タグ:フリーター


527:恋人は名無しさん2011/08/19(金) 03:01:16.75ID:ldSgsZk6O

話豚ギリすまん

彼女が子供堕ろしてくれなかった
彼女自身が「堕ろす」ってずっと言ってたのに、
結局嘘ばっかついて堕ろせない時期まできてしまった

その嘘が許せない
「今から病院行く」→病院行かず
「今から堕ろす」→そのまま堕ろさずトンズラ

結局「一人で育てる」とか言って
フリーターなのにどうやって育てるのかと
まぁ産みたいって泣かれた事もあるけど、
俺の稼ぎじゃ養っていけないから全力で断った

マジ嘘ついて逃げたのがムカつく
俺の人生めちゃくちゃにされたわ

続きを読む


【②はこちら】
730:名無しさんといつまでも一緒2008/01/10(木) 05:54:21

一度は再構築したけど、夫がまた別の相手と不倫。
性格の不一致を盾に別居し、既に別居先にはプリが転がり込んでるらしい。
子蟻だけど仕事はあるし、何より、夫はもう信用出来ない。

離婚することに迷いは無いけど、自分が納得する方法で事を進めるつもりだった。


先日、夫からメール。
持病が悪化し、手術を決めたらしい。
「月末に手術することにした。だからそれまでに離婚したい。離婚出来ないなら手術を伸ばす」
…何の脅しですか、それ。
元々、食事管理の必要な病気持ちで、管理は私がやってた。
ところが別居になり、好き勝手し放題の上に、プリは家事が出来ない。そのせいで病状は悪化。
放っておけばどんどん悪化するだろうけど…

知らん顔して引き延ばすか、とっとと判子押しちゃうか。


困った。

続きを読む

1: 名も無き被検体774号2017/03/22(水) 15:24:31.66 ID:0NxFvddt
振った後もしつこく言い寄ってきて、別れた後は最悪だと思ってたのに…
再会しなければよかった
続きを読む

346:おさかなくわえた名無しさん2011/10/12(水) 02:20:57.28ID:Glb82OO/
2年同棲してた彼女の話。
お互いフリーターで貧乏だった。定職見つかったらプロポーズしようと思ってた。
ある日、「妊娠したみたい…」と話してきた。ちゃんとしてたのに正直びっくりした。
それでも出来たもんはしょうがないし、
生活は苦しいだろうけど彼女が望むなら頑張ってサポートしようと思った。
彼女に「生みたいか?」と聞いた所、
「生みたいかって何?子供を授かったんだよ?命を何だと思ってるの?」って
すごい剣幕で怒られた。

聞き方がまずかったと思い、自分の考えを伝え、まず意思確認がしたかったと説明。
しかし、彼女の怒りは収まらず
「今回の一件で完全に嫌いになった、出ていく。」と言われ謝る俺、荷物まとめる彼女。
出汁に使うみたいなのが嫌で口にしなかったけど、最後に
「子供はどうするんだ?考え直してくれ」と言ったら

「ああ、妊娠したっての嘘だから」

一瞬、何言ってるのかわからなくて固まったけど、一気に冷めた。
あれ?でもこれって俺が悪かったのか?
続きを読む

164:1/22015/08/16(日)15:40:51ID:OOc

おつまみ程度に投下。

数年前、長いことフリーターとして働いていたバイト先を退職。
事務員になりたくて職業訓練を受け、マイ○ビ転職のイベントに参加した。
そこで何故かIT関係の会社社長と意気投合。
元々ネット関係のバイトをしていたこともあり、筆記試験と面接を受けることに。
あれよあれよと内定ゲット。
しかし上手い話には裏があり、その会社は超絶ブラックだったorz
誰でも知ってるような有名芸能人と直接関わる仕事に同伴したり楽しい思いもしたけど、基本的には真っ黒。
このままじゃお嫁に行けないとか周りにはふざけて言ってたけど、正直心身共に限界になって1年半で会社を辞めた。
自己都合退職にしたけどハロワで会社都合に切り替えてもらい、いつの間にか貯まってた貯金と失業給付を使って暫く療養することに。
長いけど、ここまでが前提。

ハロワへ行くついでに今まで行きたかった雑貨屋さんや飲食店へ寄り道し、それをFacebookへ投下。
病院で姿勢の悪さも鬱病の原因になってると言われ、
姿勢を正すため整骨院へ通っていたから、整骨院通いしてることだけFacebookへ投下。
そんなことをしていたある日、友達から居場所を聞くLINEが届いた。
居場所を教えると合流したいと言うから快諾した。
友達をファミレスで待っていると、友達は到着早々
「私、今日お金ないんだよねーwww」
と言うから、ドリンクバーくらいならってご馳走した。
最初は近況報告とか
「私ちゃん痩せたね!やっぱ整骨院っていいの?」(言わなかったけど、過労で痩せただけ)
とか女子会のノリだったんだけど、そのうち
「ねぇねぇカラオケ行かない?www」
と言い出した。お金があるのか聞いたら黙った。
なんか親に仕事へ行ってるふりをしてるから早く帰れないらしく、19時まで付き合って解散。

翌日、整骨院へ向かっている途中にまた友達から居場所を聞かれた。
今から整骨院へ行くと送ると
「整骨院の場所どこ?私も行きたい!」
と返事があった。前日のこともあったから断固拒否。
「ショッピングモールで待ち合わせるならいいよ。」
と返すと友達は渋々了承した。

ショッピングモールのフードコートに着くと、案の定友達は
「今日お金ないんだよねーwww」
と言った。また集る気だなと思い
「奇遇~www私も今日お金ないんだよね~www」
と言うと友達は
「え?整骨院行ったんでしょ!?」
と焦り出した。
「うん、整骨院行ったからお金なくなっちゃって~www」
と答えると、友達はタヒんだ魚の目になった。
それから6時間、私と友達は空腹に耐えてショッピングモール前で解散。
続きを読む

688::2016/09/03(土) 08:01:38.84 ID:

離婚後1年半のサレ夫ですが相談したいことがある

板違いかなぁ
続きを読む

500: 名無しさん@HOME 2015/02/26(木) 23:04:27.52 0

相談です。

私@25歳フリーターです
週5日働いているので家事があまりできなく、一緒に住んでいる姉夫婦にかなりきつめに注意を受けます。

実家に姉旦那がきて、姉夫婦、私で大人3人+姉夫婦の赤ちゃんと住んでいます。
生活費として毎月4万渡していますが、これは妥当ですか?

4万も払っているのだから、家事が免除になってもいいのではないでしょうか?

住んでいるところは元々実家なので家賃はありません。固定資産税などは姉が管理して兄弟の頭数で割、それぞれが姉に渡して払ってもらっています。

続きを読む

384:おさかなくわえた名無しさん2017/07/24(月) 03:46:55.21ID:exEyxtnQ
先週末に某漫画喫茶チェーンに主人と二人でご飯食べに行きました。

オーダーし、30分経っても届きませんでした。
催促しようかと思ったのですが、作っている最中なら申し訳ない
(自分が飲食店バイトの経験があり、催促に抵抗があった)ので、
もう少し待とうと思い、もう30分待ったのですが、耐えかねて・・
「注文したお料理なんですが、もう少し時間かかりますか?」
ときいたら店員(以後Aとします)が
「オーダー入ってないですねぇ。何か頼まれたんです?」と言われ、
「え!○○と××を頼みました。1時間くらい待ってるんですけど…」と言ったら
「あーそうですか。じゃあ早めに作るように言っときますね~」と。
ここで、Aに「申し訳ございません、オーダー漏れがありまして、
すぐにお作りしますのでもう1度ご注文お願いできますか?」等と
普通の対応をしていてくれたのなら、誰でも間違えることはあるしな、
と思ってそのまま待って食事をして帰ったと思うんですけど、
一言も謝りもせずにヘラヘラと他人事みたいに言われて、ショックで腹立ちました。

それで凹む私を見かねた主人が「もう食べずに帰ろうか」と言い、
注文キャンセルして帰ることにしました。
続きを読む

25: 名無しさん@HOME 2007/12/08(土) 17:11:43

今日朝から義実家に子供抜き、夫婦限定で呼び出された。 

ニコニコして菩薩の様な顔してるコトメとトメ。 

※普段はものっそい意地悪な顔して
私に難癖つけまくりんぐの粘着質な二人 

この時点で引きつっていた私ら夫婦。 

ニガーイ顔したウトがポツポツ話を始めた。


続きを読む

306: 名無しさんといつまでも一緒 2007/05/27(日) 12:26:21 0

俺の嫁はバカ女子高卒、フリーターの専業主婦。
俺も鳶だしまあよくいる夫婦だと思う。
嫁の親友で幼馴染のAは嫁とは全く違うタイプで、
有名大卒、一流企業務めのかっこいい女。
何故かやたら気があっててよく俺も混じって一緒にあぞぶんだが
派手な茶髪でミニスカートに濃い化粧の若槻❍夏タイプの嫁が
オシャレで落ち着いた栗色の髪で薄化粧の伊東❍咲タイプのAに見劣りしてきた。

遊んでる時にAが俺に気があるようなそぶりを見せてたと思ってたので
(お酌したり、話題を振ってきたり、愛想がとてもよかったり)
思い切って告って見た。
そしたらとても控えめに断られ、何か気が大きくなってた俺はもっと突っ込んでみたの。
2ヶ月位かな。

そしたら電話が来て「ええ加減にせーや!!!嫁にばらすからな!!」
って言われてほんとにばらされた。
嫁は「一番手を出してはいけない相手に手を出したね。Aが私を裏切るわけないでしょ」って。
んで嫁父が金出してくれるから弁護し入れるとか言ってて
家(嫁父のアパート)も追い出されて友達の所に居候中。
嫁父超こえー。もうがけっぷちですたすけて;;
続きを読む

このページのトップヘ