タグ:修羅場

314: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/19(木) 23:24:31
この間体験した修羅場投下ー

少し前、私は職場でミスを連発してしまい落ち込みながら一人自棄酒を決行。
自棄酒の後しばらくして、フラフラになってしまったので酔いを醒まそうとお店のトイレに向かった。
歌いながらトイレに向かっていたらトイレの方から「べちっ、ぐちっ」と変な音が聞こえてくる。
なんだろう?と思って覗いてみたら、そこにはとても綺麗な女の人がマウントポジションから男の人を殴っている最中だった。
ノンストップでボコボコにしてるんだけど、あんまりにも綺麗な人なんで、「こういう男を殴る機械か人形なのかな……」とちょっと現実逃避してたら私の近くの壁にピッ、ピッと血が飛び散ってきた……
酔いが完全に醒めたのでとりあえず、止めてー!とか叫びながら女の人を羽交締めにしておいてお店の人を呼んだ。
どっちも血まみれだったのでもうホントに死ぬかと思ったけど、後から聞いたら男の人はあんまり怪我してなくて、ほぼ女の人の両拳の方の出血だった。
全治6ヶ月?ってどんくらいだろうか……

315: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/08/19(木) 23:38:52
続き

必死に女の人を宥めて殴るのを止めてくれたのは良いんだけれど、今度はこっちに縋りついて泣き出してしまうので焦った。拳血まみれだし。
しばらくしてパトカーと救急車が両方来て、男の人は軽症だったので病院→警察で事情聴取。
女の人は私に抱き付いて離れないので結局一緒に病院に連れていき、女の人が泣きやむまで一緒に居ました。
巻き込まれただけで理由も分からない部外者なので、とりあえず調書?を書いてもらい、後から来た女の人のご両親から「後日色々とお話しに伺います!お詫びその他はその時に!」とごたごたしながら連絡先をもらい、とりあえず終了しました。
まだご両親からの話は聞いてないのでなんであんなことになってたのかさっぱりだけど、なんだかとても疲れてしまった……。

続きを読む

276: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/06/30(水) 01:29:58
姉に巻き込まれた話。
長くて読みづらい。

姉は気が強いお姫様体質で、周囲のことはだいたい下僕対象かいじめ対象。
地味でおとなしい姉トメと姉コトメも、下僕といじめの対象に入ったらしい。
自分が一番得をしたいタイプで、義実家が地方の金持ちだったから
「姉トメと姉コトメがいなければ、姉義実家の財産は私のものになる」
ともよく言ってた。
義実家とは別居なのに、自ら姉義実家に姉トメが育ててる野菜を取りにいっては
「姉コトメにいつまで同居して親の脛かじってるの?って言ってやった」
(でも姉コトメは、姉義実家にけっこうお金入れてるらしい)
「犬の毛が入ってそうな料理なんて食べる気しない。野菜もまずいって言ってやった」
(姉義実家は犬2匹を室内飼い。繰り返すけど、その野菜を貰いに自分から行ってる)
「姉トメが着てるのっていつも変な服ですね。私だったら絶対着れないって言ったら怒ったw」
「姉コトメに地味だね、女捨ててるねって言ったら、言い返せなくて引っ込んじゃってw」
とか、他にも色々DQN武勇伝を嬉しそうに報告してきて、
ちゃんと返事しないと、ものすごい剣幕で怒るし、
下僕認定の私が何か言っても、「妹のくせに言い返すな」と言われる。
義兄と姉義実家に対する態度で喧嘩になった時も、毎回私は八つ当たりされた。
私の両親も、私より姉の方がかわいいと思ってるっぽいことは察してたから黙ってた。

277: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/06/30(水) 01:31:36
で、姉のあまりの攻撃っぷりに、姉は義実家に出入り禁止にされたんだけど、
腹いせに姉コトメの携帯に、メールや電話を入れまくって爆撃。
姉コトメは携帯を捨てて、家を出て一人暮らしを始めた。
もともと姉コトメは「結婚するまでは家にいてくれ」と
姉ウトメに頼まれてたらしいんだけど、姉のいじめに耐えられなかったらしい。
姉ウトメがぶち切れて、義兄に
「お前に任せたら娘は財産もなく放り出されそうだ。
お前には父方の財産をやるから、母方の財産は全部姉コトメに生前贈与する」
と言いだして、手続きを始めたらしい。
義兄は姉を庇ってたらしいけど、暴言がひどすぎるのはわかってたし、
何度諭しても反省してないのもわかってたから、生前贈与を止められなかったらしいw
姉は「どうせ姉トメの財産なんて大したことない」と余裕でいたら、
姉ウトの財産は山と畑で、不動産や株などは姉トメが生家から継いだものなのが発覚。
姉が当てにしていた家賃収入も、優待券も、出所はほとんど姉トメの財産。
しかも姉トメは独身時代の貯金と、生家の遺産をあわせて、一千万円を超える現金、
姉ウトに贈られた本物の貴金属がけっこうあることも発覚。
姉ウトの方から生活費が出てるから、姉ウトにはそこまで貯金ないのも発覚w
田舎だから土地自体の値段は安い。姉発狂w

278: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/06/30(水) 01:34:34
「ちゃんと兄弟に半分ずつ相続させるべきでしょ!」と言っても、義兄に
「父親の土地だけでもあればお金に余裕はできるし。発端はお前だし」と言われ、
「貴金属は姉ウトの財産だから、私がもらうべき!」と言っても、姉ウトにバッサリ切られw
「これじゃ結婚した意味ないじゃない!離婚して慰謝料もらうから!」と言ったら、
「なんで意味ないんだよ。親にどんなに言われても、お前を庇ってきたのに。
俺の財産目当てで結婚したのか」
と愛想尽かされて、本気で離婚話が出た。
ここで姉のお姫様根性が出て、
「今までの悪口は全部妹(私)が言ってたの!私も騙されて悪い影響を受けてたの!」
と姉義実家に説明して、私には「私に逆らったらどうなるかわかってるよね」と脅迫w
私の両親も
「このままじゃお姉ちゃんが離婚されちゃう。お前が全部悪いことにして謝れば丸く収まる」
と言ってきて、全部の泥を私がひっかぶらされそうになったw
嫌だって言ったら、「お姉ちゃんがどうなってもいいのか!」と言われて
むしろどうにかなってくれwと思った。
それで両親が三日ぐらいあとに電話で、義兄か義実家に
「妹の悪い影響を受けてただけで、根はいい子なんです!やり直させて下さい!」
と電話してて、「お前も謝れ!」と無理やり電話を押しつけられたから、
振りほどいて一人暮らしの家に帰って、目星付けてたトランクルームに荷物を預けて逃げた。
姉コトメとは顔合わせの時に趣味の話が合って、連絡先とブログアドを交換してて、
姉義実家の電話番号は知らなかったから、姉コトメのパソコンのメールに
「こういう事情だから逃げます」
と連絡したら応援してもらえて、会社の寮に入って、遠い地に逃亡した。
会社にがんがん姉と両親から問い合わせあったらしいけど、無視してもらった。
正直DQN武勇伝は聞き流し+泥かぶらされそうになってすぐ一時逃亡したから、
あんまり言い争いとか、ひどいことはなかった。
お前さえ我慢すればとか、お姉ちゃんがかわいそうとか、電話で言われ続けたぐらいでw
でも即日荷物預けて、会社に転勤を申し出てとか、忙しさ的な意味で修羅場だった。
無事に姉が捨てられたと聞いて記念かきこ。終わり。

続きを読む

249: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/05/22(土) 14:13:26
夜中奥さんに叩き起こされ

自分のマンションにドアノブを回す音…
鍵をこじ開けようとする始末…
男のうなる声…
その後インターホン連打…
覗き穴を覗くとドアに男がへばりついて眼と眼が合い大パニッック
奥さんは恐怖のあまり大泣き

警察の番号もぱにくって思いつかない
落ち着いてやっとの思いで警察がキタ

結局薬をやっていたらしい
しかもマンション住人…
もし鍵をかけ忘れていたら…今頃…

あの眼と眼が合った瞬間は今も鳥肌がたつ

続きを読む

200: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/28(日) 14:46:20
会社の敷地内には、会議室と出張者の為の簡易宿泊施設が合体した
建物があった。管理と掃除は総務部の仕事。深夜残業の時の仮眠室も兼ねてた。

私が出張者の宿泊の用意でフロアに行ったらいきなり壁に突き飛ばされた。
床に転がって見上げると違う部署の当時30代後半の女性Aが形相で仁王立ち
「アンタだったのね?このドロボー猫!恥知らず!!」
訳がわからず「あの・・・用意が・・・」と説明しようとしたら、エレベーター
から関連会社の40代の女子社員Bが出てきて私達を見てなぜかすごい顔。
あわてて戻ろうとするもAさん「おまえかぁぁ!」と追いかけエレベーターに突進
すごい俊足、二人を乗せたままエレベーターは一階へ。
ワクテカしながら非常階段で一階に行くとABの二人はエントランスで乱闘、まぁ下着も
あらわに髪のむしりあいに引っ掻き合いに殴り合いののしり合い。
年配の警備の人が割って入るもはね返されてるし、集まった野次馬とすげー!と眺めてたら
総務部長と次長もかけつけてなんとか二人を引き離した。
二人は別々の会議室に連れて行かれ、野次馬は「全員部署に戻ってろ」と言われしぶしぶ
退散しました。
その後二人の取っ組み合いの原因は一人の男性社員を取り合った為と判明、逢引は昼間の宿泊施設。
二股してたのは当時40代後半の温水さんみたいな既婚のおじさんでした。
A、Bの言うには「あっちがすごくて別れられなかった」んだと。
社内に衝撃が走りましたが、私も狙ってたんじゃない?と言われて非常に迷惑しました。
リネンは外注だったからなぁ。

続きを読む

143: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/22(月) 10:46:36
3年前、姉が、「5年間付き合っている人と同棲したい。なので相手を紹介したい。
きっとお父さん達には理解してもらえないけど…」と言い出した。

「同棲なんて中途半端な事しないで、きちんと結婚しなさい」というのが
親の考え方で、更に「理解されない相手」というワードが親に火を付けた。

どうにも姉が相手の事を話したがらないので、無職かなとか、外人かなとか、
借金持ちとか、父の勤務先とはライバルにあたる会社の人なのかなーとか、
そういった両親のゲスパーだけで、修羅場になった。
「そんないい加減な人じゃないし」「外人だからって反対される理由がない」
「だいたい日本人だし」「お父さんだってキャバクラ行くじゃない」
「ちょっと良い会社に勤めてるからって」「お母さんに介護させてたくせに」と、
姉が父相手に暴言?言いまくり。涙目の母。
妹である私と、弟は傍観するしかなかった。キャバクラのあたりで笑ったけど。

「とにかく、相手を見てもらいたい。今週末連れてくるから」と、
連れてきた相手が、女性だった。
父は目が点。母は「昔から女の子にバレンタインチョコ貰う子だったからw」と、
わりと冷静だった。
姉は特に反対されず、あっさり同棲開始。

姉は今でも、この女性と同棲している。

続きを読む

122: 1/3 投稿日:2010/03/21(日) 03:33:04
流れを読まずに長文投下します。

ある日、義兄(予定)から、姉がKに公務執行妨害と暴行の容疑でタイーホされたと電話が入った。
急いで母と一緒にKへ行くと、取調べ中だから親族は面会できないとのことだったので、何が
あったのかきいた。すると、

・姉、深夜泥酔でタクシーに乗り、指定箇所についたが熟睡状態。起こそうとした運転手を殴る。
・駅前だったので運転手は速攻交番へ駆け込む。
・戻ってきた運転手を殴ろうとする姉を制止しようとしたKを殴り、お持ち帰り。

という経緯だったとのこと。

仕方なく着替えだけ渡して帰り、速攻弁さん探しを始めた。
会社経営の親戚に頼るも、華麗にスルーされたので某保険やさんへ相談。
当該地区の弁護士会の人を紹介してもらい、依頼等のセッティングもお願いし、翌々日に弁さんと
お会いして経緯を話し、姉と面会してもらうことにした。

姉の言い分は「酔っていて全く覚えてないから、殴ったとかわからない」の一点張りだそうで。
弁さんがなだめても脅しても「だって覚えてないものは覚えてないし」
弁さん大弱り。これじゃ方針の立てようがないですよ…と遠い目をされてしまった。

通常、罪を認めれば事情聴取が終わってから保釈されるらしいけど、上記の供述だった姉は
「ヤバイんじゃね?薬とかキメてるかも」など思われてしまったらしく、当然保釈は却下だし
裁判が終わるまで出てこれないので、数ヶ月の拘留が事実上決定してしまった。

123: 2/3 投稿日:2010/03/21(日) 03:33:50
事情聴取が終わったところで、家族の面会が許されたが、顔が黄色や赤のあざがあり、唇の端も
切れたのか、かさぶたになっていた。
これって、姉も結構殴られちゃってるんじゃないの?
と思ったけど、たとえ殴られていたとしても「記憶ないし」な姉なので、どうすることも出来ず。

検察に送られた後、一緒に暮らしている義兄(予定)にも事情聴取の要請?があった。
「ついてきてくれ」と言われたので、会社を休んでついて行ったが、事前に弁さんから
「余計なことを言わず、いかに姉がいい人かと言う話をしてください」と言われていたのに
「俺、嘘つくの嫌いなんだ」と言い出し、最後は検察の待合室で私を罵倒しだしたので、
「ついてきてくれと言われてついてきたが、私がいると余計にいらいらするみたいだから、
 悪いけど帰る。」と言って、一緒にいた義兄の妹に後をお願いして帰ってきてしまった。

義兄(予定)が何を言っていてもわからないので、こちらで動けるところは動くことにし、
母親とともにタクシー会社へ菓子折り持ってお詫びに。
その時にもタクシー会社から色々お話を伺い、再度お詫びをしながら慰謝料の相場をお尋ねした。
すると、休業補償を含め○○円くらいが相場だから、それを支払ってくれたら罪を軽減する
嘆願書みたいなものを提出すると約束してくれたため、慰謝料持参で改めてお詫びに行き、
嘆願書を書いてもらった。

ひとまず運転手はそれでオッケーだということなので、次に交番へ菓子折り持って(以下略)
こちらは
「職務上のことだし、軽症(避ける際に転んですりむいた程度らしい)なので、慰謝料なし」
と言われたので、それ以上やることが無くなり、後は裁判を待つのみとなった。

124: 3/3 投稿日:2010/03/21(日) 03:34:34
裁判に当たり、情状酌量のために立つ証人を、最初弁さんは義兄を指名したけど、義兄(予定)が
ちょっと頓珍漢なことばかり言ってたため、母に変更され、詳しい証言の内容等を打ち合わせ。
勿論、姉とも弁さんは色々打ち合わせしてくれた。

事件発生から2ヶ月が経過し、地裁で裁判。
運よく翌週が空いていたので、翌週に証人なんたらの後結審。
ちょっと時間が空いて3週後に判決。一応、執行猶予がもらえたが、こういう案件にしては異例の
執行猶予の長さだったらしい。

ちなみに、あれから姉はお酒を飲むのを控えるようになり、義兄(予定)はなんだかんだで
義兄になった。

以上。

先月めでたく姉の執行猶予期間が終わったので記念カキコ。

続きを読む

このページのトップヘ