タグ:お経


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑥はこちら】
616:◆Jv4G8upKnw2014/08/05(火)00:00:53ID:wSHSZJ2bG
少しだけ会話する時間を貰ってS子と会話する俺。

オレ「ほほほ、本当にS子?」

S子「そうだよ!オレさん!」

オレ「どどど、どうやって思い出したの!」


S子「分からない、けど思い出したの!私は●●S子だーって!」

オレ「ほほほほ、本当に、S子!?」


S子「本当だよ!私の名前は●●S子だよ!」

オレ「●●S子!よかったなー!」

S子「うん!オレさんはやっぱり凄いよ!!」
その笑顔はとても眩しかったし、本当に嬉しくてかわいくて、仕方がない顔してた。

オレは、今すぐ踊り喜びたかったけど、
終始「ザブトンから出るな」と周りで北祖母と祖父は煩かった。
ま、かなり笑ってたけど!wwww

さて……。
色々混乱はあったけど、ようやくS子の供養が始まった。
先ほどと同じように北祖母がお経を読み上げ、だんだんと周りも読み始めた。


続きを読む


【①はこちら】
【②はこちら】
【③はこちら】
【④はこちら】
【⑤はこちら】
【⑦はこちら】
496:◆Jv4G8upKnw2014/08/04(月)00:02:33ID:zmjxvvIKQ
オレの内心は大パニックだった。

なんで普通に見えてるし、普通に触れているの!?
俺なんかそれで来ただけで超感動していたのに!?
この家ではデフォなの、普通なの、寺生まれのTさんでも居るの!?
S子は一体どうしたの!?

一同「「「「「…………。」」」」」
やけに静まり返る居間。

オレ「…………。」
ホカ「「「「「……………。」」」」」
姿が見えない人や感じない人も、空気に負けて静かになっている。

北祖母は、S子の手を握り「大丈夫よ」と微笑むと、その手を離した。
そして、怖い目状態で睨みつけている親戚たちへと、視線を向ける。

北母「貴方たち、その目はなんですかッ!”大切な可愛いお客様”に―――ッッッ!」
まるで拍手デモしたかのように、鋭い声だった。

祖母の声が頭へガツーンッとぶつかる。

他の人たちも、段々神妙な顔つきになってきながら、祖母へ言った。

特に人の発言にこだわりないので「叔母or祖父+他」で「叔他・伯他」で言いますね。

伯他「直に除霊しましょう!」と。

叔他「お母さん、見えているんでしょ!?」

伯他「そうです!直にあげた方がいい!」

叔他「ここに置いておくには大きすぎる!」

叔他「神社へ直に連れて行きましょう!」

伯他「その方がいい!」

オレ「な、何を言っているんですか!約束は三日後だと!」
オレは立ち上がり叫んだ。
見ればS子は今にも泣きそうな顔で怯えている。

オレは伯父や叔母、あとその子供から「分からないの!?」とか「これだから都会は」とか、とにかく罵声を浴びた。
いや、罵声より、心配して言ってくれている言葉が多かったかもしれない。

続きを読む

【後編はこちら】

834: 名無しさん@HOME 2009/09/28(月) 21:03:53 0

敷地内同居のトメがことあるごとにタヒねタヒね言うもんだから 
トメ自宅の玄関の鴨居で、ワイヤースタント用の器具を使って偽装クビ吊りしてやった。 
腰抜かしてチビりながらお経唱えてやがる。笑いを噛みコロすの大変だったよ。 
すっとした、ああすっとした。
続きを読む

このページのトップヘ