タグ:スピーチ

27:1/22010/07/01 16:21:07

阿呆同僚の結婚式が決まったらしくてイライラしたのでこいつが不幸にした結婚式を晒す

数年前の結婚式。
新婦がいわゆるレ**未遂事件の被害者だった。(※未遂です)
帰り道に突然襲われて、たまたま通りかかって助けたのが同じ会社の男性社員で
警察に通報したりしたらしいんだけど、こいつが口が軽くて物凄い勢いで噂が流れた。

実際、翌日からしばらく新婦は仕事を休み、そのまま退職した。

しばらくたってハン人の大学生が逮捕され、余罪が複数あったのと、
この大学生の母親が私の個人的な知り合いだったことに驚いたけど、それはまた別の話。

で、恋人だった新郎も有休を取ったりしていて、やっぱり本当だったんだ、とさらに噂は広まった。
ただ、二人はそのまま付き合い続け、数年後傷が癒えた新婦と新郎が結婚した。
ここら辺の経緯は時々聞いていた。

披露宴に呼ばれたのは、新婦・新郎の同僚の私ともう一人の同僚のみ。
同僚は友人代表でスピーチを頼まれていたのに、調子に乗ってお酒飲みまくってベロンベロン。
自分のノスピーチの番が来たときは、スピーチメモをどのポケットに入れたかすら覚えてなく
即興でグダグダなスピーチをしていた。
続きを読む

879名無しさん@お腹いっぱい。 2011/07/02(土) 11:55:15.96
今仕事の途中で家よったら嫁と俺の友達が不貞行為してた。
そのまま家出てきちゃったどうしよう。
しかも明日そいつの結婚式。 
続きを読む

629: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/26(土) 02:19:00.83
スピーチもので、ひどいの見たことある。 

俺は新婦親族で出席。 
新郎新婦は交際7年、新婦30代半ば、新郎40過ぎ。 
いい年して交際期間長すぎだろと誰もが思っていたが、 
どうも新郎が病気で不妊の可能性が高くて結婚に踏み切れなかったそうな。 
でも、新婦は病気の彼を支えつつ 
二人で不妊治療を続けて、ようやく子供を授かることができて結婚に至った。 
参加者達は皆事情を知っていたので純粋にお祝いモードだった。 

そこに水を差したのが友人代表スピーチをしたA子。 
最初は普通にお祝いっぽいこと言っていたのだが、 

「新婦ちゃんがずっと結婚したがってたのに、 
 理由をつけて何年も伸ばし続けた新郎のことを、私は絶対に許さない。」
「新婦ちゃんは、新郎さんが結婚相手として最高のスペックだから
 絶対に逃したくなかったんだろうけど、
 それをわかったうえで、新婦ちゃんを無視し続けた。
 新郎は新婦ちゃんを人間扱いしていない。許せない。」

「そもそも不妊治療は最大限の子作りの努力をしてからやるもの。
 なんで体外受精を最初からやろうとするのか意味がわからない。
 私が医者だったら、二人みたいな人が来たら切れて追い返す。」

「そもそも、新郎は金さえ払えば責任を果たしたと勘違いしてる。
 私は絶対に許さない。」

とか、歯ぎしりしながらまくし立てて出席者一同、ドン引きなうえに( ゚д゚)ポカーン。

出席者一同、A子にブチ切れで切れた親族がお引き取り願っていたが、
その後の雰囲気は微妙だったし、とにかく腹立たしくて気分が悪いまま終わって最悪だった。
続きを読む

106: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/07(月) 12:07:55.07
上手くまとめれなかったので少し長いです。 

従姉の結婚式の披露宴でのことだったんだけど、 
新郎友人のスピーチで女性が出てきた。 
うちは田舎者ばかりなので 
結婚式に異性の招待客はあまり歓迎されない。 
でもおめでたい席だし、 
今時そこまでやいやい言うのもどうだろうということで 
招待客名簿を見た時も  
親族の誰も異論を唱えなかった。  新郎側スピーチで女性が出てくるというのが物珍しいということもあって 
普通は軽く聞き流されるスピーチも 
一族皆思いっきり注目だった。 
それまで適度にリラックスしていた感情の雰囲気が 
一変、この女性は新郎の何だろう?という雰囲気になっていた。 
自分のスピーチの番に来た途端 
いきなりそんな空気になったことに動転したその女性は 
しどろもどろのスピーチ。 

しかも身の潔白を晴らそうと思ったのか 
「新郎さんとは親しくありません」 
とか 
「あんまり知りません」 
とかスピーチにふさわしく無い言葉だらけに。 家も近所で幼なじみで兄弟のように育ったという紹介だったのに 
この言いわけは 身の潔白を晴らすどころか 
余計怪しげな状態になった。 たぶん 少し酔った親族の 
「あれは新郎の元コレ?」みたいなことを言ったのが 
スピーチ女性の耳にも聞こえてたんだと思う。 
それで余計頑張って誤解を解こうとしたんだろうと思う。 
続きを読む

93: 愛とタヒの名無しさん 2010/02/12(金) 16:06:46
新婦友人のスピーチにて。 
「楽しい時や悲しいとき、どんな時もいつも一緒にいたね」という内容だった。 
前者は良いけど、後者のエピソードも詳しく語っていた。 

「中学に入ったばかりの頃、部活のメンバーに壮絶な虐めを受けていたけど 
それでも涙見せずに頑張っていた新婦ちゃんを助けてあげることが出来ず(中略) 
新婦ちゃんは、いじめにも耐えられる強い人です!」 

それを聞いてショックを受けていたのは新婦両親。 
新婦がいじめを受けていたことなんて初耳だったから。 
毎日明るく元気に学校へ行く新婦からは想像しがたい事実でした。 
1年間に及ぶいじめの中、担任に相談したりしたそうですが 
新米教師ということでうまく対応できず、また「両親には言わないで」と 
新婦から口止めがあったようです。 
親に迷惑かけてはいけない、という想いの強い姉を持つ私は 
当時小学生だったので、何もしてあげられず後悔しています。

続きを読む

201: 愛とタヒの名無しさん 2013/11/24(日) 14:43:43.60
昔、出席した結婚式が忘れられない 
新郎、新婦のスピーチみたいなので、新婦が「幼少期から両親から虐待に 
あって塞ぎ込んで生きてた私を笑顔にしてくれて〇〇さん(新郎の名前)、友達のみんな 
ありがとう」って言ってて、それまでドヤ顔だった新婦の親の顔ったらなかったわ

続きを読む

このページのトップヘ