タグ:しきたり

174:名無しさん@HOME2007/11/11(日) 08:40:54 0

うちの実家は福岡。義実家は兵庫。
現在の自宅は富山です。
夫の転勤が決まり、バタバタと20日に和歌山に引越しすることになりました。
8月下旬に長女が誕生したので、引越しの手伝いもかねて実母が23日からの3連休に遊びに来ることに。
すると義実家
「実母がわざわざ九州から来るなら、私たちもそれに合わせて行って
おもてなししなきゃ!!」
と言っています。
…??そんなこといちいちするの??
なんかわからんが、夫曰く古いしきたり?で、そうするもんらしいが…

どうなんですか?
私はてっきり娘に会いに来るのが目的かと思ってたんですが、実母に会う為?
何の為に?
ちょうど産まれて100日になりそうなのでお食い初めのお祝いをする為かとも
考えましたが、そんな話は一切無し。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/21(金)10:03:50 ID:4fJ
結婚までも色々な祝いだとか結婚式はこうするべき、みたいなので
当初の予定より200万くらい余分にかかって

子供できてからはさらに加速して、
来月の初節句でついに貯金額が5万になる模様
なんでも初節句は両祖父母身近な親族招いてご馳走するのが常識
だそうだ
もちろん我が家全額持ち

もう経済的にも厳しい旨伝えても何故そんなに蓄えがないのか?
出来ないならいまから親族全員に電話して
金がないから出来ないと詫びるべきみたいなこと言われて
しんどい状況

これ普通なん?本当にこんな常識あるんか?
続きを読む

276: 名無しさん@HOME 2011/10/23(日) 14:19:14.97 0
姑に「あなたの買ってくる仏花はすぐ枯れてしまう」と言われた。 
どんなに注意深く新鮮そうな仏花を買っても、「あなたの買ってきたのは(ry)」 
先週、頼まれたのでまた買ってきて渡した。 
次の日病院へ送迎を頼まれて「家の中に上着を忘れた、取ってきて」と言われて家に入った。 
仏花を水に入れないで、テーブルに放置してあった。 
すぐ枯れるわけだ。 
気がついて仏壇の花器もついでに見たら、水無しカラカラ。

昨日また、「あなたの買ってきた仏花はすぐ枯れて(ry)」
  • と、次の花を催促されたので、「今度は私に御参りさせてくうださいね。仏花も供えさせてくださいね」 
ト無理やり上がり込んで、見た目そっくりな紙製造花の仏花をお供えしてきた。

本来生花でないといけない仏花を造花にしたのがdqかな、と思ってる。
姑はまだ何も言ってこない。
続きを読む

913: 名無しの心子知らず 2013/05/29(水) 20:22:28.98 ID:aX5fRnyG
5歳になる息子の名前が富勝(とみかつ)といいます
代々、祖父と父親から一文字ずつ貰うのがしきたりで
家族全員で納得の上決めました
息子の顔も地味な方なので古風な名前でも違和感ないと思ってたのですが
最近、幼稚園のお友達にトンカツ君とアダナを付けられたらしく
すごく落ち込む息子を見てると申し訳ない気持ちになります
続きを読む

126: 1/2 2008/03/17(月) 11:42:45
「代々○○家でのしきたりという物は」とか「○○家での伝統は」とか 
「これが出来ないなんて○○家の嫁として」とかしきたり&見下し厨のトメ。 
このトメにくっ付いて「嫁のくせに」だの「私と立場が同じだと思わないで 
よね」だの小姑根性全開の二人のコトメ。 
常に上から目線、私は貴女よりも立場が上って態度のコトメは三十路・四十路過ぎて 
パラヒキニートで外で食事も出来ない、職歴無し家庭内が世の中の全て。 
別居だけどいい加減うんざりしてたし、黙っていると調子に乗るばかりなので言い返してみた。 

トメの○○家の伝統話が始まったので 
「トメさん、この家って昔からの仕来りや伝統を大切にしてるんですよね? 
物事に対する考え方も代々同じ様に受け継いできたんですか?」と聞くと 
「当たり前じゃない!それが女の務めです。男を産んで御家を絶やさない事と 
同じくらい大切な仕事よ!」とトメ。 
「嫁子さん嫁いで何年経つの?まだ我が家の事分かってないの?無駄に居るだけ 
じゃ困るのよねー。恥ずかしいからしっかりしてよね!」とコトメ達。 

「江戸時代、お武家さんでは女の子は御家を安泰させて大きくする為に政略結婚の 
大切な道具だったんです。17歳過ぎるともう行き遅れです。 
器量が良ければ「器量望み」といって、引く手あまたで一桁年齢でもう婚姻が 
決まってしまうんですよ。行き遅れると、持参金を積んだり身分が下の家に押し付け 
たりするんです。結婚できないと行かず後家ってお家の恥で世間様に後ろ指を指される 
ので必タヒだったんですよ〜。 
家に置いておくのは恥ずかしいから出家させて尼さんにしちゃったりね。」 
続きを読む

このページのトップヘ