タグ:ヒステリー

283: 1/3 2008/10/06(月) 23:39:11 0

では、書き込みます!
結婚してから3年間、結婚前はとっても良い感じのトメだったけど、
すぐに豹変。
激しい嫌み攻撃は出来るだけスルーして、波風立たないようにして
きたんだけど、このたび夫の浮気が発覚。
結婚時に「浮気は即離婚」と約束してたので、離婚確定!
何故かほっとする私。我慢してたんだなぁと思った。

そこへ空気読めないトメがいつものようにアポ無し訪問してきた。
きちんと挨拶だけ済ませ、後は無視して荷造りの続きをしてたら、
トメ、旅行鞄を観てヒステリー。
「あら、旅行!いつ行くの?聞いてないけど?」
うざいので、にっこり笑って「いえ、出張なんですよ。」と答えると
女が出張なんて偉そうに!そんなことしてる暇があったら子供作れ!
お茶くらいいれたら!?浮気旅行じゃないの!?
夫が後ろでアタフタしてるけどお構い無しに嫌み攻撃。
これまでは黙ってスルーしてたけど、「ぅるせぇ!ばばぁ」と一喝して
トメを黙らせて(始めて嫁に言い返されたトメ硬直)、夫にきちんと
説明した。
続きを読む

239: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)21:33:56 ID:5oP
昨日嫁が体調崩してて、
休みだったから家事しつつ看病して、
食欲が出てきたと言うから、おじやを作ってやった。

俺は外に用事があったから、
外出ついでに飯食ってくると伝え、嫁も了承したから出かけた。

用事済ませて飯食って帰ったら
嫁に何食ってきたか聞かれ、
寿司食ったと言ったら急にヒスりだした。

結構高い店だけど、
家計からじゃなくて俺の財布から出してるから
文句言われる筋合いはない。
ヒスの相手を早々に切り上げて風呂に入っていたら、
その隙に財布漁られて、
寿司屋の領収書をみて更にヒスを拡大させていて、
夕方まで寝込んでいた人間とは思えない位元気に、
食器を床に叩きつけていた。

相手にするのも馬鹿らしくなったので、
昨日は近くの宿泊施設に泊まり、
夜仕事から帰ってきたら、
嫁はいなくて俺のパソコンのコードが
鋏かなんかで切られていた。

嫁実家に連絡したら、やっぱり帰っているらしい。
で、体調が悪い娘を放って飯を食いに行くとは云々
と説教を始めたので、
離婚するから好きなだけそちらで面倒みてくれ
と言って電話を切った。

嫁から、そんなことで離婚なんてと
電話やらメールやらが来ているがもう知らん。
続きを読む

【2/3はこちら】
【3/3はこちら】
51:名無しさん@HOME2013/02/28(木) 23:33:44.82 0
なんかよく分からんことになったので吐き出させてくれ
先日、嫁が出てった。本当に一方的に、記入済みの離婚届を出されそのまま失踪。
浮気というか、仲良くしてる後輩がいるから、それがばれたのかと思って焦ったがそうじゃないようだ。
冷蔵庫には温めるだけの食事がたくさん用意してあって、普段は冷凍食品なんて買わないのに冷凍食品が冷凍庫にはぎっしり。
アイロンとか、洗濯機の使い方のメモまで残してあった。
職場に行くのは非常識かなーと思ってるから職場には行ってないし、交友関係なんて知らない。
離婚届は出していない。
とりあえず母に連絡して、当面の家事はやってもらっているが、いつもなら嫁のことに関してはねちねちと煩い母が
今回は何も触れてこない。何かしたんだろうが、聞ける雰囲気でもないし、仕事も忙しい。
なんだかモヤモヤしてる
続きを読む

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/16(木) 13:16:14.05
毎日弁当作ってもらってるんだけど
たまには美味しかったとか有難うと言ってよ!とヒスられた
弁当箱空っぽだから、それが答えじゃんと思うけど
面倒くせえから定時に「弁当完食~!ありがとー」と
メッセージ送信するスクリプト組んだら
いつも定型文だね…と文句言われた

スクリプト改良して、ランダムで定型文を送信するようにしたら
いつも13時ピッタリに送信なんだね?と言われた

更にスクリプトに手入れして
前後20分の時間帯に揺らぎがあるように改良したら
うっかり出張中にスクリプト停止するの忘れてて
3日間弁当完食メッセージが嫁携帯に届いてしまい、嫁ヒス大爆発

無駄な苦労で空回りさせられてる
穏やかな嫁が欲しい
面倒くせえ
続きを読む

嫁と生活スタイル合わなくてつらい

1 :名無しさん@おーぷん:2017/05/10(水)09:43:09 ID:fAj

コンセント毎回抜かないと切れられるし
電気消さないと切れられるし
毎日洗濯しないと切れられるし
毎日弁当じゃないと切れられるし

つかれる。極端な節約とか無理
続きを読む

1: :2016/08/19(金) 22:12:41.674 ID:

なんでこんなんなってもうたんや。。。
続きを読む

このページのトップヘ