タグ:ライン

725: 名無しさん@HOME 2017/10/07(土) 15:07:22.29 0
夫と二人暮らし、現在妊娠4ヶ月。 
昨日友人とラインで6人サツ害事件の子供の名前がDQNだと話していた。
その時に友人が書いた一言がクスッとくるもので不謹慎ながらも少し笑ってしまった。

すると隣でゲームをしていた夫にどうしたの?と聞かれ、
あの事件の子どもの名前が~と説明した瞬間に神経がわからないとブチギレ。
その後も一切無視され、今日になっても無視。

亡くなった子どもの名前を見て笑ったのではなく、 
友人の一言に思わず笑ってしまったということを説明しても、
お前の感覚がおかしいと尚も怒りが収まらない様子。
たしかに不謹慎なネタではあったと思うが、そこまで怒ること? 
と思ってしまった。 
普段は人に口うるさく汚い言葉は使うなと言うくせに、
お前と呼ばれたことにも腹が立つ。
喧嘩するとお前と言う癖があり、先月もう二度と言わないと誓ったばかり。
会話も夫とだったら地雷かもしれないと思うからこの会話はしなかった。
聞かれたから説明したのに、結婚してからこのような地雷が多くて、
常に気を遣いながら行動、会話する日々。

私は嘘を付けない性格だったが、
最近夫には地雷の可能性があると思うと平気で嘘を付いてしまう。

そんな関係性、夫婦と呼べるのか。
これが永遠に続くと思うと最近は離婚も頭に浮かぶ…。
続きを読む

ワイ、女の子との初デートで遅刻をし、無事ラインブロックされる…

1 :名無しさん@おーぷん:2017/02/18(土)19:13:28 ID:C7f

何があかんかったんや…
続きを読む

400: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)16:07:12 ID:jqM

旦那が長期出張から帰って来たときに出した料理が手抜きだと言われてしまった。
ちなみに出したのは、
焼肉丼となまりぶしのサラダ、とろろ昆布の汁物に甘夏のほろをとって砂糖をまぶしたデザート。

焼肉丼は、茹でた小松菜にごま油と白ゴマを入れたものをご飯に混ぜ、焼肉を乗せたもの。たれも手作り。
とろろ昆布の汁物は、だしつゆをあたためておき、とろろ昆布を投入し最後に青ねぎとかつおぶしをまぶしたもの。
なまりぶしのサラダはなまりぶしに生たまねぎを混ぜたものをポン酢で頂く。
旦那は食べもしないでため息をつき、出張先でお世話になった女の子の手料理の方が食欲がわくと言った。
もうショックでショックでお世話になった女の子が誰なのかすら問い詰める元気もなくなってしまった。
ちなみに帰ってくる数時間前に夕飯のリクエストをラインで聞いていたんだが、
君に任せると特に希望はなかったみたいだった。
だから旦那が好きな肉を主体とした料理を出したんだけど・・・
自分は手抜きのつもりは全くなかった。

次の日に女の子は誰なのか、その子は何を作ってくれていたのか聞き出そうとしても見事逃げていく。
結局旦那と一緒に出張についていった旦那の同僚兼私の従兄弟にそれとなく女の子のこと聞いてみた。
女の子というのは出張先の会社の上司の娘さん10歳。
上司のお宅に飲みに誘われたときに、娘さんがお母さんと頑張って作ったハンバーグに感動したんだそうだ。
私の料理はその女の子の一生懸命な想いが込められていないと愚痴を従兄弟にこぼしたんだそうだ。
私は10歳の女の子以下なのかと旦那に話してみると、「以下」ってなに?10歳の子供は半人前だと言いたいの?と斜め上な返答をされ、
夕飯を食卓に並べても、そのテーブルで私の料理を隅に寄せてコンビニ弁当をこれみよがしに食べるようになった。
続きを読む

1: :2017/04/17(月) 00:58:15.67 ID:

もしくは浮気してたかも。
タヒ
続きを読む

195: :2016/12/01(木) 10:44:09.32 ID:

元々長く友人だった鬼彼(奥よりも付き合いが長い)の家に急遽お泊まりする事になって、
奥と同じお部屋で寝たんだけど、
夕べ高校生の娘が私と少し話がしたいと彼の部屋へ入ってきて「え?お父さんと一緒に寝るんじゃないの?」
と、驚いていたらしい。
実は奥も「主人の部屋に布団用意していた」とか言うし…
彼の家族的に完全に安全牌で困る…
続きを読む

【後編はこちら】
306: 恋人は名無しさん 2016/11/04(金) 17:18:22.88 ID:LklFXF8V0.net

彼女に別れようて言われたけど別れたくない 
構ってチャン察してチャンは嫌いなのよとか言われたけど意味わからん 
最近なかなか会えなくてこのままじゃいかんと話合おうと思って、ラインで会う約束してる流れで 
「次会う時話あるから」と言ったら 
「話があるなら今言えばいい話。わざわざ事前にそんなの言われたら憂鬱」と言い出した 
これって察してチャンに入るの?
続きを読む

このページのトップヘ