タグ:ロボット


309:名無しさん@おーぷん2017/10/27(金)16:03:01ID:ATB
ごめん、愚痴。
夫と私は共働き。

私の方が拘束時間が長め。
私が出勤で夫が休日という日、
夫に散らかったリビングの
片付けを頼んだ。

散らかされた物はほとんどが夫の物だったし、
夫も了承してくれた。

夜、仕事から帰ってきたら夫は家におらず、
部屋もそのまま。
帰ってきた夫(遊びに出かけてたらしい)
を問い詰めたら、
「やった」の一点張り。


「これ、どこが片付いてるの?」
「やった」

「でも机の上のコップ、朝のままだよね?」
「やった」

「床に物が散らかってるよね?」
「やった」

「掃除機出した跡もないよね?」
「やった」
・・・・

ロボットのように「やった」しか言わない夫に
辛抱強く問い続けてようやく何をしたか聞けた。
空になったAmazonの箱を動かしたんだって。
床からテレビ台の上(すごく邪魔な位置)に。

ついきつく「え、それだけ?
片付けまったくできてないよね!?」

って言ったら、「できてる!!」
って発狂しだしたわ・・・。

最終的に夫が
「君の満足いく結果ではなかったかもしれない。
でもやろうとした。努力しようとした。
その過程は認めるべきだ」


「どちらも悪くないんだから、
お互いに認めあうべきだと思う」

って言い出したから、
イライラ通り越して吐き気がしてしまった。
どうみてもお前は悪いだろうがああああ!!!

夫の言っていること、
まったく理解できないんだけど、私おかしい?

部屋ぐちゃぐちゃなのに、
まったく掃除してないのに、
「掃除しようとした」って言われたら
それを認めないといけないの?

お互いアラサーでそろそろ子供も・・・
と思ってたけど、こんなんじゃ無理。

続きを読む

52: 名無しさん@おーぷん 2014/05/16(金)20:33:59 ID:???

カーチャンがいつか氏ぬ生き物だと実感した瞬間。
健康診断にひっかかって、再検査してもやっぱりそうで入院が決定して
ああ、カーチャンっていつまでも生きててくれるわけじゃないんだと初めて実感した

理屈じゃわかってたんだがそれまで身近に起こるものだと思ってなくてパニくった

カーチャンはロボットのように丈夫で、働いて帰ってきたらメシつくって
洗濯して家をきれいにして風呂を沸かして親父の面倒をみるそういう生き物だと思ってた
メンテせずとも永遠に動くような気がしていた
でもそんなことあるわけないよな…

でも焦燥感があるだけで別に何するわけでもないんだよな
頼られもしないし、何かしてくれとも言われない
見舞いにくらい行った方がいいんだろうけど
なに持って行ったらいいかもわからない
バスの乗り継ぎ方も知らない
続きを読む

このページのトップヘ