タグ:不倫


【②はこちら】
16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/06(木) 09:55:45.67
妻に浮気されました。
昨日浮気現場(腕組んで仲良く歩く姿)を目の当たりにしまだショック状態です。
妻も言い訳もできずうろたえています。
浮気現場の先にはホテルがありそこからでてきた直後でしょう。
自分も妻も話ができない状態です。

間単に時間を追ってみます。
仕事で現場を通る→偶然浮気中の妻と鉢合わせ→仕事を中断して家に戻る→ほとんど同時に妻が帰ってくる→話すことができず仕事に戻る→帰宅→うろたえる妻を無視して別の部屋で寝る→間もなく仕事に行く。

めちゃくちゃ動揺しています。
どうしたらいいかわかりませんし話することが怖い。教えてください。
妻35、小学生の子供が二人います。
一度仕事に行ってきます。

続きを読む


553:名無しさん@お腹いっぱい。2017/08/19(土) 17:48:26.98 ID:TpXWryT10.net

ネタっぽい話だからここにカキコする
嫁の浮気スレでよく見る復讐を実行した
むねがスッキリしたね
最初にこの復讐やった奴マジで神!

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
94:旦那 ◆or0XnlxUXQ2006/04/11(火) 22:43:11

落ち着いたんで報告に来ました。
今、実家でPC無いため携帯から失礼します。
先週の月曜日に無事に離婚が成立し、元嫁は実家になんとか返しました。
相手の奥さんなんですが過度のストレスから流産してしまい、やり直すの辞めて離婚に向けて話を進めてるみたいです。
間男から貰った慰謝料はそのまま元嫁に渡して奥さんへの慰謝料にしとけと言っておきました。
今、何故か間男奥さんから色々相談受けてます。
しばらくぶりの独身は気分が良いです。
実家に戻る時にうちの両親にも一応話をしたんですが俺の子供の母親になるのが見えなかったらしく次があるさと励ましてもらってます。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【⑤はこちら】
46:旦那 ◆or0XnlxUXQ2006/03/29(水) 15:32:25

タイミング悪い登場で嫌ですが…。
皆さんに甘いとか言われてることが良く分かりました。
今は嫁、間男に対してかなり怒りがあります。理由は子供。自分の為なら平気で命を粗末にする奴だと分かったから。
キッチリ制裁やることにしました。鬼になります。

職場の為、携帯から失礼しました。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
786:2642006/03/26(日) 03:01:41

皆さんの言う通り自業自得ですね。
一人が辛くても我慢します。情けないですよね。
旦那には幸せになって欲しいです。

続きを読む


220:おさかなくわえた名無しさん2016/01/09(土) 11:38:24.42 ID:tRds3/vr

あなたのおかげでお父さんとお母さんは結ばれたのよ
~子どもは天使よ~と母から言われて育った。

ピンクのフリフリ着せられて、
可愛いね~って満足そうだったので、
好きじゃないっていうのは我慢してた。

しっかり者で偉いわ~って言われてた。
色んな場所に連れて行ってもらってた。
私は幸せな子どもなんだと思ってた。

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
1:◆w4Io0zuR8c2012/01/23(月) 00:54:54.19 ID:9Hf/jO6W0

前スレ落ちたみたいなんで報告という形でスレ立てしました。
見ていてくれていた方々居ますかね?

淡々と話します。
ちなみに本日もiphoneですから亀です。

続きを読む


【①はこちら】
【③はこちら】
138:名も無き被検体774号+2012/01/18(水) 05:20:17.12 ID:hoJuQxXd0

当然、離婚となったら慰謝料は発生するだろね。
で、この場合、主任嫁は>>1の彼女をも訴えたり金銭的な要求もできたりするのかね?

続きを読む


【②はこちら】
【③はこちら】
1:名も無き被検体774号+2012/01/18(水) 03:41:55.05 ID:E1kf8AEN0

2時間前まで不倫相手の彼女上司と話し合いしてきた。
落ち着いてきたんで誰か聞いてくれないか?

続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
111:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/22(水) 15:43:00.40

嫁別荘
離婚は既定路線だとして 前にお前自身は「婿」だって言っていたが 土地・建物は誰の名義になってる?
たしか 嫁の記入済の離婚届も持っていたよなあ 嫁が(別宅に)出て行くって判断で良いのか? 嫁母はどうすんの?

続きを読む

このページのトップヘ