タグ:イライラ

860 :名無しさん@おーぷん
私の父は、私がまだ母のお腹の中にいる頃に、事故に遭ってタヒんでしまった。
だから私はずっと母と2人で暮らしていたんだけど、小学生になった頃に母が再婚し、父と4つ上の姉ができた。
もちろん母は私にすごい気を使って、私がこのまま2人で暮らしたいならそうするよと言ってくれてたんだけど、
父は私と全力で遊んでくれるし、姉とも本当に仲良くなったので、何も問題なく新しい家族になった。

母が仕事を変えたから、嫌だった学童保育にも行かなくて良くなって、あの頃はほんと幸せな子供だったと思う。
でも2年ほど経ったある日、急に私と同い年の男の子が家族に加わった。
その子は姉の実の弟で、離婚する際に親権が母の方にいったんだけど、その母がなんか問題を起こして、こっちに引き取られることになったらしい。
詳しくは覚えていないんだけど、育児放棄か虐待か、なんかそんな感じで、弟は常にビクビクしていてよく泣く子だった。
過程としては、父が弟の実態を知り、母に相談。
母が「かわいそう!早く連れてきてあげて」みたいな感じだったらしく、私と姉には一切伝えられることなく、突然弟が家に来た。
姉もずっと離れていた弟と一緒に暮らせることを喜んでいたけど、私からしたら、弟は家族の中の異物でしかなかった。

それから、大抵のことが弟中心になった。
弟は学校を休んで、病院やら色んな所に行って、父も母も姉も弟のことが第一だった。
あんまり騒ぐと弟が怖がるから、と姉はあんまり遊んでくれなくなったし、父と母も弟のことについて話すばかりで、私のことは二の次。
夕飯の時も、「学校でこんなことあったの!」と話してもあんまり反応が返ってこなくて、誕生日に買ってもらうはずだった犬も「また今度」という話になった。
ここらはちょっと私の被害妄想も入ってるかもしれないけど、私は弟のことが大嫌いだった。
父も母も姉も、常に弟に気を使って弟が嫌だっていったことはさせなかったし、騒いだり遊んだりすることもなかったから、
私は弟が嫌だって言ったことをさせ、弟の前で遊びまくった。
弟が風呂に入りたくないと言えば、あの手この手で引きずって一緒に入り、(当時低学年)、
家族が聞いてくれない学校でのあれこれを弟に話しまくり、弟の前で一人スピードや一人おままごとをやりまくった。
そんなことをしているうちに、弟は学校に行くようになり、自分からあれこれしゃべるようになり、私のやりたい放題に文句を言ってくるようになった。
そのうち喧嘩もするようになり、ゲームや遊びで競争するようになり、学校の成績で競うようになり、結果としてよく小競り合いをする兄弟みたいな感じで育った。

私としては(当時の私視点で)甘やかされている弟に嫌がらせしていただけだったんだけど、
弟からは「みんな俺を腫れ物扱いだったのに、(私)だけはすごい構ってくるから、それで救われた」というし、
家族も私のおかげで弟が普通の生活を送れるようになったと信じ込んでいる。
最初は悪意100%の仕業だったとはもう誰にも言えない。
続きを読む

711 :名無しさん@おーぷん
義兄が5歳連れ子が一人居る26歳の女性とお付き合いしてるんだけど
その女性が家に来て私と顔を合わせる度に私のことを指差して子供に「花子おばさんですよ〜」と言う
そして私の夫のことは「太郎おにーさまですよ〜」と言う
そのせいで子供は外で私達のことを太郎おにーさま、花子おばさんと他人に誤解されかねない呼び方で呼ぶ

毎回毎回しつこくて、「私はおばさんじゃないからおばさんと教えないで」と言ってるのにやめてくれず、いい加減我慢できずに連休中
「人のこと指差すな。そして私はおばじゃない、あんたと親戚になったわけじゃないからおばさんって呼ばせるな
夫もあんたたちとは他人だ」と真正面から伝えた
しかしそれを聞いた女性は「はぁ?おばさんってクソババアの意味だよ。お前28歳がババアじゃないと思ってんの?
あ、おばさんってのが気に入らないなら今度からお前は花子ババな」と言われた
言葉も思考も下品すぎてついていけない
子供にも本当に「花子おばさん、花子ババって呼んでほしいって」と私のことを花子ババと呼ばせ始めた
義兄は「子供の言うこと真に受けんなよ」と言ってる
ちなみに義兄は子供に「ダディ」って呼ばれてる
気持ち悪いのに姑が子供にメロメロで家に頻繁に連れてくるからもう限界
三連休は初の結婚記念日だったのに家にずっと他人がいる状態
さすがに夫もキレて同居解消を提案したのに姑が縋ってくる
「女性も子供も将来縁続きになるのよ」と言うから「紙切れ一枚で私はあんたとも他人だけど?」と最低な返しをしてしまった
でももう無理
新婚なのに耐えてたけどもう無理
続きを読む

633 :名無しさん@おーぷん
3年ちょっとほど前の話
同棲してた元彼女がミニマリズムにハマり、あれ捨てようこれ捨てようと煩くなった
それが全くの不用品(着なくなったシャツとかそういうの)ならよかったんだが、仕事で使うタブレットや、
その前に使ってたサブのノートPC(当時元彼女が使ってた)までも処分させようとする

いい加減神経を疑うようになり、だんだん同棲解消を考え出した頃、
ある朝起きたらアパートからPC類が全て消えていた
スマホだけは無事だったので泡食って110番し、警察が事情聴取と現場検証してるところに、
元彼女(友人宅に泊まりがけで遊びに行ってた、後述するが嘘)がルンルンでご帰宅

元彼女「え、何で警察がいるの?」
俺「寝てる間に泥棒入られたんだよ。お前、帰ってこなくて正解だったわ」
元彼女「やーもー大袈裟だなぁ、断捨離してあげただけなのに」
俺&警察一同「……はぁ?」
続きを読む

265 :名無しさん@おーぷん
隣部署のおばちゃんの神経がわからん。
俺は先日、恥ずかしながら初彼女ができた。
仕事柄女性が多い職場なんだが、どこにデートしたんだとか何かプレゼントしたのかとかひやかされる。
別にそれはいいんだが、他部署の主任(40代のおばちゃん)が、「ヤったのかヤってないのか」に固執して聞いてくる。
さすがに下ネタはきつい。俺が神経質かもしれんが……。
仕事場でそんなこと言えんし。
「それはちょっと」っと伝えると、
「なに緊張してた/たなかったのー? まだ童貞ー? 」とか言われる。
「ほんとその話題はやめてください」と何度も伝えるも、聞きやしない。
どうすれば真剣に受け止めてくれるんだ……と思って同僚(女性)に相談したら、同僚が主任にラインで言ったらしい。
ラインのスクショを見せられた。そこには
「話題がなかったから彼女の話をしただけ」
「他の人にこそこそいうなんて不愉快」
「別に興味もないし誰もそんな話聞いてないから」「このままあいつに伝えといて」
と書かれてあった。
いやいや、何度も言ったじゃん……真剣に受け止めてくれなかったのそっちじゃん……。
確かにちょっと浮かれてた自覚はあるけどさ。
仕事でそもそも下ネタを雑談として言ってくるのはどうなんだよ。
0か1かじゃなくて、その話題を控えてくれればよかったのに。地味に凹むわ。
まあ関わらずにいようと思えば接触は最低限で済むから様子見するけどさ。
その神経がわからん。
続きを読む

472 :名無しさん@おーぷん
呼び方について。自分が間違っているのかもしれないけれど

私は20代後半女、会社員で既婚。
腰痛持ちなため、近所の整体院で隔週で施術を受けていた。
院長(40代位男性)が私の担当で、いつも通り施術を受けながら、適当な会話をしていた。
「いつも土曜日に来てますけど、旦那さん家に置いてきちゃって大丈夫なんですか?」
「ああ、夫なら家でゲームしているんで大丈夫ですよ」
「…旦那さんとは一緒にいる時、何しているんですか?」
「一緒にテレビ見たりゲームしたり、時々出かけますけど。夫も私も料理好きなので二人で作ったりしてますよー」

と上記のような他愛のない話をしていた。すると院長が
「前から思ってたけどちょっと生意気じゃないですか?」
と言ってきた。「え。何がですか?」と驚いて聞くと、

「普通は旦那さんの事を立てて、『うちの旦那』とか『主人』って言うもんじゃないですか。
それを夫、夫って。生意気じゃないですか?大体誰のお金でここに来れてるんですか?」
と上記のような事を言ってきた。
続きを読む

295 :名無しさん@おーぷん
私の元夫は自宅に相手を連れ込んでの浮気をした。
当時、元夫は転職に失敗して事実上無職状態。
(就職はしていたけど仕事は一切ない状態)
生活費の他にローンだの元夫母の病院代だのがあり
私はシャカリキになって働いていた。
その出張中に連れ込んだ。
正直言って私ももう愛情は冷めていた。
だから元夫完全なる有責で離婚できるのは朗報だった。

なんで連れ込みがバレたかというと、
現場を見たのではなく相手が痕跡を残しまくったから。
元夫が私の悪口を言いまくったせいもあり、
私にマウンティングするつもりでやったんだろうけど
それが、その痕跡がね、超きったないw

陰毛や茶髪ロンゲの髪の毛をたくさん落とし、
トイレには生理用品、台所もグチャグチャ。
洗面台には化粧品類、パフとかすっごい汚れてる。
マニキュア付きの爪の欠片(切ったやつ)、
タオルに口紅、玄関には泥や埃。
ゴミの入ったブランドショップの紙袋。
もちろん使用済みのコン○ームもこれ見よがしにw

早朝にヘトヘトで帰宅してそれらを見て、
すぐに元夫を叩き起こして現状確認をして貰った。
もちろんその場で離婚したい旨を告げた。
その時に元夫に「汚いな、しかしきったないなw
一応彼氏の家でしょ?なんでこんなに汚くできるの…
離婚するしもういいけど、本当に汚いよね…
気持ち悪いなあ、どういう育ちなんだろう。病気かな」
ってしみじみと言ってしまった。
元夫は黙って項垂れていた。
折角なので翌日までこのままにしてもらい、
元夫母&私兄&兄紹介による弁護士さんを呼んだ。
元夫には相手の女性を必ず呼ぶように言った。
(その間、元夫から鍵を取り上げた上で家に鍵をかけ、
私はホテルへ、元夫は知らない)
翌日、親族はみな絶句。元夫と相手女性は真っ赤になって
何を聞いても黙ってた。
元夫がなんと言って相手の女性を呼んだのか知らないが、
こういうことだとは思っていなかったようだった。
続きを読む

このページのトップヘ