タグ:介護

647: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/13(日) 12:06:47.24 ID:msAk361q0.net
昔の彼女を忘れられず、その思いを吐き出したくてネットをさまよっていたらこんな素晴らしいところ(※ど真ん中スレ)があったんだね。仲間がいてすごくうれしい。
10年前に付き合っていた彼女。
当時20代だった俺はもっと遊びたくて泣いてすがる彼女を捨てたんだっけな。
もう一度連絡していいと思うか?
続きを読む

824:名無しさん@おーぷん2014/11/04(火)12:12:49 ID:MlAA0VVp2
旦那に「最近の晩御飯のおかず、手ぇ抜いてない?」と言われた。
「どこが?」って聞いたら
「以前は副菜が3〜4種類あったのに
最近2種類とか1種類の時もあるし」と言われたので
「あの頃とは状況が違うでしょ」って言ったら
「一日家にいるんだから作る気があれば作れるでしょ。
手ぇ抜くなよ」って言われた。
「で、どうする?明日から自分で作る?」って言ってやった。
ヘトヘトに疲れてる時だったから、旦那の言葉にいちいちムカついた。
そしたら「なんじゃーその言い方は!!」と突然怒鳴ったので
「こっちの台詞じゃ!」と怒鳴り返したら張り倒された。


続きを読む

51:名無しさん@おーぷん2015/10/18(日)10:49:44ID:kZV
懺悔。

気団板の愛してるスレなんかを見て身の程知らずにはっちゃけ
いい夫ぶって
「一日オレが介護を代わるから、たまには美容院行ってランチでもして来いよ」
と嫁に言った。
親父はまだよかったが、ボケてる祖母が思った以上にひどくて2時間でギブ。
嫁に電話して帰ってきてもらった。

帰った嫁に
「途中で帰らせるくらいなら嬉しがらせ言うな。
貴方の後始末も大変だし二度と代わってやるなんて言うな」
とビッシビシに〆られた。

続きを読む

36:名無しさん@おーぷん2014/10/21(火)14:10:10 ID:58RIhshx7
うちの旦那は二男なんだけど、
実家にいちばん近いせいでいつも損ばかり。

義父が10年くらい前に
自転車の乗ってるときに車ではねられて首から下がマヒした時
介護の手伝いをさせられたのはうち。
私も旦那も会社員だから、本当に大変だった。
義父がタヒんだときはほっとしましたよ。
申し訳ないけど。

でも相続の時は、面倒みなかった長男と長女が出てきて
義母に相続させるからということで、相続放棄させられてしまいました。
私としては、もらえるもんならもらいたかったし、
うちばっかり負担してたってのもあって、
旦那の決めることとはいえ、何のねぎらいもなく
うちが相続放棄して当然という義家族の態度には、かなりムカつきました。
でも、旦那が決めてしまったことなので、相続を放棄する代わりに、
義父の介護はうちがやったんだから、義母の面倒をうちに見ろということは
やめてくれということは旦那にはっきりと言いました。

旦那が義家族にそのことを言ったのかどうかは知りませんが、
もし義父の時と同じことになるなら、
つき合いきれないのでその時は私の労働力に対する対価として、
旦那から1000万もらって離婚する。という約束をしました。
旦那は軽く考えていたのか、はいはい、みたいな感じでしたが、
私が司法書士に頼んで、公正証書を作ると、やばいと思ったようでした。


続きを読む

339:名無しさん@HOME02/07/29 06:50
姑の退院が決まって、私たち夫婦は転院(出来ればホーム)を主張したのに
義姉は「そんなの可哀想、家で寝かせてあげて」と泣き落とし

退院の日、私が病院からの有料送車に渡した住所は義姉家 
わたしは入院の後始末、荷造りや支払いやお礼で忙しくてよく知りませんが
なんかその日は義姉の家パニックだったそうです(笑) 

言ってスカッとじゃないのでサゲときますね


続きを読む

232:名無しさん@HOME2008/03/18(火) 17:36:43
数年前、コトメが運転する車に轢かれて、両手左足骨折と言う怪我で、
数ヶ月の間、車椅子でせざるを得なかった事がある。 

その時、事故で警察沙汰になったのを、 
「家のコトメちゃんの他愛のない可愛い失敗を、警察沙汰にしやがって」 
と恨んだらしく、食事・トイレ等と、旦那のいないときに、色々とやらかしてくれた。
その結果、実母の行為にあきれ果てた旦那が、一緒に暮らせないと宣言して、現在別居。 

先日、トメが階段から落ちて骨折し、しばらくの間は車椅子で生活する事に決定。 
お見舞いに行ったら、外面のいいトメは他の見舞客の前で、 
「なんのにも立たない年寄りの面倒を、
若い嫁に見させるなんて心苦しいんだけど、こんな時です物ね。
嫁子ちゃんお願いね」と、私に介護させる様な事を発言。


続きを読む

このページのトップヘ