タグ:乞食

1: 風吹けば名無し 2017/06/26(月) 01:27:50.16 ID:YTgTLY3o0
ジモ❍ィのほうが10倍はやばかった…
続きを読む

349: 名無しの心子知らず 2017/10/31(火) 17:11:28.18 ID:1CUS1+SJ
子が1人でピンポンならせるようになったので初ハロウィンに挑戦した
100均でマントと帽子買ってあげたらいっぱしの魔女に変身できた
せっかくだからママ友が住んでるタワーマンションに行って
上の階から順番にインターホン押させたけどほとんどの人が出てくれなかった
反応あった人も今お菓子がないからごめんねーとかって誤魔化された
高そうなマンションに住んでるのにケチばっかり
ハロウィンはもう日本で定着してるのにとモヤモヤした
続きを読む

77:名無しの心子知らず2006/02/03(金) 22:42:44 ID:DgkDdE5n

吐き出させて下さい。

先日、学生時代からの友人と一緒に個室懐石料理店で食事しました。
子連れ歓迎、と書かれていることと個室なら子供が少々ぐずっても迷惑にならないと思い
それぞれの子供(うちは3歳、相手は5歳)を連れて行きました。


相手の子がお子様料理を頼むので、一緒に同じ物を頼んだのですが
「○○くん(うちの子)が頼むなら、うちは頼まないわ。どうせ余るだろうし」
と言われてしまい唖然。
とりあえず「うちの子よく食べるから余らないよ」と言いましたが(実際あまり食べない)
「いいのいいの、残り食べるから」と結局頼まず。

私たちは同じ料理を頼んだので問題ないのですが
子供はお子様料理1つだけなので、当然ジュースや子供の好きなデザートも1つだけ。
店員さんも最初のやり取りを見ていたので、うちの子にお子様料理をおきました。
子供がジュースに手を伸ばそうとした瞬間、相手の子がジュースを勝手に取りうちの子ギャン泣き。
即座にデザートだけは「これは後で食べようね」と自分側に置き阻止しましたが。
友達は全然気にしない料理で美味しいを連呼して食事。
勿論、自分の子供に分け与えることもなく1人で食べる。
続きを読む

630: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 01:10:23.90 ID:alhfo7bG.net
他人のご飯にまで手を出す人の神経がわからん

去年一瞬だけ付き合ってた人がその手のタイプで、一人暮らし用には少し大きいくらいのテーブル一杯に料理を作ってその八割方食べ尽くす。私も一緒に食べてるのに五割残そうなんて気が全くない
一度はテーブル一杯の料理を並べて後片付けしていた時に全て食べられたこともある。その日は気合いを入れて料理をしたい気分だったから約八千円分の食材が全て並んでた。食器や調理器具を洗って席に着いたら全てなくなってた
「なんで食べるの?」と聞いたら「お皿を分けてなかったから」だって。一人暮らしの家に毎週末入り浸っておいて、一人暮らしの家には最低限の食器しかもたないことが想像つかないのか

全くの別件で彼に料理を作る気が全くなくなった時に「お腹すいた」と言われ「好きに食べたら」と言ったら私の作った常備菜を勝手に食べ始めた。
それでも足りないのか、「私は二度と貴方に食事を作らない。年始には置いてる荷物を持って帰って」と宣告したら「年越しそば食べたい。作って」だと


性根までとことん卑しい人間っているのは分かった。分かったけどそれならなんで自分でご飯を調達せずに他人にたかるのか。どう思ってそんなことを許されると思ってるんだろう
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)18:11:47 ID:pjk
俺、卵と白ご飯を注文してたべてた
隣のじいさんは定食で肉をたべてたが2切れくらい食べて帰ってしまった
残ってたからそれをもらおうとしたら店員に断られた

どっちがわるいんだよ
続きを読む

786: おさかなくわえた名無しさん 2012/02/10(金) 15:46:06.88 ID:5YTR4KF3
職場に中途入社してきた人が 
すごい人懐っこい感じで、すぐ仲良くなって 
お茶することになったんだけど 
「車もってなーい(チラ見)」「お金なーい(チラ見)」を連発 
こっちは車買ったばかりで、運転は慣れてない状況だったから 
「まだ怖いから、しばらくは誰も乗せないよ。もし乗りたいなら 
何があっても文句言いませんって一筆書いてもらうから」と 
冗談半分で言ったらその後近づいてこなくなった。 
私の方がかなり年上だから、おごるのも車にのせるのも当たり前ー 
みたいな感覚だったようだけど、そんな義理無いし。 

その後、学生時代の友人がその人と習い事で同じ教室だったことが 
分かって上記の話をしてみたら 
教室の人がはぼ私と同じ体験をしていた。 
たかられる前に離れてくれて良かった。
続きを読む

このページのトップヘ