タグ:お金


739: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/04(土) 10:17:03.89

もう35なんだが嫁29が子供産んでくれない。 
自分が仕事辞めたら生活が不安らしい 
そんな事言ったらずっと産めないだろ?と言うと 
それも仕方ない、と 

子供のいない人生なんて考えられないと言うと 
40、50になってもアパート住まいの人生なんて考えられないと言う 
不安定な家庭で育つ子供がかわいそうだとも 

子供作るか、離婚かと臭わせてもブレなかったよ 
年収340だが、アパートは社宅ないので家賃は無い。なんとかなると思うのだが 
嫁が金に執着が強くて駄目だ。 

続きを読む


538: 可愛い奥様 2018/02/16(金) 14:52:38.33 ID:hI5v8ImE0
義父が亡くなりそうだけど亡くなっても香典が用意できません。
そして義父、二度の危篤を乗り越えて安定してます。
帰省して様子見に行った旦那が、仕事辞めて帰郷して介護したいだと。

すぐにとは言わなくけど私と意見が合わないなら離婚も考えてるって。 
ショックで今どうしたらいいか分からないです。 
まず引っ越しするお金もないよ、アホ!と言いたい。

続きを読む


90: 名無しさん@HOME 2008/09/04(木) 18:52:13 0
出産した時病院に見舞いに来たトメが 
「これ妹さんに渡して。いろいろ世話になるし」と金包んで来た。 
妹は「何それ。もらう理由ない。姉妹だからお互い様だし」と受け取らず 
法事があった時に旦那に返してもらったらキーキー怒っていたらしいけど 
これって普通ですか?


続きを読む


515: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/30(木) 20:51:03 ID:zoXA5caP
たった今あったずうずうしい話 

近所で月極駐車場Aを借りていた。 
料金は銀行の定額送金で毎月向こうに自動送金。 
今年に入り、Aを解約をした。

そして先日、ふと自分の通帳を見たところ、 
未だにA宛に送金がされてることに気づいた。 

定額送金を解約しなかったのはこちらの責任なので、 
向こうに落ち度はない。 
それに我が家以外にも多数駐車場契約しているので、 
間違い送金に気づかなかったのだろう。 
数ヶ月も間違い送金があればさすがに連絡するはずだし・・・ 

そう思って先ほど母親が大家に連絡したところ 
「送金されてたのには気づいていた。うちの落ち度ではないし、 
そっちが自動送金を止めなかっただけでしょ」 
とのこと。 

止めなかったのはたしかにこっちだが、言われるまで数ヶ月、 
何万も何も言わずに受け取るか?普通。 
とりあえず返金には応じてくれるようだが、ババアずうずうしい。

続きを読む



a83:名無しの心子知らず2012/01/10(火) 17:53:52.95 ID:VYIjAe7T

書き逃げします。

昨日、ショッピングセンターで買い物をしていたところ、息子がUFOキャッチャーがしたいという事で、私同伴でついて行く事に。(私の住んでる地域では、子供だけでの立ち入りはNG、親同伴ならOKです)
500円までだよといってお金を渡そうと財布の中を見ると小銭がない。
両替機まで行って1000円札を投入した
すると、光の早さくらいで100円玉を鷲掴みして光の早さくらいでダッシュした30代前半くらいの女性.。
本当に一瞬で、何が起こったか分かりませんでした。走って行ったほうを見たら、匂いが嫌だと言って、ゲームコーナーの前でベンチに座って待っていた旦那が伸ばしていた足に引っかかって転倒。
(旦那は伸ばしていたと言っても、丸い机から軽くでていたくらいだったそうなので、なんでぶつかったかは分かりませんが
飛び散る100円玉。
それを懸命に拾う泥ママ子と、思われる女児。すぐさま警備員さんが駆けつけて、泥ママ子を確保。泥ママの怪我を心配しつつ奥のほうへ我が家とともに、奥へ。

そこで泥ママが両替機から100円玉をとって行った事。主人の足に引っかかってこけた事などを説明しました。
そこへ泥ママ旦那登場。思いっきり泥ママをビンタ。旦那がきた途端ずっと黙っていた泥ママが、この人がくれるって言った。
あなたのところは、男の子だからいい。
私のところは女の子だから、あなたたちは私たちに優しくするべき。と意味わからんことを並べ始めた。
しかし、店員さんが泥ママが両替機から100円玉を強奪するところをみていたらしく、泥ママは御用となりました。
泥ママ旦那には背骨が折れ曲がるんじゃないかというくらいまで頭を下げられながらケーキやらお金やら持ってきて、なんとか被害届は取り下げて欲しいと言われて取り下げる事に。
子供がケーキに喜んでいたので、よかったです。
スレ汚し失礼しました。

続きを読む


469:名無しさん@HOME2006/09/03(日) 14:28:07
ウトが倒れて、長男夫婦(もともと同居)が介護することになりました。
夫は4人兄弟の次男(長男・次男・長女・三男)。
これからの資金をどうするか


その話し合いの中で
・2週に一度くらい、長男以外の兄弟が通って面倒を見る
(その間長男夫婦は休む)
・毎月決まった金額を長男に送金する。
その代わりウトへの訪問は、時間のあるときのみで良い
のどちらかを選んでほしいと言われました。

長女と三男は送金を選んで、夫もその方が良いというんだけど
長男夫婦はずっとウトの家に住んでいて
住宅に関しては何の苦労もしてないだろうに
独立してやってる兄弟からお金を取るのって、どうなんでしょう?

3軒分あれば結構な金額で、長男夫婦の負担は少なそう。
長男嫁さんは
「月に1~2度でも、通うとなると大変だと思うから、
お金にしたらどうかと思うんだけど、大変かな?」
って、さも自分たちが良い事してるふうに言うのが、ちょっと・・・・。
「お金を送るなら、ちゃんと収支の報告はしてくれるんですよね?」
と言ったら、夫には叱られるし他の兄弟は白い目で見るし。

皆さんならどうしますか?


続きを読む


586: 恋人は名無しさん 2016/03/23(水) 21:31:46.69 ID:8kv0FLuH0.net
俺は好きなだけ使わせてくれる人じゃないとダメだ。

収入コントロールできる仕事で、結構稼いでるんだが
それでもオモチャ大量に買うと嫌がる女が多い。
置き場が、って怒られるならいいんだけど
無駄遣いだ!って言われるのは無理。

年500万は貯金できる程度に残してるんだけどな。

続きを読む


614:名無しさん@おーぷん2016/02/12(金)16:10:18 ID:???

感覚の違いに驚いたこと。
知人の子が小学生の時に親の財布からお金盗ったことがあるらしいんだけど、

その時、知人の嫁は携帯電話と包丁を持ち出してきて、
泥棒は警察に捕まえて貰わなきゃいけません、
子どもでも刑務所みたいなところに行かなきゃいけない、もう友だちとも会えない、警察に電話するか?


警察に電話しないなら警察のかわりに罰を与えなきゃいけない、
昔から泥棒は手を切られる決まりだ、お母さんがやってあげる、どうする?って迫ったんだって。
子はびっくりしすぎて逃げることも出来ずに大泣きしたけど放置して、どっちがいい?
って聞き続けたところに知人が帰宅、
子どもはお父さんに自分は泥棒をしたけど警察に行くのも手を切るのも嫌だ、
もうしないから許してくださいって泣いて頼んだ。

知人はお前が泥棒をしたからお母さんはそんな辛いことを選びなさいと
言わなきゃいけなくなった、お母さんが一番かわいそうだ、お母さんに謝りなさいって叱って、
知人嫁はお父さんが一生懸命働いたお金を盗ったんだからお父さんに謝りなさい、とまた叱り、
結局「執行猶予」ってことで次やったら

警察に行くか手を切りますって文章を書かせた、という話。

やりすぎだし、逃げ場のない虐待じゃんと思ったのは私だけで、
いい躾だね!というのが感想の主流だった。
似たような叱り方をしたと言ってる人もいた。

自分が小梨だからわからないのかもしれないけど、そんな親の元に生まれなくてよかったと思った。

子ども歪まないのかな…

続きを読む



620:名無しの心子知らず2009/03/03(火) 10:10:42ID:L42y8zVm
流れきります。dqn返しが嫌いな人はスルーして下さい。
我が家で最近消耗品がなくなる事があった。物はオムツ数枚やペンやトイレットペーパー…
勘違いかな?と思ってたのですがサイドボードに置いていた小銭、700円くらいが紛失。
旦那のなけなしの小遣いでそこに置いたのは間違いないらしい。
私達夫婦以外に部屋を出入りしたのはママ友A。
思い切って他のママ友に相談すると「知らなかったの?」と言われ、どうやら手癖が悪い事で有名だったみたい。

続きを読む


820:名無しの心子知らず2016/08/26(金) 14:27:09.01ID:ZEr5WMC8
義理の姉のことだけど、
2人目が産まれてお祝いとして1万円とギャップの靴下あげた。
今、私は2人目臨月で義姉にお祝いにエルゴ買おうか?と言われた。

私は抱っこ紐自体持ってなくて上の子をおんぶするのに
義姉のエルゴ借りてた時期があって、便利だねー、欲しいなぁー、
と言っていたのを覚えてたみたい。

ありがとう、と返事したら好きなの選んでいいよ、と言ってくれた。
後日、選んだものを見せたら、了解!お祝いとしてプレゼントするね。
と。えっ?お祝いとして?お金は?と思ったんだけど聞けなくて、モヤモヤ…。
私はお金と品物あげたのに。なんだかなぁ、
人それぞれの感覚なのはわかるけどさ。


続きを読む

このページのトップヘ