タグ:アレルギー

171 :名無しさん@おーぷん
仕返しというかちょっとやり返した=撃退程度の話ですが。
大学時代のバイト先に勘助っぽい人がいました。
私は爪が脆くて伸ばせず、短く切りそろえているのでネイルなし。
当時アレルギー症状が出ていたのでほぼすっぴんでした。
ただし黒髪ロングではなく、栗色ショートボブでジーンズスタイルでした。

でもネイルなしすっぴんだけで清楚認定されました。
当時某ミステリシリーズにハマっていて休憩室でいつも読んでいたらオタ認定され
知らない漫画やアニメの話を振られるように。
「わからないのですみません」
「詳しくないです」とかわしていたのですが、その人の脳内では色々進行していたらしく
ある日帰りを待ち伏せされ、無理やりプレゼントを渡されました。
中身を見たくなかったので開けずに翌日そのまま返すと、
今度は剥き出しの指輪(雑貨屋で売っている1000円くらいのやつ)を
給湯室で押しつけられる事態に発展。
「いりませんー!」
と叫んでいたら主任が来てくれて助かりました。
勘助は逃走。
その後主任に訊かれて話すと
「そういうトラブルは我々社員に言ってくれないと困る」
と叱られたのち、アドバイスをもらいました。
「明日から子供嫌いをアピールしなさい。あの手の男は子供嫌いな女を避ける。
我々も話を合わせるから」と。
翌日から言われた通り、
「子供はうるさいから嫌い!子供可愛くない!邪魔!」
とアピール開始。
実際は標準くらいです。身内の子は可愛い、よその子はあまり興味ないかな?くらいw
主任たちも話を合わせてくれ、「あなた子供嫌いだもんね〜」

一週間経たずに効果が出て「幻滅だ!」と向こうから言われました。
「二度と話しかけるな!」
とも言われましたが「はあ」と言ってスルー。
勘助に悩まされている女性は、周囲の協力が得られるようであれば
一度やってみるのをお薦めします。
続きを読む

258: 名無しさん@HOME 2017/03/23(木) 23:07:19.85 0
昨日もらったお土産の賞味期限切れてるんだけど…。 

義実家には賞味期限が半月ほど切れた菓子パンが食べかけでたくさん置いてあって、
小麦アレルギーのうちの子にたらふく食わせてる。
うちの息子の顔、真っ赤になってパンパンに腫れてた。 
「次男君のアレルギーはいつ治るの?」とアホな質問まで飛び出す。 

いつか殺される。
続きを読む


570:名無しさん@おーぷん2017/02/26(日)21:56:28ID:YIa
自称タバコアレルギーとかと違ってさ、
幼少期から病院でもタバコで発作が出ると言われて診断書まででてるんだけど
マジで命に関わるのに「嫌煙家」と思われて軽んじられるのどうしたらいいの?

化学物質過敏症だからっていうと、芳香剤も排気ガスもダメだろと反論されるんだけど
当然だめだから俺は365日家でもマスクしてる
ただタバコってのはpm2.5に分類されて、
マスクじゃ防げないからこそマスクしててもそばで吸うのはやめてくれって言うんだ

それに俺がタバコダメになったのは
赤子の頃マンションの隣人がヘビースモーカーで一時間毎にベランダで吸うから
その煙が洗濯物や布団についたり、
部屋に流れ込んできて大量にタバコの有害物質に触れてたからと幼少期に言われた

だからタバコに一番反応する
それに症状の出方も違う

芳香剤は頭痛→目眩と吐き気→嘔吐と酷くなり、
頭痛の段階なら離れるだけで症状がなくなるし、
酷くても離れて暫くして症状がおさまる
タバコは即座に喉が締め付けられたような痛みとイガイガ感が出て気道が細くなる
細くなった気道を出てきたタンが塞いで苦しくなる
即座に離れても少量で上記の状態で、吸い続けると咳とタンで呼吸ができなくなる
そこまでいくと24時間以上タンが出続け、
寝ている間にもタンが出るので呼吸がつまり目が覚め激しく咳き込む
寝られなくなるし、翌日にも響く

ここまで詳細に説明しても
「タバコアレルギーや化学物質過敏症は嫌煙家の常套句」と
飯食ってる隣でタバコを吸おうとしたり
喫煙者が俺も使う社用車で隠れてタバコを吸おうとしてくる
勿論社用車や職場は完全禁煙なのに、この前遅出だったとき、部屋中タバコ臭かった

上司には報告したけど犯人はわからないし、
上司も喫煙者でそんな気になるか?って態度だし
周りの喫煙者は最初に書いた通り、
俺のことを嫌煙家だと思って真剣にルールを守る気がない
入社するときにそのへんきっちり分けてるって明言してたからこの会社に決めたのに
匂いって音声とかと違って証拠もとれないしどうしたらいいんだ
続きを読む

187: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)11:00:43 ID:U3S
兄嫁の肥立ちが悪くて入院したとかで御見舞を渡した
退院してお返しが届いたんだけど、
嫁が甲殻類アレルギーなのに甲殻類が送られてきた

メッセージにはご丁寧に
「奥さんのアレルギーのせいで大好物が食べられないと思って送りました」

この人どんな神経してるんだろう?
嫁は自分が食べられなくても俺の料理には甲殻類使うし、
普通に俺だけエビカニ食べさせてもらってる
嫁は元々エビカニがそんなに好きじゃなかったらしいから
目の前で食べられても平気らしい

逆に俺はイカを食べると腹を下すが嫁はイカが好物だから俺の前でも食べる
最近はホタルイカ一人で食べて満足してる
俺はイカがそんなに好きじゃないから目の前で食べられてもやっぱり平気

兄嫁のやることが大きなお世話すぎて神経疑う
なんだよ嫁のアレルギーの【せい】って、嫁は悪者扱いか
腹立つ
続きを読む

491: 名無しさん@おーぷん 2017/02/26(日)04:02:10 ID:gaO

大学に入ってから

「髪染めたら?」
「パーマあてたら?」
「ピアスあけないの?」
「メガネやめなよ」
「ダサいよ」
って言われ続けて
胃に穴が空きそうなほどのストレスです

私はアレルギー体質で、黄砂や花粉で
症状が酷いときはプレドニンも飲んでいます
髪染めやパーマの薬液、ピアスも
アレルギーを起こす原因になりますし、
コンタクトは目にアレルギー性の炎症が
出ているのでつけられません

私にとって生まれたままの姿をいじくることは、
自分に傷をつけて人生を生きにくくことと等しくて、
髪染めやパーマやピアスは、私の場合だと
肌を人前で露出できない入墨を入れるのと等しく感じます

それをどうしても理解していただけない
アレルギーと話せば諦めると思って
正直にアレルギーと話しましたが、周りは
「アレルギーでしたくてもおしゃれをできない可哀想な子」
との認識にすげかえて
「アレルギーの人にも使える薬液があるよ!」
「チタンのピアスならアレルギー起きないよ!」
「ワンデイならアレルギーでも負担少ないよ!」
と善意で私がおしゃれできる方法を探してきます

そうじゃなくて、アレルギーがあるから
無理してやると余計悪化する、
というのがどうしてもわからないみたいです

最近本当に外見の指摘をされることに疲れてきました
「顔や髪がダサいからおしゃれな服が着られない」
「可愛い服が着られるのは今だけ」
と言われるのが本当に嫌です
そんなの私が一番よくわかっているし、
だからそれでも地味な服を着てるのに
続きを読む

191: 1/3 2015/03/12(木)18:56:02 ID:rLq
長くなります。初めて書き込むので、読みづらかったらすみません。

10数年前、事故で怪我をした。
ありがたいことに旦那がものすごく協力してくれて、残業を減らして早めに帰宅、家事を手伝ってくれた。
週末は二人で歩いて近所の病院へ向かい、旦那の見守る中リハビリをして帰る。
おかげさまで、医者にもほめられるくらい回復できて、ちょっと足引きずってる?くらいまでになれた。

何か旦那にお礼ができないかと思ってネットで調べてたら、自宅からバスで20分ほどのところに旦那が大好きなケーキ屋が
支店を出したことを知った。
1ヵ月後が旦那の誕生日だったので、ケーキ屋にメールをして、色々と希望を伝えてケーキを作ってもらうことになった。

誕生日当日、旦那が仕事に出たのを見送ってからバスに乗ってケーキ屋に行くと、店員が?って顔。
開店早々、私を名乗る女性が来て、ケーキを持っていってしまったと。
店長に「大変失礼ですけど、身分証とか電話番号がわかるものとかお見せいただけませんか?」と言われて、
その直前に、コンビニで旦那への誕生日プレゼントを受け取っていたので、宅配便の伝票(住所氏名電話番号記載あり)と
保険証を見せた。店長真っ青。私も真っ青。

3時間くらいお待ちいただけないかと言われたので、近所の図書館で時間を潰してお店に戻ると、お店の裏の部屋に通されて
そこに私が注文したのよりも大きくて豪華なケーキがあった。
本店に在庫があったのを取り寄せて、支店で更にデコレーションしてくれたらしい。
「ご希望のものと違うものになってしまいますが、これでご容赦いただけませんか?大変申し訳ございません。お代は結構です」と
店長に頭を下げられ、私も恐縮して「お代は支払わせて欲しい」と頭の下げっこをした。

そこに店員が「店長・・・ちょっと」とやってきた。
私のケーキを持ち去った女性がやってきて、「店長を出せ」と騒いでいると。
店長に頼まれて店内が見える窓からその女性を確認すると、私の趣味のサークルで付き合いのあった近所のAだった。
「うちの子のアレルギーのものが入っていて、子供が病院に行った。誠意を見せろ」とかなりの剣幕で怒鳴っていて怖かった。

店長が配慮してくれて、私は裏から店を出て店員さんの運転する車でケーキとともに帰宅。
無事、旦那の誕生日をお祝いできた。
続きを読む

このページのトップヘ