タグ:スピーチ

519: 愛とタヒの名無しさん 2005/10/01(土) 16:20:26

職場同僚の結婚式。
新郎新婦は職場結婚。
招待客も、職場の人が多かった。

続きを読む

216:愛とタヒの名無しさん2011/09/19(月) 00:11:50.94

豚切り、どこでもあるレベルの話で申し訳ないですが、
この間、中学校のクラスメイトのお式で見た新郎側主賓の話。

受付係をしていたとき、ふと気付くと新郎側が騒がしかったので見ると、
新郎が勤める会社の社長夫妻+子供(5歳)だった。(当然主賓)
ご祝儀を受け取る際に事前に招待状と一緒に送っていたメッセージカードを回収することに
なっていたんだが、忘れてきた場合はこの場で書いてもらっていた。
どうやら社長夫妻はメッセージカードを忘れてきたらしく、新郎側の受付から
「こちらにあるのでここでメッセージカードを書いてほしい」と言われたようだった。
社長は
「え?俺が書くの?社長なのに?」と楽しそうに冗談を言っていた。
「俺、社長だよ?」と一人ウケている状態で繰り返す。後ろにいる妻も笑っている。
子供はどっか遊びに行っている。
新郎受付(新郎の大学時代の友人とのこと)も一応笑顔で対応しながら、
「いや、ぜひお願いします」と頼んでいた。
「社長にも書かせるのかよ~仕方ないな~」とか笑って書く社長。

その時点で品がない人がいるなあとは思ったんですよ。
続きを読む

1名無しさん@おーぷん 2017/09/20(水)23:30:55 ID:mJF
ヤッベェ
続きを読む

348: 2011/07/02(土) 00:02:45.58 ID:K4SKEELR0

兄の結婚式で兄にされたことをスピーチした。
ずっと虐待されてた話。
暴力で抑えつける無理矢理の行為中にされたことや言われたことも生々しく。
(途中誰にも静止されなかったのは不思議。生々しすぎて動けなかったのかな?ww)

だって出来婚で、しかもおなかの子は女の子だって言うんだよ。
心配じゃん?もし同じ目に遭ったら可哀想じゃん。

兄は大勢の前で恥をかかされたことと、
両親から絶縁宣言されたこと、結婚がダメになったこと、
否定せず「昔のことを今更!」と怒鳴ったせいで解雇されたことに激怒し、
後日凶器を持って私をSATSUGAIする予定だったらしいけど、
その道中に事故を起こしてこの世の住人ではなくなってしまった。

もともと車の運転が下手なくせに
「交通ルールなど知らん。俺にとって合理的か否かで判断する。」とか
わけわからんこと言ってよく自損事故起こしてた馬鹿だから
いつかこうなると思ってたんだよね。ざまぁ。

それにしてもコロシテヤルー!って憤怒しながら自爆したと思うと胸熱。
ちなみに相手の女の妊娠は嘘だった。

めでたしめでたし。
続きを読む

923: 愛とタヒの名無しさん 2017/09/26(火) 13:50:24.13 ID:FCFRn2xM
かなり大昔の結婚式 
付き合ってた頃から新郎両親は反対していた

何故なら新婦は関西で5本の指に入る底辺高校卒 
ヤンキーではなかったが、勉強はからきし出来なかった 

新郎両親はそれが気に入らず、
怪しい占い師を引っ張ってきて
「一緒になったら不幸になる」などと嫌がらせをしていた 

そして結婚式にも
この占い師(新郎の叔母だった)を出席させた 
それが披露宴が始まってからも
「不幸になるのは確定なのに結婚なさるのですね」
などと不吉なスピーチをかましてくれた 

今までは占いなんて信じてこなかった新郎新婦だが、
その日に限って
「子供は間違いなく障害児」という一言があった 
これに新婦が動揺した 

自分たちは不幸に耐えられても、
子供を巻き添えにしたくない 
たかが占いなんて…と言ってきたけれど、
胸に不安が雨雲のように広がってしまった 

新郎はずっと新婦を庇っていたが、
とうとう耐えきれず二人で退室 
二度と戻らなかった 

新郎両親と新郎叔母は
「そもそも家の格式が違い過ぎるのだから
不幸になるのは確実」
「うちにはもっと相応しいお嬢さんに来ていただく」
などと言ったので 
新婦両親も
「そうですね。
うちももっとマシなお宅にお嫁にやりたいですし」 
「おたくの息子さん(新郎)は高校は出ていないのに
鑑別所は出ているようですし、
もっと相応しい方とご結婚なさって下さいませ」 
と返し、破談になった 

お互いに会社関係者なしで親族も少数だったけど、
後始末は実に気の休まらないものだった 

披露宴費用は全額新郎側が払わせられた 
新婦はずっと塞ぎ込んでいたが、後にお見合い結婚した 
そして授かり婚を疑われるスピードで子供を授かった 

後に聞いたけれど
新郎はずっと独身を貫くとばかり見合いも無視し続け、
新婦が2人目を無事出産したと聞いてからようやく結婚 
ただし実家とはほぼ絶縁しているらしい
続きを読む

このページのトップヘ