タグ:修羅場

320: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/21(木) 01:07:22.92 ID:5l3+oxtv
仕事大好き両親の元育った私と、継母と実父に疎まれて育った旦那が結婚する事になった時が修羅場だった。
私は小2の時から鍵っ子で、晩御飯をレンジで温めて、お風呂は家から徒歩五分の銭湯に通って、戸締りして一人で寝てた。
4年になって火の使用許可がでてからは毎日千円で朝晩作って、銭湯には通わなくてよくなった。
両親が揃ってるのなんて深夜から朝7時位までと三が日位
今でも両親は子供を作るべきではなかったと思う。
旦那は、産みの母が男と逃げて父は再婚
弟ができてからはあからさまな差をつけられ育ってきた。
聞いただけでも、旦那の持ち物はほとんどが貰い物で弟は新品、習い事に誕生日やクリスマスお年玉は弟だけ、高校の修学旅行は無駄だからと費用を出してもらえなくてバイトの貯金から出したetc.
ここまでが前置き
そんな私達が縁があって結婚しようとなった時に両家が口を出してきた。
挨拶はまずうちに来なさい(嫁にもらってやるんだから、嫁に出すんだから)
式はこっちでしなさい、いずれはうちと同居だからね(旦那側北海道、私側関西、私達家東京)で一歩も引かない
今更なに戯言言ってるのってのが第一の修羅場。
結局、挨拶も式もしなかったのが第二の修羅場、私も旦那も興味なかったからどうでもいいけど。
娘二人の時は連絡しても無視だったくせに、昨年末息子が産まれたことをどこからか聞きつけてすりよってこようと連絡寄越してきてるのが第三の修羅場

続きを読む

268: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/02(土) 13:37:34.85 ID:RD2/bklq
もう5年以上前の話。

夜勤明けで帰宅中、そこそこ大きい道路のカーブの始まりで警察の人が端に寄れと旗を振っていた。
緩めのカーブの先、中央分離帯に立っている鉄柱に刺さっている車の前半分。
後ろ半分は少しはなれたところにあった。
道路にはおびただしい量の赤茶色いオイル(だと思いたい)と、それによるスリップ事故を防ぐためのおが屑が撒かれていた。
車は上下にもつぶれてひしゃげており、警察の人が覗き込んでいた。生きた人間がいられる隙間はなさそうだった。

その先の信号で停まった車みんな、なんともいえない顔でバックミラーを凝視していた。
後日、あたりまえだがその場所には花束がたくさん供えられていた。

どうやったら車が半分になるんだろう…。

続きを読む

187: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/11(月) 07:27:08.36 ID:OBzk8Tur
むかし某会社でOLをしていました。バレンタインの時期になると
女子社員がみんなでお金を出し合い、男性全員に義理チョコをくばりました。
すると一人の女子社員が、あるイケメン男性社員に個人的にチョコと
プレゼントを添えて手渡していた。
それからちょっとしてからのこと・・そのイケメン男性が困惑顔で、つぶやきだした。

なんだよこれ?それにこの袖なしセーター、髪の毛が飛び出してないか?

と言い出した。どうやら手渡したその女子社員は、
手作りチョコ(何故かウンコそっくりにとぐろ状に絞り出した形のセット詰め)と、髪の毛を混ぜ込んだ
手編みのチョッキをプレゼントしたようでした。他の男性社員も覗きこみ絶句。
おまじないかしら?なんて、職場のオツボネサマからはクスクスと笑い声。

そうしたら、手渡した女子社員がわーっと声をあげて外へ出て行ってしまいました。
それ以降、彼女はあきらかにメンタル面で異常をきたし言動も行動もおかしくなり
会社との話し合いも平行線となり、首になり去っていった。

続きを読む

181: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/09(土) 22:03:32.66 ID:eFktp747
ある日の朝、会社に行ったら宅配業者が鉢植えの花を届けに来たので受け取った。
宛先は同僚のA子。化粧品メーカー出身で、年齢不詳の美人。独身。
あまり自分の事を話す人ではなく、でも仕事はすごくできるので
皆、「謎は多いけど頼りになる人」という評価だった。

送り主は取引先の男性で、A子の前職からの知り合いらしい。
何で花が届いたんだろうと思ったら、A子はその日が誕生日だった。

A子が出社してきたので渡すと、A子は「気が利くね~」と言って
花の入っている段ボールを開封した。
鉢植えにはメッセージカードが添えられていて、そこにはでっかく

「33歳」

と書かれていた。
私たちははじめてA子の年齢を知った。
ビックリして皆、黙りこんだのが静かな修羅場。

小さな低い声でA子が「あの野郎…」とつぶやいたのが恐かったw

年上と知らずにタメ口使っててごめんA子。

続きを読む

84: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/04(月) 06:47:47.27 ID:/Mpmwsi1
小学生の頃、誘拐されかけたとか悪戯されたとか、障害者に粘着されたとか、年上を失明させた、とかかな…

85: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/04(月) 07:47:58.79 ID:h784AWhH
失明kwsk

86: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/04(月) 08:42:29.29 ID:/Mpmwsi1
レスありがとう。
失明は…

あれは確か小学校の中学年の頃、親に強要されて入会してた少年団に毎週日曜日通わなくてはいけなかった。

その少年団では、~中学生くらいの子供達にブラスバンドやバトン、手旗信号を教えてくれ、夏はキャンプをしたりする活動をしてた。

学区外だったので普段遊ぶ同学年の友人とは違う年上や年下の子供とも交流出来き、特に私は年上のお姉さんに遊んで貰えるのが楽しくて活動にはこれっぽっちも興味無かったけど何となく通ってた。


そんな平和な日も突然終わった。そう、私が加害者になったのだ。

その日は活動が早く終わり、色々教えてくれる先生が「皆さん遊んで良いですよ~」と子供達に屋上を解放した。
(ちなみにその少年団の活動場所は三階建て+屋上のビル)

自然と女の子は大縄とび、男の子は鬼ごっこと楽しく遊びはじめてた。

私は縄を回す係で皆が飛びやすいよう体を大きく上下させる事に細心の注意を払っていたら急に踵に衝撃を受けバランスを崩して地面にたたき付けられた。

何が起こったか訳が分からず、足は激痛だしキョトンとしていると凄まじい悲鳴と青ざめる周りの人達、ふと彼等の目線の先を見ると足元のコンクリに横たわる男子。そして血だまり。


どうやら彼は鬼ごっこの時私の後ろを走り、私の足に引っ掛かってフェンスの下のコンクリの角で右目を潰したらしい…

そこからは犯人容疑者さながら事情聴取を受け現場検証、周りの女の子達の証言で私の過失の疑いは晴れた。
縄跳びは端っこでしてたし、見通し良いし、鬼から逃げるために無理に狭い所に来たのは彼の方だったしね。

あの後「私子ちゃんの足に引っ掛かりA君は右目を失明してしまいました」と皆の前で言われ、吊るし上げの気分を味わった事と、A君の病院に母と行き謝罪させたられた事が「私悪くないのに」と思っていた小学生の頃の私の第一の修羅場でした。

もちろんそれから屋上が閉鎖になったのは言うまでもない。

87: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/04(月) 09:07:42.53 ID:/Mpmwsi1
ちなみにA君は私より三つ位年上の縦にも横にも大きな子だった。

お世話にもカッコイイとも可愛いとも言い難く、足は激臭で魚の目が十個はあろうかと言うくらいの中々の強烈さ。

失明事件以降「私の足に引っ掛かって彼はもう一生片目なんだ」と私は彼に負い目を感じるようになっていた。

数ヶ月後彼は少年団に復帰した。そしてこの頃から違和感を感じはじめる。

それが核心へと変わったのは夏のキャンプの時だった。

なんか彼との距離が近い、いつの間にか私の隣にいる…
ご飯の時も花火の時も他の子とおしゃべりしているときも、あのかぐわしい足の香りが私の鼻をついた。

正直もともとお近くになりたい部類ではなかったし、事件の負い目から私は関わりたくなかった。でも彼は私が一人になるとニヤニヤしてどうでもいい話をふってくる(←当時嫌悪感からニヤニヤ見えました。すみません。)

事件前は全く関わり無かったのに、なんで事件以降?普通関わりたくないものでは??
でも恨みからの粘着では無いみたいだし…(話の内容が「私子ちゃんはカレー好き?僕は好きだよー」みたいな感じだったので)

とにかく怖くて、でも負い目から誰にも言えなかったのが第二の修羅場でした。

続きを読む

16: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/11/27(火) 01:38:08.83 ID:F8xcPmuQ
数年前の話。

当時の状況は、一人暮らしで地方都市住まい・遠距離恋愛中・車一台所有・アパート敷地内に駐車場を借りてる・徒歩圏内にスーパー&駅・電車通勤。
以上の状況の中起こった(起こした)修羅場。

ある日、仕事から帰ってくると駐車場に車がない!
それなりにお金をかけて可愛がってた車だっただけに、ボーゼン自失で辺りを見回していた。

暫くして盗難だと気づいた。車上荒らしが多いこの地域では、過去に3度荒らされた経験もある。
とうとう車ごと持っていかれたと真っ青になり、慌ててKへ通報。
しかし近所でひったくりがあったとかで皆出払っており、到着まで30分はかかると言われた。
仕方なくKに「待ってます」と告げ、当時の遠距離の彼氏に電話して泣きついた。

ケンカ中だったものの、私の状況に毒気を抜かれた彼は色々話を聞いてくれた。
途中冗談で
彼氏「◯◯はいつも抜けてるから何処かに忘れて帰ってたりして~pgr」
私「えー・・・あ。」

昨日は休みで友達と会った帰りに近所のスーパーに寄って帰ったんだが、帰宅は徒歩だったような気もする・・・
買い物してたらケンカしたことを思い出し、悩みながら帰ったので徒歩だったかもあやふや。

彼氏の「見てこい!」との檄で、ダッシュでスーパーの駐車場まで見に行った。
ありましたorz

その後、Kに謝りの電話、彼氏にも謝りの電話。
彼にはものすごいpgrされまくったorz

車などと大物の忘れ物をしてしまった私の絶望的な情けなさと忘れっぽさに脳内が修羅場だったw

続きを読む

642: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/09/20(木) 22:21:33.38 ID:ipNX2gZG
女子高生時代、私は原付きで通学してた(原付きでの通学OKの学校だった)。
学校を出るときは雲が厚くて空が暗かったんだが、バスで帰宅すると最寄駅
までのバスが1時間に1本みたいな田舎で、バス待ち+乗車時間+バス停から自宅までの時間
が1時間半は軽く超える。原付きだと家まで30分ということもあって、結局
バスでは帰らずに原付きで帰った。
が、途中から雨が降り始め徐々に本降りに。
原付きにとっては小雨でもかなり痛くて辛いんだが、本降りになり始めた頃には家まであと原付きで5分
という距離だったからそのまま原付きを運転してた。
途中で赤信号にかかって停車。右折するから右車線に停車してて、私の前には大型トラックが止まってた。
で、その大型トラック停止線から結構オーバーしてるなぁー、って思ってたら
急にバックしてきた。こっちはもうパニック。
車間距離は結構開けてたんだけど、どんどん下がってくる。
必死に後ろに下がろうとするんだけど、バイクにまたがったままバックって難しくて。
ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ!!って焦って、トラックが原付きの目と鼻の先に来てようやく
クラクションの存在を思い出して思い切りクラクション鳴らした。
結局間に合わなくて軽く接触しちゃったけど、トラックはゆっくりバックしてたことも
あって原付きに大きなキズが入った程度。
今考えるとバカバカしいが、本気で轢かれるんじゃないかと思った。

書いてみたらこんなの全然修羅場じゃないな、と思ったが当時は本当に怖かった。

続きを読む

231: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/06 08:08:18 ID:dDRJZDGe
息子が2歳になるかならないかくらいの時の話。
まだ簡単な単語しか喋れなかったけど体が大きくて足がしっかりしてて、同月生まれの子より歩けていた。

デパートの隅にあるプレイコーナー(小さい滑り台や階段がおいてる無料の施設)で遊ばせてた。
私たち親子しかいなくて、息子は階段を3段登るだけの滑り台でずっと遊んでたんだけど2歳すぎくらいの女の子が父親とやってきだ。
女の子は結構喋れてて歩くのもしっかりしてたから、息子のノタノタした歩きにイラついたんだと思う。
息子が階段登って滑ってまた階段に戻って…とやってる間に女の子が滑り台を3回滑る感じ。
息子が階段をゆっくり登ってた女の子が滑るほうから登ってきて息子を突き落として息子を睨んで、滑った。
一瞬心の修羅場だったけど床がスポンジマットだから怪我はなかったし息子も泣いてないし突き落されたのがおもしろかったのか「ふふっふふっ」と笑ってたから大事にはなってないのはわかった。

息子に駆け寄って怪我がないか確認したらやっぱり怪我をしてない。念の為帰りに病院に行こう、
…と思ったら後ろでバシーッ!と音がして女の子ギャン泣き。
女の子の父親が真っ青な顔で駆け寄ってきてジャンピング土下座の勢いで謝ってきた。
怪我がないから大丈夫です、って言ったんだけど連絡先の交換して、「イヤー!イヤー!」とギャン泣きする女の子を米俵をかつぐみたいにして
「順番守れないのはおかしいよ!自分より小さい子に乱暴したらダメたんだよ!○○ちゃんおかしいよ!」
と叱りながら去って行った。

確かにうちの息子は突き落とされた。
でも「うちの子がまだ歩くの遅いせいでごめんね(;_;)」と修羅場だった…。
その日の夜に夫婦と女の子で謝罪にきたんだけど女の子が息子を見るなり「イヤー!」って泣き出してしまって、息子がトラウマになってるっぽい事も修羅場だった。

「ぼく、みんなより歩くのおそいんじゃなくて足が短いんだわ」とダンスィーになった息子がしみじみ言ってて思い出した修羅場。

続きを読む

201: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/05 15:38:40 ID:iBSQYb3w
数年前、高校生(♀)の頃の話だけど。
夕方くらいに道を歩いていたら、向こうから来た男の人(40歳くらい?)が突然こちらを見て
「キャーーーーッ!!」とものすごい声で叫んだ。
私はほんとびっくりして、心臓止まるかと思ったんだけど、
まぁおそらくその人はちょっと知的障害がある?って人だったみたいで、
「ごめんなさい、鞄を車道側に持ったら危ないの、ほんとに危ないの…」
と言いながら去って行った。
まぁなにかされたわけでもないし、おっしゃる通りなんだけど、あれはほんとに修羅場だった。
でも、それよりもショックだったのは
キャーと叫ばれたときに、自分が咄嗟に
「ぁだあぁぁぁぁアっ!!!」と野太い声で叫んでしまったこと。

(自分、驚いたときも絶叫マシンなんかに乗ったときも、女の子らしい「キャー」という声が出せない。
だいたい「い゛やぁぁぁぁあ゛っ!!!」とかになる。)

あれほど恥ずかしかったことはないし、
もしかしたら周りにいたサラリーマンとかのほうが身の危険を感じていたかもしれない。

続きを読む

106: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/03 03:37:26 ID:Qz4QIRsn
彼氏の転勤にくっついて地元から新幹線で半日の距離へ引越し
こちらの暮らしにも随分慣れた頃、妊娠したので籍を入れることになった。
私のバイトも、主任手当てもらえる位順調ではあったけど辞める事になった。

辞める1ヶ月前に仕事場に報告すると、何故か職場のA子も辞めると言い出す。
その日からA子、会社の愚痴、家庭の愚痴、私に関係ない愚痴を
メールで毎日送ってくるようになった。日に何通も。
約1ヶ月メールは続いたが、仕事の連絡の関係で着信拒否できず、メールを放置すれば
何倍ものメールが昼夜関係なく届くので、取りあえず耐えてたが精神的にマイってた。

私の退社1週間前にA子が仕事に来なくなった。運が悪いことに夏時期に超忙しくなる職場だったのと
人手不足で上から頼み込まれたことで、私は無理をしてしまった。本当に馬鹿だった。流産した。

A子には流産で病院に担ぎ込まれる時も、その後も色々精神的に叩きのめされた。
この辺は自分的胸糞なので今は書きたくないが。
この間が私にとっての修羅場だった。

やっとA子と疎遠になることが出来たので吐き捨て。でも一生許さない。

続きを読む

このページのトップヘ