タグ:ワロタ

983: 名無しさん@HOME 2011/03/08(火) 12:56:13.23
うちの子供が生まれた時、トメが名前を考えた。 
例えば「五郎左ェ門」みたいな、ある意味DQネーム。 

これに大賛成したのが性格ブスなコトメ。

続きを読む

954: 名無しさん@HOME 2011/10/20(木) 14:16:34.97 0
豚切ます。長いのでわけます。1/4

義実家にて同居中。基本的にみんないい人。

ある日、全員揃った夕飯の席で、
夫が「主婦ってニートだろw楽しすぎw」と発言。   

続きを読む


707 :名無しさん@HOME 2017/05/30(火) 04:14:37.49 0.net
夜勤終わりにふと思い出した昔の思い出を書きます。

俺が中学の時に学校で火事が起こり、火事の方はボヤ騒ぎ程度で過ぎに収まったんだけど
その日は消防の何かの都合で急きょ休学になった。

そんでラッキーと家に帰ってジュースを飲もうとリビングの扉を開けると、
そこには姉(高校生)の体操着を着た母と全裸の父が居た。

両手を上にあげ何て言えばいいかな?
犬?オオカミ?のような感じで
「ガオー!」と言いながら姉の体操着を着てる母に襲い掛かろうとしている父。

かたや母は若かりし頃の乙女に戻ったのか
「キャー」と普段は聞いたことの無い若作りしたか細い声で叫んでいる。


もうどうしていいか分からなかった。


二人は俺に気づいてない、見て見ぬ振りをすれば良いのか迷ったが

  俺は 喉が渇いてた。

だから父と母には申し訳ないが無言でリビングに入り、
台所に行くと冷蔵庫あけてコーラとってそのまま自分の部屋に行った。

いつもは無口な父は両手を挙げて
獣ポーズのまま固まり、母は床に女座りしたまま硬直してた。

夕方飯食いにリビングに行ったら普段どおり無口な父が
 ソ・・・っと俺に 1万円札 渡してきた。
もちろん有難く貰いました。
でも姉にはチクっておいた。
続きを読む


212 :白い風 2017/02/10(金) 07:10:21.29 ID:+ui/rpQ70.net
時間は優しい

傷ついた心も

ゆっくり癒してくれる

いつかは元気な自分に戻してくれる

あの人のことも時間とともに

いつかはいい思い出になって

私を笑顔にしてくれる

その時まで私は

時を彷徨う旅人


とか嫁の日記(ポエム?)に書いてあったんだが

浮気でもしていたのだろうか?
続きを読む


602 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 20:31:09.90 ID:8JIptk3l.net

「結婚したらすぐに家を建てる、絶対に同居はない」
と約束して結婚した途端、同居。

姑に泣かされ小姑も半同居で散々だった。
何百回も離婚が頭をよぎったけど子供が大きくなるまではと頑張って20年。

子供がそれぞれ就職が決まり家を出るらしいので、
今年こそと思っていたら、
旦那が嬉しそうに
「家を建てようかと思う!」と発表。

え?みんな家を出るこのタイミングで?
家族全員が「ハァ?!」の中、
嬉しそうに見せてくれた設計図には、旦那の仕事場と旦那の部屋しかなかった。

台所すらない図面を見て失笑しかなかった。
なのに旦那は私たちがめちゃくちゃ喜ぶと思ったらしく、期待に沿わない反応に激怒。

そんな旦那に対して
「その設計図に台所も子供の部屋もないよね?誰が住むの?」
と聞いたらハッとして黙り込んでしまった。

それ以来、家を建てる話はお蔵入り。
20年も連れ添ったけど、やっぱりあの神経は理解できなかった。
続きを読む


580:名無しさん@HOME2014/10/06(月) 23:56:54.17
夏休みに遊びに来た義兄子を泊めてあげたんだけど
義兄夫婦が迎えに来た時に義兄嫁に
「これほんの気持ちです」と ニッセンのカタログを渡された。

本屋とかに
「ご自由にお持ち帰りください」って置いてあるやつ。

その場にいた義兄嫁以外
 「?」
義兄嫁、お礼のカタログギフトのつもりだったらしい…
義兄は
「お前、これじゃギフトじゃなくて普通に通販するだけだろ…」って呆れてるし
義兄子は
「もうお母さん!恥ずかしいことしないでよ!」と顔真っ赤にしてるし

私夫婦は下を向いて笑いをこらえるのに必タヒだった。

義兄嫁だけ
「え?これ違うの?」ときょとんとしてた。

そして先日、そんな義兄嫁から
「ねえ、ヤフオクって使ったことある?」と聞かれ
話を聞くと落札したのに一向に商品が届かないのだという。
嫌な予感がして
「出品者に連絡しました?振込みしたのはいつ?」と聞いたら
義兄嫁
「えっ?」

案の定、落札した後出品者に何の連絡もせず、商品が届くのをただただ待ってた。

もう店頭での購入だけで生きていった方がいいと思う。
続きを読む

このページのトップヘ