タグ:ポジティブ


134: 名無しさんといつまでも一緒 2013/05/26(日) 11:36:07.24 0

当方 女 29歳(現在妊娠中)
今の旦那 26歳 以下A
子供   6歳 男の子

元?旦那 33歳 

私の家は自営業で飲食店を経営していますが元々は小さいお店で父が仕事を切られたの機に始めました
開業資金は銀行から借りたり両親の貯金や父の少ない退職金で店舗を構えました。
近所や近くの工場や学生さんなどの地域でひっそりとやっていてお世辞にも「美味しい」わけではありませんでしたが
それでも地域の方が頻繁に来てくれたり集まりで使って頂いてましたので借金の返済などを本当にチビチビでしたが
生活する分は必要最低限に抑えたら生活できる範囲でした。

今後 お店の為になれば、と22歳で飲食店で働く事にしその職場で元(?)旦那に会いました
お店の雰囲気は良くみんなニコニコ働いており売上や評判もすごく良かったので今後の為になると思いました。
飲食店などでありがちな暴言やパワハラ的な物はなく(TVや知人談)不思議に思ってました。
メニューも頻繁に変えたりして飽きさせないようにしておりそれが売りでもありました。

そこで副料理長をしていたのが元旦那、アルバイトからの評判も良く賄などの料理がすごく美味しかった
(本当にやさしい味で万人受けするような味付けでした)
最初の印象は頼りない感じでアルバイトの女の子で思い寄せてる子がいましたが(B子)(内心プギャーしてました)

例えると「イザ」という時は頼りになるというか実際に本気になると動きはヤバイです、速い・丁寧・美味しい
料理長をして店を渡すならヤツしかいないが飲み会の口癖でした。
飲み会には元旦那は全く来ないというか誘っても来ない&来ても年1回
「付き合い悪いなー」と愚痴るヤツは私だけでした。
逆に私が職場でスタッフの愚痴を言ってたときは(主にB子 動きがトロイ)

続きを読む

657: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/07(火) 21:58:49.82
嫁が不治の病(命には関わらない)なんだが、
通院を渋る嫁を励まし支え続けていた

だけど昨日
「治らねぇもんは治らねぇんだよ!
治る治るほざくならてめぇの目を寄越せ!」
って茶碗ぶん投げられた

もうかなり進行していて医者にも
「どうにもならない、通院の頻度を下げてもよい」と
言われるほどなんだが
諦めてほしくなくて、病院に連れていってた

この気持ちが伝わらないのが辛い

嫁にもっと頑張ってほしい、
諦めてほしくないんだがどう励ませばいいかな
今までは「大丈夫大丈夫、治る治る」と
プラス方向に持っていって病院に連れていってた
続きを読む

このページのトップヘ