タグ:九州男児


55:恋人は名無しさん[]2017/10/18(水) 09:13:13.80 ID:Pj7LMzMm0.net
長くてすみません
当時私20代前半、彼氏30代前半で結婚の話が出たからとりあえず保留にして相手の両親に顔見せ程度の挨拶に行って台所でお母さんの手伝いをしてた際、お母さんが台所でポツリと
「彼女さんには優しいのね」と。
彼氏の実家をあとにしたころから私も殴る蹴るをされるようになり

「お前みたいな若い女をわざわざ嫁にしてあげるんだから俺の言うことを聞け、あー俺の戸籍汚れるわー」(え?)
「専業主婦は寄生虫、パートもダメ」(現在正社員、辞めるつもりなしだがその言い方どうなのよ)
「お前の給料で生活していくから年収1000万目指せ、俺の給料は俺の娯楽のために使う」(当時のふたりの年収合わせて650あるかないか、たとえ40~50代でも年収ひとりでそこまで行けないでしょう)
「産休はしょうがないが育休は会社にも俺にも迷惑だからダメ、息子はいらない、お前そっくりな娘のみ可」(何言ってんだお前)
「同僚の前でお前の弁当をマズイマズイ言ってゴミ箱に捨てるのがのろけ、夢だから毎日作れ、冷凍食品は許さない」(今まで美味しいって言ってくれてた、てかご飯捨てるな)
「家事育児全般お前がやれ、俺は仕事と友人の遊び相手で忙しい」(お前仕事と遊びだけじゃん)
「妻というのは本来夫を労うものなんだから俺は仕事辞める、養え」(「専業は寄生虫なんじゃなかった?」と言い返したら「寄生虫はお前じゃー!」と腹蹴り一発やられた)

などいきなり言われ、言い返しても殴る蹴るでどうしようもないのですぐに別れた。
九州出身の人(現在親も九州にはいない)で「向こうではこれが当たり前」と言っていたけど当たり前なの?お前だけでしょ?と思いつつ他の九州出身男性と会うと身構えするようになってしまった。

続きを読む

【後編はこちら】
68: 1/2 2009/08/03(月) 13:51:23

エネだろうか?と思う部分もあるので違ってたら適切なスレへの誘導お願いします。

夫が大工で義父がその師匠にあたる感じになり、現在は二人で組んで仕事をしています。
もともと、旦那はサラリーマンで、義父と長く組んでいた人が事故にあい、一人では厳しいが
年齢的に新しい人を育てるのもキツイから一緒にやらないか?と夫に持ちかけたのがきっかけ。
夫は当時恋人だった私に相談もなく、勝手に仕事をやめ、勝手に義父に弟子入りをしました。
そのことで一度別れかけたんですが、最終的に「ちゃんとサラリーマン並に稼ぐから」というのでそのまま付き合いを再開しました。
義父も「今は弟子状態なので日給も安いが、そのうちちゃんと給料はあげる」と約束しました。
その後、婚約して結婚したのですが、日給があがることは一切ありません。
結婚を機に、と口約束をしていたのですが「不況で仕事は減っており、
給料をあげるのはもう少しまって欲しい」といわれ、現在まで一度もあがっていません。

何がムカつくかというと、そういう事態について旦那が「親の生活も苦しいから」
「両親は俺たちのために充分してくれている」というスタンス。
いや、結婚式だって親は一銭も出さなかったし、今だって何もしてくれてないでしょうに、と言いたくなります。
私の給料があるからやっていけるだけで、彼一人の収入だったら生活していけないレベルです。

そしてここにきて、私が病気になり、現在休養中で無給状態です。
当然、貯金を切り崩して生活するしかなくなっています。
給料の値上げを頼んだら?というとその日のうちに旦那から
「給料の賃上げ交渉をしたいから、両親と自分とお前と4人で面談をしよう」とメールがきました。
何故私も・・?と思って嫌な予感がしたのですが、私が病気で働けない状態であることを伝えて欲しいのかと思い
当日、両親を家に迎えました。
続きを読む

184:名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/04(金) 13:11:09.60

叩かれ覚悟で吐き出し
嫁が美容院へ行った。おれは一応「切ったの?サッパリしたな」といった
前に何も言わないと不機嫌になられたからだ
すると嫁「サッパリって、床屋に行った男に対する言葉みたい」と不機嫌

いつも代わり映えしないショートだから、コメントしようがない
続きを読む

【②はこちら】

41: 1/2 2007/09/13(木) 02:06:20

悪名高いQ臭男児の夫。むかしは武家だったというのがご自慢の割には 
ろくな躾も受けておらず、食事中に肘をついてシーシーと下品な音をたてる。 

二言目には「男たるものは」だの「女というものは」だの言って 
家事や育児はしないできないしたくない妻に丸投げだけど 
わたしのやる家事などに不足を言い立てる。 
でも稼ぎが少ないからパートで家計を補ってほしいってなんじゃそら!

男らしさを強調する夫だけど、内心はプレッシャーに弱く女々しい。
特におかあちゃんの言うことは絶対服従で無理難題に逆らえず、
ストレスをわたしにぶつける始末だった。

さらにぼけた性悪婆の下の世話を嫁に押しつけ、看取ったお礼どころか、
「もっと○○だったら母は長生きできたのに」って、
介護を面倒がって帰ってこず、婆をわたしに押しつけて
飲んだくれて遊んでいたおのれが何偉そうに言ってるんだか!
続きを読む

このページのトップヘ