タグ:ジーンな話

563: 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)02:26:25 ID:???

兄の同級生に犯罪者の子ども(以下A)がいたこと。
小学生の頃の同級生だったんだけど、
父親が結構大きな額を横領したみたいで全国的に大きなニュースになったらしい。
勿論兄は母から「Aくんとは遊んではいけません」
って言われて他の子たちも同じ。

こういう時普通は学校を休みそうなもんだけど、
逮捕された翌日もAくんはなぜか学校にきてた。
ここからが私的にかなり衝撃だったんだけど、
気が弱くて母の言いつけは絶対守る兄が初めて母の言いつけを破ったんだよね。
たった1日で孤立してしまったA 


続きを読む

149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/01(日) 23:43:10
すまん、別スレに誤爆しちまったんだ(・∀・)。こっちに書き込ませて
もらっていいかな?(・∀・)。

 まさかここに書き込むことになろうとは…。
 嫁、死んじゃったよ(・∀・)。49日終わったよ(・∀・)。結婚して
3年目(・∀・)。
…この顔(・∀・)付けないと、もう自分が崩壊しそうなんだ。今も
崩壊中。嫁が職場で倒れた。電話を受けて俺が病院直行。そしたら医者が
「力及ばず、申し訳ありません…ご臨終です」。死因はくも膜下出血。
最近は死なないのが多いらしいんだけど、嫁は運が悪かったらしい。

冷静に書いてる。自分のことじゃないみたいだ。でも、遺影の嫁の笑顔が
目に入るたび泣いている。あとな、嫁の部屋を片付けてたんだ。普段、うちは
自分の部屋は自分でするんだけど(家事は交代制)、そしたら、「夫君へ」
と書かれた封筒があった。
中身、「これ読んでるってことは、私はこの世にいないということだよね。
元気ですか? ちゃんと食べて、きちんと眠ってますか? それとも可愛い
彼女見つけたかな?」
…彼女なんか見つけられねぇに決まってるじゃん。お前が世界一なんだよ、
俺にとって。
で、手紙の最後に「パソコンの***って名前のフォルダ、開いてね」
って書いてあったから開いてみた。
多少下手でも(俺、料理下手orz)栄養バランスがよくて簡単に作れる
おいしい料理、弁当のおかずにいい料理、俺の好物…作り方、全部書いて
あった。

ごめんな、嫁。俺、多分一生独身で行く。お前は天国でいい男捕まえて
くれ。 だけど、俺見かけた時には、ちょっとだけでも笑顔見せてくれたら
嬉しい。

今夜も嫁が残してくれた料理レシピで作った飯で晩飯。ありがとう、嫁。

続きを読む

739: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/13(金) 02:49:43.19
ごめんちょっとスレ違いだけど報告 

今朝「明日明後日休めない?1日でもいい。
無理しなくていいんだけど」と急に言われた。 
真顔だったし理由を聞くのも何か怖かったので「わかった。聞いてみる」 
と言って出勤。残業で支障ないようにして2日有給とってきた。 

帰りは23時になったけど晩飯を食うのも待っていてくれて 
(普段は20時過ぎたら子供と先に食ってる)なんとなくただならぬ予感。
嫌だなーと思いながら「どうしたん?」と聞くと 
「最近あまりに酷い顔してたから死ぬんじゃないかと思った」 
「心配だった。一緒にいて笑って欲しかった」 
みたいなことを言葉を選んで気遣って話してくれた。

思わず泣いてしまってたけど、何気にこのスレが頭によぎった。 
「ありがとう。お前も子供もずっと愛してるから大丈夫」 
で、二人とも大泣き。 

年末から随分仕事で煮詰まってて 
衝動的に死ぬことも感じでたくらいだった。嫁に救われたと思う。 

女性の日の都合で向こうをageるのは明日か明後日 
「今日はゆっくり好きなことして昼まで寝てていいよ」 
と言われたので、久々のネット三昧。 
本当に助かった。 

続きを読む

788: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/14(土) 15:16:26

さっき言ってきたよ。 

結婚5年、夫婦仲は良好だった。

妻との付き合いは中学生の頃からだから、もう20年近くになる。 


「いつも一緒にいてくれてありがとう。 
辛い時、励ましてこれてありがとう。 
病気の時、付きっきりで看病してくれてありがとう。 
俺と結婚してくれてありがとう。 
お前と付き合ってからずっと楽しくて、幸せだったよ。 
愛してるよ。」っていったよ。 


写真に写ってる妻は笑ってた。ずっと笑ってた。 

3月11日、お前は逝っちまって涙が枯れるくらい泣いたよ。 
だけど、娘は生きてるから、俺の役目はまだ残ってるから、
お前の分まで立派に育ててみせるよ。 


俺、頑張るよ。
 
続きを読む

34: なごみ 2014/02/07(金) 14:37:27 ID:P5M7UOoe0
 
うちの会社の取引先のアラブの方。 
「私の宝物を見せてあげます」と言って出してきたのが 

くっしゃくしゃボロボロのA5くらいの紙。 
いろんなペン、いろんな筆跡で160とか××駅とか○○線とか 
「この人は■駅に行きたがっています」とか書いてある。 

いまは日本語も英語も問題ないんだけど、三十年くらい前?に 
初来日した時はまったく話せなかったんだって。 

なのに初めての日本ではしゃいじゃって、宿泊するホテルから 
とんでもなく離れた場所で迷子になってしまった。 
その時に、いろんな日本人が助けてくれたんだって。 

英語できないからみんな一度では説明できず、 
「まず○○駅に行って、そこから先はこの紙を見せて聞きなさい」とか 
「■■までは160円かかるからね」とか 
次々各地でメモリレーが行われたそうだ。 

当時はパニくってろくにお礼も言えなかった、でも無事にホテルに着いたのは 

多くの日本人のおかげ 
と言っていた。
続きを読む

778: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/10(土) 15:58:51

仕事しか無かった殺伐としてた俺の生活がぱっと鮮やかになった。 
家が綺麗で、生活感があふれるようになった。

朝は嫁が朝食の準備をしている音で目が覚めて、朝ご飯を食べられる。 
昼は嫁の愛がぎゅっと詰まったような、ボリューム満点のお弁当。 
家に帰ると、温かいご飯が食べられる。お風呂が湧いている。 
疲れてる時は、嫁が洗ってくれて、マッサージしてくれる。 
柔らかい嫁の体を抱きながら眠るのはすごく安心感がある。 
嫁が床上手なおかげで充実したせ*生活。 

結婚してから生活習慣が良くなって、体もすごく軽いし、仕事も大変だけどうまくいってる。 
なにより、愛しい女性が毎日、俺のためを思ってくれている。 

同僚には嫁が専業主婦だと聞くといい顔しない奴もいるけどさ、 
嫁が家にいてくれて本当に嬉しい、頑張れる。 
まだ子供はいないけど、嫁と結婚して本当によかった。 

ありきたりなことしか書けなくてスマソ。
続きを読む

このページのトップヘ