タグ:修羅場

34: 31 03/08/05 12:45
では書かせて頂きます

私(A子)彼氏(B男)同僚(C男)とします
B男とは付き合いが長く、当時で7年目でした
束縛魔だったので7年の間男友達はおろか、サークルにも入らせてもらえませんでした
会社に入社して初めて同期という形で何人かの男友達が出来、彼氏以外の人と話したり出来る事を純粋に楽しんでいた頃事件は起きました

35: 31 03/08/05 12:56
B男とはお互いの両親も公認でしたので、週末はB男の家に泊まりに行く事が多く
その日も夜に家までB男が迎えに来てくれました
地元同士だったので歩いて5分程の距離なんです
B男の家に向かう途中、私の携帯が鳴り当たり前のようにB男が着信主を確認
同期の男の子C男からでした
携帯を奪い合ってる間に携帯の伝言メモに切り替わり、B男は黙って内容をきいていました
奪い返して聞くとただの同期会のお誘いだったんですが
「こんな時間に(10時)電話してくるなんてお前に気があるに決まってる!」
とB男は半狂乱←(この時点でかなりおかしいんですが)
どんなになだめすかしても手が付けられないほどで、とうとうC男に電話するといいだしました

36: 恋人は名無しさん 03/08/05 13:03
いい加減あきれてきた私は、いままで束縛され続けた鬱憤をぶちまけました
「もういい加減にして欲しい、自由にして欲しい」と

B男はその言葉にキレ、次の瞬間私はコンクリートに寝転がっていました
一本背負いされたのです。
幸いとっさに受身を取ってひじをすりむいたのと、腰を軽く打っただけで済みましたがw
家の近所だった事もあって、騒ぎで飛び出てきた知り合いのおばさんに助けられて救急車を呼ばれ
慌てたB男は逃走しました

37: 31 03/08/05 13:19
幸い暴行相手が彼氏だと言う事と、私の傷がたいしたことなかったので
救急車にも乗らず、警察にも連絡されなかったのですが
「俺の事嫌いにならないでくれ」
とこの件以来ストーカーのようになってしまいました

文章が支離滅裂ですいません
思い出しながら書いているので、ちゃんとまとめてからまたカキコします
こんなのは序の口で、後に監禁まがいのことや盗撮、自殺未遂などもありました
その時の事も折を見てカキコしたいと思います

スレ汚しスマソでした

41: 31 03/08/05 14:29
では駄文ながら続けさせて頂きます
読みにくい所等がありましたら言ってくださいね。

一本背負いの後から私の気持ちはだんだん冷えていきました
それに伴ってB男のストーキングもエスカレートしたように思います

ある日曜日、買い物につき合わされ大型ペット店に行き
B男は大型犬用の檻と首輪を物色して、その日は何も買わずに帰ってきました

数日後、家に呼ばれて行ってみると
「プレゼントがある、目をつぶってて」


44: 31 03/08/05 14:37
おとなしく目をつぶると、どうやらネックレスを付けてる模様
(最近冷たくしてたからプレゼントで気を引こうとしてるんだろう)
などと考えて目を開けると目に飛び込んだのは犬のリードw
えっ?と思って触ると首にはしっかりネックレスならぬ首輪が!!!

「ちょっと、B男君何するのよ!」
「最近オイタがすぎるから教育し直そうと思って」

一瞬気が遠くなりましたw
そのままリードをひっぱり隣室へ
もちろん泣いて抵抗しましたが、首が苦しくてそのままズルズルと

47: 31 03/08/05 14:53
話がそれますがB男とは小学校からの腐れ縁という関係で
今までは私の方が熱をあげていました。そのためB男の言うなりな関係でした

「2人の何ヶ条」みたいな決まりごとがあって
1:他の男とは極力話さない
2:B男と一緒の時意外スカートは履かない
など、他にもたくさんあったんですがw
社会人になってから決まりごとが倍以上に増えたのは覚えています

朝はB男にモーニングコール
       ↓
会社に着いたら電話報告(無事確認の為らしい)
       ↓
昼休みにも必ず電話、その為毎回食事は流し込むように食べていたw
       ↓
業務後ロッカーで着替え終わったら電話

そこからB男が時間を計って、55分(休日に会社の最寄駅から家までを一緒に計測させられた)
たったらB男が自宅に確認の電話をして、戻ってなかったら激怒
       ↓
もちろんその後も1時間置きくらいに電話が自宅に入る。

これが夜寝るまで続く毎日でした

続いていいですか?

49: 31 03/08/05 15:09
その日は土曜日でB男の両親はお出掛けしており、家には私とB男以外いませんでした
隣室にはペット店で見た大型犬用の檻がw
思ったとおりの展開なんで、ちょっと笑ってしまったんですけど
「何のつもり?いい加減にしてよ」
「いいからおとなしくここにハイ(・∀・)レ!」

今ならありえませんが、純粋だった私は大人しく檻の中へ・・・
入ろうとしましたが、大型犬用といえども入り口がキツイ!!
しかも安物なんだか組み立て式のプラスチックで出来ていたので、ミシミシいっちゃってるしw
「おかしいな?」といいつつB男が私を押し込もうとしてましたが、なんとか諦めてくれました


56: 31 03/08/05 15:32
その代わり机の脚に繋がれて(思い出すだけで惨めな図なんですけどw)
絶対に別れないとか、浮気しないとかいう誓約書を書かされました
手が空いていたので首輪もリードも自分で外す事ができたんですけど
そんな事をしたらまたお仕置きされるんじゃ、と思って言われるままに
そのうえ血判まで( ゚Д゚)ビクーリ 親指をマチ針で刺されましたw

血判付きの誓約書だけでは許してくれず、最近の私の態度(前より冷たい等)
が悪いと小一時間説教され
「ホントは檻に入れて飼おうと思ったんだぞ」
言われなくてもわかってたよ( ゚Д゚)ゴルァ!でした
その後もどんなにお願いしても両親が帰ってくるまでの5時間程繋がれたままで
なんとトイレもリード付きで!
今思い出してもムカツク体験ですたヽ(*`Д´)ノ

B男の事は、また檻をみてカキコしたいと思います
長文にお付き合い頂きありがとうございました

61: 31 03/08/05 15:53
ネタじゃないですw
小学生の時からの付き合いなので、共通の友達が結構いるんですけど
このこと↑や、数々のB男のストーキング行為を知ってる人が何人かいるので
他の事とか詳しく書くとバレちゃいそうw
友達の前でも
「こいつの事檻に入れて飼いたい」
「こんなに心配させるならいっそ一緒に死んじゃいたい」
などと地雷発言を良くしていたのでw

B男と共通の友人で、私の親友(D子)と飲みに行く時も
「D子だから信用して飲みに行かすけど、男達にからまれたりナンパされたらD子はどうなってもいいからA子(私)は守ってくれ」
「門限は9時だから、それを過ぎたらD子と言えども許さない!」
などとD子本人に言い放ち、D子の逆鱗に触れておりました
B男と付き合ってたらマジ友達なくすな~と別れを決意した瞬間でもありましたがw



続きを読む

28: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 12:46:52 ID:8K5bjv1F0
自分語りな上にものすごくDQN臭が高い話なんだが投下。あ・・・すごく長いです。すいません


俺は小中高と暗くて、友達もまったく居ないような奴だった。
いじめにもあったけど、家族の励ましもあってなんとか卒業出来た。
卒業後、やりたい事が見つかって専門学校行ったんだが、そこでも友達なんて出来なかった。
でもやりたい事をやれる環境もあって前ほど苦じゃなかった。

卒業して、就職したんだが、なんと言うか、DQNだらけの会社だってのが第一印象だった。
職業上そういう人が多いのは覚悟してたんだが、まさかここまでとはって感じだった。

でも、一ヶ月くらいして最初の印象は吹っ飛んだ。
見た目はかなりDQNだけど、みんなすごく良い奴だったんだ。
相変わらず暗くて、昼飯も一人で食ってたんだが、同僚が俺の横に座って話しかけてくれて、そこに先輩やら上司やらが集まってみんなでワイワイやりながらの飯。こんなの初めてで戸惑ったんだが、すごく楽しくて気づいたら自分から話し掛けたりしてた。
んで、最初に隣に座った同僚(A男)と、いつの間にか仲良くなれて、俺は今までの自分を正直に話した。
でもA男は笑って
「友達なんざ今から山ほど作ればいいじゃん 俺がお前の友達第一号じゃw」
って。もうなんか嬉しくてさ。泣いちゃってA男に慰められたりした。他の同僚や上司なんかもフレンドリーで仲良くなれたし、俺も少しずつ人と話す事が苦じゃなくなったりして、この会社入れてほんと良かったって思った。

しばらくして、A男から合コン行かないかと誘われた。

29: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 12:51:46 ID:8K5bjv1F0
そんなの行った事もなかったし、彼女どころか、家族以外の女の人とまともに話した事もなかったから、全力で断ったんだ。
でも、人生経験も必要かもなって思って行くことにした。

初めての合コンは、全部が新鮮だったな。
女の人がたくさん居たし、緊張して全然喋れなかったけど、楽しかった。何人かとは番号も交換出来た。

一週間程して、番号交換した一人(モト子)から電話があった。
遊びに行かない?って言われてその子が可愛かったのもあって即OKした。
んで、A男にデートの心得聞こうと思って相談したんだ。
A男もテンション上がって、服貸してくれたり、お守りだってコンドームくれたり俺より盛り上がってたかも知れない。

結局俺の初デートは普通に映画行って飯食って、帰る。ありきたりなモノだった。
それからも、何回か電話したり、デートしたりしてた頃彼女から突然の告白を受けた。
その頃俺はもう彼女に惚れてて、嬉しくて嬉しくて、すぐにOKしたんだ。
A男にも泣きながら報告して、A男もすっごい喜んでくれて。

31: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 12:57:57 ID:8K5bjv1F0
付き合って2ヶ月くらいした頃だったと思う。
その頃仕事帰りに、彼女と合流してデートってのが習慣になってて、その日も何時もの様に待ち合わせ場所に行ったんだ。
そしたら彼女の他に、男が3,4人居た。
最初ナンパかなって思ったけど違った。俺が来た瞬間その中の一人の男(カレ男)がすごい顔で近寄って来た。
カレ男「お前がモト子の彼氏か??ちょっと面貸せや」
モト子「やめてよカレ男!!この人関係ないじゃん!!」
カレ男「ええから2人とも来いやぁ!」

何がなんだか分からないし、DQN達に囲まれてガクブルな俺は素直に着いて行った。
情けないけど、その時は彼女だけ先に帰すとか彼女を逃がすって発想が出来ないくらいビビってた。
路地裏みたいな所に連れて行かれた俺は、問答無用に殴られた。もうボッコボコだった。
右目はしばらく腫れで見えなかったし、肋骨と、尾てい骨にヒビが入ってた。

殴られてる間彼女はずっと泣きながら、カレ男達を止めてたんだが、女一人で止められるわけもなくて泣いてた。
彼女が何もされなかったのだけが救いだったけど、カレ男が去り際に
「K行ったり、訴えたら、モト子がどうなるか保障ないからな」って言われてKに行くのを諦めた。
彼女はそれでも行こうと言ってくれたけど、俺が黙ってれば彼女は無事なんだって思って行かなかった。
彼女に連れられて、家に帰ったら(当時実家暮らし)姉が出てきて驚きながらも手当てしてくれた。
モト子が泣きながらごめんなさいごめんなさいって繰り返して、落ち着いた後事情を説明してくれた。


32: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 12:58:20 ID:8K5bjv1F0
カレ男は元カレで、悪い男に憧れる年頃だった(本人談)モト子が惚れたらしい。
でも俺様な性格や、DVもあったらしく別れたんだと。でもカレ男がしつこくストーカーまがいの事をして、モト子は家を変えたり、携帯変えたりしたこともあったらしい。
しばらくは接触もなかったし安心してて、新しい出会いでもって友達に誘われて、俺と出会った合コンに行くことになった。
そこで不器用だけど、いい人そうだなって俺の事を気に入ってくれたらしい。
ただカレ男の件で多少男性不信になってたから連絡するのにすごく迷ったと。
でも連絡して良かった。会うたびに好きになった。ずっと一緒にいたいって本気で思ったって。

たまに泣きながら、こんな感じの話をしてくれた。姉ちゃんも横で泣いてた。
モト子さん悪くないよってずっと背中さすってた。
俺はあの時ガクブルでやつらに着いて行ったのが悔しくて彼女守ってやれなくてずっと謝ってた。
これからは絶対守るって約束した。

でも次の日彼女と連絡取れなくなった。

33: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:03:33 ID:8K5bjv1F0
携帯が繋がらなくなって、何かあったんじゃないかって不安になって彼女の家に行ったけど居なかった。
次の日彼女からの手紙が入ってた。切手は貼ってなかった。

「私のせいでとても迷惑をかけました。本当にごめんなさい。
 私と居るとあなたにもっと迷惑がかかります。私の事は忘れて下さい。
本当にごめんなさい 大事にしてくれてありがとう 大好きだったよ」

これ以上ないくらい泣いた。全然大事にしてあげれてない 守ってやれなかった 大好きだった いろんな感情が頭ん中グルグルなって声あげて泣いた。

気づいたらA男が居た。今まで皆勤だった俺が休んだので心配になって来てくれたらしい。
俺のボコボコの顔見て、驚いてたが、昨日の話と手紙を見て、一緒に泣いてくれた。

とりあえず病院行こう。Kが心配なら病院で誤魔化せば良い と半ば引きづられて病院に行った。
診察結果は上に書いた通り。

その後2週間程会社は休ませてもらった。その間モト子に電話したり、家を訪ねたりしたけど無駄だった。
出勤してからは、みんな事情は知ってたみたいけど、ほとんどその話しは触れないで怪我の心配だけしてくれるだけだったので正直ありがたかった。

傷がある程度癒えた頃、A男と先輩に呼ばれた。
俺を殴った相手が見つかった。会おうと思えばいつでも会える。
お前がモト子ちゃんを守りたいと今でも思うなら会ってケジメつけないか 
ただ俺たちは何も助けたりはしない。あくまでお前一人で出来る限りの事をしろ と。

36: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:06:49 ID:8K5bjv1F0
正直怖いって気持ちがでかかったし、もしかしたらモト子にとって迷惑なんじゃないかって思った。
そしたら、A男が俺の鞄からモト子の手紙出して
「お前が毎日これ読んでるのは知ってる。まだモト子ちゃんの事思ってるなら動け!お前はカレ男達にもう何もされないかもしれんが、モト子ちゃんは全然安心じゃないだろ!惚れた女の為に出来る限りの事をしてやれ!お前に恋の楽しさ教えてくれた彼女に恩返ししてやれ!」
この言葉で覚悟が出来た。何が出来るか分からんけど出来る限りの事をしよう。
カレ男の居場所を聞いて俺は会う事にした。正直会ってどうする?って気持ちもあったけど何かせずには居られなかった。

カレ男は前回一緒だったツレも含めて6人くらい居た。俺が来た瞬間カレ男はニヤニヤしながら近寄って来た。
「何?生きてたんかwなんか用ですかぁ?あはははは」
周りの奴らもニヤニヤ
俺「モト子に付きまとうの止めてもらえんか 彼女すごく迷惑してるだけど」
カレ男「はぁ?wwwまたボコられたいの??お前も好きだねーww」
俺「俺ボコって彼女に付きまとうの止めるならいくらでもいいけど?いい加減恥ずかしいと思え!」
カレ男「よし お前ちょっと来いや おーいみんなリンチタイムですよーww」
一同「www」

またか・・・でも今日はただ殴られるわけじゃない 彼女に付きまとわないって誓うまでしがみついてやるって今思えば変な決意で着いて行った。

38: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:10:59 ID:8K5bjv1F0
また人通りの少ない所に連れて行かれて正直今回6人居るし・・・今更ながら何しに来たんだ俺って思ってたら

「センセー俺も参加します!」「俺も参加します!」
ってA男と同僚が現れた。多分一番俺がポカーンだったと思う。何でここに居るの?って

カレ男「何あんたら?」
A男「こいつの友達 いやー6対1じゃお前らも面白くないでしょ?参加するね」
カレ男「お前ら関係ないだろ!」
A男「関係ないけど?あ!なんだwタイマンだったの?それなら早くそう言ってよーw他の奴らはギャラリーなのね?そうかそうか」
A男「まさかと思うけど6人で1人を相手にするつもりじゃないよね?」
カレ男「いやいやw俺一人で十分だしww」
A男「よし がんばれよー俺ぇー骨は拾ってやるからなー」

後から聞いた話なんだけど、こっちの同僚の一人が向こうのツレの仲の良い先輩だったらしくカレ男ツレ達はA男達登場からほとんど沈黙だった。

んで生まれて初めてのケンカが始まったんだけど、結果は引き分け 2人ともボコボコで動けなかった。ってかA男に止められた。

41: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:13:43 ID:8K5bjv1F0
俺「もうモト子に付きまとわんでくれ」
A男「ねえねえお前らさ(カレ男連れに向かって)カレ男の元カノの付きまといってかストーカー行為気持ち悪いと思わんか?同じ男として」
ツレ「いや・・まぁ 俺ら関係ないし」
A男「んじゃさ 次こいつが気持ち悪い事したら止めてやれよ 友達として それくらい出来るだろ?な?」
ツレ「んまぁ もう元カノに関わらないように見張っとけばいいんだろ」
A男「うんうん あ!それとモト子ちゃんに何かあったらお前ら全員子孫残せないと思えよ」
ツレ「いや 俺ら関わる気ないから」

俺「もうモト子に付き纏わないでくれ お願いします」
カレ男「・・・分かった」
俺「絶対だぞ?」
カレ男「ああ」

正直ケンカや脅しで解決しようとした事は最低だって今は思うけど、あの時はこれでモト子も安心出来るって嬉しさがでかかった。
帰り際同僚が教えてくれたんだけど、俺を尾行(A男発案)して、多分また多勢に無勢になるだろうから、そうなったら出て行こうって計画だったらしい。
なんかこのために会社のシフトもいろいろ調節したんだそうだ。
尾行中A男がずっとあいつ大丈夫か 見失わないかなとまるで保護者のようだったって笑ってた。
A男は心配する演技だったって言ってたけど。
ちなみにみんなからお前ケンカ弱すぎって笑われた。その俺といい勝負だったカレ男も弱すぎなんだそうだ。
ぶっちゃけ初めてのケンカで無我夢中だったけど、たしかに弱かったろうなと思う。あれからケンカ自体していない。

42: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:19:27 ID:8K5bjv1F0
それからまたいつもの生活に戻った。
その頃はもうモト子に電話したり、家に行ったりすることはなかった。
カレ男の接触はその後同僚がカレ男周辺にクギを刺してくれたこともあって結構安心だったし、モト子自身がどこかで元気にしてるならそれで良いって、そう思って、諦める努力をしてた。

でもやっぱりすぐに忘れるなんて無理で、財布には彼女と撮ったプリクラがずっと入ってた。
カレ男とのやりとりがあってから、2ヶ月くらいして、A男がうちに来た。すごい慌てた様子で着いて来いと
何かあったのかと急いでA男の車に乗って何があったのか聞いた。
A男は 「まだモト子ちゃん好きか?」と聞いてきた。
もちろんまだ好きだって答えたら、そうかって返事があった後は無言だった。

ある店に着いて、A男中見てみなって言われて覗いたら、モト子が居た。

A男に引きずられて店に入った。注文取りに来たモト子が俺の顔見て一瞬で固まった。
「え・・・どうして」
俺「A男に教えてもらった。てか今さっき知ったんだけど。あのさ・・・終ったら少し話せるかな」
モト子「分かった」

んでモト子の仕事が終るまで待つことにした。その間にA男は友達に連絡入れて迎えに来てもらってた。
A男「車貸してやるから終ったら普通に自分ちに帰っていいぞ。後で取りにいくから」

A男に感謝しつつモト子が終るのを待った。

45: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:27:35 ID:8K5bjv1F0
モト子が仕事上がって、とりあえず別の店に入った。

聞きたい事が山ほどあって、何から話したらいいか苦労したけど、元気そうで安心した。突然現れてごめん 迷惑だったんならもう現れないって事を話した。

モト子はずっと俺を見ながら、たまに頷いたり、否定したりしながら俺の前から消えてからの事を話してくれた。

あれからすぐにカレ男を避ける為、友達の家に非難したらしい。そこで引っ越してカレ男を撒こうと決めたそうだ。
俺の事は手紙に書いた通り迷惑をかけたくないから、連絡を取らない事にした。
それが一番つらかった。でも私のわがままでまた俺を傷つけたくなかった そう言ってた。

俺は、あの時守ってやりたかった。ずっとそばにいたかった。カレ男の事は気にしなくていいって事を説明した。
モト子は ??って顔してたが、カレ男とのやり取りを少し説明したら泣きながらありがとう 結局迷惑かけてごめんねって謝られた。

気にしなくていい。もう安心していいからねって、正直それだけ伝えたかったから会えて良かった。元気でねって言って彼女を送って帰った。

57: 恋人は名無しさん 2008/06/29(日) 13:45:58 ID:8K5bjv1F0
その後の結果だけ言えば、今モト子とは付き合ってる。
あの後、彼女から電話があり、再度お礼と謝罪があった時に、お互い新しい恋人が居ない事を話した。
その時俺から出来ればまた付き合いたいと話したんだが、彼女は私にそんな資格なんてないと泣きながら言ってた。

資格なんてそんなものないし、あの時俺がきちんと男らしくカレ男を決着つけてればモト子が俺を心配して離れる事もなかった。
俺のせいだからモト子は自分を責める必要ないよって随分長い時間話したけど、最終的にまた付き合ってくれる事になった。

それからはケンカはあれど、修羅場もなく、生活してる。

それとA男は親友って肩書きに義理兄って肩書きがプラスされた。
姉ちゃんは見る目があるなって本気で思った。A男の見る目は・・・だが。

名前をモト子にしたのは一回別れたからです。

続きを読む

56: 恋人は名無しさん 2011/11/26(土) 18:21:08.86 ID:m6Hl2emg0
友達のA子が就職していきなりだめんずメーカーになった。
A子は目立つタイプの美人で、今までずっと相手に言い寄られてから付き合ってたんだが
その職場ではじめて自分から好きになって猛アタックして付き合ってもらえるという経験をしたためか
まさに「恋は盲目」状態になってしまった。

相手は玉鉄をもっとチャラくした感じでとにかくルックスはいいが、中身最悪。
金づかい荒い、酒ぐせ悪い、パチ競馬競輪好き、女ぐせ悪い。
頭のてっぺんからつまさきまでコテコテのブランドづくめ。車は前の女に貢いでもらったというセンチュリー。
安月給なのに会社から前借しまくりの自転車操業でやりくりしてるとかで
なんで前借できるかというと、A子と社の経理の子とを二股かけてるからだそうだ。
でも彼氏には怒らず、経理の子にのみ怒り
その子の悪口ばかり言うA子。

友達みんなで「あの男はやめとけ」と止めたがA子は聞く耳持たず
逆にA子経由でA子彼に口説かれたり、しつこくつきまとわれた友達に敵愾心を燃やし
「アタシの彼氏に色目使うな、死ね!ビッチ」
といやがらせをするまでになったので、友人の大半がA子から距離を置くようになった。

57: 56 2011/11/26(土) 18:21:58.03 ID:m6Hl2emg0
私は親同士が知り合いなこともあり、A子彼に口説かれたこともなかったので
切るに切れずに付かず離れずで付き合ってたのだが、ある日A子から電話があった。
電話口でA子は泣いていた。
「彼氏がまた内緒で借金した。おまけにまた浮気もしてた。もう無理。もう別れる」

そっかそっかと愚痴を聞き、A子も彼氏に何十万単位でお金を貸してるとのことだったので
「おじさんとおばさん(A子御両親)に今度こそちゃんと話しなよ。
本気で別れるつもりなら、親に全部打ち明けて協力してもらった方がいいよ」
となにげなくアドバイスした。
それから一カ月くらいA子からは音沙汰がなかった。

私はその頃、別の友達の紹介で知り合った人(以下B)とちょっといい感じだった。
そして紹介してくれたC子(A子とも共通の友達)とC子の彼氏と
私の部屋で鍋をすることになった。

四人でなごやかにコタツ鍋してたら、チャイムが鳴った。
直後にドアをドンドン叩かれ、A子のどなり声が響いた。
「私子-!出てこいー!私子ぉー!!」
びっくりしてドアを開くとA子がいた。

58: 56 2011/11/26(土) 18:22:53.95 ID:m6Hl2emg0
開けたとたんいきなり恨みごとを言いだすA子。

「私子があの男はだめだだめだって言うから意地になってしまい、あの男にのめりこんだ。
だからあいつとずるずる付き合ってしまたのもお金貸したのも私子のせい。
私子が責任とれ。慰謝料払え」
「うちの親に全部打ち明けろと言った。これは脅迫にあたる。警察呼ばれたくなかったら金払え」
「私の彼氏に気があっただろ。彼から聞いた。根取ろうとしただろ。傷ついたから金払え」
「いままで何度も相談にのってもらったから私の秘密を全部知ってるはず。
それで私をゆすろうとしてただろ。犯罪だ。今なら訴えないでやるから金払え」
と電波な言い分。
しかも全部結論が「金払え」。

私がおたおたしていると奥からC子がやってきて
「A子なに言ってんの!あんたおかしいよ!」と一喝。
A子は「私子!C子に言いつけたの?!」と言っていきなり玄関口に飾ってあった陶器を払い落した。
奥からBもC彼も出てきた。なぜか勝ち誇るA子
「男が二人も家にいるとか私子って超ビッチ!このことをバラされたくなかったら金払え」
とまた金の話。
その間なぜかビデオカメラでA子をずっと撮っているB。

A子を静かにさせようとしているとドア付近に人影がさした。
A彼氏だった。
いきなりコロっとおとなしくなって「やだ遅いじゃな~~い」とブリブリするA子。
A彼、笑顔でしれっと「というわけで金貸して」とこっちに言ってくる。

59: 恋人は名無しさん 2011/11/26(土) 18:24:41.61 ID:m6Hl2emg0
私&C「ハァァ?何言ってんの」
「A子と俺、今日××記念日(忘れたけど一周年とかじゃなくどうでもいい記念だった)だから。
あんたらA子の友達でしょ?A子をいい気分にさせてやりたいと思わないの。友達甲斐ないね~~」

ヘラヘラするA彼とその腕にしがみついてるA子、ともに言い分は「金出せ、すぐ出せ」だった。
さすがに私もブチーンときて
「いやA子とは友達でもなんでもないし」と言った。
C子も「そうそう。誰だか知らんけど、勝手に侵入されて暴れられて迷惑。警察呼ぶし、壊されたものとか
訴えて弁償してもらうから。あんたこの女の彼氏か?じゃああんたにも請求する」

A子いきなり青ざめて「なに言ってんの。昔からの友達じゃん。ずっと仲よしじゃん」
私&C「知らんわ。あんた誰。頭おかしいんじゃないの」
B「警察呼ぶね」
C彼「Bはカメラ回しといて。俺が呼ぶわ。頭おかしい奴らに玄関に侵入されて暴れられたって」

続きを読む

100: 1/3 2010/12/14(火) 19:45:33 ID:ouXH8YoC0
数年前の小話。

記念日で食事する約束だったから残業でちと遅くなった彼女を
会社まで迎えに行った。

会社前のコインパーキングに駐めて彼女を待っていると
白髪のおばあちゃんが俺をじろじろと眺めてくる。
しかもじろじろ見ながら俺の車のまわりを何周もする。

なんだ?と思っていると車の窓をコンコンされた。
夜で知らない老婆というのがすごく怖かったが、窓をウィーンと開けて
「なんですか?」
と聞くと
老婆「あんた誰?」と。

「…この会社の社員の知人で…」
言いかけたところで
「嘘つきー!あんたなんか知らなーい!!キチガイだキチガイだ、キチガイがいるう、ドロボーー!!」
と絶叫された。
唖然とする俺。ぎゃーぎゃー泣きながらわめく老婆。
そのうちアスファルトの上で匍匐前進を始めたながらわめき始めたので
これはヤバイ人だと思い俺はちょっと遠くの駐車場まで移動した。

101: 2/3 2010/12/14(火) 19:48:03 ID:ouXH8YoC0
駐車場から彼女に「こういうわけでちょっと遠いとこにいるけどゴメン」とメールし待つ。
気を取り直し、車内で先週のヤンマガなど読んでいると、
また窓をコンコンと叩く音がする。
いや今回はコンコンなんてかわいいもんじゃねえ。
ガコンガコンいわされてる。

外を見るとまたあの老婆。
俺は怪鳥のような声で絶叫した。
白髪を振り乱した老婆が半狂乱で俺の車の窓を殴っていた。
しまいにはボンネットによじのぼってフロントガラスをブロックで殴りつけはじめた。

老婆「キチガイキチガイキチガイいなくなれ死ねええええええ!!!」
俺「いやああ!!!お願いやめてええええ!!!」

彼女ほか数人が会社から走り出てきて老婆をどかしてくれるまで
俺は乙女のように悲鳴をあげつづけることしかできなかった。

102: 3/3 2010/12/14(火) 19:49:52 ID:ouXH8YoC0
あとから聞いた話だが
老婆は彼女んとこの社長の元・奥さんだった。

金遣いが荒い上に浮気して数年前に離婚したらしい。
なぜか本人は自分が慰謝料もらえると思ってたそうだが
当然有責でそんなもんもらえるはずもなく、無一文で追い出され
浮気相手にも捨てられて完全におかしくなってしまったそうな。

社長夫人だった当時も勘違いさんで
「私が会社の実権を握ってるのよ」
とわがもの顔で練り歩き、社員のプライベートまで干渉して全部把握してないと
気がすまないという困った女だったそうで
俺を見て
「知らない男!社員の彼氏?…うちの社にワタクシの把握してないことがある!!」
とご立腹になってしまったようだ。

その後社長からじきじきに謝罪と菓子折りをいただき、一部破損した車についても
弁償していただくことで話はついた。

それはいいんだけど、一番びっくりしたのはあの老婆が実はまだ40才未満だったこと。
どう見ても70~80才くらいだったんだけど…。
社長さん&彼女が言うには離婚後一気に老けたらしい。
何もかもが驚きだった一件でした。

続きを読む

3: 恋人は名無しさん 2010/07/08(木) 18:40:26 ID:Pf0LENPI0
長文不慣れですが投下

新卒で就職した会社がアパレル系製造業で女ばかりで
人間関係のギスギスが多く、縫製のおばさま方にいびられ、心身に影響出たので四年目に退職しました。
次は女ばかりの会社はよそうと決意し、建築系の会社に就職しました。
女性社員は私に引き継ぎをしたら辞める予定の、お腹の大きい経理さんと、バイトで入力やってるAちゃんのみ。
あとは全員20代後半~60代の男性ばかりでした。

さいわい経理さんは優しく、Aちゃんは気さくで、女性社員とはうまくやれてました。
男性社員とも良好でした。
ただなぜかすごく飲み会の多い会社で、「私子さんの歓迎会」と催されたお酒の席で、私がいける口だというのがばれてしまってから
毎日のように仕事上がりには飲みに誘われるようになりました。
私は早く職場になじみたかったし、Aちゃんも参加するし(妊婦の経理さんはもちろん帰ります)、断ったら雰囲気悪くするかなと
仕事にさしつかえない時はなるべく応じてました。

4: 恋人は名無しさん 2010/07/08(木) 18:41:22 ID:Pf0LENPI0
最初の歓迎会で課長に
「私子さんは彼氏いるの?」と訊かれた時に
「いやーいないんです、募集中です」と正直に言ってしまったのが良くなかったようでした。
最初の数カ月は普通に飲み会だったのですが、だんだん皆が私と同い年の同僚の営業Bと私とをくっつけたがって
周囲ではやしたててポッキーゲームさせようとしたり、携帯番号の交換を強要したり、チークを踊らせようとしたり
するようになりました。

同僚Bは顔はフツメンで、ノリが体育会系で、上司に人気が高い「盛り上げ隊長」って感じの人です。
私は体育会系ノリの男性というのがちょっと苦手で、Bは下ネタも多いし、女ってこうあるべきだよね~みたいな
押しつけも多かったので、ぶっちゃけタイプじゃありませんでした。
でもBは私みたいなおとなしい女が
「言うこときいてくれそうでいい」「何でもやってくれそう」「尽くしそう」「浮気しなさそう」「金かからなさそう」という理由で
いい、と言ってたそうです。
でもそれ漏れ聞いた時点で、私はさらにドンビキなんですが…。

5: 恋人は名無しさん 2010/07/08(木) 18:43:26 ID:Pf0LENPI0
私はBとは事務的な会話のみにする、飲み会の回数を減らす、携帯番号はかたくなに交換しないということで
何とかやり過ごしていたのですが、ある日からBからメールが来るようになりました。
どうやらAちゃんが教えてしまったようで、その日からメール攻撃がはじまりました。

私の中ではメールはどんなに親しい相手でも夜10時以降はひかえる(緊急時はのぞく)、返事がないのに何度もメールしない、
勝手に他人のアドレスを教えない等々の常識があるものだと思ってたんですが
Bは午前2時3時でも平気で電話もメールもしてくるし、私がメールに返事しない&電話を無視すると
上司に「私子ちゃんが冷たいんですよ~」とチクって、そうすると上司が私に
「Bの相手してやってよ」「こいついい奴だよ?」「俺からも頼むよ、俺の顔つぶさないで」
と言ってくる毎日で、こんなのなら電話に出て30分くらい我慢した方がマシかなあ、と思って
毎日深夜の電話とメールの相手をしていました。

あの頃の自分を思い返すと、「ぐちぐち言われるくらいなら自分が今ちょっと我慢した方がマシ」
「翌日上司たちに囲まれて注意されるのもいやだし、なあなあで済ませておこう」と
とにかく「まわりに流されてさえいれば楽」という思考回路でした。
ある日会社の飲み会に参加すると、誰も社員が来てなくてBだけでした。
私はみんな遅いなあと思いながらビールを注文して、Bとあたりさわりのない会話をして、
Bの下ネタを聞き流していました。

6: 恋人は名無しさん 2010/07/08(木) 18:44:29 ID:Pf0LENPI0
でも一時間半くらい経った頃、忽然となぜか気づきました。はかられたんだ、B以外、最初から誰も来るはずのない飲み会だったんだ、と。
それまで一年近くずーっと周囲にプレッシャーかけられ、夜はろくに寝れず、食欲もなく、頭がいつもぼーっとしてたのが
急にその瞬間バッ!と明るくなって、勝手に太ももをさわってるBの手をはねのけて
「帰る!帰る帰る!」と叫びました。
Bは今までゾンビ状態だった私がいきなり叫んだことで驚いたみたいで「静かにしろよ」とか言ってましたが
ちょっと頭の飛んでた私が店員に「私これから帰ります!帰りますけど私が無事に帰れるまでこの人店の中にいさせて下さい」
とか目茶苦茶なことを言いだしたので、頭のおかしい女だと思われたみたいで、腫れもののように
「わかりました、じゃあ帰ってください~」とBから話されて店の外に出されました。

家に帰ってあらためて鏡を見たら、すごい顔してました。
寝てないから肌はボロボロ、クマくっきり。ろくに食べてないのに職場で配られるお菓子だけ義務感で食べてたから
栄養失調でへんな痩せ方してるし、よくBは口説く気になったなってくらいホラーなルックスになってました。

7: 恋人は名無しさん 2010/07/08(木) 18:46:19 ID:Pf0LENPI0
その後私は心療内科にかかり、その診断書で退職しました。
最後まで上司たちは私を飲み会に参加させたがったけど「医者に止められてるので」と断り送別会も無しに。
Bからはしつこくメールや電話が来たけど、私が回復するまで同居してくれた姉に携帯をあずけ
私になりすましてキツい返事↓

「会いたいんだけどいつ暇?」→「私は会いたくない」
「疲れたな~癒してよ」→「風俗行けば」
「へー俺が風俗言っても私子は平気なんだ?」→「どんどん行けよ」
「最近冷たくない?」→「あんたに温かくするいわれがない」
「そんな女だと思わなかった」→「勝手な思い込み乙」

等々を返してもらっていたらそのうち連絡来なくなりました。
今は再就職を果たし普通に働いています。そして2年ほどカプ板十人として過ごさせてもらってます。




続きを読む

61: 恋人は名無しさん 2013/06/07(金) 10:06:12.00 ID:OAcxwummI
俺28、彼女26、間男29。
付き合って二年、婚約して結婚前提に同棲始めて八ヶ月。
両家の両親にも挨拶、結納も済んで、入籍と式の準備進めてた。

そんな中、彼女が女友達と遊びに行ってくる!と言うから何気なく場所を聞いた。
普段絶対に行かない場所なのと、表情と口調で嘘だと確信。
気になってその晩に携帯を見た…が、決定的な証拠になるメールはなかったので、グレーで保留し、様子見することにした。

遊びに行くのはキャンセルになったので、断ったのかと思いきや。
「生理になっちゃったー」という彼女のメール送信が。
「なんで後何時間か待てないの(笑)お茶だけ行く?」の間の返信で黒確信。
証拠集めに方針変更。
二ヶ月泳がし、その間に間男の情報も集め、いざという時に備える。
その二ヶ月間、疑ってない/気づいてない様に振る舞い、同棲続けたのが第一の修羅場。
特に夜の営みが辛かった。

62: 61 ◆nklM.oPqQE 2013/06/07(金) 10:06:13.00 ID:OAcxwummI
タイミングが合わないのか、中々会おうとしない。
このまま切れるかな…と期待したが、甘かった。
入籍二週間前に、間男と会う約束を取り付けた。
俺はその日一日尾行して、ラブホに入ったところを取り押さえた。
2人で会ってるとこから、ラブホ入るとこまで全て撮影。
取り押さえた時が第二の修羅場。

その後はごたついたが、弁護士入れて慰謝料その他貰って婚約解消。
心残りは間男に制裁が出来なかった事だ。

ようやく昨日終わったので、厄落としカキコ。
長文すまん。

続きを読む

14: 恋人は名無しさん 2008/12/14(日) 02:35:07 ID:hgzwHZgEO
投下します。携帯からですみません。
年齢は全て当時のもの。
俺男(21) 大学生
A子(21) 俺のマンションの隣に住んでた大学生
B男(23) A子の彼氏

ちょうど今くらいの、クリスマスを迎えるころの話です。

15: 14 2008/12/14(日) 02:36:18 ID:hgzwHZgEO
俺・嫁美・A子は同じ大学に通う大学生で、俺とA子はマンションの隣どうし。
最初はA子とはあいさつしかしないくらいの浅い仲だったが、秋ごろになるとA子が作った料理を俺の部屋までもってきてくれるようになった。
しかし、A子はどうも他とは違っており、天然というかDQNな感じがしていた。
料理を持ってきてくれるのは嬉しいし、感謝すべきことなのだが、
持ってくると同時に俺の部屋に上がり込み、そこでB男のことや自分の友人の話などを2時間は語っていく。
しかも話を聞く限り、このB男というのがとんでもないDV男で、A子は被害を訴えてきた。
俺は何ともできないため、早く警察に相談するように言うのだが、A子はなかなか行動に出なかった。
俺にも彼女である嫁子がいたし、はっきり言って甚だ迷惑だった。
しかし、料理も持ってきてくれたのだし、無理矢理帰れとも言えなかった。
事件が起きたのは、12月が過ぎたくらいだった。

16: 14 2008/12/14(日) 02:37:50 ID:hgzwHZgEO
A子が俺の部屋を出た途端、B男が目の前にいたのだ。
以前からB男がDQNであることは聞かされていたため、俺はとにかく焦った。
何とか穏便に済まそうと思ったがもう遅い。
B男はA子に「てめぇ、浮気かよ!!ふじこふじこ!!」と言って、殴りかかった。
俺は「ちょっと待って!!!」と叫んだが、B男の手は止まらず、A子は殴られた。
次のターゲットはもちろん俺。
「おめぇ、A子とヤったんだろ!!マジで殺すぞふじこふじこ」
俺は小さい頃から空手をやっていたのでパンチを全て受け流し、怪我はしなかった。
B男は殴るのをやめて怒鳴り始めた。
俺はなだめるのに精一杯だったが、B男は全く話を聞いてくれず怒鳴りまくっていた。
その声を近くの人が聞いて通報したらしく、5分後くらいに警察が来た。
警察は床でうずくまって泣いているA子を保護し、口論になっている俺とB男を引き離そうとしたが、B男は警察にも殴りかかった。

17: 14 2008/12/14(日) 02:38:40 ID:hgzwHZgEO
警察の方はなす術もなく殴られ、歯が折れていた。
警察は3人来たのだが、2人でB男を押さえ付け、逮捕。
俺も話をしなければならず、そのまま警察へ。
それまでの経緯を全て話すと、すぐに帰らせてくれた。
隣人に迷惑をかけましたと謝罪して、修羅場は終わった。
その後A子は引越したため、どうなったかは全くわからない。
B男のほうは過去にも逮捕歴があり、まだ服役しているのではないだろうか。
以上です。
駄文ですみませんでした。

続きを読む

374: 恋人は名無しさん 2009/08/22(土) 01:05:04 ID:/qz7TjOD0
つい最近あった修羅場です、フェイク入ってます。

私子24歳病み上がりの家事手伝い
オレ男23歳私子の後輩ビス子の彼氏
ビス子20歳私子とは面識なしオレ男の彼女可愛い子です

退院して久しぶりに買い物をしにデパートへ、後輩のオレ男から声を掛けられました。
オレ男はビス子と映画を観た帰りで、ビス子はトイレに行ってるので待っているそう。
が、私は後ろから突き飛ばされスライディングしました。
オ「ビス子!私子さん大丈夫すか?」
と私子に手を差し出すオレ男をポカポカ叩きながらボロボロ泣き出すビス子。
ビ「浮気したららめ~」
オ「…私子さん高校の時の先輩なんだけど…」
ビ「えぇー」
床がツルツルしてたから擦り傷はなかったけど体が痛い。
オ「大丈夫ですか?あのそこで休みませんか」
デパート内の喫茶店へオレ男に手を引っ張られ連れて行かれる。
オレ男の反対の手にまとわりながらオレ男の肩越しにビス子に威嚇されました。

377: 恋人は名無しさん 2009/08/22(土) 01:10:07 ID:/qz7TjOD0
オ「なんでいきなり突き飛ばしたんだ?私子さんに謝れよ」
ビ「だって~」
オ「だってじゃないだろ」
喫茶店に入ってからオレ男とビス子が話してて気まずい。
ふと顔を上げたらビス子は椅子に深く座って、
オレ男から見えないような位置で凶悪な顔で睨み付けて来る。
オレ男は大きなため息をついて「もういいわ別れよ」と言った。
「イ…イヤー」とビス子はぶわっと泣き出した。
私「あ…あの…オレ男くん…冷静に話した方が…」
オ「いやもう無理です本当に…疲れた」
ビ「いや…いや…いや…いや…」ビス子号泣鼻水垂れてるし。
帰りたい帰れない雰囲気で困ってるとガスッ!と足に激痛が。
私「え?」ガス!ガス!
オ「ビス子!」
涙で顔がグチャグチャなビス子が足を蹴って来た。
オ「おまっ!ちょっ!いい加減にしろ!」
ビ「オレ男が浮気するから浮気するから悪いじゃん!」
オ「ふざけんな!いつ浮気したんだ!」
ビ「さっき二人でイチャイチャしてたじゃん!」
オ「あー分かった分かっただったら浮気者とは別れろ…」
ビ「ヤーダー別れるのヤーダー」
もう…帰りたい…。
オ「分かった…顔グチャグチャだからどうにかしろ」
ビ「う…う…ん」

379: 恋人は名無しさん 2009/08/22(土) 01:13:27 ID:/qz7TjOD0
支援ありがとう。

ノロノロと立ち上がるビス子の腕を引っ張りながらオレ男が店を出た。
すぐにオレ男は戻って来て「私子さんは早く逃げて」と言ったので逃げました。
足は蹴られ色が変わってました。
翌日、朝からオレ男から電話が掛かって着て聞いた話では。
前にもビス子は一緒に服を買いに行った店で、
女店員がオレ男に色目使っただのと言って掴み掛かり別れ話になったそうです。
もうしないって約束で会ったのに私子を突き飛ばし蹴りまで入れたので、
別れないなら私子に頼んで警察沙汰にするとビス子とビス子親と話し合ったらしいです。
一応オレ男に頼まれて病院へ行き診断書と蹴られた足の写真撮影しました。
掛かったお金を渡すからとお詫びにってオレ男とご飯食べに行きましたが、
オレ男がかなりヘコンでて可哀想でした。

続きを読む

14: 恋人は名無しさん 2009/05/25(月) 14:52:33 ID:Q+Lww2Xv0
軽めの修羅場??をひとつ。

私子・彼男・友子・友美が全員大学生の時。友美のみ違う大学でした。
当時彼男と付き合って半年くらい、学部やサークルは違ったけれど高校時代からの
親友だった友子とは学内外でよく会っていたので彼男と友子も顔見知りだった。
その頃彼男は少し付き合いに飽きてきた感じで、倦怠期ムードだった。
私はまだ好きだったし別れたくなかったから彼男の態度には気付かないフリをして
頑張っていた。

ある日、彼男とデートしている時に友美とバッタリ。
数ヶ月ぶりに会ったので「あれ、友(アダナ)じゃーん!」「わー私子!元気~?」
と盛り上がっていたんだが、何故か私より興奮している彼男。
いきなり「運命か…?」とか言い出してハァ?な私たちをよそに「私子!ごめん!俺
友子ちゃんが好きになったんだ!別れてくれ!」と友美を引き寄せようとした。
後で聞いたが彼男は今日のデートで私子と別れてその足で友子に告白しに行こうと
思っていたらしい。

しかし残念、告った相手は友子じゃなくて友子の双子の姉の友美です…みたいな。
友美には当然「いやっ!何なの!」と拒絶され、経緯を知った友子にも「好きな人を
間違うとか最低やわ~、つか友達の彼氏とか範疇外」ときっぱりふられ、サーっと
愛情の失せた私子にも逆に別れ話をうける、と1~2日で3人にふられたバカな男が
いましたとさ、という話。
私から見たら双子でも完全に別人だけど、分からないものなのかなぁ。

続きを読む

150: 恋人は名無しさん 2011/02/04(金) 09:43:14 ID:Nmb4OaudO
携帯から暇潰し投下
まとめてないのでのんびりになります


私子・24歳会社勤め
彼彦・24歳同じ会社勤め
A子・?歳謎の人物

私子と彼彦は付き合って2年弱。
お互い実家暮らしだった。
そろそろ結婚しようみたいな話になって、
ひとまず同棲しよっかとなり、
部屋探しや家具を見に行くデートを重ねていた。

ある夜、自宅でご飯を食べていたら見知らぬ携帯からメール。
内容が
「彼彦はアンタなんか遊びだって言ってるよ♪かわいそーに☆」
なんじゃこりゃと思いつつも嫌な汗が噴き出す私子。
彼彦に電話をかけるも1コール目で切られる。

152: 恋人は名無しさん 2011/02/04(金) 09:52:03 ID:Nmb4OaudO
とりあえず、謎の携帯へ返信してみる。
「あなたは誰?」
それに対する返事は
「私A子。彼彦の本命はアタシだよ☆」
頭がクラクラしたが、彼彦の不器用な性格を良く知っているので
浮気を疑う前に、A子はストーカーか何かか?と思った。
それ以降A子に返信はしなかったが、
「A子と彼彦はラブラブ☆」な内容のメールはいっぱい来た。
あと「A子からメールが来たって彼彦にはナイショだよ!バラしたらひどい目に遭うから」
と言う脅し?メールも来てた。

怖っ!と思ったけど、黙っておくわけにも行かないので
次の日の仕事終わりに彼彦に相談した。

メールを見せたら
「怖っ!なにこれ怖っ!」
と私子以上にびびる彼彦。

155: 恋人は名無しさん 2011/02/04(金) 09:59:56 ID:Nmb4OaudO
昨日の晩、彼彦の携帯に電話したら、1コール目で切られたことも話したら
彼彦携帯に着信履歴は無いとのこと。
そしてその時間は、お風呂に入ってたと言うことが発覚…

そして彼彦が顔をしかめて
「姉かも知れない…」と言った。
彼彦にお姉さんがいるのは知っていたが、会ったことは無かった。
話によると出戻りバツイチ30歳で、今は実家でヒキニート状態。
家事やらは手伝うが「離婚のショック」で再就職に踏み切れないらしい。
(私子は「出戻りの姉がいる」ことしか知らなかった)

先日、彼彦が家族に同棲する報告をしたら、姉はあからさまに嫌な顔をしたらしい。

158: 恋人は名無しさん 2011/02/04(金) 10:09:40 ID:Nmb4OaudO
その日、急ではあるが家族に紹介するとの名目で
私子が彼彦宅に顔を出すことにした。
きちんと紹介すれば、姉も納得してくれるんじゃないかと言うので
まぁそうかもしれんと思いついていった。

彼彦がただいま~と実家のドアを開けると
「彼ちゃんおかえり~☆」とリビングから飛び出してきた、姉…
私子には一瞥もくれず彼彦のカバンを奪い取り
「お疲れさま☆ご飯にする?」と甲斐甲斐しく彼彦に接している、姉。

彼彦もハァ?みたいな顔をして「いや、このあと私子と飯食いに出るって言ってあるし…」。
そこに遅れて彼母と彼父が。
「あらあらいらっしゃい~私子ちゃん久し振り!」と普通に声をかけてくれた。
姉はそれが気に入らないのか、
「なんなのこの女?彼彦の彼女にしちゃ可愛くないけど」
といきなり暴言を吐き出した。

161: 恋人は名無しさん 2011/02/04(金) 10:14:31 ID:Nmb4OaudO
彼母が困った顔をして
「姉ちゃん、そんなことなんで言うの?」とおろおろ。
しかし勢い付いたらしい姉は止まらず
「ちび」「ブス」「前の彼女のが可愛かった」etc…
彼父が怒鳴るまで暴言はやまず、怒鳴られたことが不満だったのか姉は引っ込んでいった。

その後は彼父母に死ぬほど謝られ、
彼彦にも謝りまくられて、焼き肉奢られました。

それがつい先週の話。
今後が怖すぎる。
以上です…

続きを読む

このページのトップヘ