後輩のアプローチに
のっかっちゃったんだとか。

後輩は最後に私に近づいて、「それでも、私が最後は勝ちましたから!」
とか言われて、腹が立ってしょうがなくて、変な噂にもなったので
新卒で入った仕事も続けられず、ちょっと病んでしばらく。アル中一歩手前みたいな
ボロボロの生活になってたのが第一の修羅場。

159: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/14(月) 23:17:46.88
そこから何とか復活して、8年ぐらいして、また別の人に
プロポーズされた。
そこで、過去に破談になったことを、顔合わせの食事会で
相手の親に聞かれた。その時は、どこで聞いたかは分からないけれど、
明らかに後輩寄りの視点の話を聞かされたようだったので、
改めて私の親と私で説明した上で、必要なら当時お願いした
弁護士さんを呼ぶとまで話した。
でも気分が悪くて、結婚の話は避けるようになり、その後
彼経由で、後輩の母親のいとこが、彼の母親ということが
分かって、とにかく気持ちが悪くなって、彼と後輩が親戚というのが
嫌悪感しかないのと、そんな風に思ってしまう自分への自己嫌悪がいどくて、
ちょっと体がおかしくなったので、仕事とかも辞めないといけなくて、
彼とも別れてしばらくまた生活が荒れたのが、第二の修羅場。

今はまた生活は落ち着いて、結婚話が出るような人もいるけれど、
後輩と元彼は結婚して子どももいて、幸せに暮らしているというのを
思い出すだけで、荒れそうになるような状態なので、その人に詳細を
話した上で、様子を見ている。
20代こんなんで消費してしまったので、厄年も終えた今、せめて
心安らかになれるよう、厄落としカキコ。

続きを読む

651: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/11(金) 03:49:12.32
風邪引いて早く寝たせいかこんな時間に起きたので…

幼少期に母が他界、元々アル中だった父はDVに。
料理がマズいと食器を投げる。
包丁が飛んで来た時は本当に怖かった。
幸いチクッと刺さった程度で済んだが。
当時父方の祖母と3人で暮らしてたんだけど、
警察を呼ぶのは私の役目。
祖母いわく、
「子供が電話した方が警察も動く」
理屈はわかるが、父の目を盗んで電話は本当に怖かった。

ある日、いつものように殴られていたが、何故か覚醒。
階段の踊り場で殴り合いになった。
とはいっても、一方的に殴られたんだけど。
最初は、階段から落とすつもりだった。
しかし力も体格も違う父は動かせない。
その間にも殴られ、最終手段。足の指に噛み付いた。

上からタコ殴り、でも離さない。
祖母がその間に警察を呼んだらしく、とりあえず収拾。

父は捕まらなかった。現行犯逮捕じゃないと駄目らしい。
それをきっかけに、祖母と二人で家を出た。
父への説得は、父の恩師がしてくれた。
(父は恩師には頭が上がらない)

652: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/11(金) 03:50:36.39
家を出て1年後、父は死んだ。
第一発見者は私。
正直ここが1番修羅場だった。
すごい形相で死んでる顔は未だ忘れない。

自分が家を出なければ父は死ななかったのか?
私が殺したようなものなのか?
今も思いは消えないけど、一時期程ではなくなった。

あと、亡くなった後財布から消費者金融のカードが
出てきた時もある意味修羅場だった。
どうやって払えば良いのか。
取り立てに来られたらどうしよう…とか。
本人死亡の手続きだけで終わったけど。

続きを読む

378: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/09(水) 22:16:13.18
カップル板から誘導されてきました。
フェイクあり。


私 :25歳。社会人1年目。実家近くで一人暮らし
兄 :27歳。フツメン。公務員。結婚5年目。最近長男が生まれた。
兄嫁:29歳。兄の会社の元先輩。

ある日突然、見知らぬ男性(弁護士)から連絡が来る。
「●●さんとの件で」と言われ、●●さんって誰だっけ?と思いつつ
話を聞くと、「●●さんの奥さんが不倫の慰謝料を求めている」という内容だった。
全く身に覚えがなかった私は「……詐欺?」と思いつつ
・●●という男性に心当たりがないこと
・そもそも不倫に心当たりがないこと
を伝えたところ
かなり高圧的に「嘘を言っても無駄です。裁判になった際、不利になりますよ?」と言われた。
相手の態度にムカついて「ほんとに知りません。言いがかりはやめてください」と言って電話を切った。

379: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/09(水) 22:17:14.33
翌日、出社したら人事部に呼ばれた。
そんでもって、物凄く柔らかく遠回しに「自主退職しろ」と言われた。
理由は「出会い系にハマってる上、不倫してる奴は置いておけない」ということを
これまた遠回しに遠回しに言われた。
意味が分からず、出会い系も不倫もしてない、身に覚えないと言っても聞き入れて貰えず
会社中に噂が周り、仕事を回してもらえなくなり、結局半月後に辞めることになった。

どうしてもその仕事に就きたくて、大学も大学院も奨学金とアルバイトで行って
ようやく就けた仕事だっただけに、私は相当荒れた。
しかも何故か近所にも私が出会い系&不倫をしていると広まっていた。
両親はめちゃくちゃ私を叱って絶縁宣言し、兄は汚物見るみたいな目で私を見てた。
私は精神科に通うようになった。
仕事を辞めて半月後、家に引きこもっていたら人が訪ねてきた。
見たこともない男性と女性(以降Aさん)だった。
Aさんが「××さん(私のこと)はいますか?」と言ったので、「××は私ですけど」と答えると
Aさんは物凄く驚いて「え、写真と違う……」と言った。
男性も驚いて、二人で何か話し始めた。
二人の会話を聞いて、目の前の男性がこの前電話をかけてきた弁護士だと気付いたけど
なんかもう怒りも湧いてこなくて、ただぼんやり二人を見てた。

380: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/09(水) 22:17:57.83
「この女性に心当たりはありませんか?」
しばらくしてAさんが私に写真を見せた。
そこには、私の家に入っていく兄嫁と知らない男(A旦那)が写っていた。
「私の兄の奥さんです」と答えると、Aさんと弁護士は他にも
・この家はあなたの家か
・兄嫁はこの家の合鍵を持っているか
・●月●日、あなたは家にいたか
など色んなことを聞いてきたので
・この家は私の家。兄嫁は近所の実家に住んでいる
・実家には合鍵が置いてあるので、兄嫁も使うことが出来る
・●月●日は出張に行っていた
などなど、出来る限り答えた。
質問が終わると、何故かAさんはその場で土下座した。
人違いでとんでもないことをしてしまった申し訳ない、許して欲しい、このお詫びは必ずするというAさんの言葉を聞いて
ようやく私は「兄嫁が私を騙って出会い系やった上に不倫し、その巻き添えをくらった」ことを悟った。

382: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/09(水) 22:18:32.22
で、だ。

とりあえず、兄嫁への怒りが湧いたよね。

それまでの無気力具合なんか吹っ飛んだ。
記憶にないんだけど、Aさんが言うには、しばらくめちゃくちゃに叫んでいたらしい。
その後はAさんの弁護士から「よければ自分が力になる」と言われたのでお願いして
Aさんと二人で兄嫁が私を騙っている証拠集めをして(費用はAさんが出してくれた)
証拠がそろったところで実家に突入。
私を人間のクズみたいに罵ってくれた両親&兄&兄嫁に
兄嫁が私を騙って出会い系&浮気していた証拠を突きつけ
ファビョる兄嫁の携帯を使って、A旦那をその場に召喚。
AさんがA旦那と兄嫁に、私が兄嫁とA旦那に慰謝料請求する旨を告げると
両親と兄は「言い値を払うから表沙汰にしないでくれ」と土下座。
「表沙汰にしないでくれ=公的には不倫したのは私で通してくれ」という意味。
ふざけんなと。マジでふざけるなと。
そりゃ兄の職業的に、嫁がやったことはまずいよ。たぶんクビにされるだろうよ。
だからって私に全部ひっかぶれって?
「どうせおまえはもうクビになってるんだから」?

383: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/09(水) 22:19:56.08
示談ですまそうと思ってましたが、民事裁判起こしました。
あんまりにもムカついたので。
もちろん兄は仕事クビになったけど、知らない。
ついでに両親溺愛だった孫は兄の子じゃないと分かり、兄夫婦離婚したけど知らない。
ご近所に事の真相(兄や孫可愛さに全部私がやったことにしようとしたことも)が
広まったせいか両親と兄はどこかへ引っ越していきましたけど、知らない。
引っ越し前に両親からどうして近所にまで言いふらした!と怒りの電話を頂きましたが
「私は何も言ってない」と言ってガチャ切りしてやりました。
近所に知られたくなきゃ、家の前で兄嫁と大声で喧嘩すんなよ。絶対それが原因だろ。

裁判も終了して、一連の出来事の間ずっと私を信じて支えてくれた彼氏と結婚することが決まったので
厄落としカキコさせて頂きました。
以上です。
なんだか分かりづらい文章ですみません。

続きを読む

91: 1/2 投稿日:2012/05/08(火) 00:07:02.29
大学二年の春休みにバイクで国道を走っていたら、対向車線に右折待ちで止まっていた
軽自動車が最悪のタイミングで右折してきた。

いわゆる右直事故って奴で、こちらは急ブレーキかけたせいで後輪がロックして横転、
そのまま道路を滑って軽自動車の左横に激突した。

車とバイクに挟まれなかったが、ぶつかった衝撃がかなりのもので強く背中を打って
息が止まった。背中を打って息が止まるというのはそれまで体験したことがあったが、
今回のはちょっと我慢したくらいじゃ回復しない、というか息を吸いたくても吸えなかった。

自分でも正直「このまま息ができなければ死ぬ」と思っていたが、どうやっても激痛で
吸えない。なんか、もう苦しくて苦しくて体をビクビク動かすしかなかったんだが、
その最中にふと自分を見下ろしているのが事故相手の運転者。

自分と同じくらいの年齢の女性で同乗者と一緒に車から出てきたらしい。
他にも近くのガソリンスタンドの兄ちゃんとかが自分を見下ろしていた。

見てないで早く救急車を呼んでくれ!と言いたいが息ができない状態なので当然喋る
こともできない。苦しいのでひたすらもがいていると、スタンドの兄ちゃんが

「あ、痙攣してる。もうアカンな」

と一言。運転者は同乗者と泣き崩れるし、兄ちゃんは倒れたバイクを起こしに向こうに
行ってしまう。自分はまだ生きているのに、こんな他人の判断ミスで死ぬのかと思った
のが修羅場。

92: 1/2 投稿日:2012/05/08(火) 00:07:35.14
結局救急車はガソリンスタンドの他の従業員が呼んでくれていたみたいで、10分くらい
するとサイレンが聞こえてきた。その頃にはかすかに吸ったり吐いたりできるくらいには
なっていて、窒息する恐怖は去っていたが、どこを怪我しているか判らないと言うことで
最初に倒れた状態のまま道路に放置されており、身動きできないのに
頭のちょっと先を車が次々に走り抜けていったのが第二の修羅場。

胸椎圧迫骨折で2ヶ月寝たきりになって、留年しそうになったのが第三の修羅場。

夏ごろにはコルセットを巻いて学校にいけるまでにもなったんで前期試験はなんとか
乗り切れたが、その後油断して後期試験で失敗して結局留年したのが第四の修羅場だった。

続きを読む

830: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/05(土) 16:22:23.40
修羅場って二度と体験したくないですね。
私はキレることしかできないヘタレなんだと確認できる良い機会でしたが。
以下、長くなりますが、決着がついて20年経ちましたので書かせてください。。


前提として、父の実母は父が生まれて数ヵ月後死亡しています。
父の父が再婚して、今の祖母(以下姑とする)がやらかし続けて、やっと縁が切れたという話です。

父は末期がんにより死にました。死ぬ一か月前まで仕事を続け、貧乏だったため病院代を心配し入院を拒否。
強制的に救急車でかかりつけの病院へ運んでもらったが、入院した翌日に逝ってしまった。
私と母はひとしきり泣いたが泣いてばかりもいられない、とにかくあらゆる方面へ父の死を連絡した。
連絡したくはなかったが一応姑へも一報を入れた。
反応は予測していたが「あらそう、だからといって私への支払いを減らしたりしないでしょうね?」だった。
病院にいたため、その場では怒りをおさえて「その話は後日」とした。
するとその夜、姑は父の兄弟を従えて我が家へ突撃してきた。
「お父さんが死んだからって、金がないとか言わないでよ。私へは今まで通り30万払ってもらうから。その確認をしにきたのよ」
だった。

831: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/05(土) 16:23:20.70
あげてしまいました。申し訳ないです。

続き
姑へ金を払っていたのは、祖父が経営、父が役職者の会社が借金まみれで倒産して、持ち家を捨てて夜逃げをさせたという父の負い目からだった。
といっても父に全責任があるわけではなく、会社の経営方針は祖父、父、姑の3人で決めていたらしい。
それがいつのまにか責任は全て父のせいとされていた。
いくら役職者だったからといってそれはおかしい、と母が弁護士を挟んで話し合いしようとしたものの、
弁護士がうっかり姑に「そうですね、父から家賃くらいは払ってもいいでしょうね」と言ってしまって、そこからどんどん値上げが始まり、最後には30万の支払いとなっていた。
私は「払わなくていい、30万なんてやくざにだって払わないんじゃないの」と両親を説得、両親も何度もそんなに払えないと言いに言っても、姑は聞かなかった。
ちなみに弁護士は弁護士ではなく、後日やり直しの話し合いをしようと連絡を取ろうとしたが、事務所も全部空になっていた。
弁護士へ支払った金額は大したものではないが、余計なひと言を言わないでいてくれればまだ良かったのに。

832: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/05(土) 16:24:23.49
よく、姑は私を正座させ、夜明けまで怒鳴り続けた。怒鳴られるのが嫌で姑宅へ行かないでいれば家へ突撃してきたし友達との遊びの場にも来たりした。
「お前の父が悪い、悪いったら悪いんだ。私が産んだわけでもないのに育ててきてやったのに。恩を金で返せ。誰が悪いのか言ってごらん、言わなきゃこのまま怒鳴り続けるよ」という内容だった。
小学生に成長していた私はとにかく恐ろしくてたまらなかったがこんなの絶対におかしいと感じていた。
ただ、怖かったので反撃らしい反撃もできず、怒鳴られている間睨むことしかできなかった。
そうすると、姑は今度は弱い母をターゲットに、母を呼びつけひたすら私の悪口を怒鳴り続けた。反抗的で生意気な孫だ、育てが悪いんだ、って。
母も結婚したときから姑に何かとあっては怒鳴り続けられていたため、いまさら反抗もできなかったのだろう。目の前で怒鳴りつけられる母を見せつけられるのは耐え難かった。
父は姑にたいして何度も何度も謝罪を続けて、怒鳴るなら自分にしてくれとしていたが姑の反応は「謝るのが当たり前」だった。
祖父は会社の倒産後間もなく死んだ、姑はそれさえも父のせいにしてよりいっそう激しく責め立ててきた。
私は良い子になれば怒鳴られないと、姑の前では猫を被り続けた。姑の言うこと全てに同意した。そのあとで両親に「思ってもないことだからね」と弁解した。嫌な子供だった。

833: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/05(土) 16:26:10.07
それでも父が姑へ金を払い続けたのは育ててもらったという恩があったから。
母が父から離れなかったのは今離れたら父は独りになってしまうと思ったから。
まあ私は姑は大嫌いだし、姑を持ち上げる父の兄弟(姑の実子)も大嫌いだったし、
縁とか恩とかしらないが金銭的に無理をし続けているのに感謝されるわけでもなくなぜ怒鳴られなければならないんだ?としか考えられなかった。
そもそも父が悪いという前提が意味不明だったし。
けれど両親は大好きだったので、少しでも楽をさせようと高校生へ成長してからはアルバイトをしまくって家にお金を入れていた。
変な知恵がついた私は姑に怒鳴られるたびボイスレコーダーに録音したり、証拠がたまったら恫喝・脅迫として警察に訴えようとしていた。
相変わらず姑に怒鳴られるのは怖かったけど、証拠集めとしてからは楽しくなっていた。
金さえ払っていればいいんだ、という感覚があった。

835: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/05(土) 16:28:31.42
けれど姑に父の死を悼まれるでもなく、金の催促をされて、一気に目が覚めた感じがした。
深夜12時をまわってからの家の突撃にも、姑が金の催促をするとわかって連れてきた父の兄弟にも、姑に今まで怒鳴られ続けたことにも、
全部父の責任にしてきたことにも、とにかく怒りが腹の底からわきあがってきて、立っているのが困難なくらい膝が震えた。
母は過度のストレスに寝込んでしまっていて玄関口での対応は私がしていたが、
姑は「お母さん寝込んでる?ウソでしょう見せてごらんよ」とずかずか入ろうとしてきたところで、ぶちぎれてしまった。
といっても似たような単語を叫ぶくらいしかできなかったけど。
「入ってくるな!触るな!よるなくるな二度と顔を見せるな!お前ら全員敵だ!!」
↑こんなセリフしか言えなかった。
ただ、人生でこんなに大声を出すことはないだろうってくらいに叫び続けた。
普段良い子ちゃんの私しか知らないやつらはうろたえたが、すぐに気を取り直して「やだわキチ●イなの?」だのなんだのと私に負けない大声で怒鳴る。
ああ、私の怒り方が下手だからやつらに好き勝手言わせるんだ!とやつらへの怒り+自分への情けなさにより、もう頭の中が真っ赤になってしまった私。
そこになおも何か怒鳴ろうとするやつらを遮るさらなる大声で後ろから「帰れー!」と母の声が…
振り返ると、寝ていたはずの母が涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら見たことない般若の顔で塩を袋ごとぶちまけていた。
ちなみにこの間父の兄弟は沈黙。本当に、そばに突っ立って下向いてるだけ。
姑を連れてきたくせに我関せずな態度の兄弟にも腹が立って、「今すぐ姑を連れ帰れ、さもなくば警察へ連絡する」と言いい、
あらかじめ置いてあった子機を手に取ると、本気を感じ取ったのか泡食って姑を車に連れ戻していた。
父の兄弟は全員公務員、もっというと生徒を持つ身。警察沙汰になることは避けたいのだろう。
とにかくやつらは帰った。この怒鳴りあいが修羅場だった。

836: 最後です 投稿日:2012/05/05(土) 16:30:47.94
後でわかったことだが、姑へ渡していた金は彼らにもいっていたらしい。
自分の母がおかしいことくらいうすうすわかっていたんだろうが(後日兄弟のみで直接謝りに来たとき、自分の母親のくせにキ●ガイだから大目に見てやってくれとか言ってた)、
毎月5万から10万入るのはおいしかったんだろうな。
彼らへも怒りはあるが、妻子を持つ身であるし、職を奪いたいわけでないし、と警察へ連絡はしないでいた。
ただ、いつか警察へ連絡してやるというのはモチベーションに繋がったし、証拠集めと思えばこそ怒鳴られるのにも耐えられた。

けれどその修羅場をきっかけにもう無理だーとなって、私の就職先(高卒です)も決まったことだし、母の勤め先もパートであるから比較的簡単に変えられるし、引っ越しを決行。
誰にも何も言わず引っ越してから20年がたちましたが、なんでもっと早く引っ越さなかったのか、というぐらい快適です。
毎日の電話攻撃も、自宅突撃も、なんにもない。
あれから電話の音と、大きな声が少し苦手になってしまいましたが。

子供を持つ身となってからは、もうちょっと私(子供)を守ることはできなかったのか?と両親に対して甘えた考えが出ないこともないのですが。
姑は社長夫人()のプライドがあったのでしょうか、異常な怒りを常に持っていました。
今どうしているかは知りません。あの修羅場から会っていませんので。

以上、おかしなところはおかしなまま事実です。もちろんフェイクも混ざっていますが、話にはあまり関与しない部分です。
たいした修羅場ではありませんが、先日父の命日を迎えてそういえばあれから平和だなあと思い出したので書きこみました。
最後に思ったより長くて、分割をつけるべきだったと思います…長々とすみませんでした。

続きを読む

450: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/02(水) 16:40:16.86
20代半ばで結婚し、妊娠しました。小さなアパートで暮らしていたので
「子供を育てるならもっと広い所に行かないとね」という話をしていたのですが、
元夫は何か人ごとというか「うん、そうだね」とは返事をするけど実感がないというか。
心ここにあらず…と言った感じでおかしいとは思ったのですが、当時は時分のことで手一杯。
そして病院で出産。実家には兄夫婦と子供がいたので、里帰りはせずアパートに両親と戻りました。

しかし、元夫がいない。
夜になっても帰らない、携帯は当時まだあまり普及しておらず、夫も持っていませんでした。
会社に電話したら「帰宅した」という。夫実家も「え?だって今日赤ちゃんが家に帰る日でしょ?
うちにいるわけないじゃないですか」という返事。
事件に巻き込まれた?まさか交通事故?と母と父が警察や親戚に電話するのを
赤ん坊を抱えて呆然と部屋の真ん中で座ってみていました。

結局、元夫は失踪していました。
貯金が全部引き出されていて、元夫が会社で管理していた新幹線の切符が横領されていたことが発覚しました。
(切符の件は会社側の配慮で私の耳には入らず、後になって夫親から聞かされました。逃走資金だったようです)
初めての出産、初めての夫家出で呆然…とする暇もなく、とにかく子供を育てないと…ああでもお金がない…
どうしたらいいの~~と泣く私と赤ん坊の話を聞いた友人達がカンパを募ってくれ、
更に出産経験のある友人や友人姉が手伝ってくれました。
両親や親戚にも何度も助けられました。本当に感謝しきれません。

ここまでが修羅場1。

451: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/02(水) 16:41:11.10
失踪届を出した後、夫とは離婚をしたのですが、夫親とは交流があり、援助も受けました。
顔を合わせる度に夫のしたことを謝られましたが、夫親達がしたことでもなく、
何より当時の自分は生活に必死で他人を恨む暇もありませんでした。
そしてご夫婦は相次いで亡くなり、元々二人ともあまり体が丈夫ではないときいていたのですが、
それでも平均寿命よりはるかに早く、息子である元夫の事で抱えた心労が影響したんだろうと思います。

そして息子が6年生になった日、突然義実家(元夫の妹が婿を取って住んでいる)に元夫が現れました。
今まですまなかった、と妹さんに土下座し「俺の子供はもう中学生なので、現れても良いと思った」と。
妹さんも息子を可愛がってくれました。
「お前の子供はまだ6年生だ。自分の子供の年齢もろくに覚えてない、何が
「現れても良いと思った」だ。父も母もお前のせいで体をこわして死んだ、お前なんか死ねばいい」
と元夫をののしり、追い出そうとしたところ、逆上した元夫に殴り蹴られ、
騒ぎを聞きつけた隣家の方に取り押さえられ、その方々にも怪我を負わせ、元夫は警察のご用となりました。
妹さんは入院となりましたが「言いたいことを全部言ってやった。後は本当に死んでくれたらいい」

その関係で話を聞かれましたが、警察の配慮で接触はなく、
「元夫さんは経済的に困窮しているし、色々追い込まれてる状態です。
これは形式として聞くのですが、貴女は元夫さんと子供の親なり、親戚なり、友人なりとして
関わっていくつもりはありますか?」と聞かれました。私はもちろんNOと答えました。
「それがいいでしょう、いや、私が勝手にそう思っただけですけど」と言われましたよ。

妹さんからの伝達で、失踪している間は女と一緒だったようです。
その女の家兼店で生活していたが、その女の店に手配が入り、潰れ、女は逮捕された、
行くところが無くなり、借金も抱え、実家を頼ったようです。
「俺にはこの家に関して権利がある。過去に色々したとしても、俺には権利がある」そうです。
「893かぶれで情けないチンピラだった」そうです。

452: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/02(水) 16:42:47.32
妹さんは弁護士から「女が出所したらもっと厄介なことになるかもしれません。
法律でダメだからと、引き下がるような人ばかりじゃないんです」と説得され、
実家を売り引っ越すことになりました。
「お互いの為に」住所は教えず、携帯番号とPCのメールアドレスだけを教え、
会う時も接点のない他県で会うようにしよう、と。
兄である元夫のしたことを最も恥じていて、親戚の中でも息子に最も愛情を注いでくれた妹さんでした。
彼女は確かに私の(義理の)妹でした。
馬鹿な男のせいで入院し、思い出深い土地を逃げるように離れなければならない妹のことを思うと悲しかった。

その悲しみと同時にもの凄い憎しみが湧いてきました、もちろん元夫に。
女はどうでも良かったです、私達とは生きる世界の違う人間だったんでしょう。
妹に対する悲しみや、今まで味わってきた惨めさや苦しみが一気に爆発しました。
「殺してやろう。苦しめて殺してやる。誰がひと思いに殺してやるか」と本気で考えました。
元夫が留置されている警察署に包丁5本とロープを持って車で乗り付け、
さぁ殺す、絶対殺す、苦しめて殺すぞ、と車を降りようとしたとき、
携帯が点滅しているのに気付き見ると、母からのメール。
息子の志望している中学校を見学に行く予定についての返信でした。
「遅くなってごめんね」と書かれているのを見て「両親を犯罪者の親にはできない。
いやそもそも、私まで犯罪者になったら息子にどう顔向けするんだ」と我に返りました。
(同時に「あんなクズを殺しても私は犯罪者なのか」ともう一腹立ちしました)
これが第二の修羅場(一人で)。

453: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/02(水) 16:44:42.34
それから一年、元夫のことは考えないように生活し、元夫の現状は何もわかりません。
中学受験に成功した息子の入学式を無事終え、
振り返ってみると元夫には酷い目にあわされたけど、それ以外では
私の周囲には本当に優しい良い人ばかりだった、なんて恵まれた人生だったんだろうと、
しみじみ感じ、元夫のことは完全に振り切って生きていこうと誓ったので
吐き出しさせてもらいました。長くなってしまって申し訳ありませんでした。

続きを読む

260: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/30(月) 11:24:15.05
ようやく終わったけど、先輩の不倫相手と間違えられて、大変だった。

激務というほどではないけれど、土日返上で仕事したり、
残業も週3~4ぐらいである職場で働いている。
私は高卒入社、先輩は大卒入社で、社歴は2年先輩だけれど
実際は6歳年上。先輩が担当していた仕事を引き継いだ
こともあり、けっこうかわいがってはもらっていた。
ここ数年は、私と連携しないと進まない仕事の責任者に
先輩がなったんで、電話やメールで連絡しあうことが、
頻繁にあった。

しかし奥さんは、「浮気をしている」「調査会社にも依頼して、
二人で一緒にいるところを写真に撮った」(取引先との打合せの
帰りに昼食をとっている所や、出張先のホテルに二人で
帰るところ)「慰謝料払え土下座しろ」と、いきなり電話で
言ってきた。誤解とこうと何話しても、聞く耳をもたないって感じ。
叫ぶように「二人で私をバカにしやがって!!」みたいなこと
何度も言われた。
会社に何度も、「夫の不倫相手の○○さんお願いします」とか
電話かけてきたりもした。
先輩に何とかしてと言ったけれど、奥さん、家を出て連絡がつかないらしく、
先輩も捕まえられない。会社は小さな会社なので、全員私たちが
不倫していないのを知っているため、電話は取り次がないようにしてくれた。
そしたら、仕事の邪魔になるぐらい携帯に連絡が来るので、
携帯変えた。もう連絡来なくなったので、そこで安心していたんだ。

261: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/30(月) 11:25:33.32
なら、奥さん、私が知らない間に、実家にじゃんじゃん電話をかけてた。

私がバカで、一人暮らしで離れた実家に、事情を話して
なかったのもあるんだけれど、うちの両親は強く言う人に弱い。
今回も両親は怒鳴られて動揺しまくって、私に確認するより先に
奥さんを家に招き、土下座して7桁の慰謝料払おうとしたらしい。
(奥さんは土下座まで受けて、慰謝料は『本人から謝罪とともに
 でないと受取らない』と言って帰った)
母が泣きながら、「あんた、大変なことをして」と電話かけてきて、
そのことを知った。

そこでブチきれて、奥さんと直接対決した。
「不倫した」と決めつけている人に、「不倫していない」という
証拠なんて見せられないので、彼氏連れていった。
どれぐらい前から付き合っているか、一緒に住んでいることも
全部話した。「不倫してたら、絶対俺が気づきますよ」と
彼にも言ってもらった。
これ以上私に関わるなら、警察呼ぶから! みたいなタンカもきった。
最初は奥さんも、「同棲するような貞操観念だから!」みたいに
喧嘩ごしだったけど、途中からおかしいと分かったらしく、
「じゃあなんで調査した人が『絶対クロ』って言ったの?」
「じゃあ誰が夫の相手なの?」と子どもみたいにしゃくりあげて、
泣きながら聞いてきた。知るか!

先輩が浮気していない、と言っているのに、何で調査会社を信じるのか…。
本当は私が土下座してほしいぐらいだったけど、頭おかしな人だと思って、
「勘違いでした」という謝罪の手紙を両親に書いてもらうことで許した。

263: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/30(月) 11:31:12.57
あとで先輩に聞いたけど、調査会社の人は、奥さんの高校からの男友達で、
奥さんを好きだったから、離婚させようとそんな嘘ついたらしい。
まさか奥さんが、あんな暴走するとは思わなかったとは思うけど。
いい迷惑だった。

慰謝料は結果的に、その男から先輩がもらい、そのほとんどを私がもらったので
まぁ良かった。奥さんは、男にあることないこと吹き込まれておかしくなってた
ということで、通院しながら、先輩と信頼関係を築きなおすんだってさ。

この騒ぎのおかげで、「出張は男女ペアではいかさない。3人、もしくは
男同士・女同士ですること」という社内ルールができたり、私の担当業務が
変わり、部署移動があったりと、大変だったのも含め、ようやく落ち着いたので、
終了記念に書いた。

続きを読む

69: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/28(土) 19:40:50.27
私が6歳のとき、周囲では離婚再婚ブームだった
頻繁に幼稚園のお友達の苗字が変わり、理由を聞くと「ママがさいこんしたの」
私は独り身になった親は「さいこん」するものだと思っていた
そんな中、大好きだった母方の伯母が急逝
伯母は生前、「おばちゃんはね、旦那さんのことが大好きなの」とよく言っていた
ので、伯父が再婚したら伯母が可哀相だなーと思っていた
それでつい、葬式の日(亡くなった翌々日)に喪主の伯父に
「おじちゃん再婚すんの?」
と訊いてしまった
場が凍った(母親談)
大人になってから聞いたところによると、伯母は自殺だったらしい
理由は姑からの嫁いびり(嫁が私のパンツを盗んだのよ!根も葉もないことを騒ぎ立てたり)と
家賃・生活費の全額支払い(子供二人)に始まり、とにかく色々とあったらしい
弔問客はそれを知っているし、親戚一同も同じく。
「で、いびった嫁が死んだら今度はママンの気に入る嫁でももらうんすか?w」
と言ったようなもんだったと思うので、そのときの母の心境がこれ以上ない修羅場だったと思う
勿論私は母に外に引っ張られこっぴどく怒られた
今年二十回忌なので、お墓参りして来ようと思います

続きを読む

42: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/28(土) 17:34:44.52
去年のGWの事。同級生(A)が結婚するので、お祝いを渡すために帰省した。
仲のよかった同級生で集まって(式に出ない奴らだけで)飲み会をやって
お祝いを渡したんだ。式は六月だったがすでに一緒に暮らしていると言うので
嫁さんも一緒にどうかとAに言ったのだが、男子高の集まりは気づまりと断られた。
男子高なんだが同じ学園母体の女子高と行事を一緒にやることも多くて
女子もいたんだが、Aは嫁さんに黙っていたらしい。(これは後から分かった。)

貸し切りで無く仕切りのない上がり座敷で宴会をやっていたので嫁さんの友達に
見られて嫁さんに友達が電話したらしく(なんでそんなことしたか不明)
嫁さんが血相変えて店に飛び込んできた。Aの隣には美形でAが高校時代あこがれて
いたBが座っていた。(これは何か意図は無く、飲んでいる間に席変えとかして
たまたま。Bは既婚)
いきなりBを平手で「盗人!」と言いながら殴りつけ、反対の隣に座って居て俺を
拳で顎から殴った。嫁さんは体格も良く(身長170センチ台がっちり)威力が有り
Bは後ろに倒れ俺も倒れ込んでしまった。Bは口から血が出ていて、それを見た
他の女子が悲鳴を上げて、もうぐちゃぐちゃ。Aが押さえつけようとするけど
Aは身長160センチ前半50キロぐらいの細身。あっけなく振りほどかれ
嫁さんがBにさらにつかみかかろうとするのを、他の元ラグビー部の奴らが抑え込んだ。

43: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/28(土) 17:35:04.31
店の人が警察を呼んでしまったので、あっけなく手負いの猪みたいな嫁さんは
連れていかれた。
その後にBと俺は病院で診断書をとって来た。俺は唇と口の中を切っただけだが
Bは唇も口の中も沢山切れ、後ろに倒れ込んだ拍子に強く頭を打っていたので
そのまま検査入院になった。検査の結果脳の中に血だまりが見られて手術になり
一か月も入院することになってしまった。

Aに謝られたけど被害届は出させて貰った。Bの両親も旦那さんもかんかんだった。
当然だよな。慰謝料とか店の営業を妨害したので弁償金も出すことになったそうで
結婚式が中止になった。
Aは身長は小さめだが、イケメンで優しい気の付く奴で昔からもてた。
嫁さんはすごい競争を勝ち抜いてAをGETしたらしく、ものすごく嫉妬深くて
昔のアルバムに載っていたBをすごく意識したいたそうだ。
ちなみに嫁さんは執行猶予はついたけど傷害がついたそうだ。
嫁さんは高校時代からアマチュアボクシングをしていて、現在もジムに通っていたので
そのあたりが問題になったらしい。

続きを読む

716: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/26(木) 06:56:21.69
小学三年生の時、いつもの様に親友(友子としておこう)の家に遊びに行ったら知らない年下の女の子がいた。
この子誰?と聞くと友子の従妹だという。今日一日は面倒見なくちゃならないらしい。

最初こそ人見知りしてきた従妹ちゃんだったが、すぐ打ち解けて三人で遊んだ。
そのうち、友子が何でだか忘れたけれど用事があって30分くらい外に出て行ってしまった。

しばらく従妹ちゃんと遊んでいたが、トイレ行ってくると言ってしばらく帰ってこなかった。
おかしいなーと思い、探してみると、台所で冷蔵庫をあさっている従妹ちゃん発見!!

私「人の家の冷蔵庫あさったらダメなんだよー!!」
従妹ちゃん「あれを一口でいいから食べたいの!!」
と冷蔵庫の奥にある友子母お手製のショートケーキ?が置いてあった。
私「おいしそうだけど…ダメだよ。友子が帰ってくるまで待とう」

と言うと従妹ちゃんぽろぽろ泣き出した。

717: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/26(木) 07:07:14.78
続き。
私「え、どうしたの!?」
従妹ちゃん「あのね、私のママ意地悪で、私にだけケーキとかお菓子を食べさせてくれないの。だから食べたことあんまりないんだよ。ちょっとだけ、ちょっとだけでいいから食べさせて(泣き)」
私「でもせめて友子には聞こうよ…」
従妹ちゃん「友子ちゃんも意地悪で食べさせてくれないんだよ(涙)」

これを聞いて、あほな私は「もしかしてぎゃくたいってやつなのかなあ。従妹ちゃんカワイソウ」と思ってしまい
私「よし、ちょっとだけ切り分けてあげよう。友子には私から言っといちゃる!!」

と、ケーキを取出し、切り分けて従妹ちゃんに食べさせてあげた。
我ながら良い事した…と悦に入ってると友子帰宅。

従妹ちゃんが満面の笑みでケーキをはぐはぐしてるのを見るや否や
「何してんの!!」と顔面蒼白に走り寄ってきた。

私「従妹ちゃんカワイソウな子でさ、ケーキ食べたせてもらえな…」
友子「従妹ちゃんは。アレルギーなの!!!」

723: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/26(木) 07:22:02.37
もっと続き。
え…とか思っていると従妹ちゃんがぜえぜえ言い始めた。そのうちぶつぶつが手とかに出てきて、肌色もおかしくなって椅子から転げ落ちた。泡みたいなの吹いて白目剥いてる。
「従妹ちゃん、従妹ちゃん!!」と呼んでも応答なし。ちなみに大人は誰もいなかった。
私「死んじゃう!?死んじゃうの??」
友子「私子うるさいよ!救急車呼ばなきゃ!」
しかし、落ち着いて見えた友子も手が震えていて子機を落とす、押し間違えるを繰り返す。
やっとの思いで救急車呼んだ。
救急車のおじさんが来たとき、ほっとして友子も私も泣いてしまい、事情をうまく伝えられなくって。
働いてた友子の母親が急いで帰ってきた。

後日、私と私母、友子と友子母で従妹ちゃんの家に謝罪に行ったが、逆に謝られた。
従妹ちゃんは隙さえあれば事情を知らない人にお菓子をねだってしまうらしい(あんなに苦しくなるのになんでそんなことできるんだろう…)

長くてごめんなさい。これが私の子供のころの修羅場です。

続きを読む

このページのトップヘ