タグ:メール

797: 名無しさん@HOME 2014/12/27(土) 12:47:02.86 0

流れ読まずに
兄嫁から正月の帰省についてメールが来た

1.お年玉は1人3万円以上にしてください
2.元旦はしゃぶしゃぶなのでコトメさんはお肉を用意してください(肉の種類指定)
3.長女として夫に交通費とお礼金を渡してください

そのまま兄と両親に転送しといた
後は知らない
なぜ交通費を渡さなきゃいけないのか
何のお礼なのか聞きたいことは山ほどあるが今年は旦那実家に帰省するんで聞けない
毎年やらかす人なのでいい加減兄にムカついてる
続きを読む

【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】

523: 草むしり ◆uUsNjUkN6. 2007/04/30(月) 22:19:00

ひとつ報告です。 
(元)彼から、散髪後の写メがきました。 
タイトルに「床屋」、本文無し。 

今すぐ、別れメールを送り付けたい気持になってきましたが、 
身の安全を考えてGW後半までがまんします。

続きを読む

【①はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】

819: 草むしり ◆uUsNjUkN6. 2007/04/27(金) 09:10:02

おはようございます。 

いつもと変わらず、出勤中に「いってきます」メールがきました。 
けど、内容は「?」。 

「少し思考を停止してみては。」 
「今まで通り、自分の気持ちを一番大事にしたらいいんじゃないか」 
「自分の気持ちがよくわかんないなら、少し休もう」 

???? 
意味不明です。妙に第三者っぽいし。
続きを読む

911: 名無しさん@おーぷん 2015/12/27(日)16:58:56 ID:orL
夫の会社の社宅に入ったら女王様(支店長妻)がいた
女王様の気分を損ねたら夫の会社での立場まで悪くなるらしい
というか本人の口癖だった
まじかよ最悪なとこ来たなと思ってたら、女王様から合コンの誘いが来た
個室のシャワーとベッドもあるカラオケで若い男の子にお金をはらって一晩中「合コン」するらしい
「頭大丈夫か?」と思いながらもやんわり断ったら次の日からあからさまに無視されるようになった
腹が立ったので夫と同僚達が家に来たタイミングで「合コン」の詳細を泣きながら謝罪した
夫と同僚は険しい顔で逆に謝ってくれた

しかし腹の虫が収まらなかったので、女王様の夫の支店長の帰宅を待ち伏せして、女王様のメールを見せながら号泣し「逆らったら支店長に言いつけて夫の立場を悪くすると言われました。許してください私は夫を裏切りたくありません」と社宅共通の廊下で土下座しておいた
真っ赤に怒った支店長の顔は最高に面白かった
結局女王様と取り巻き数人は離婚されて社宅から消えた
女王様は50過ぎ専業主婦実家無し(自分で言ってた)プライドだけは人一倍でこれからどうするんだろう?と思った

20代前半だから出来た仕返しでした
復讐とも言えないけどカキコしてみる
文章苦手で読みにくかったらごめんなさい
続きを読む

457: 名無しさん@HOME 2012/03/01(木) 15:42:35.31 0
 
長くなってしまったが元夫から来たメール 

元夫(次男)は長男マンセーな両親のもと、出来が悪いおまえはダメだマヌケだ 
それに比べてお兄ちゃんはこんなに出来が良くていい子!!と比較されて育った。 
元夫は元ウトメのことを恨んでいるというか憎んでいて 
結婚してからも当然しばらくウトメとは疎遠だった。 

しかしある日義兄の転勤が決定。

飛行機でしか行けない距離で10~15年は戻ってこれないという。

たちまち擦り寄ってくるウトメ&やったボクチンが愛される番だ!と瞬時にはっちゃけた元夫。

ウトメとの同居話やら義実家のローンの肩代わりやら介護問題やら
山ほど持ち込んできたので私拒否。
そしたらDVに発展したから子供もいないしってことでスピード離婚。
元夫は義実家に戻りウトメと同居になった。

ここまでが六年前の話。

元夫のメール

「元気ですか 
寒くはないですか 
風邪などひいていませんか
僕は馬鹿でした 
あのとききみの言うことを聞かずきみの手を離してしまった僕を
きみは今も怒っているでしょうね 
それとも馬鹿な僕のために 
すこしは泣いてくれるでしょうか
もう知っていると思うけれど
両親とは別居しました
僕にはもう家もなく 親もなく
貯金もありません 
もちろんきみもいない
僕の人生ってなんだったんだろうなと 
こんな寒い夜はむなしくて涙が止まりません」
続きを読む

175: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2012/12/12(水) 20:05:46.27 0
俺のバカぁあああああああああ!!!!!

嫁の浮気に気づいていることを嫁にバラしてしまった……orz
続きを読む

このページのトップヘ