タグ:エネ夫

432: 名無しさん@HOME 2011/12/27(火) 13:59:20

うちの母が産後鬱から糖質なった。 
アル中も併発 
10代からほんとまじヤバくて、毎晩飲んで愚痴や仮想敵に戦いを挑んでた 
うるさくて寝られなくて、私も病んだ。 
結局母はなくなって落ち着いたけど 
「産後のケアちゃんとしないとヤバい」っていうのは心に染み着いた 

友人が妊娠した。 
友人実家はすんでる場所からものすごく遠いけど里帰り希望してた

実家でのんびり出来れば、産後鬱やひいては更年期なんかも重くならないだろうし 
ましてや私の母みたいにはならないだろうと里帰り応援してたけど 
友人旦那が「里帰りされたら家のことはどうすんだ」的なことを言い出したので 
「そんなことも出来ないのw 
ここで変な苦労かけたら産後鬱で長年苦労するかもしれないんだよ? 
数ヶ月くらい我慢しろやw」 
と思わず言ってしまったら 
友人旦那が「おまえのトコと一緒にすんな。」といわれた 
それでも「不安の芽はつんどいた方がいいと思う」と説得してたら 
友人旦那に殴られたw 
壁にぶつかったw親以外には殴られたこと無いのにw 

ホント殴られるってこわいね。おやのしつけや教育とは違う怖さ。 
結局殴ったことを盾に友人は里帰り出産 
私は治療費を貰い示談。 
今となっては、「旦那もマタニティブルーだった」みたいな話になってる 

続きを読む

375: 1 2009/03/11(水) 23:07:05 0

文章まとめるのヘタなので長文&古い話ですが… 

高校の時に14年上の旦那と知り合った。 
うちはボッシーで母の負担を軽くしてあげたくて就職を希望してたんだけど 
彼に「うちに永久就職においで」といわれ結婚を決めた。 
出会って二ヶ月目のことだった。 

親に紹介すると連れて行かれた家は物凄く古くて広かった。 
ウトは婿養子、トメが女主人という感じでかなり威圧的。 
「まだ世間知らずな子供」扱いするトメと 
「俺がちゃんとしつけるから」という旦那。 
この時点でやめときゃよかったんだけど、母子家庭なうえ高卒の負い目があり 
「私のせいで旦那が責められてる…」という錯覚を起こし 
「旦那のために良い嫁にならなきゃ!」という妙なドリーム入ってしまった。 
何とか結婚の許可が下り、二人で新居を探して良い物件が見つかったのに 
旦那が突然「実家に住むことになった」と言い出した。 
旦那の実家には離れがあり、現在は兄夫婦がそこに住んでいるが 
兄夫婦が母屋に移り、私たちが離れに住むのだ、という。 
ラブラブ新婚を夢見てた私は当然反抗したけど 
「俺の稼ぎも少ないし、君に苦労掛けたくないから」と押し切られ、離れに入ることになる。 

新婚生活は地獄そのもの。 
毎日の掃除・洗濯・その他家事一切が私の仕事となった。 
トメは一々口出ししてくるし、義兄も私を小間使い扱い。 
兄嫁も何故か私にやたらとつらくあたる。 
兄嫁は証券会社に勤めるキャリアウーマンなので昼間はトメと二人っきり。 
晩ご飯は母屋で食べるので、私が人数分つくり、 
トメが味見をして「こんな不味いもん喰えるか!」と怒られ、トメが味を調整する。 
場合によっては鍋の中身を捨てられる。 
その度に「私が至らないからダメなんだ…」と完全エネme状態。

続きを読む

183:名無しさん@HOME2008/04/03(木) 11:13:30 0

メンヘラ祓いの知人ネタ。

友人から愚痴として聞いた話。
友人が妊娠したのだけど出産後も仕事がしたいと思っていた。
在宅の仕事も多かったし、近くに友人実家(父母健在)もあるし
暫くは問題は無いだろうという見解だったそうだ。

ところが、出産してびっくりした。
在宅中に突然、毒でパラニート(旦那妹)のコトメが来て
「今日からお世話になりま~す」とか言い出したそうな。

友人、目が点で数瞬虚脱状態だったそうだ。
気を取り直すして意味をきくところ
「おにいちゃんに姪(友人娘)の世話をしてくれって頼まれちゃってぇ」
「おこづかいもくれるって言うしぃ、ご飯も食べさせてくれるって言うからぁ」
「義姉さん(友人)を助けてあげてくれよ、だってぇ」

友人は今度は幽体離脱しかけたほどびっくりしたそうだ。
直ぐに旦那呼び出して話をきくと
「○○(コトメ)の働き口が見つからないのでかわいそうだった」
「僕も育児に参加したかった」
「お前の手助けになればと思って・・・」

こづかい・食費は誰が出すんだ、との問いには
「家計からのつもり」

子育て経験のないバカコトメに娘を預けてお前は娘を杀殳すきか!」
と、離婚覚悟で今実家に退避中です。

続きを読む

671: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 11:37:41.79 0

二十歳で結婚した元夫が今思えばエネミーだった。 
交際当時はまだ学生で親に結婚を反対されてた。 
バカだったので反対されれば反対されるほど、
早く自立して自由に生きたいと思うようになった、本当にバカ。 
当時元夫は30代。 

年齢だけで反対されてると思い込んでたけど、親は正しかった。

学生で脛かじりだから親に半人前と思われてるんだよ、
二十歳になったら大学やめて結婚すれば自由になれるよと元夫に言われその通りにしてしまった。 
その時は私の自立を促してくれる大人に思えたけど、
一回りも年下に中退を迫るなんて単なる最低男だと今は思える。 
住むところが無いだろうから僕の実家に置いてあげると言われて、
行くところのない私を受け入れてくれるなんていい姑だと思い込んでた。 

現実は汚家の家事に姑の嫌味、何もしない
舅の暴言と働かない年上義弟のセクハラだらけ。 
しかもエネミー夫は生活費を渡してくれない。 
当時の私には亡くなった伯父のおかげで不労所得があったので
それでなんとかしのいでた。 
それでしのいでたのも元夫が「君がちゃんとお金を出して
一人前のところを見せれば僕の家族も認めてくれるよ」と言ったから。 
それをおかしいと思わず、いつも私のためにアドバイスをくれてると思い込んでた。 

実際、甘やかされて生きてきてたので、掃除洗濯料理を一切したことがなく、
お風呂にお湯を張る前に洗わなくてはいけないことも栓しなければならないことも知らなかった。 
勝手に中退して結婚したのを心配した親がしょっちゅう会いに来たけど、
それも親に反対される攻撃されてると思い込んでて、 
親を追い返してくれる元夫や義実家を味方と思い込んでた。 
「あいつら(私親)が君に何かしようとしてるけど、僕が守ってあげるからね」 
「うちの親はきついけどいざとなったら(君の親から)君を守ってくれてるだろう?」 
本当に信じてたバカ。
続きを読む

499: 名無しさん@HOME 2009/03/06(金) 10:33:31 0

うちは旦那がトメにお小遣いを渡すのをやめなくて 
そのうち仕送りの話になって、それで別居した。 
ウトが生きていたころはトメはウトの言いなりで出かけることもなかったとか。 
それで、ウトが亡くなったあとにトメは自分の田舎に戻ったんだけれど 
そこでかつての友達や職場の仲間などと親交を深めて 
旅行とか食べ歩きとかをするようになった。 
東京の家を売って田舎に引っ込んだから、お金には困ることはないはずなのに 
「旅行するのに服を買いたいから小遣いをくれ」というかんじで 
定期的にお小遣いをせびってくる。
最初は旦那も自分の小遣いの範囲で送っていたけど 
仕送りをトメに言われてから「家計から毎月送りたい」と言い出して喧嘩になった。 
1度別居して離婚話になったときに、旦那はやっと目が覚めたというか現実を見たというか。 
そのとき、旦那は40歳でトメは75歳。 
離婚して子供たちが大学を出るまで養育費を払い、財産分与もして。 
再婚は望めるかといったら無理だろう、と。 

実家にいたころ、トメが暴君ウトの言いなりで楽しみがなかった生活だったことや 
独り身のトメに対する申し訳なさをお金で何とかしたかったみたいだけど 
私の親が「私たちもそんなに楽しい楽しいで生活はしてこなかったし今もしていない。 
私たちの親だってそうだ。生活ってそんなものじゃないのか」と言ったのも効いたみたい。

続きを読む

652: 名無しさん@HOME 2009/03/06(金) 23:31:54 0
友人の間もなく「元」になる夫がエネ。

大学時代のバイトで知り合い、彼女は卒業後バリバリ働くようになったが 
彼(後の夫)は就職するも3年ほどで辞め、その後フリーターギリギリの状態に。

通い婚状態が7年続き、「年齢的にもそろそろ結婚しておいたらどうだろう? 
家庭があると思えば息子も頑張るに違いないから」とウトメに言われそのまま結婚。 
しかし夫は変わらず、仕事決まって数ヶ月働いては辞め、の繰り返し。

このご時世、正社員で決まるだけでも御の字なのに何かと理由をつけて辞めていたらしい。 
そして年齢的にも正社員募集要項で弾かれるようになった頃のとある日、
友人は高熱出して倒れた。

「ごはん作れないの?無理しなくていいよ、ボクチン実家で食べてくるから!」
と言い残し友人を家に置いて出て行く夫。

レトルトのおかゆを帰りに買ってきて欲しいと言うと「わかった!」と言っていたが、
友人が目を覚ますとトメがいた。
「ママンがレトルトなんてダメだって言うから作りに来てもらったお!」 

トメ作のおかゆを食べているとトメがポツリと
「同居予定、早めた方がいいみたいね」と。 
「そうだね!再来月更新だから更新しないでその時に行くよ!」と即答する夫。 

どういう事だーと熱でクラクラしながらも問い詰めると 
「だって同居してもいいって言ってたじゃん」←介護が必要になったりとか、
将来的にはそうなるかもね、みたいな話はした 

「子供できたら見てもらえるお!」←テメーの仕事が安定しないから作らねーんだよボケ 
「今日みたいな事があっても安心だお!」←テメーがやればいいだけだ 
と悉く撃破し、しかも熱のせい(?)オブラート一切無し。 

夫はトメに泣きつき、トメもふじこった。
興奮して再び倒れた友人を放置して義実家へ二人で帰っていった。 
(ここで初めて自分に連絡が入り詳細を知ったorz) 

「熱でうなされてて心にもないことを口走ってしまったんだね。
もう怒ってないから安心してね」という 
ロミオメール来たが友人は弁護士雇ってさっさとケリをつけた。 

「優しい男だと思ってたけどただのバカだった」
と項垂れてた友人の顔が間もなく笑顔になると思うと嬉しい。 


続きを読む

677:1/82008/04/05(土) 01:34:58 0
ひと段落ついたのでお礼も兼ねて記念カキコ。

結婚して仕事を退社。半年で義理実家に同居になった自分。
ウトメもコトメ、コウトも結婚前から良くしてくれたので
同居に何の抵抗も無かった。

同居開始から一週間くらいで、私物が紛失し始め
二週間でトメ、コトメに嫌味っぽいことをを言われ
一ヶ月過ぎた頃から衣服が無くなったり、ウトや
コウトにお風呂を覗かれたり衣服が無くなったり…
さすがにこのあたりで「あれ?」っと思って
旦那に相談するも「気のせい」「ワザとじゃない」と言われ、
「気のせい」と自分に言い聞かせたが、再び上記のことが
繰り返され、また旦那に相談。旦那「気のせry」
この流れがその後半年ぐらい何度も繰り返された。

この頃には立派なエネmeになっていて「あんなに優しかった
義理実家の人たちが理由も無しに嫌がらせなんてするわけないよね。
私がいけないんだ。家族の一員って認められてないんだ」
なんて思い込んでいた。
同居初期にはトメと分担でやっていた家事を、洗濯・食事から
全員の部屋の掃除まで、認められたい一心で全て自分が毎日やっていた。
今思うとなんて私は馬鹿だったんだと思う。

続きを読む

411:◆8ZodT17sLS1W:2011/02/08(火) 15:47:32

元彼から受け取ったロミオメールじゃなくて
私原作 同僚が自分の妻へ送ってしまった内容でもいいかな?

続きを読む

60: 名無しさんといつまでも一緒 2012/11/03(土) 06:22:07

女の勘はバカにできない。 
怪しまれる時は、確実に後ろめたい事がある。 
いつも通りにしてるのに、何故そんなに鼻が効くんだ?
続きを読む

878: 名無しさん@HOME 2008/02/03(日) 15:05:11

相当DQなので最初に謝っておく、すいません、私は品性下劣です。 

私の外見はせいぜい並から並の下程度なんだけど、自堕落な生活のせいで巨大な肉塊と化したコトメから見たら、美人を鼻にかけた嫌な女に見えていたらしい。 

なんでトメとコトメでこっちの髪形や着る服を指定してきたり、化粧するなと化粧品を捨てたり、アクセサリーをつけようものならアバズレ呼ばわりされるのかなーと思ったら、 
最初は「結婚した女が着飾る必要はない」とか「化粧する嫁は浮気してる」とか「そんなに男を誘って不倫するんだな」とか、まぁアホだなコイツらという程度の言い分だったのに、 

とうとうトメが旦那に離婚しろと言い腐り、その理由が「コトメちゃんの身にもなれ、自分より年上の女が結婚してるなんて、顔がいい女が身近にいるなんてかわいそうじゃないか」とかもうアホ絶好調。

しかも旦那がまたアホのエネ夫で、すっかりみすぼらしくなった私に嫌気が刺して浮気しやがったというアホ。
「結婚した頃、お前はそんなんじゃなかった、もっと綺麗だった」ってテメェのクソ母がそうさせてんだよこのアホが。コトメのお下がりの学校ジャージで買い物行かされる身にもなれ。何の羞恥プレイだアホめが。

続きを読む

このページのトップヘ