タグ:ブラック企業


426: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/23(月) 07:44:52.19 ID:5rNQ+vVQ
早起きしちゃったのでネタ行きますー。
ブラック新入社員の頃の話。

設備機器関連のショールームに就職した。
商品説明、見積作成、メンテナンス受付が主な仕事。
入社早々先輩社員からメンテナンス受付を任された。
過去から現在までありとあらゆる商品知識が必要だから、
新入社員の勉強にはちょうど良いと言われ、
特に疑問も感じず日々新旧のカタログをひっくり返して
調べながら応対していた。

ある日、ジジイが来店して
ガスコンロのバーナー(火が出る所)と
ゴトク(鍋を載せるところ)を注文。

数日後、注文の品が届いたのでジジイに連絡。
ところがジジイ、見た途端にバーナーを指差し
「こんなもん頼んでない」

いやいや頼みましたから、と言っても
頼んでないの一点張り。
水掛け論になるのが分かったので
バーナーは返品することにしてゴトク代だけ貰った。

しかしジジイが帰った後事務所に持ってったら
「返品?出来ないよ?」と事務課長がいう。

「は?でもお客さんの勘違いなんで」
「お客さんの勘違いでもあなたのミスでも、
会社は一度出荷した物は絶対受け取らないよ」

「じゃあどうすればいいんですか」
「自分で払って。
どうしても嫌なら始末書書いてもらうけど、
ボーナスの査定が下がるから
一割くらいボーナス削られるよ?」

「始末書って、営業さんが発注ミスしたときに書くアレですか?
 何で私が?」
「だって会社に損失出したでしょ?嫌だったら払って」
「」

…結局千円ちょいだったが、自腹を切った。
少額とはいえまだ学生気分も抜け切らない頃の

理不尽な出費だったので、とにかくショックだった。
ショールームに戻って先輩社員に話すと、
「あー…」と言葉を濁してニヤニヤ。

この時になってアフターメンテナンス担当が
新入社員になる理由と、
自分がブラックに入社した事実に気づいた。
情弱だった自分が憎い。

続きを読む


597: 可愛い奥様 2016/03/31(木) 14:15:07.48 ID:3o3HknRR0.net
半年前に会社借り上げの戸建てに引っ越した
新築だったから、建てた人に同情しつつ有難く住まわせて貰ったんだけど
少し前に畳がカビてるの発見。
会社に一報入れてから業者に畳剥がして貰ったら床下腐ってた 湿気取りの発泡剤が剥がされてて床下に生ゴミ、
木の基礎と畳裏は水を掛けまくったみたい
畳返したら「呪われろ」って書かれたカレンダーが沢山挟まってた
(他にも色々あったけど真っ黒に変色してて読めなかった

一生懸命想いを込めて建てた家だったんだろうな。
こんな事をした家主さんの気持ちもすっごい分かるから
怒りのぶつけ場所がない。
修繕費出さない、家は会社が買い取れって言って揉めてるみたい
とりあえず会社とうちで半分出して修繕して貰う事になった。

うちの生活の仕方にも問題あったかもしれないからって言われて
そこまでするなら引っ越そう、
どちらにしろあんなチラ裏見てしまったらもう住めない!
って言ってるんだけど
今の家財持って引っ越せる場所がなかなか見つからない

修繕費も払わされたから今引っ越すのも…って旦那が渋るし
家財半分捨ててもいいから早く引っ越したいよ。本当に呪われそう

っていうか、会社の人事責任とれ!
家建てたら転勤とか馬鹿みたいな法則止めろ!

続きを読む


267: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 20:03:02.93 ID:jtykj6KP.net
数年前のこと。
旦那の会社が倒産した。

年末で、大きな企業に買い取られた。
旦那の上司は結構頑張ってくれたようで
旦那の部署の人は
企業の面接とペーパー試験(名目状の)で
そのまま雇ってくれると約束したはずなのに
受けた試験は、落とされた。
旦那の部署の事、全員落とされた。

無職になった旦那は、そのままだらだらと
オンラインゲームに堕ちた。


続きを読む


1:名無しさん@おーぷん2018/04/20(金)16:25:12ID:cmf

もうすぐやね
会社倒産するかもしれんけどざまーみろや

続きを読む


712:名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 22:14:19.66ID:aMHNiEUY0
少し相談いいでしょうか
嫁が最近よく泣くようになりました
原因は自分の仕事上帰りが遅く
基本二人の時間が作れないからだと思います
寂しい、結婚している意味がないと言われました

嫁も仕事をしているので仕事の日はいいのですが
休みの日は不安定になりがちです
ジムや習い事を勧めたのですが
お金がもったいないと引きこもっています

職場の人間関係も悪くはないようですが
仲のいい人を作ると拗れた時に居づらくなるからと
一線をひいた付き合いをしているようです

なんとか嫁に一人の時間をうまく使えるようになって欲しいんですが
どう伝えたらいいんでしょうか


続きを読む


903:名無しさん@おーぷん2016/05/15(日)23:43:41ID:Iow
切羽詰まってるわけじゃないんだけど。

パワハラを受けて
仕事を辞めることになった。
直属の上司はパワハラがあったことを認め、
出勤最終日には
「迷惑をかけてすみませんでした」

と上司から確かに謝罪の言葉をいただき、
離職票も会社都合になる予定だった。
しかし、届いた離職票は
自己都合に書き換えられており、
人事に問い合わせても知らぬ存ぜぬ。

ハロワに持って行って事情説明したところ
「会社に問い合わせる」
ということだったけど、



案の定
「会社はパワハラの事実を認めなかった」
とハロワから回答があった。

「確かに上司がパワハラを認めた」
と納得がいかないことを伝えると

「最初は人事課○○さんが対応。
詳細は直属の上司に確認するように言われ、
上司××さんがパワハラはなかったと回答」

と説明を受けた。

そして、ハロワは確認作業は出来ても
認定は出来ないらしい。
つまり、ブラック企業相手では
泣き寝入りをするしかないと言う。

まさか信じていた直属の上司から
裏切られるとは思っていなかった。

先輩からのパワハラに耐え、
上司が仕事をしやすいように手伝い、
時には上司の泥も被った。
上司の仕事を手伝うために、
残業をすることもあった。
それなのに、上司がまさかの二枚舌。

幸い、元勤務先の親会社は日本人なら
誰でも名前を聞いたことくらいはある会社。
ブラック子会社といっても、
CMとかバンバン流している地元では有名企業。

新聞社やセンテンススプリングとかに
告発文という名の遺書を書いてしんだら
復讐になるんかな?

こんなこと書けるくらいだから、
切羽詰まってるわけじゃない。
ただ、親会社のハラスメント対策に
掛け合って解決するのは面倒くさい。

しかし、このままあの先輩と上司が
のうのうと働き続けられると考えると、
虫酸が走る。
けれど奔走する気力はもうない。
忘れる心の広さもない。

告発文を送ってしねば、
社会からバッシングを受けるだろう。
告発文を見れば、卑しいうちの母親が
慰謝料請求のために大活躍するだろう。

今恐れているのは、
親会社が大きいから握り潰されないかだけ。
握り潰されたら復讐にならないよな。

続きを読む

【②はこちら】
491:名無しさん@おーぷん2017/09/25(月)14:06:49 ID:yaD

付き合って四年になる彼氏のことについて相談です
年齢は同じですが私は大学四年生
彼は二年の時に大学をやめて今社会人として遠距離で働いています

当時
「起業するから大学を休学して会社に就職してノウハウを学ぶ」と言っていたのですが
結局大学には戻らないで今の会社で今後も働くみたいで
起業の話もちょっとよくわからない感じです

もともとモテる人で何度も浮気されてるし、私自身最初は浮気相手でした
今新幹線の距離の遠距離なのですが、彼の家に見知らぬ女性の服があったり
浮気ぐせはまだ治ってないみたいです

遠距離の時も、私がいつも新幹線代払って彼の家に行っているのに
彼は一度もこっちにきてくれないのも不満です。
そして、たまに連絡が取れなくなる時期があります
そう言う時は浮気してて、どうせ浮気なので私の元に戻ってくるのですが
不安になるのでやめてほしいです

彼氏はなんでもできる人で、すごい人だし、モテるのもわかるのですが
連絡が取れない期間など、不安になってしまいます

どうすればいいでしょうか?
続きを読む

868: 名無しさん@HOME 2014/01/09(木) 21:36:22.19 0

ゆっくり目を閉じて開けたら知らない場所に寝てて1週間経ってた
リアルでポルナレフ状態になるとは思わなかった
続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 10:35:03.292 ID:mWqstG1g0
お前ら知らないだろ
これ全部、原因は「日本人の宗教観」にあるんだぜ
家の構造の中に宗教が組み込まれているんだ。

俺たちは世界一の無宗教の国のつもりでいるけど、
実は先進国で最も宗教と密接な人種だったんだぜ

続きを読む



ブラック運送屋で足の骨が折れたけど休めないと言われた

1 :
名無しさん@おーぷん:2017/01/13(金)06:38:29 ID:nB7

仕事中に足の骨が折れたのが病院でわかったんだけど
それで休む事を会社に言ったら「明日も出ろ」と怒られて「労災はおりない」って言われてるんだけど
もう行きたくない(泣
助けて
続きを読む

このページのトップヘ