タグ:不細工

20 :愛とタヒの名無しさん2009/06/08(月) 00:48:31

つい最近会った、38歳彼女なしとの男性の会話です。息子を溺愛するお母様に紹介されました。

最低な奴でした。

不細工なのにナルシスト(笑)
5回も言ってるという行きつけのお店につれて行ってもらいました。(予約)
入るなり、『4名の席にして』4名席に向かい合わせで座りかけたら、『俺タバコ吸うから左に座って』
タバコの煙気になるなら、食事中は控えろよ!!
店員さんに料理頼む時、『まあ、あとは考えて頭使って持ってきて』と言った
何様?



『化粧水.乳液は毎日欠かさずつけてて、ビタミンCサプリを毎日摂取。だから俺はだ白いねん』と言われたけど、黒かった。
「肌黒いですね。もっと白いと思ってました。」
「そう?でも俺肌奇麗やろ?」と顔を触りながら言う。
「高校のとき授業中寝てたら男に○○って寝顔きれいやな、女みたいやって言われてん」
だから?マジきもい!
「俺今ではこんなワイルドな格好してるけど、昔は髪延ばして前髪7、3にしてお坊ちゃまの格好しててんで」
ワイルド?その体が? 『細マッチョになりたいねん』はいはい、好きにして。

「毎日体鍛えてるねん。これ全部筋肉」と右手を触れと言わんばかりに出してきた
 あえて触らなかったら、『ちょっと触って』って言ってきた。
それって女が合コンで使うボディタッチやろ!! キモイ!!
『パスタとピザどっちがいい?』っと聞いてきて、『パスタの方がお腹持ちいいで』それってパスタにしろってことやん。
そんなのはじめから聞くなよ。
パスタはニンニク入りのを頼んだ、次の日休みとはいえ初対面の女性の前で、普通食べるものなのか?

『俺って子供にはめっちゃ好かれるねん。友人夫妻の子供の面倒を見に行ったら、子供が俺にしか見せへん笑顔を見せるねん。
友人夫妻もびっくりするねん、そんな笑顔家では見せたこと無い。毎日でも来てもらいたいぐらいやわ。』って言われるねん。
続きを読む



女「男がSNSの画像をsnowにしてる奴はキモイ」

1 :名無しさん@おーぷん:2017/01/13(金)01:24:25 ID:jyZ

ガチやぞ
続きを読む

23:本当にあった怖い名無し2013/11/14(木) 11:23:52 ID:o5/BDKbeO

長期じゃなくてその場でやり返した話だが…
高校の時不細工過ぎていじめられてた。
ボウリョクとかは無かったが
ある日階段の踊り場で、いじめ主犯のリア充男に後ろから唾を吐きかけられた。

その男は自分より大分大きかったから普段なら掴み掛かるなんぞとても出来ない。
だが病的な潔癖症の自分には、いじめ云々でなく他人の病原菌が付着したことが大問題で
他人の病原菌なんて誰だって嫌だろうけど、汚すぎて何も考えられなくなる程だった。

自分はパニックになってその男を階段から突き落とした。
続きを読む

1名無しさん@おーぷん 2017/09/07(木)14:14:37 ID:4zG
「あなたのことは愛してるし結婚もしたいけど、
あなたの子供は産みたくない」


ファーーーーwwwwww
続きを読む

322:可愛い奥様投稿日:2012/11/19(月) 15:01:01.85ID:cdkwrm/G0

37歳主婦 
容姿に関しての相談です。

子供の頃から容姿の事でバカにされたり
苛められたりしてきました。

子供時代から両親や親戚から
「不細工だから1人で生きていけるように
手に職を付けないといけないよ」
と言われ育ちました。

高卒で就職した時は先輩達が
「○さんってお母さんみたいだね」
と噂してるのを聞いた事があり、

まだ独身だった23歳頃には取引先の男性から
「お子さん何人居るのですか?」
と聞かれた事もあります。

25歳で結婚した時は、皆さん
物凄く驚いてたと同僚に聞きました。

現在もパート先で、
既婚だと知ると驚かれました。

子供の学校でも
「スゲー。誰のお母さん?」
と叫ばれた事もあります。

どれだけ不細工か
お解かり頂けたかと思います。
整形した方がいいですか?
外に出たくありません。
続きを読む

659: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/23(木) 23:40:32.56

自分だけ不幸な話。 

20代前半の頃、新婦(23)の友人として式→披露宴に呼ばれた。 
初めて参加する友人の結婚式のため、
気合いを入れて精一杯オシャレしようと幼なじみの経営する美容室に行き、
肩くらいまでの髪をおしとやかな可愛らしい髪型にしてもらうように注文。
ウキウキして気分が良くなって、途中で寝てしまったんだが…
起きたら「林家パ❍子」みたいな髪型にされましたorz
(しかも幼なじみ母は大絶賛なので何も言えず)

そのまま友人の式に参加したけど、新婦・新婦父は爆笑。
「来てくれてありがとうw」と笑いながら言われたが、新婦が笑ってくれるから、こっちも笑顔になれた。
が、新郎(33)に「ご無沙汰してます。このたびはおめでとうございます。
これからは新婦ちゃんを大事にしてくださいね。」とそのままの笑顔で挨拶したが、ガン無視。
目も合わさない。

たしかに変な髪型で出席してしまったので失礼かもしれないが、新郎の態度にガッカリした。
新婦は目と体で『ゴメンネ』とやってくれていた。


結局その新郎新婦は入籍前にDVで別れてしまったが、
あの時の写真やビデオが処分されたのと、新郎の態度を思い出して安心してしまった。
他人の不幸なのに安心して申し訳ない。
続きを読む

944: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)16:08:21 ID:cDr
俺デブで不細工なんだけど、嫁さんがいる
可愛くて料理めっちゃうまくて
家はいつも綺麗にしてくれるし、俺の稼ぎそんなないから働いてくれてる

たまに毒吐くけど
それがギャップで面白くて、嫁さんといるといつも楽しい
 


付き合ってた頃は遠距離だったんだけど、
こっちに来てくれるときはめっちゃ早起きして弁当作って持ってきてくれたり
結婚してからでも誕生日とか記念日なんかには豪華な飯とかケーキ作ったりしてくれる

ちなみにまだデブだけど嫁さんが低カロリーでうまいもん作ってくれて、
一緒に散歩とかしてくれたおかげで 結婚してから10㎏は落ちた

本当に俺にはもったいないくらいなんでもできる嫁さんだし、
ある日
「なんで結婚してくれたん?」って聞いたら
「だってあたしが作るごはん俺くんみたいに毎日おいしいおいしいって食べてくれる人いないし
あたしが何かするたんびにありがとう!嬉しい!って喜んでくれるし、
そんな顔ずっと見てたいなって思って。
ちっちゃいことかもしんないけど、大切にされてるなー愛されてるなーって思うもん。
逆に毎日ありがとうだよ」

って言ってくれたあと、
すぐ真顔になって
「でも服のセンス皆無だから、今度一緒に買いに行こう」ってまた少し毒吐かれて
でもなんか楽しくてうれしくて、
この子に出会えて本当によかったなって思った

頑張って働いて、
俺もいっぱい尽くしてあげれるように頑張ろう

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2016/06/02(木) 16:55:48.27 ID:kTTxyHVh0
カス
「見た目なんて関係ないよ」

日本人
「お前が嫌われるのは見た目の問題じゃないだろ。
中身の問題」

クズ人間
「不細工だってモテてる奴いるだろ。あまえるな」
続きを読む

180: 彼氏いない歴774年 2009/07/19(日) 14:17:54 ID:SebwHNWn
バイト先のキモ男から
件名
お互い、楽になろう?

本文
毎日辛いよね…気持ち、わかるよ。いやほんと。
恋人がいないって辛いよね…。
俺は自分が不細工だって自覚してるし、
可愛い子とは付き合えないの確実だってわかってる。
だから、あきらめたんだ。

だって、不細工の心は不細工にしか理解できない…
逆に言えば、不細工って性格いいんだよね。
だから俺も喪子ちゃんもお似合いなんだよ。
だから付き合おう。

俺、顔のことは気にしない。喪子ちゃんもそうでしょ?
お互い、お互いをタブーにしよう。

一緒に恋愛を学ぼう。


なんか突っ込み所が多すぎてもう…
続きを読む

67: 名無しさん@おーぷん 2015/06/08(月)01:26:47 ID:FOb

今も続いてる修羅場。
厳密には今は修羅場ではいかもしれないけど。

うちはいじめられる家系らしくて 
家族全員イジメられた経験があるという
いじめられっ子のエリート血筋。

おそらく原因は容姿だろうなぁと思う。
顔デカ、スタイル悪い、目ちっさいし一重だし鼻はでかい。
普通一個でも人が持ってたらコンプになる要素が勢揃い。
おまけにオイリー肌。

だからファッションとか人一倍気を使って
なんとか無難にまとめなきゃいけないのに
なぜだかファッションに気を使うのは
馬鹿のすることだと思ってる両親達

私は自分なりに色々やってきたけど
両親はそれを見て色気づいてると笑っている。

でも私がいくらがんばっても家族で出かけると無駄だ。  
みんなくっそださい上に髪型がノータッチすぎて不細工が際立ってる。

で、ここからが修羅場なんだけど
就職した職場でいじめが始まった。

同期にかわいい子が多くて
その子達が話しかけたら返事はするけど
私には無視したり、なぜか笑われたり。

女子達もプッ…wwって感じで
たまに変な虫を棒で突くみたいな感じで
話しかけてきては仲間内で爆笑していた。

上に相談したけど笑われてしまった。
だってしょうがないよ、生まれつきだしーと。
それって生まれつきだから 
馬鹿にされてもしかたないってことか?と泣きたくなった。


続きを読む

このページのトップヘ