タグ:ウトメ

623: 名無しさん@HOME 2014/01/15(水) 08:44:02.32 0
流れ豚切って箇条書き 

・旦那単身赴任で2才娘と二人暮らし 
・私風邪を引く 
・私が寝てる間に娘が鍵をあけて庭に出て更に逃走 
・警察に保護されるが身元わからず 
・どう判明したのかわからないけど4時間後自宅判明、しかし誰も電話出ない 
・旦那に連絡行く、旦那パニック 
・警察が自宅に踏み込む 
・布団で寝ていた私、体温40度超えて意識戻らず病院搬送 
・目が覚めたら病院で親族勢揃いで4日経ってた 

娘に何かあったらと思うとぞっとするし、鍵を勝手に開けられるようになってたのはびっくりした。 
でもあのとき娘が勝手に出ていかなかったらたぶん私が死んでた。

続きを読む

541: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/14(火) 18:18:26
おなかの赤ちゃんが女の子と分かり、それをウトメに報告した。
そうしたらウトは
「女ー!?家は代々第一子が男でなぁ~…まあしょうがない。
次は頑張って後継ぎを産めよ!」と言った。
ムカっと来て言い返そうとしたら、トメが
「はあぁぁぁぁ?この家の何を継ぐわけぇ?
皇室まで行かなくっても、よっぽどの名家旧家だったら分かるけど、
家なんか単なるサラリーマンで財産もろくにないってのに!
夫男と娘子大学行く時奨学金貰えてあんなにホッとしたべ!
大体お父さん4男じゃないのさ。跡取りでもないくせに!
○○家の実家だって貧乏農家で1円にもならん土地自慢ばっかりして偉そうに!
広いばっかり広くってなーんの役にも立たんでしょうが!
あんな土地大学生がバイトしたら買えるくらいの値段しか無かんべ!
あげなもんが自慢か?しかもお父さんのものじゃないつーに!
女の子が気に食わないなら会わんでいいよっ!
嫁子ちゃん!
女は死ぬ気で子供産むんだからそんな下らん事言う人には会わせなくっていいからね!」
ウトはアワアワしてたw
私が言おうとしていた事×3位言ってくれてラッキーw
ありがとうトメさん!!

続きを読む

305: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/07(火) 21:52:52
姉が私のウトメにぶちかました。

●●家御家老の家柄がなによりも自慢のウトメ。
去年長男を出産後「もう跡取り産んだから用なし、出てけ」と嫌味干渉爆発状態で、とうとう体調を崩してしまった。
病室にまで押し掛けてくるウトメの愚痴をぼろっと姉にこぼしたところ、父と二人でとんできた。
延々と「体の弱い嫁なのに詫びのひとつもないのか」「もう引き取ってくれ、孫は置いてけ」
「格下の家からもらってやったのに」と繰り返すウトメに笑顔できれた姉。
「家柄ですか。孫君は跡取りと仰る」
なにか言いかけたウトメを遮って一言。
「その跡取りの御生母様に、あんたたちなにやってるの?
 もしなんかあったら、その皺腹かききって切腹してもらいますからね」
ぎゃあぎゃあわめくウトメに「武家なんでしょ、いさぎよくないわねえ」
「家督譲ったんでしょ? いつまでしがみついてるのよみっともない」
姉には勝てないと悟ったのか、今度は父に噛み付いたが、
「こう見えても刀を扱えますので、介錯はお任せ下さいはっはっは」
「立派なお家柄なら、それを体言するだけの努力も必要でしょう。
御家老の名前が泣きますよ、いやまったく」

今日はウトメこなかった。姉と父は今、旦那をしめあげている。

続きを読む

825: 1 投稿日:2009/03/29(日) 21:17:36
ウトは貧しい家の出で、中卒で働き家族に送金し、
トメは貧しいながらも子育てをし、夫を支えてきた。
小さいながらも会社を立ち上げ、堅実に経営をしてきた。
その働きづめの人生で、突然はっちゃけてしまったウトは50にして28歳のホステスに入れ上げた。
ちなみに義姉は当時30歳。
ホステスさんも結構かわいそうな身の上で、ウトにべったり寄りかかり、
ウトもかわいそうな子なんだ、とべったり寄りかかられていた。
子供の頃から親に虐待されていて施設育ち、
今でも背中に大きな痕が残ってるとかなんとかで、「見たんかい!」と…
ウトは財産のほとんどをトメに渡し、愛人と出て行った。
土地建物は処分して、超良トメは私たち夫婦と同居。
義姉は婚家で「淫乱の血が流れている」といびられ、
義姉夫が奮起して転職し、今は遠方で暮らしている。
カウンセリングなどを受けながら、傷を癒していき段々と元気が出てきたトメにロミオ手紙。

「俺は何を勘違いしてきたんだろう。何を間違えたのだろう。
俺の人生にはお前が一番必要だった事をなぜ忘れたのだろう。
辛い時も苦しい時も、お前が居てくれたからこそ頑張れた。
娘も息子も、お前が居てくれたからこそ育てる事が出来た。
仕事も、お前が家で笑っていてくれるからこそ会社を大きくする事が出来た。
くじけそうな時、お前が俺を笑顔で励ましてくれたからこそ立ち直れた。
あの時、小さな手が4つ、優しい手が2つ、俺を支えて来てくれていた。
だけどもうあの時の事はまぼろしのようだ。
何とバカだったのかと何度自分を責めたか分からない。
ホステス子はおにぎりを手で握っていた。お前は型で作っていた。
それをホステス子の愛情なのだと勘違いをしてしまったんだ。

826: 投稿日:2009/03/29(日) 21:18:37
義姉は元気か。
孫娘はもう7歳になるのか。
あの時、娘が離れて行った事で、
娘のような年のホステス子に寂しさを受け止めてもらおうとしてしまった。
息子は元気か。
孫娘は今4才。お腹の中にいた子は2歳。
あの時、あの錯覚さえ持たなければ今俺にはあの時よりも6つ多い手があったんだな。
今この世の中で俺ほどみじめな男はいるだろうか。
人生をかけて築いてきた物が、もう俺には何一つ残ってないよ。
暗く小さなアパートで一人これを書いている。
せめてもう一度だけ、謝らせてほしい」

いやー、男って何歳になってもロミオるんですねぇwwww
歌の歌詞や愛してるぅ~がない分、しみじみとしてますなぁw
ちなみにホステス子はとっくに脱走済みですwww
そりゃ落ち着いてみたら加齢臭のする父親位の孫もいるメタボオヤジだし、
他に若くて生きのいいのがいたらそっちに行くでしょうよw
せっかく良くなってきたのにトメがこれでまた落ち込んでしまって、
「あんなのでも長年連れ添った夫だ」とウトの所に行こうとしてたので
ショック療法と言うか、ここの歴代ロミオを読んでもらったw
泣き笑いしてたけど、ウトの所に行くのは止めてくれたよw
まあ「行くのなら義姉の子3人、私たちの子2人と、金輪際一生、何があっても会えないんだよ」
と言ったのも大きいかも。

続きを読む

298: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/27(木) 21:02:22
誰もいないのでこっそり投下。はっちゃけ未遂の話。
義実家は新幹線3時間半強の距離。
うちには現在3ヶ月の赤がいて長男である義兄はまだ未婚、つまり初孫。

世間で夏休みの声が聞こえてきた頃に旦那が今年は義実家に帰ろうと言い出した。
それは別にいい。ウトメさんとは産院で短時間会った以来だし。
でも何故8月お盆激混みの時期に、授乳時間もまだ定まらない赤を連れて行かねばいけないのか?
しかも旦那はサービス業でお盆休みと名の付くものはない。
つまり繁忙期(と思われる)時期に無理やり休みを取らなければ不可能な計画。
それを聞いたときに即座に「8月じゃなきゃ駄目なの?」と聞いた。
旦那曰く「だって帰省と言ったらお盆だし」「親戚もお盆なら来れるし」
イヤ、お盆じゃなくてもいつでも帰省はできます。
生まれてから丸2ヶ月赤の存在を知らなかった親戚に見せる義理もありません。
あやしたり乳やったり負担掛かるの私です。用もなく人混みに連れ出したくもありません。
と上記の事を畳みかけたが、意味もなく自信満々の旦那。
何度か説得を試みたものの意地になって意見を変えようとしない。
もう新幹線もろくな座席取れないだろうし、半ば投げやりな気持ちで旦那に丸投げした。

お盆に帰ると日程を伝えたら、義父出張のため別日程にしてくれとの事。
おまい、今まで義実家には何も言ってなかったのかと!
こっちは専業向こうは兼業なんだから先に義実家と日程調整しとけよ!
結局9月に休みをとり帰省することになったが、あまりの旦那のアホさに頭がくらくらしたわ。
たぶん今も何が問題か解ってない。ヘタしたらお盆帰省押し通されていたかも。
義父出張はもしかして、産院で赤が泣き出した途端さりげなく席を外した
聡明な義母の方便なんじゃないかと踏んでいる。

299: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/27(木) 21:08:35
補足、ウトメさんが産院で席を外したのは母子同室で授乳のためです。
別スレ向きの話だったらゴメンね。でも書いてスッキリした。

続きを読む

197: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/02/09(水) 23:05:26
ウトメは私に別居大トメの介護を押し付けて
自分たちはパチだの旅行だの遊びまくってた。
大トメが亡くなって、遺産相続の場で発狂してた。
だって全部介護したウト妹と私に譲られてたんだもん。
大トメが死んだら跡取りとその嫁面して、
それまで住んでたウト妹を追い出して大トメの豪邸に乗り込むつもりだったらしいが
すでにウト妹に譲渡済み。
ついでにリフォームして私夫婦とウト妹の二世帯住宅に改装済みw
大トメの遺産を老後の費用に当てるつもりだったらしいけどwww

こないだウトが事故で怪我をしたから介護を手伝いにこいとトメから連絡があったけど
「母さん(ウト妹)が風邪引いて、こっちの看病の方が大事だから行かない」って夫に言われてた。

続きを読む

このページのトップヘ