タグ:ウトメ


676: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/02/09(土) 09:18:30 0
プチスカですが投下していいですか? 

私の父はイギリス人です。 
母は日本人で、私はどちらかといえば母に似たので、 
瞳の色と髪の色以外は、パッと見はほとんど日本人です。 

夫と結婚する時に、結婚に大反対したウトメ。 
「外人の血なんて、○○家に入れる訳にはいかない」 
「義妹ちゃんの結婚に差し障りがあったら困る」 
「得体がしれなくて気持ちが悪い」 
など、散々なことを言われました。

続きを読む

43:名無しさん@HOME2008/02/14(木) 11:19:59

長文ごめん。

私が旦那に殴られて近所に逃げても
「人様に迷惑かけて!」ですますトメ。
ひたすら何か念仏?唱えて俺シラネのウト。
妊娠時期に、真夜中に嫌がらせ電話をかけてくる旦那の元カノに
私がノイローゼ気味になっても、メンドクサと放置するクソ旦那。
私の両親は他界して行くとこもないし、友達にも相談できずに耐えていたが
旦那の借金が発覚&子供の前でも私に手をあげたのをキッカケに役所に相談した。
当時、精神的に変だった私は役所の助言で目が覚めた。

週末にウト親族の結婚式があって、見栄っ張りなトメに必ず出ろと言われていたが
その前日を狙って、朝、旦那を仕事に普通に送り出し
子供連れて保護施設に逃亡。
家を出る前に「毎日掃除しとけ!」と言われていた草加の仏壇は水をぶっかけ
掃除機の中にあるゴミの袋をひっくり返してグチャグチャにして
旦那が隠していた大量のエろDVD&雑誌(口リコンとか盗撮系)
を全部叩き割って居間にバラ巻いた。
で、ウトメに電話して
「旦那君と離婚します、孫チャン達は連れて行きますんで!さよなら〜」と伝え
トメが「ちょ・・?は?何勝手に決めて・・?」
とか言ってたがガチャ切り。
続きを読む

581:名無しさん@HOME2008/12/25(木) 13:32:59

目の上のコブ程度の普通のウザさで、絶縁級に嫌ってたわけじゃないウトメ。
ある時、旦那との喧嘩が発端で私から積極的にウトメへの交渉を持たないようにした。
(ウトメ対応係みたいにされてることに積年の恨みが爆発し、自分の実家には各自自分で応対するシステムを確立させただけなんだけどね)
最近気づいたんだけど、私だけこの数年完全没交渉になってた。
もう今更なんで、会わす顔も交わす言葉もございませんw

もともと嫁子は眼中にナシなところがあって、うちにおねだりや干渉をしてくる時を除いて
お礼連絡だけは旦那の携帯に直通。手紙の類いは私を除く家族全員にメッセージ。
「ボケやがってw」とあまり気に留めてなかったけど、こんなんでも私が声掛けしてる間は
世間話することなんかもあってホッソイ糸でつながってたんだなと思う。
断ち切ったつもりは全然なかったけど、私が気遣わなくなった途端に結果的に完全没交渉でコリャマイッタネ。
逆に向こうからは気遣われてなかったことがこれでハッキリした。
続きを読む


573:名無しさん@HOME2011/09/12(月) 15:10:12.32
長男教で小梅男梅とうるさいトメ、過干渉のウト
電車で1時間ほどの近距離別居、ウザいので出向くか、電話のみ。
コトメが過干渉に耐え切れなくなり、うちに家出
電話連絡はしていたので捜索とかはなく、そのままうちで暮らしてた

この間コトメの養父母として、結婚式に出てしまった
女の子ほしくて男3人産んだけど、まだ伝えてないのがDQNかなと



続きを読む


533:名無しさん@HOME投稿日:2009/05/08(金) 10:53:27
ちょっと長いですが聞いてください。
去年、私は事故にあい、生タヒをさまよいました。

1週間近く眠っていて、目を覚ましたら口の中に色んな機械がはいってるわ、金縛りみたいな感じで体が動かないわ
それより、その状態を認識できないわで、大変でした。

だけど、リハビリをがんばったおかげで、医者には
「凄く回復が早い!」と驚くくらい、退院を早める事が出来ました。
しかし、失ったものも多く、例えば口に機械を入れるために前歯は全滅で、現在入れ歯です。

娘(当時3歳)がいるのですが、夫の話だと私の看病と、仕事で手が回らなかったので、娘をウトメに預けてたといわれました。

まあ、その当時はウトメは私に対してもごく普通の人だったので、「ありがたいなあ、申し訳ないなあ」って気持ちばかりありました。
私の実家は、離島なので本当に当時はウトメに預けるのが合理的だと思っていました。



続きを読む


393: 名無しさん@HOME 2008/03/29(土) 19:12:23
報告よろしいか。 

とりあえず産業でいうと 
・創価 
・焚き火 
・絶縁 

あ、もうこれで全てを語ったと言っても過言ではないな。



続きを読む

114:名無しさん@HOME2010/09/07(火) 17:48:25 0

結婚と同時に海外に駐在が決まって現地で数年暮らしてた間は、
ウトメには父の日、母の日、ウトメ誕生日にはプレゼントとカードを送って、
電話は国際電話なのでたまーに話すぐらいで付き合いがなくて楽だった。

それが帰国したら徐々に過干渉に。これまでのように父、母の日、誕生日にはプレゼントとカードを送ったり、
ウトメから
「家でご馳走になりたいなあ」と言われたので我が家でもてなしたりもした。
しかし過干渉がひどくなり、旦那とウトメが喧嘩して今では全く我が家に呼ばなくなったけど、
それでも月1でウトメのとこには行ってるし、イベント事の贈り物は相変わらずしてる。
この前、ウトの誕生日はウトメは帰宅が遅いと聞いてたので、こちらは気を使って翌日に届くようにし、
カードはプレゼントに同封してたので、メールで「お誕生日おめでとうございます。これからも元気でいてくださいね♪」
と旦那の名前でメールしといた。
そしたらトメがウトの誕生日当日(平日の夕方)に
「今日はお父さんの誕生日ですよ。あのメール(私が送ったメール)にがっかりしました。
もっと感謝の言葉くらい言ったらどうですか?」
と旦那宛てに仕事中にうざいメールをしてきたらしい。
旦那が「そっちこそ何なの?仕事中で忙しいのにこんなメールしてきて滅入る」と返信したらしい。

そして翌日に私が何も知らないと思って私に「プレゼントが届いたわ!ありがとう」と何事もなかったメールしてきた。
後、「どうして誕生日に電話してこないんだ!」とか平日の帰宅が遅くて疲れてるところに
怒りの電話してきたりほんとうざいというか過干渉すぎておかしいよ。
続きを読む


462: 名無しさん@HOME 2009/09/11(金) 17:27:49 O
昔語りをしたくなったので投下 

若かった頃、世間知らずで馬鹿だった 
親の反対を押しきって結婚した相手は、
外面だけはいいエネ夫でウトメは嫁は奴隷だ。な人達だった
当時、車で二時間くらいの義実家に呼び出されてはこきつかわれていた 
一生懸命に尽くせば報われると思って頑張っていたが、
どんどん扱いは悪くなるばかり 
そして三年目のお盆の里帰りで限界を越えた 

お昼を用意してるから昼前に来いとトメから連絡が有り義実家に行くと、
私だけ中に入れてもらえず庭の草むしりを命じられた。
田舎なので庭が広くかなり時間がかかった。終わると犬の散歩 
散歩が終わると犬の餌の買い出し。
一袋8キロの餌を五袋も買って来いと命じられた 

用事を終える頃には暗くなり、
ようやく義実家に入るとウトメ達はお寿司を食べてた 
勿論私の分は無い。
トメに、ご飯いらないと思った〜。いらないでいいんでしょ?と言われて
黙って義実家を出た。
そんで義実家の近所のお寿司屋さんに食べに行った

続きを読む


602:名無しさん@HOME2007/09/05(水) 21:02:37
2年前の離婚時のことですが、
旧家&高学歴&世間体が全てのウトメを陥れるべく、

浮気がばれて逆ギレし、私に暴.力をふるった元夫を告訴。
引っ越しのご挨拶に、丁重に丁寧なご挨拶&離婚の経緯を説明してまわり、
離婚しました。

酒屋の娘だからと、散々バカにしてくれたご恩返しが出来たと思います。 



続きを読む


145: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/07/07(月) 14:30:32
義両親が私の父親を貧乏サラリーマンと見下していたことを昨日知ってスレタイ 

私達夫婦は義両親と同居していて息子が一人いる 
夫が一応社長の名を継ぎ、義両親+私達夫婦で小さな会社をしてる 
四人合わせて年収は一千万程度、勿論食べるのには困らないし義両親共に年金も貰ってる 
もとは義両親夫婦でやってきた会社、小さいながら努力してきたのだろうし 
これほどまでに利益を上げているのは単純に尊敬していた 
舅は偉そうにしてるけど、ワンマンでやってきたのだから仕方ないとも思っていた 

それが崩れたのが昨日の夕食のときのこと 
私の両親がリタイアして避暑地に家を新築するという話をしたときだった 
舅が「金は出さんぞ。身の丈にあった生活をしろ」と言い出した 
私も夫も頭の中がクエスチョンマークでいっぱい 
それに付け加えるように
姑が「我が家を当てにされちゃ困るのよ」と一言 
冗談かな?と思って笑おうとしたけど、
義両親の真顔に、この人達は本気なんだ、と理解した 

「うちの両親は二人でうちの会社の二倍以上稼いでいるのに、
何でお義父さんを当てにするんでしょうか」
 
私の言葉に義両親ポカーン、そして夫が半笑いで更に言い返してくれた 
「妻ちゃんのお父さん、会社の取締役なんだけど…」 
結局気まずい雰囲気のまま夕食はお開きになった 



続きを読む

このページのトップヘ